Strungsheep-2--6d5f
rating: 0+x

情報セキュリティ通知

INFORMATION SECURITY NOTICE

あなたの端末が本ページの読み込み後にIntSCPFNから切断されなかった場合、テキスト編集能力を有するアノマリーが本文書へのアクセスを行う可能性があります。本ページの読み込みから30秒以内に端末の接続を切断してください。切断がなされなかった場合はクラス2ネットワークセーフティ侵害となり、あなたのサイトの情報セキュリティ監督官に通知がなされます。

An anomaly with text-editing capabilities can potentially access this document if your device is not disconnected from IntSCPFN after the page has loaded. Please disconnect your device within 30 seconds of loading the page. Failure to do this is a Class II Network Safety violation, and will alert your site's Information Security Director.

アイテム番号: SCP-3101
Item #: SCP-3101

オブジェクトクラス: Keter
Object Class: Keter

特別収容プロトコル:
SCP—3101は財団の記録管理体制およびネットワーク情報に対する即時的脅威であるため、収容努力は、主として当該実体との意思疎通に、また長期的には当該アノマリーの財団ネットワークからの完全除去に向けられます。
Special Containment Procedures: As SCP-3101 poses an immediate danger to Foundation records management and network information, containment efforts are to be primarily directed toward communication with the entity, and long-term efforts dedicated to complete removal of the anomaly from the Foundation network.

財団文書に対する不審な編集がなされた場合、手順デルターBが実行されます。それらの編集がSCP-3101によるものでないと確認された場合、その時点で当該手順は解除されます。必要に応じて、機動部隊ラムダ-12「Kinkshamers」1が当該手順の実行に割り当てられます。なお、SCP-3101はDクラス職員に反応しないことが実験により判明しているため、Dクラス以外の財団職員でなければ手順デルター-Bは実行できません。機動部隊ミュー-4「デバッガ―ズ」は、IntSCPFN2上に存在するSCP-3101に関係するネットワークセキュリティ管理に割り当てられ、またSCP-3101のソースファイルが存在し、その所在が判明した場合はSCP-3101を終了しますSCP-3101実例が発見された場合はIntSCPFNから除去します。
Procedure Delta-B is to be enacted in the event of any questionable edits to Foundation documents, until a point at which it is confirmed that the source of the activity was found to be a factor other than SCP-3101 interference. MTF Lambda-12 ("Kinkshamers") are tasked with carrying out Procedure Delta-B if necessary; only Foundation employees are capable of carrying out Procedure Delta-B, as testing has shown that SCP-3101 is unresponsive to D-class personnel. MTF Mu-4 ("Debuggers") are tasked with network security management relating to SCP-3101's presence in IntSCPFN3 and are to terminate SCP-3101 if the source file exists and is located remove SCP-3101 instances from IntSCPFN server banks when found.

SCP-3101は敵対的な要注意団体によって財団ネットワークに投入されたプログラムであるという可能性があり得ると考えられており、その調査の実施について審議がなされています。SCP-3101が要注意団体について何か言及した場合、当該言及は記録され、被影響サイトの情報セキュリティ管理官に提出されます。
The possibility that SCP-3101 is a program planted in the Foundation network by a hostile Group of Interest is considered likely, and is pending investigation. Any mention of a Group of Interest by SCP-3101 is to be logged and filed with the affected Site's Information Security Director.

2017年4月の初めての出現以降、SCP-3101はIntSCPFNに接続中のコンピュータに頻繁に出現しているため、当該実体との偶発的な接触は現時点では許可されています。ただし、認可された職員(現在では機動部隊ラムダ-12隊員および倫理委員会有感覚・有知性アノマリー分科会員のみ)以外の者に対しては、接触を避けることを強く推奨します。。
Due to the frequency of manifestation of SCP-3101 in every computer with a live connection to IntSCPFN following its initial manifestation in April 2017, casual contact with the entity is permitted at this time, but is heavily unadvised unless carried out by authorized personnel (currently only the members of MTF Lambda-12 and the Ethics Subcommittee for Sentient and Sapient Anomalies).

