やんちゃな小人専用バス

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
kobitobasu

財団職員により撮影されたSCP-XXXX-JP。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: サイト-81██の低脅威度物品保管ロッカーに収容してください。実験時以外は、SCP-XXXX-JPを中心として100m以内に誰も立ち入らないようにしてください。

説明: SCP-XXXX-JPは、8×4×4cm、重さ512gのブリキ製の子供向けのバスの玩具です。構造自体には異常性は見られません。

SCP-XXXX-JPを中心として100m以内に強い殺人衝動を持つ人間がいる場合、SCP-XXXX-JPは未知の方法でその人間まで瞬間移動し、その人間を身長2cmほどに変異させ、(以下、変異した個体をSCP-XXXX-JP-Aと指定。)内部に取り込みます。このときSCP-XXXX-JP-AはSCP-XXXX-JP内部に存在する座席の部分に座り、身動きが取れない状態になります。SCP-XXXX-JP-Aを取り込んだSCP-XXXX-JPは、異空間に瞬間移動し、SCP-XXXX-JP-Aを降ろし、変異する前の人間がいた位置に戻ります。

調査によると、異空間は一般的な木造の2階建ての民家のような建物であり、建物から出る方法は見つかっていません。内部には、██体のSCP-XXXX-JP-Aの死体と、SCP-XXXX-JPに似たおもちゃのバスが多数存在していることが分かっています。このことから、他のSCP-XXXX-JP個体が存在する可能性が考えられます。

補遺: XXXX-1:20██年 ██/██日、SCP-XXXX-JPの実験中、突如SCP-XXXX-JPが██博士の近くに移動しました。当時のことについて尋ねると、██博士は「助手の██研究員と話していた」と証言しました。██研究員は現在行方不明です。


ERROR

The HaruYuuuu_'s portal does not exist.


エラー: HaruYuuuu_のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5381904 ( 18 Jun 2020 13:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License