SCP-XXX-JP デッドバンギング
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の低危険物収容ロッカーに保管されます。SCP-XXX-JPを用いた実験は防音室内で職員が防音イヤーマフを装着した状態で行われます。

説明: SCP-XXX-JPは改造されたSONY製のCDラジカセです。蓋の部分は溶接されており内部にはCDが挿入されていると推測されます。SCP-XXX-JPは常に電源がついていますが、不明な方法で電力を供給しており電源が切れることはなく、SCP-XXX-JPの音量を変更することはできません。SCP-XXX-JPは再生ボタンを押すことにより音楽(以下SCP-XXX-JP-1と表記)を再生します。このときSCP-XXX-JPは停止ボタンを押さない限りSCP-XXX-JP-1を再生し続けます。SCP-XXX-JPは再生するごとに様々なSCP-XXX-JP-1を再生しますが、そのどれもがロック、ヘヴィメタル、ハードコアなどの激しい曲です。SCP-XXX-JP-1の録音データに異常性はありません。

SCP-XXX-JP-1を聞いた人間(以下SCP-XXX-JP-2と表記)は頭を上下に振り続けます。このときSCP-XXX-JP-1は身動きが取れず、意思疎通を図ることが出来ません。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1を聞いている間のみ異常性を発現します。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1を20分以上聞き続けると脳の損傷により死亡しますが、SCP-XXX-JP-1を聞いている間は動きを止めることはなく、死亡1時間後からは腐敗の兆候を見せません。

SCP-XXX-JPは20██年10月5日、██県██市の民家から異常な臭いがすると通報を受けた後、財団エージェントが駆け付けSCP-XXX-JPの停止ボタンを押したところ1名のSCP-XXX-JP-2の死亡が確認されました。その後目撃者にカバーストーリー「首吊り自殺」が流布されました。

実験記録XXX-1 - 日付20██/10/10

対象: D-XXX

実施方法:

結果:

分析:

補遺:

ERROR

The bakusanmarumain's portal does not exist.


エラー: bakusanmarumainのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5336377 ( 18 Mar 2020 02:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License