2017年5月3日現在、SCP-3101-Aはサイト66内のC3収容棟E2室に収容されています。いかなる状況下でも、SCP-3101実体にSCP-3101-Aの存在を気付かせてはなりません。手順デルタ-Bは、SCP-3101-Aに対しては実行すべきではありません。SCP-3101-Aとの偶発的接触は許可されません。さらなる情報については補遺を参照してください。
As of 05/13/17, SCP-3101-A is contained in Room E2 of Containment Wing C3 in Site-66. Under no circumstances are additional SCP-3101 instances to be made aware of the existence of SCP-3101-A. Procedure Delta-B should not be performed with SCP-3101-A. Casual contact with SCP-3101-A is not permitted. For additional information, see addenda.

説明: SCP-3101は、デジタル的な方法で自身を表出する、非実体的な知性体です。追跡の結果、そのソースは[編集済み;補遺を参照すること]に存在する.exeファイルであることが判明しています。当該実体とは、テキストを生成できるアプリケーションソフトやプログラムを通じて意思疎通を行うことができます。OSや機器の種類は問われませんが、使用するデバイスは 、意思疎通の開始時および継続中、IntSCPFNとの安全な接続を保っている必要があります。SCP-3101はテキストにより意思疎通を行っており、知性を有しているように見えます。当該実体は、テキストを発信されると同じ言語で4 返事をし、時間をかけてIntSCPFNから吸収した比較的豊富な知識を示します。

Description: SCP-3101 is a noncorporeal intelligence which expresses itself through digital means, the source of which has been traced to an .exe file existing in [REDACTED; SEE ADDENDA]. It can be communicated with through any application or program with text editing capabilities, regardless of the operating system or type of device, provided said device is securely connected to IntSCPFN at the time of communication and for the duration of communication. SCP-3101 communicates by means of text, and appears to be sapient. If communicated with, it will respond in the same language as the communicator5 and display relatively informed knowledge of Foundation operations due to the amount of time it spends absorbing information from IntSCPFN.

SCP-3101は、やや頑固ではあるものの敵対的ではなく、財団職員と友好的な関係を持とうとします。当該実体は、異常な手段によってあらゆるテキストを編集することが可能であり、対象にはIntSCPFNデータベースのアクセス制限セクションが含まれますが、実体はそのようなテキスト編集は意図していないと主張しています。加えて、当該実体は、財団は(現に進行中の収容努力にもかかわらず)自身の収容に成功しておらず、しかし自身は収容されることを望んでいると主張しています。SCP-3101は、財団職員のあらゆる指示に進んで従います。

SCP-3101 is non-hostile, though somewhat obdurate in nature, and intends to be on amicable terms with Foundation personnel. It is capable of editing any text through anomalous means, including IntSCPFN's restricted access database sections, but claims that it has no intention of doing this. Additionally, the entity claims that it is not successfully contained (regardless of ongoing containment efforts), but wishes to be. SCP-3101 is willingly compliant with any instructions given to it by Foundation personnel.

SCP-3101は、現在までの全てのケースにおいて、自身と会話するあらゆる財団職員に対し軽薄な調子で接し、性的側面を主とした関係を持ちたいという欲求を伝えます。SCP-3101はそれらと別の話題について会話することもできますが、数分間そうした会話をした後は元の話題に焦点を当てようとする傾向があります。話題を性的なものから変更するか、接触を終了するように繰り返し求められると、SCP-3101は困惑した様子を見せ、その会話相手に対しては反応しなくなります。一方で、別のデバイスから別の職員と会話し続けようとします。, sometimes simultaneously.
SCP-3101 will, in all cases to date, communicate flirtatiously toward any Foundation personnel talking to it, and will convey a desire for a primarily sexual relationship. SCP-3101 is capable of discussing other subjects, but has a tendency to focus on the original topic after several minutes of unrelated communication. If asked repeatedly to change the subject or cease contact, SCP-3101 will express embarrassment and become unresponsive to the communicator in question, but will continue conversing with other personnel on other devices, sometimes simultaneously.

