勝手に突っ込んだらどうだ、くそったれハーマン・フラー(原題: Herman Fuller Can Shove It Up His Ass)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

ボトムレスピットはどこにでもあるジェフリーハッブルの飲み屋ではなかった。客は観光客やトラックの運転手などの通行人で構成されていた。地元の人は滅多にそこへ行くことはなく、あったとしても大抵まともな理由はない。

The Bottomless Pit wasn’t Jeffrey Hubble's usual watering hole. Its clientele was mostly comprised of tourists, truckers and other passers-through. Locals seldom ventured there, and when they did it was usually for less than respectable reasons.

ジェフリーは何重に服を着込んでいても疑われず、身分を隠すことが出来る2月の寒さに感謝した。それにもかかわらず、彼は評判の悪い酒場に行くために暗くなるのを待っていた。数ブロック離れたところに車を止めると、彼は見られないように路地を通り抜けていった。

Jeffrey was grateful for the bitter February cold that allowed him to conceal his identity under heavy clothes without suspicion. Nevertheless, he had waited until after dark until heading to the disreputable dive, parking several blocks away and cutting through alleys to make sure he wasn’t seen.

スカーフを着けたまま中に入ると、知り合いがいないか室内全体を見渡した。仄暗い明かりと濃い煙草の煙の中で目を細めた彼は、客のプライバシーを重要視し、誰かに密告することのない信頼の置けるバーテンダーだけがいることに気づいた。

When he stepped inside he left his scarf in place, scanning the entire room for anyone he knew. Squinting in the dim light and thick cigarette smoke, he recognized no one but the barkeep, a barkeep who knew how much his customers valued their privacy and could be trusted not to snitch.

正体がばれていないことを確信すると、奥の小部屋へと向かった。彼は事前に二人の男がいることを聞かされていた。一人は背が高くて細身、もう一人は背が高いが筋肉質である。室内には二人の男がいたが、知らない女性もいた。彼女については何も聞かされていなかった。ジェフリーは二人が約束の人たちである事を確認する為に、バーの周囲を見渡した。大きな男がはっきりとした口笛を吹くと、彼に向かって手を振った。

Satisfied with his anonymity, he made his way to the back booth. He had been told two men would be waiting for him there, one tall and skinny and the other tall and muscular. The booth was occupied by two men, but there was also a young woman with them, and his contact had made no mention of that. Jeffrey took another look around the bar, just to make sure that these were the people he was supposed to meet with. The larger man whistled sharply at him and waved him over.

ジェフリーは緊張した様子で唾を飲み込むと、腰を下ろして輪に加わった。テーブルには既に4パイントのエールが置いてあった。

Jeffrey swallowed nervously and sat down to join them. There were four pints of ale already on the table.

「君のために注文しておいた。飲めると良いんだがな」と大男は言ったが、その語調は飲めるか否かなどあまり関係がない事をはっきりさせていた。ジェフリーはこの男の顔が上下逆さまになっていることに気づくと目を丸くした。

“We ordered for you; hope that’s alright,” the larger man said, his tone making it clear it made very little difference whether it was alright or not. Jeffrey’s eyes widened as he was now able to see that this Man had an Upside-Down Face.

「もちろんいけるさ。飲めないとでも?」細身の男が修辞的に尋ねると、パイントグラスを持ち上げて大げさに匂いを嗅いだ。「良い酒だ。こんな素晴らしいエールは飲んだことがないと思う。これは君の農場から採れた作物から作られたものだね、ハッブルさん」

“Of course it’s alright. Why wouldn’t it be?” the slender man asked rhetorically, raising the pint glass and taking an exaggerated sniff. “This is some fine brew. I don’t believe I’ve ever had pumpkin ale before. Made from local produce, from your own farm if I’m not mistaken, Mr. Hubble.”

ジェフリーはため息を吐くと、スカーフを引き下げた。

Jeffrey sighed and pulled down his scarf.

「ああ、その通りさ。ところで、名前を聞いていないと思うんだが?」彼は聞いた。

“Yeah, that’s me. I don’t suppose you’d be inclined to tell me who you are?” he asked.

