彼らには█があるかもしれないが私たちには█がないし理解できない

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-xxxx-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: あるSCP-xxxx-JP-2個体を観察対象とする場合はそのSCP-xxxx-JP-2にコードを付与して記録してください。

追記: SCP-xxxx-JP-2の観察を行う際はセキュリティレベル2以上の職員2名の許可を取り、他の職員1名による監視をつけてください。いかなる場合であってもSCP-xxxx-JP-2を1時間以上継続して観察しないでください。

説明: SCP-xxxx-JP-1は、████・██████の展開法1でプログラム化することが不可能である感情です。

SCP-xxxx-JP-2は約███秭2光年離れた██宇宙群の██銀河団の██銀河にある恒星10J29IKを中心に公転している惑星8OKU76Yに存在する生命体のうち、SCP-xxxx-JP-1を保有しているものの総称です。

SCP-xxxx-JP-3はSCP-xxxx-JP-2の脳の中脳にあるその他の生命体には見られない器官です。コンピュータによる1000000回のシミュレーションでは、進化の過程でSCP-xxxx-JP-3ができるパターンは1つもありませんでした。SCP-xxxx-JP-1がSCP-xxxx-JP-2の行動や表情などに顕著に表れている場合、SCP-xxxx-JP-3の活動が活発になっていることが明らかになっています。

SCP-xxxx-JP-3が活発になっているとき一部のSCP-xxxx-JP-2は、見返りを求めずに対象の補助を行ったり、対象を守るために自分の身体の損傷を顧みずに行動したり対象について思考している時間が増えたりします。SCP-xxxx-JP-2のうち最も高い知能を持ちある程度の文明を展開している種族はこの行動パターンを持つため、行動に合理性を欠いていることが多く、文明の発達の度合いも他の知的生命体に比べて著しく低くなっています。

SCP-xxxx-JP-2は、SCP-xxxx-JP-1をある対象に向けて言葉などの目に見える形でアピールすることが多く、ほとんどの場合その対象は肉親などの極めて近い場所で長い時間生活している同種族です。しかし一部のSCP-xxxx-JP-2は異種族や物質、概念にSCP-xxxx-JP-1を向けており、それらの違いは分かっていません。

SCP-xxxx-JP-2を観察していた一部の職員が観察後の検査でSCP-xxxx-JP-3が脳内に無いにもかかわらずSCP-xxxx-JP-1の保有が認められた例が3█件ありました。また、SCP-xxxx-JP-1を保有した職員は1件の例外を除き、対となる性別の██にSCP-xxxx-JP-1を向けていることも分かっています。

SCP-xxxx-JPは、██博士がSCP-████-JPの観察のために望遠鏡を起動した際偶然惑星8OKU76Yを発見し、そこにいる知的生命体や文明の進行度の調査を進めている途中で発見されました。

補遺: SCP-xxxx-JP-1の保有が認められた職員は、共通してそのときSCP-xxxx-JP-2の観察を1~2時間継続的に続けていたことが分かりました。これを受け、SCP-xxxx-JP-2の観察の際の制限を強めることが決定しました。

ERROR

The darenya's portal does not exist.


エラー: darenyaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5399017 ( 15 Jun 2019 00:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License