SCP下書き「▶最寄りのハンバーガーショップを筆記してください。」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
map.jpg

SCP-XXX-JPのページの一例。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは標準的アイテム収容金庫の内部に保管されます。ロックの解除とアノマリーの使用には上位司令部の承認を必要とします。使用の際には適切なカバーストーリーが流布され、必要に応じて財団フロント企業下のファストフードとの連携を講じます。

説明: SCP-XXX-JPは一冊の1994版モスクワ観光案内書です。SCP-XXX-JPと同時期に作成された同版のものには異常性が確認されておらず、SCP-XXX-JPは固有のアノマリーであると推定されています。SCP-XXX-JPは外見上は非異常の案内書と同数のページで構成されているように見えますが、異常な点としてページを捲る度に新たなページが出現します。確認できた全てのページは地理的図形と関連した文章から成っており、これは地図上のあらゆる建造物やランドマークを網羅しています。

現在までにSCP-XXX-JP内の全てのページの観測には成功しておらず、その限界も判明していませんが、観測上は地球上のあらゆる地域の詳細な図になっているように見受けられます。SCP-XXX-JPの図にある建造物等が現実で除去された場合、SCP-XXX-JPにもそれが反映されます。

SCP-XXX-JPの図に記された建造物等にペンや鉛筆を用いて特定の干渉が行われた場合、もう一つの異常性が表れます。これは筆記具を用いて建造物等にチェックを入れたり、それを線で囲うことによって発揮されます。こうして干渉された場所はハンバーガーショップに改変されます。改変された場所周辺の人物は、異常を指摘されたり、それと矛盾する情報を得るまで改変の影響に気付くことはありません。同様に改変はこの周辺地域にのみ及ぶようであり、周辺の看板やポスターなどの広告などが改変に沿うように変化します。

SCP-XXX-JPが財団に取得されて以来、SCP-XXX-JPは主に敵対的な要注意団体やテロ組織の主要施設を無力化するために用いられています。いくつかの使用例として、1998年に敵対団体が保有している超常兵器を平凡なフライヤーに改変して秘密裏に収容し、2014年には高度現実改変者であるPoI-62Mを食品衛生管理違反の疑いでサイト-298へ移送させることに成功しました。

ERROR

The roneatosu's portal does not exist.


エラー: roneatosuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5326884 ( 06 Feb 2020 00:53 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License