「いや、俺達は—」

“No, we would -”

「ハーマン・P・フラーだ、あの世界で偉大なショーを繰り広げるハーマン・フラーの不気味サーカスのね! お目にかかれて光栄だ」二人目の男は熱心に答えた。逆さ顔の男はやれやれと言った様子で首を振った。「こっちは僕のボディーガード、マンフレッド・マニングトン・マンダリノ・マンスフィールドだ」

“Herman P. Fuller, of Herman Fuller’s Circus of the Disquieting, the greatest show in the all the worlds! A pleasure to make your acquaintance,” the second man replied enthusiastically. The Man with the Upside-Down Face shook his head. “This is my bodyguard, Manfred Mannington Mandarino Mansfield.”

「俺達は仲間さ、あと本名ではないからな」

“We’re partners, and that’s not my name.”

「で、隣にいる魅力的な若い女性は—」

“And the striking young lady beside him is -”

「ねえハーマン、もし私をレズリー・ヴァン・ダイクとしてもう一度紹介してくれるなら、私は神に誓うわ」彼女は言った。

“Herman, if you introduce me as Leslie Van Dyke one more time I swear to god -” she said.

ヴェロニカ、彼女はヴェロニカだ」とフラーは言った。「彼女はなんでもないんだ、気にしないでくれ。君は僕らだけに会うと思っていたんだろうが、ボトムレスピットに行くと言ったら彼女が一緒に行くって聞かなくてね」

Veronica. Her name is Veronica,” Fuller said. “She's nobody, don't worry about her. I know you were only expecting two of us, but when Veronica heard we were heading to The Bottomless Pit she insisted on tagging along.”

「罪深きジェシーはここで暮らすことになっているの。私はこれまでトゥルパ1に会ったことがないの、だから彼女とすぐに会いに行けるようになりたいの」ヴェロニカはエールをすすりながら言った。「ハッブル、どうしたらトゥルパは来てくれるの? ただ彼女のことを考えれば良いのか、あるいは名前を3回言うのか、それとも他に何か?」

“Sinning Jessie is supposed to hang out here. I’ve never been with a tulpa before, and I’m hoping she and I can go bumper to bumper,” Veronica said as she sipped her ale. “Hubble, how does this whole tulpa thing work anyway? Will just thinking about her attract her attention or do I have to say her name three times or something?”

「私は……聞いてくれ、気分を害したくはないんだが、ちょっとした取引をしてから帰るだけ、それだけなんだ」ハッブルは返した。

“I… listen, I don’t want to be rude, but I was hoping we could just make our little swap and then be on my way,” Hubble replied.

「ああ、その通りだ。誰がカルキストに嫌って言うんだい?」ハーマンは気取ったような笑顔で尋ねた。

“Oh yes, of course. Who are we to say no to a Karcist?” Herman asked with a smug smile.

「私はカルキストじゃない!」ジェフリーは囁く。会話や炉、ジュークボックスの音が、この会話を誰かが聞きとれないよう遮っていることをありがたく思った。「私はもうサーキックじゃない、本当だ。絶対誰かに口外するんじゃないぞ! ネオ・サーキックは背教者に厳しいんだ」

“I’m not a Karcist!” Jeffrey whispered, grateful for the ambient drone of conversation, hum of the furnace and blare of the jukebox that made it nigh impossible for anyone to overhear them. “I’m not even a Sarkic anymore, not really. You can't tell anyone about me, ever! Neo-Sarkics don’t take kindly to apostates.”

「ところで、中西部の小さい町で農業を営んでいる人間がどうしてネオ・サーキックなんかに?」逆さ顔の男が聞いた。

“And how exactly did a small town, Midwestern farmer end up becoming a Neo-Sarkic?” the Man with the Upside-Down Face asked.

「話す必要があるのか?」

“Does that matter?”

「聞きたいことがあるなら、話すべきだ。俺達はただ毟り取られに来たわけじゃない。それに君の話に辻褄が合わないようなら、ここでお開きだ」

“For what you’re asking, you bet it matters. We didn’t come here to get fleeced, and if your story doesn’t add up we’re walking.”

