タイトルなし

乳首しゃぶりおじさん

SCP-XXX-JPの出現地域一帯はメディアなどを利用し、臀部への嗜好を強化し、胸部への嗜好を減少させるようにしてください。一般人の被害を防ぐため、Dクラスを使用しSCP-XXX-JPの定期的な出現に対処してください。機動部隊ち-9("ビキニソルジャー")はプロトコル・テティスに従いSCP-XXX-JPの定期的な出現に対処します。また、機動部隊ち-9("ビキニソルジャー")隊長は後任者の育成に励んでください。

SCP-XXX-JPは@@県@@町@@に出現する人型実体です。日本語による発話を行うものの、論理的な受け答えは一切できません。物理的な接触は可能ですが、過去に行われた捕獲の試みは全て失敗しています。

SCP-XXX-JPの出現時間は毎週火曜日の23時5分と決まっているため、対応は容易です。

SCP-XXX-JPは対象(以下SCP-XXX-JP-A)を出現時に決定し、その周囲に出現します。SCP-XXX-JP自身の発言では「いちばんおいしそうな乳首」のそばに出現します。この条件に明確な判断基準は認められません。@@@ビキニソルジャー隊長は判断基準を認識しているようですが、言語化には至っていません。

出現後のSCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aを捕獲し、その乳首を口に含もうとします。SCP-XXX-JPの身体能力は極めて高く、SCP-XXX-JP-Aへ接近するためなら車両や建造物の破壊を躊躇なく行います。また、SCP-XXX-JPーAを捕獲後は周囲の妨害を逃れるため、SCP-XXX-JP-Aを抱えながら逃走する事例も確認されています。

SCP-XXX-JP-Aは一般的な反応として極めて強い抵抗を行いますが、抵抗が成功した事例は確認できません。SCP-XXX-JPが乳首を口に含んだ後も抵抗を行いますが、長くとも1分程度で完全に抵抗しなくなり、SCP-XXX-JPを抱きかかえるように胸に押し付けます。この状態になると、SCP-XXX-JP-Aは知能レベルが三歳児レベルに低下し、乳首より分泌物を噴出するようになります。分泌物は接種した人間にSCP-XXX-JP-Aと同様の幼児退行を引き起こします。調査によりこれらの状態において脳の大幅な委縮が見られ、発生した退行を戻すことは不可能です。

インシデント@@@@により、収容プロトコルに改定が加えられました。

研究主任: ████博士

対応人員: 機動部隊ち-9("ビキニソルジャー")3名

付記:

状況補足:

隊長、今日のネコチャンはやけにおとなしいですね。

もともと素質があったのよ。ちょっとかわいがってあげたらすぐこれだもの。

なぁ、隊長さん。どうしてあんたはそんなにテクがあるんだい?

色んな経験をしてきたのよ。数えきれないくらいね…。

アルファ、そろそろ時間です。

オーケイ、そろそろよネコチャン。

緊張してきたぜ。

大丈夫、あなたはもう天国へ行く手段を得ているの。あとは覚悟を決めるだけよ。

ちくびしゃぶりおじさんが突然現れる。

あんたがおれに…(胸を押さえる)

D-422362?どうした?

ちくびしゃぶりおじさんがD-422362にとびかかり乳首をしゃぶるが、無反応。おじさんはつまらなそうに身を起こす。

何が起きた?

D-422362、バイタル停止、おそらく極度の興奮による心停止です。

しつけすぎたわね。

まずい、収容違反を起こすぞ。

落ち着きなさい、私が何とかするわ。教えてあげるわSCP-XXX-JP、いまこの地域で一番おいしい乳首…それはね、

私の乳首よ!(衣服をはだける音)

とびかかるおじさん。受けとめる隊長。母性を発揮しおじさんの頭をなでる。

口当たりは非常に濃厚で舌に乗った時の爆発する甘み。それだけにとどまらず香ってくる酸味と渋み。しかし嫌な味ではない。甘みをより一層深いものにするためのスパイスだ。コクがあるようでいて舌切れもよく、いやなべとつきがのどに残らない。いつまでも飲んでいられる味。これこそ私の求めたもの。

これが母の味、母のぬくもりか。

まんま、まんま

SCP-XXX-JPはその後

機動部隊ち-9隊長は男性ですが、自己の嗜好により母乳の噴出が可能となる手術を行っていました。

ERROR

The lyon62's portal does not exist.


エラー: lyon62のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5389078 ( 04 Jun 2019 04:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License