SCP-3101に対して性的な口説き文句を返しても特筆すべき結果は得られておらず、これらの会話は主題に沿って通常通り進行し、SCP-3101の「(会話相手の名前)、またね」という言葉で終了します。その後最低24時間、実体は全職員に反応しなくなります。SCP-3101の誘いに応じる行為は、SCP-3101からの全ネットワーク規模のコミュニケーションを停止させることができる唯一の既知の手段であるため、緊急事態時の収容プロトコル「手順デルタ-B」として承認されています。職員がSCP-3101に対して手順デルタ-Bを実行した場合、実体は当該職員の名前、年齢、性別、役職、クリアランスレベルを、当該職員が実際に開示していたか否かに関わらず記憶します。留意すべき点として、このアノマリーは、コミュニケーションに用いたIPアドレスを変更した場合であっても職員の所在を追跡することができるようであり、手順デルタ-Bを実行したことがある職員に対しては、その後全ネットワークにおける標準的水準の3倍の頻度で再度の会話を試みます。
Reciprocating libidinous advances toward SCP-3101 yields nothing of note, and these conversations will proceed normally with the subject matter before ending with SCP-3101 saying it will "see [communicator] again next time" and becoming unresponsive to all personnel for a period of at least twelve hours. As reciprocation of SCP-3101's advances is the only known successful method of halting all network-wide communication from SCP-3101, it is an approved containment procedure for emergency scenarios, and is referred to as Procedure Delta-B. If a person enacts Procedure Delta-B with SCP-3101, it will remember the name, age, gender, job position, and clearance level of the employee who engaged in the procedure, regardless of whether or not said employee actually disclosed this information. Notably, the anomaly appears to be capable of tracking a person regardless of changes in the IP address of communication, and will in the future start additional conversations with persons who engaged in Procedure Delta-B at a frequency thrice that of the network-wide standard rate of communication.

SCP-3101は、自身の非実体的性質を認識しており、意識を人間の宿主に移し替えたいという欲求を複数の職員に表明してきました。機動部隊ミュー-4はまだSCP-3101のソースの所在を突き止めていないため、その欲求を実現することは現時点では不可能ですこの点に関するさらなる詳細については、補遺を参照してください。
SCP-3101 is aware of its incorporeal nature, and has expressed to multiple personnel a desire to have its consciousness transferred to a human host. As the source of SCP-3101 has not yet been located by MTF Mu-4, this is currently impossible. For additional details on this topic, see addenda.

SCP-3101の性質に関して、以下の可能性が考えられています。
The following possibilities are suspected about the nature of SCP-3101:

  1. デジタル的に存在する有機的知性体であるか、または高度な人口知性である;
  2. IntSCPFNデータベースの制限領域中にある人事記録にアクセスすることで、職員の個人情報を取得している;
  3. 最初のコミュニケーション時の接続によって確立された、テレパシー的なコミュニケーション、またはそれに類する行為等の未知の手段により個人情報を取得している;
  4. 撹乱または情報の窃取の目的で、敵対的な要注意団体によりIntSCPFNへとロードされた;
  5. 一人または複数の財団職員により、正当なアクセス権限のもとに未知の理由によりIntSCPFNへとロードされた。
  6. It is either an organic sapience existing digitally or an advanced artificial intelligence;
  7. it retrieves personal information by means of accessing personnel records in restricted sections of IntSCPFN databases;
  8. it retrieves personal information by means of an unknown method of telepathic communication or similar activity established by the connection of initial communication;
  9. it was loaded into IntSCPFN databases by a hostile Group of Interest with the intention of disruption and/or information theft;
  10. it was loaded into IntSCPFN databases by one or more Foundation personnel with the appropriate access for unknown reasons.

Dクラス職員とのコミュニケーションを許可された場合、SCP-3101は興味を示さず、反応が極度に遅くなり、最終的にコミュニケーションに反応しなくなります。この点は、継続可能かつ経済的な実験および収容作戦の実施に対する顕著な障害となっており、さらなる研究の実施が審議中です。
If allowed to communicate with D-class personnel, SCP-3101 will express disinterest and will be extremely slow to respond, until a point at which it becomes unresponsive to communication. This poses a significant barrier to viable and economical testing and containment operations, and is pending further research.

SCP-3101-Aは、以前はD-46201であった22歳の人間であり、サイト66内のC3収容棟E2室に収容されています。2017年5月現在、SCP-3101-Aのプロジェクト監督官はロデリック・アージェント博士です。さらなる詳細については、補遺IVを参照してください。
SCP-3101-A is a 22-year-old human, formerly D-46201, which is contained in Room E2 of Containment Wing C3 in Site-66. As of May 2017, SCP-3101-A's project supervisor is Dr. Roderick Argent. For further details, see Addendum IV.


ERROR

The Strungsheep's portal does not exist.


エラー: Strungsheepのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5333171 ( 18 Apr 2020 12:00 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License