「本当に知りたいなら話そう。私は、少し前に癌になったんだ。スロースピットの出身だから魔法の存在は知っていたし、癌を治せる魔法だってあると思った。いろいろ探し回ったんだが、ついに放浪者の図書館ってところで肉の彫刻師って人を見つけたんだ。私は彼に治してくれるように頼み込んだ。治してくれるならなんだってすると約束した。彼は、私の魂をイオンに捧げよと頼んできた」

“If you really need to know, I came down with lung cancer a while back. Being from Sloth’s Pit, I knew magic was real, so I figured there had to be some kind of magic out there that could cure me. My search eventually led me to the Wanderer’s Library, and from there I was able to locate a Flesh Carver. I begged him to cure me, promised him anything if he would. He asked that I pledge my soul to Ion.”

「うーん、サーキックは福音主義者ではないはずなんだが。奴らは部外者を受け入れるよりサーキズムに生まれた子ども達を勘当する方が多いだろう」逆さ顔の男が言う。「何故特別扱いされたんだ?」

“Hmmm. Sarkics aren’t known for being evangelical. I’m pretty sure they disown kids born into Sarkicism more often than they let in outsiders,” the Man with the Upside-Down Face said. “What made you special?”

「どうやら、彼はしばらく仕事を手伝ってくれる見習を探していたそうだ。私の植物学の技術と超自然的な現象に関する知識は肉の彫刻に適していたし、自暴自棄になっても簡単に制御できたからね。彼が私を治してくれた代わりに、私は七年間弟子として仕えることになった。その後、私はオーリンとして彼の仲間に加わる事になっていたんだが……ネオ・サーキックは本当に気味が悪かった。大抵の人は邪悪だと思ったが、みんな誰しもが奇妙だって思った。私は彼の申し出を断ってスロースピットに帰ってきた。今は妻子もいて—」

“Apparently, the guy had been looking for an apprentice for some time to help him with his work. My botanical skills and my knowledge of the supernatural made me a decent candidate for Flesh Carving, and my desperation made me easy to control. He cured me, and in exchange, I was to serve as his apprentice for seven years. After that he would have sponsored my entrance into his House as an Orin, but… Neo-Sarkics are really weird. Most people agree that they’re evil, but everyone can agree they’re weird. I declined his offer and came back to Sloth’s Pit. Now I have a wife and kids -”

「気の毒に」ハーマンは言った。

“My condolences,” Herman said.

「—そして私はサーキックのことは忘れて皆と普通の暮らしを送りたいんだ。皮膚を引き剥がして、身体の異常な部分を取っ払った。そして腸の中からこいつを取りだしたんだ」

“- and I just want to put all this weird Sarkic stuff behind me and have a normal life with them. I’ve removed all my grafts, reversed all my mutations, and pulled this little bastard out of my guts.”

彼はコートの中に手を突っ込み、ガラス製のメイソンジャーを取り出した。中にはコイル状に丸まった白い虫が入っていた。ハーマンはこれを手に取ると、事細かに見るようにして持ち上げた。

He reached into his coat and pulled out a glass mason jar, inside of which was a coiled white worm. Herman immediately grabbed the jar and held it up for inspection.

「こいつが欲しかったものだろう? アキュロス、聖なる白い虫だ。あらゆる病気を治癒し、再生力を高める。十分な能力を持っていれば永遠に生きることだって出来る。遺伝子を書き換える酵素2も持っているが、カルキストじゃないならオススメはしないね」

“That’s what you wanted right? An Akuloth, His Sacred White Worm. It can cure any illness and boost regenerative abilities, enough to let you live forever if you’re skilled enough. It can also produce mutagenic enzymes, but unless you’re a Karcist I wouldn’t recommend that.”

「それってもういらないって事?」ヴェロニカは疑わしい様子で聞いた。

“And you just plain don’t want it anymore?” Veronica asked sceptically.

「私はサーキックの過去での繋がりを絶たなきゃならない。この架け橋は永遠に燃やすんだ」

“I need to sever all ties with my Sarkic past. I am burning that bridge forever.”

「そうかい?」ハーマンは尋ねた。「じゃあ、アレは何だって言うんだ?」

“Is that so?” Herman asked. “Then what, pray tell, is that?”

ハーマンは向かいの掲示板に向けて顎をしゃくった。数多の掲示物の中に、息子や娘と共に巨大カボチャの隣で得意げに立っているジェフリーの新聞記事の切り抜きがあった。

Herman nodded over to a bulletin board across from them. Among its many posted items was a newspaper clipping of Jeffrey, along with his son and daughter, standing proudly next to an enormous pumpkin.

