SCP下書き「暴命機構」

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Decommissioned

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1は渉外部門の自治体への働きかけによって閉鎖されました。当アノマリーはもはや異常性を示しておらず、非異常の手段による解体が進行中です。

説明: SCP-XXX-JPは頭部が存在しない17体の人型実体です。SCP-XXX-JPは2001/██/██に、日本の███市に存在する███火力発電所内に突如出現し、17名の発電所職員を斬首しました。このインシデント(インシデント-XXX-JP.01A)の後、SCP-XXX-JP群は発電所施設の機能を掌握し、“帝国君主評議会派亡命政府”を自称し始めました。

███火力発電所はSCP-XXX-JP-Aに指定されています。SCP-XXX-JP-Aは24時間ごとに煙突から未知の灰色の水蒸気に似た気体を排出しています。この気体を体内に取り込んだ生物は苦痛を訴え、多くの場合死亡するか、頭部の[データ削除済]的変異の兆候を見せ始めます。

補遺: インシデント-XXX-JP.01Aから3日後、SCP-XXX-JP-1内の調査のため機動部隊ゆ-11("尖った駒")が派遣されました。機動部隊員の報告によると、発電所職員はSCP-XXX-JP群指導の下で何らかの生産活動に従事しており、発電所内の一部は非ユークリッド的空間異常を生じていました。以下は内部で記録された情報の抜粋です。

SCP-XXX-JP-5の演説:

“貴君らの心身には恒久的な力が宿る。忠誠によって形づくられ完全となる精神、幾度の困難に敢然と立ち向かう肉体、それらを労働という偉大な生産行為に使用せよ。製造加工の力学は二つの相互作用によって成り立つ。かの啓勇戦士、[編集済]もかつては血と汗を品々に昇華するケレだったのだ。帝国において報われない苦労は無い。”

休憩所に貼られたポスター:1

“Csiu領土の獲得は帝国政府の素晴らしき功績である。これは動かしえぬ事実であるが、この編成をhairburden的悪行と触れ回る悪辣なる反逆者たちはいまだ健在である。帝国の拡張は臣民諸君のロデマドを豊かにし、blockageral群の粉砕に繋がるだろう。外敵を直ちに即時に壊滅させ、凱旋を祝おうではないか。”

██████社内新聞:2

“今期に行われた全計画は予想以上の成果を見せている。収穫は████の3倍以上に上り、大戦期の害汎からの回復は眼に見えている。強大な支配機構統制のTewequiな結果と言える。中央から末端までを指揮し更なる成長を遂げた唯一なるフェンデラ。ああ、Qripe-veux!光芒万歳!帝国万歳!██万歳!”


ERROR

The roneatosu's portal does not exist.


エラー: roneatosuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5326884 ( 06 Feb 2020 00:53 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License