SCP-XXX-JP 最高の食事を貴方に

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在までに出現が確認されたSCP-XXX-JPは民間人の立ち入りを禁止し、カバーストーリー「閉店」を流布しています。今後新たなSCP-XXX-JPの出現が確認された場合も同様の対処を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは一般的な外装、内装の個人経営の飲食店です。現在までに全国で██軒のSCP-XXX-JPが確認されています。また、SCP-XXX-JPは現在も断続的に各地で出現していることがわかっています。現在までにその周期、条件、出現地点の規則性は分かっていません。SCP-XXX-JPに客(SCP-XXX-JP-1と呼称)が入店した際にSCP-XXX-JPは異常性を発揮します。SCP-XXX-JP-1が入店すると、店の奥から人型実体(SCP-XXX-JP-2と呼称)が出現します。SCP-XXX-JP-2によって案内された席にSCP-XXX-JP-1が座ると、SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1に対してお冷とメニューを配膳します。お冷とメニューには異常性は確認されていません。メニュー内からSCP-XXX-JP-1が注文を行った時、SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1の身体の一部を切断し、持ち去ります。この際、SCP-XXX-JP-1に痛みは無く、断面からの出血も確認されません。またこのとき、SCP-XXX-JP-1は切断に対して、一切疑問や違和感を持ちません。注文から数分後、SCP-XXX-JP-2は注文通りの料理(SCP-XXX-JP-3と呼称)をSCP-XXX-JP-1に配膳します。調査の結果、SCP-XXX-JP-3にはSCP-XXX-JP-1の身体の一部が使用されていることが確認されています。また、SCP-XXX-JP-2のSCP-XXX-JP-3調理過程の記録は現在まで全て失敗に終わっています。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-3を食べると多幸感を強く感じると共に、空腹感を覚え、追加の注文を行います。追加の注文の際もSCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1の身体の一部を切断し、持ち去ります。

ERROR

The IREMIA's portal does not exist.


エラー: IREMIAのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5323004 ( 05 Nov 2020 07:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License