「郡の中じゃ、なんだ、その、一番馬鹿でかいカボチャ。本当にアレが古き良きアメリカ人の熱心な勤勉さだけで成し得たと思うか?」

“Biggest pumpkin in the whole county, literally broke the scale, yadda yadda yadda. Are you telling me you grew that with nothing more than good old American hard work?”

ジェフリーは唸った。

Jeffrey groaned.

「ああそうさ、収穫量を上げるためにまだ多少のサーキズム・グラノーラを使っている。だがネオ・サーキズムから絶ったのは事実だ。私は今、良き夫、そして良き父親として専念している。だからそうだ、家族には可能な限り最高の生活を送らせている。だがな、もうこれ以上は虫や触手に触れたり人の身体で神殿なんて作りたくはないんだよ!」

“Okay, maybe I’m still using a little granola Sarkicism to boost my crop yields, but I have completely renounced Neo-Sarkicism. I’m dedicated to being a good husband and father now, so yeah, I’m providing my family with the best life I can give them, but I don’t want anything more to do with worms or tentacles or turning people’s bodies into actual temples!”

「マニー、どう思う?」フラーは聞いた。

“Manny, what do you think?” Fuller asked.

逆さ顔の男は、魂に突き刺さった感情が揺れ動くことがないほどに、しばらくジェフリーの顔を見つめた。

The Man with the Upside-Down Face stared intently at Jeffrey for a moment, so much so that he couldn’t shake the feeling the Man was prodding into his very soul.

「彼の言うことに嘘はないと思う。その虫はおそらく本物だ」と男は答えた。「俺はこれが良い考えとはまだ思えない」

“I think he’s telling the truth. The worm’s probably genuine,” the Man replied. “I still don’t think this is a good idea.”

「だから僕はボスで、みんなを驚かせるために奇人であるお前をアジトから出してあげたんだよ」フラーは言い、興味津々でメイソンジャーを眺めた。「なあ、こいつをどうすれば良いんだ? ただ飲み込めば良いのかそれとも—」

“That’s why I’m the boss and you’re a Freak I let out of the Den to intimidate people,” Fuller said, examining the jar with intense interest. “So what’s the deal with this thing, Hubble? Do I just swallow it or -”

「いやいや。そんなことをしたら時間がかかってしまうし、窒息してしまう。尻から入れるんだ」

“Oh no. It takes too long to work its way down, you’d suffocate. You’re going to want to insert it rectally.”

ハーマンと逆さ顔の男は信じられないと言った顔で彼を見つめた。一方で、ヴェロニカは大爆笑した。

Herman and the Man with the Upside-Down Face looked at him in disbelief, while Veronica burst out into laughter.

「ヴェロニカ、口を閉じてくれ!」とハーマンは命じた。「ハッブル、ネオ・サーキックはこんな事しないよな、そうだろ?」

“Veronica, you shut your mouth this instant!” Herman ordered. “Hubble, that’s not what Neo-Sarkics do, is it?”

「まあね、奴らは盛大な儀式の後に腹を割いてこの虫を這わせるんだ」とジェフリーは答えた。「しかし奴らは偉そうなアホだ。どうしてそんなことをしようって—」

“No, they do a big ritual and cut an incision into the torso and let the worm crawl in,” Jeffrey replied. “But they’re pretentious assholes. Why go through all that when -”

「すでにそんな奴がいるのに!」ヴェロニカは笑った。

“When you already have a pretentious asshole!” Veronica laughed.

「ヴェロニカ、口を閉じろって言っているんだ!」

“Veronica, I said shut your mouth!”

「聞いてくれ、これはあなた次第だ。身体に十分な大きさの穴を開けて、それからこいつが体内でうねって身体の回復を待ちたいというのであれば、それはあなたの勝手だ。私は、もし選択肢があるとすればこいつを尻から入れるって事を知っていただけだ」

“Listen, it’s up to you. If you want to cut a big enough hole into your torso for this thing to wiggle in and then wait for it to heal you, that’s your business. All I know is that if I had had a choice, I would have just let it in through my butt.”

