SCP-104-FR

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号:SCP-104-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-104-FRはサイト-ベトの壁が補強された鋭利な物体のない標準人型実体用住宅に収容されます。行いが良くイベント104-Epsilonが発生している際、SCP-104-FRはサイト-ベトの許可区画全体を月に2時間外出することが、テーザーX26を装備した弱視(それぞれの目につき視力0.5以下)の男性警備員2名に付き添われる条件の下、許可されます。いかなる場合であっても、SCP-104-FRは女性職員と知り合ってはなりません。部屋には収容違反に即応するための凝固剤の貯えを常に保管する必要があります。

説明:SCP-104-FRは身長1m95cm、体重86kgの中東系の男性です。その髪は長く、金の細いロープで、頭蓋骨に直接植えられています。この処置の由来及び実現方法は不明です。SCP-104-FRは眼器官を持たず、空洞の眼窩は麻の包帯で覆われています。SCP-104-FRは盲目を他の感覚を人体が耐える限界まで発達させることで補っています。SCP-104-FRには2つの刺青が彫られ、一方は肩甲骨に沿って彫られた図案化された2つの剣で、もう一方は右前腕に彫られた現在翻訳中のシュメール語の文章です。

SCP-104-FRは同様に通常より優れた筋力(推計圧力は最大13500ニュートン)を持っており、イベント104-FR-イプシロンが起こらない限り、SCP-104-FRは職員に対して敵対的かつ暴力的な態度を示し、SCP-104-FRよりも視力が優れた個人(それぞれの目が視力0.5を超えた場合)に対して機械的に攻撃を行います。攻撃時、SCP-104-FRは被害者に対する怒りの兆候を一切示さず、損傷を与えずに対象の目をもぎ取ることに満足を感じます。対象はあらゆる外的刺激に対して動じることがなく、精神安定剤を使用する、もしくは血の不足により酸素の欠乏することで気絶するまでSCP-104-FRによる処置を中断させることができます。対象は血友病を患いながらも、中程度以下のわずかな回復の可能性があります。

健在の両眼を回収できた場合(イベント104-FR-イプシロン)、SCP-104-FRは眼窩にそれらを嵌め込むために包帯を外します。未知のプロセスにより、これらの眼は眼神経に結びつき、機能していると考えられます。SCP-104-FRは新たな目を失うまでの間、沈静状態になります。 この状態の間、SPC-104-FRはDans cet état, le sujet n'oppose aucune résistance aux gardes chargés de le neutraliser, et répondra habituellement de façon courtoise aux membres du personnel de sexe masculin (voir Addendum 104-B) chargés de faire des expérimentations sur lui. Cependant, ses globes oculaires vont rapidement se dessécher et tomber en poussière1. La durée minimale a été estimé à trois heures. Le niveau de visibilité du sujet est proportionnel au degré de dégradation de ses yeux.

SCP-104-FRは2014年6月12日、リュミエール騎士団の名で知られる要注意団体の司令部襲撃の最中に回収され、現地に潜入していたグリム博士により移送が実現された。SCP-104-FRは東洋風の豪奢な部屋に配置されていた。現地で回収された報告書は様々な出所の目がSCP-104-FRに日常的に与えられたこと、あるカルトが献身していたことを示している。

補遺104-A:回収後のインタビュー記録

インタビュー対象:SCP-104-FR
インタビュアー:グレイ博士
その他:エージェント・アズラエルが博士を警護している。
前記:SCP-104-FRの眼が損傷状態にある時、財団はSCP-104-FRを回収しました。帰途、SCP-104-FRはエージェントC████を攻撃し、空洞の眼窩に嵌め込むため彼の眼を引き抜くまでは、SCP-104-FRは落ち着いた振舞いをしていました。SCP-104-FRは殺傷能力のない武器により制御され、このインタビューが実施されたサイト-ベトまで移送されました。
グレイ博士:こんにちはSCP-104-FR、少しの間でしょうが、お掛けになっていてください。
SCP-104-FR:なぜ私にその番号を付与したのですか?古き牢番は生まれた時に父母が授けてくれた名を認めてくれたものです。
グレイ博士:では、名前は何と言うのです?
SCP-104-FR:マノアの子、サムソン。
グレイ博士:良いでしょう…あなたに不都合がないのであれば、このまま104-FRと呼び続けますが…あなたが以前の…牢番から自由になってからどのくらいですか?

SCP-104-FR:時の経過が私の肉体に影響しなくなってから構わなくななりました、知りません。
グレイ博士: あなたは不死身なのですか ?
SCP-104-FR: 私はあなたと同じように食べることを必要とし、刃も弾丸も私に対して、あなたと同じ効果を持っています。しかしながら、私が人々が老い、死ぬのを見る時、神は私の体が御許へ近づこうとすることを拒むのです。
グレイ博士: (メモを取っている) あなたの眼には何が写ったのですか?
SCP-104-FR: C'est une marque laissée par les premiers à m'avoir capturé, à une époque où je ne pouvais plus me défendre. Ces chiens ont profité de ma faiblesse et m'ont crevé les yeux, je peux en récupérer mais jamais plus je ne verrai aussi parfaitement qu'avant.
グレイ博士: わかりました… ええ、あなたの髪?それはいつもそういう感じですか?
SCP-104-FR: これは主が与えたもうた最後の贈り物、私を決して衰えさせぬ贈り物です。
グレイ博士:ふむ…まあいいでしょう。ではなぜエージェントC████を? Il y avait quelque qui vous a poussé à vous en prendre à lui plutôt qu'un autre ?
SCP-104-FR : De tous, il était celui avec le regard le plus perçant. Pourrais-je le rencontrer ? J'aimerais le remercier, il y a longtemps que je n'avais aussi bien vu.
À ce moment de l'interview, l'agent Dears pénètre dans la salle pour remettre un dossier au Dr Gray
[RESTE DE L'INTERVIEW CLASSIFIÉ]
Discours de clôture : C'est assez perturbant, il n'a pas l'air de réfléchir comme nous. J'ai l'impression qu'il est vieux comme Mathusalem. Je suggère une classification en Euclide pour son comportement assez imprévisible. - Dr Gray

Addendum 104-B : Suivi psychologique du sujet

Le sujet 104-FR possède des connaissances très développées sur de nombreux domaines, de plus, les tests d'intelligence ont donnés des résultats légèrement supérieurs à la moyenne. Sa façon de s'exprimer rappelle SCP-███, et j'ajoute à cela qu'il parle de très nombreuses langues dont des langues mortes telles que le sumérien. Pour ce qui est de son agressivité en dehors de l'Événement 104-FR-Epsilon, il ne semble pas en avoir conscience, ce qui me fait pencher sur un possible cas de dédoublement de personnalité.

Pour ce qui est de sa haine ouverte pour le genre féminin, il s'agirait d'un cas assez classique de misogynie due à une expérience douloureuse, je peux difficilement en dire plus en raison du refus du sujet à en parler mais on a quelques indices à propos de [DONNÉES CENSURÉES].

ERROR

The Mincho_09's portal does not exist.


エラー: Mincho_09のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5389378 ( 19 Aug 2019 14:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License