SCP下書き「世界の果てのラバ」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
mule.jpg

民間人が撮影したSCP-1332-JPの写真。

アイテム番号: SCP-1332-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1332-JPの直接的な収容は成功していません。現在の収容はSCP-1332-JPの目撃者に対する記憶処理と情報規制を中心に行われています。

説明: SCP-1332-JPはラバ(E. asinus × E. caballus.)の1個体です。全ての例でSCP-1332-JPは積み荷を背負った状態で目撃者(以下、対象)に捕捉されています。積み荷の内容は様々ですが前例から以下のようなものが確認されています。

  • 複数の木造の樽/内部は水、牛乳、葡萄酒、コーヒーなどの飲料が内部に満たされている。
  • 鹿の干し肉。
  • 野菜・果物類/ニンニク、高麗人参、生姜、干しブドウ等。
  • 世界中の諸宗教に関する聖典。
  • 木箱/内部には簡易的な医療器具と薬品が確認できる。
  • 布製の衣服。

SCP-1332-JPは遭難状態やそれに準ずる形で生命の危機にある砂漠地帯の個人の元に出現します。SCP-1332-JPは出現すると対象に対して衣服を口で引っ張るなどして注意を引こうとします。これは対象がSCP-1332-JPの積み荷の一部もしくは全てを受け取るまで継続します。対象が荷を受け取るとSCP-1332-JPは対象の顔を舐め、その後は対象の付近に駐留します。

対象の救助が行われた際、既にSCP-1332-JPは現地に存在していませんでした。これは全ての例において共通しています。いくつかの例では対象の持ち物から文字の書かれた羊皮紙が回収されました。対象は羊皮紙の起源等を説明できませんでした。羊皮紙に書かれた文字は不明な言語でしたが、英語でルビが振られていました。以下はルビの内容です。

塩をありがとう。これは実に美味だが私の国にはないのだ。旅人に幸福とごちそうあれ。


神速抜刀コンテスト及びメモ落ちコンテストに参加予定の記事です。
ジャンルとしてはSCP-3375のような感じを目指しています。


神速抜刀コンテスト及びメモ落ちコンテスト参加記事です。

画像
ソース: https://www.flickr.com/photos/l_amande/6045507445/
タイトル: Mule
著作権者: L'amande
ライセンス: CC BY 2.0


euclid 動物 生命 知性 自我 未収容 jp


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The roneatosu's portal does not exist.


エラー: roneatosuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5326884 ( 06 Feb 2020 00:53 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License