「あんたはこのチビ助をどうやって取り出したんだ?」マニーが聞いた。

“And how did you go about removing this little guy?” Manny asked.

「尻からさ。サナダムシのように出てきた」とジェフリーは答えた。「こいつはヌルヌルしている、既に潤滑剤が塗ってあるんだ。入れても、痛くはならないだろう」

“Rectally. I passed it like it was a tapeworm,” Jeffrey replied. “It’s a slimy fella, so it’s already lubricated. Honestly, it will be painless.”

「なあ、一旦こいつを入れれば魔法は効くのか?」ハーマンは聞いた。

“And once it’s in, it will just work its magic?” Herman asked.

「いいや、それだけじゃこいつは血を吸って腫瘍の如く腫れ上がってしまう。自分の身体を上手く使う必要がある。食べ物の供給を制限したりホルモンの伝達をしたりってのをね。あなたなら出来るさ、そうでしょ? サーキシズムを研究していたそうじゃないですか」

“Well no, if you let it it will gorge itself on your blood and grow like a tumour. You need to have enough mastery over your own body to limit its food supply, send it hormonal signals and whatnot. You can do that, can’t you? I was told you had studied Sarkicism.”

「君、僕は何だって研究してきたんだ。肉の彫刻やぜんまい仕掛けだって作れる。ああそうだ、僕が子どもの時は—」

“I’ve studied a little bit of everything my good man. I can shepherd flesh and craft clockwork with the best of them. Why, when I was a boy -”

「よしてくれ、一晩中ここにいる羽目になっちまう」とマニーは反対した。彼がポケットの中からベルベットケースを取り出した。それを開けると、中からメカニトのシンボルで飾られた懐中時計が出てきた。「これが取引の品だ。純ベリリウム銅製で、メカニトの神官によって手作り、そして祈祷されている。サーキックの精神的な攻撃から保護する為のものだが、長いこと持っていれば残ったサーキックの力も浄化してくれるだろう。どんな強力な透視能力者でもお前が肉の彫刻をしていたことは分からなくなるはずだ」

“Don’t get started on that, otherwise we’ll be here all night,” Manny objected. He reached into his pocket and pulled out a velvet case, opening it to reveal a pocket watch adorned with Mekhanite symbols. “This is what we’re offering in exchange. It’s pure beryllium-bronze and was designed, hand-crafted and blessed by a Mekhanite Priest. It’s intended to ward against Sarkic spiritual attacks, but if you keep it on your person long enough it should cleanse you of any lingering Sarkic forces. Not even the most powerful clairvoyant will be able to tell you used to be a Flesh Carver.”

ジェフリーは慎重にケースを受け取ると、時計の鎖部分を手に取って調べた。時計は愛と技術の両方で作られた、明瞭で絶妙な美しさを魅せた。彼は時計を開き、ガラスの文字盤によってはっきりと見える内部構造と、職人のように正確に時を刻んでいるのを見た。

Jeffrey gingerly accepted the case and picked up the watch by its chain to examine it. It was a thing of exquisite beauty, clearly crafted with both love and skill. He opened it to see that its glass face proudly exposed its inner workings, ticking away as faithfully as their craftsman.

「ほう、少し胸が熱くなるな。こいつは聖なるものなんだろう。正直、僕は粗悪品をもらって当然の人間だ」と彼は言った。

“Huh. It burns a little. I guess that means it’s holy. Frankly, I deserve worse,” he said.

「取引成立かい?」ハーマンは希望に満ちたような、にやりとした笑みを浮かべて尋ねた。

“We have a deal then?” Herman asked with a hopeful, crooked smile.

「これだけははっきりさせておきたい。もしあの虫に何かあったとしても私はは責任を取らない。私の体内では上手くいっていたんだ、もしそいつを制御できないようであれば、それはあなたの責任だ」

“I just want to make it clear that the deal is final, and if anything goes wrong with that worm I’m not responsible for it. It worked fine inside of me for years so if you can’t control it that’s all on you.”

「はいはい、買い手は気をつけろってね。心配するなよ、君」ハーマンは見下すように手を振った。

“Yes, yes, buyer beware. Don’t you worry about me, son,” Herman said with a dismissive wave of his hand.

