SCP-XXXX-JP 無限の扉
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81276の2.5m×2.5m×2.5mの部屋の壁に立て掛けられています。

説明: SCP-XXXX-JPは縦2m×横0.8mの木製の扉です。扉のノブはレバーハンドルタイプです。90°の円回転運動(通常の扉で言う「開く」行為を)させる事により異常が発生します。逆に言えばそれ以外(89°以下、91°以上)だと異常性はありません。これにより発見が遅れた可能性があります。

入口の扉を開けると、前と左右に扉がある2m×2m×2mの白い壁の部屋に移動します。入口の扉を閉めない限り次の扉が開きません。

SCP-XXXX-JPは██県██市のゴミ収集員が粗大ゴミの回収中に発見され、警察に通報した事を財団が傍受し収容されました。ゴミ収集員は記憶処理を受けた後、解放されました。

扉にペンで何かを書く、傷を付ける等の印を付ける事は現在成功していません。それにも関わらず、奥へ進むにつれ何かで引っ掻いた痕が段々増えている事が確認されています。但し、その原因は現在のところ不明です。それと扉の一つ一つに番号を割り振る事は諦めてください。


ERROR

The R_no_hito's portal does not exist.


エラー: R_no_hitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5341784 ( 24 Jan 2021 05:55 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License