「じゃあ、取引成立って事で」ジェフリーは頷き、ケースをポケットの中にしまい込んだ。「エール、ごちそうさま」

“We have a deal then,” Jeffrey nodded, pocketing the case inside of his coat. “Thanks for the ale, fellas.”

「パイントを片手に、彼はバーの反対側へと向かった」

Picking up his pint, he left for the other side of the bar.

「壊れたぜんまい式おもちゃと引き換えに永遠の命か」ハーマンは含み笑いをした。「僕は世界で最高の詐欺師か何かか?」

“A broken wind-up toy in exchange for eternal life,” Herman chuckled. “Am I the world’s greatest con artist or what?”

「大したもんね、フラー」ヴェロニカは目を丸くしていった。「おっと、彼女だわ! バーの赤髪、ジェシーよ。みんなお祈りして」

“You’re something, Fuller,” Veronica said with a roll of her eyes. “Oh, that’s her! That redhead at the bar, it’s Jessie. Wish me luck, guys.”

フラーはぼんやりとした様子で頷くと、ついさっき手に入ったばかりの物品を気にしていた。

Fuller gave her an absent nod, his attention focused on his recently acquired prize.

「どう思うマニー? 奴の言う通り……尻に入れるべきなのか?」

“What do you think Manny? Should I insert it… the way he said to?”

「何杯かエールを飲んでからだな」

“Not until after a few more rounds of ale.”

「……それもそうだ」

“… Agreed.”


数日後、貧血とせん妄状態に陥ったハーマン・フラーは不気味なほど腹を膨らませてベッドに横たわっていた。

Several days later, an anemic and delirious Herman Fuller lay in his bed with an obscenely bloated stomach.

「バーニー、何を動揺しているんだ。四本も足はいらないだろう」

“Bernie I don’t know what you’re so upset about it’s not like she needs all four paws,” he mumbled.

マニーとヴェロニカは腹を立てながら彼を見下ろしていた。

Manny and Veronica stood over him, staring down at him with disgust.

「そんな寄生虫なんかの為に、あんたはメカニトの工芸品を交換した。本当に、あんたは世界で最高の詐欺師だ」マニーは悲しそうに首を振った。

“Traded a priceless Mekhanite artifact for an intestinal parasite. World’s greatest con artist indeed,” Manny said with a sad shake of his head.

「図書館が閉館しているときにどうやって本を返せば良いんだ?」フラーは喚いた。「それこそ詐欺だ!」

“How can they expect us to return books on time when the Library’s outside of Time?” Fuller raved. “It’s a scam!”

「助けた方が良い?」ヴェロニカは聞いた。

“Should we help him?” Veronica asked.

「パーシー、どうして信用してくれないんだ? 俺が信用に足る人間なのは知っているだろう」

“Percy, why won’t you let me have it on credit? You know I’m good for it.”

「多分後悔することになるが、そうだな」マニーは言った。「さあ、こいつをトイレに連れて行くのを手伝ってくれ」

“We’ll probably regret it, but yeah,” Manny said. “Come on, help me get him to Tinkles.”

マニーは彼を抱えて右側に立ち、ヴェロニカは左側に立った。

Manny lifted him up and stood on his right to support him, while Veronica stood to his left.

「親愛なる神よ、どうやら二人の余計な人間を生み出してしまったようだ。うち一人は頭が逆さまだ!」ハーマンは不満を漏らす。

“Dear Lord, I seem to have sprouted two extra heads. One of them’s upside-down!” Herman complained.

「落ち着けフラー、すぐ治してやるよ」マニーは彼をなだめた。

“Just try to stay calm Fuller, we’ll get you fixed up in no time,” Manny assured him.

「ねえ、トイレの時に邪悪なヤツが引っこ抜けるのが見られるんだよね?」 ヴェロニカは小悪魔的な笑みを浮かべて効いた。

“Hey, I can watch Tinkles pull the snake out of his butt, right?” Veronica asked with a devious smile.

「みんなに見せてやろう」マニーは笑って返した。

“We’ll let everyone watch,” Manny smirked back.


著作権表示コピペ用

付与タグ

壊れた神の教会 サーキック ハーマン・フラー s&c-plastics tale dread&circuses

ERROR

The Ueh-S's portal does not exist.


エラー: Ueh-Sのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5372876 ( 23 Jun 2019 07:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License