SCP-XXX-JP ヤマタノヤマタノヤマタノ…オロチ

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在、SCP-XXX-JPはサイト-8███の中型危険生物収容室内の水槽に収容されています。職員は1日3回、SCP-XXX-JPに餌を与えてください。SCP-XXX-JPが頭部の分裂を行った場合、分裂部分を完全に切除してください。水槽内は常にSCP-XXX-JPの胴体が完全に浸かる程度の日本酒で満たすようにしてください。

説明: SCP-XXX-JPは1つの胴体に対し、複数の首と頭を持つ蛇型の生命体です。現在のSCP-XXX-JPの全長は約█m、重さは約██kg程ですが、未対応の状態のまま放置した場合、1年後には全長約███km、体重は約███tほどになると予測されています。SCP-XXX-JPは高い知能を持ちませんが、非常に凶暴で周囲の動く物体を無差別に攻撃します。SCP-XXX-JPは非常に強い毒性の毒牙を持っており、現在までに解毒に成功した事例は存在しません。SCP-XXX-JPは約1ヶ月毎に頭部から頚椎にかけてを8つに引き裂くように増やすことで分裂を行います。また、分裂に合わせて胴体部分も分裂前より急激に肥大することが分かっています。収容時点から現在までにSCP-XXX-JPは██回分裂を行っています。SCP-XXX-JPは高い自己再生能力を持ちますが、分裂によって増えた頭部は分裂部分を完全に切除されると、分裂前の状態にまでしか自己再生できないことがわかっています。

SCP-XXX-JPは機動部隊み-13("スサノオノミコト")によって日本生類総研研究所で発見されました。発見時、研究所には日本生類総研の研究員の存在は確認されなかったため、SCP-XXX-JPと共に放棄されたものと考えられています。また、SCP-XXX-JPは発見時点で頭部が4096個存在しており、全長約████m程であったと報告されています。

以下は機動部隊み-13("スサノオノミコト")によって回収されたSCP-XXX-JPに関する文書です。
回収された文書:

日本生類総研 開発資料

日付: 1███/██/██

内容: 蛇肉用に改造されたI-███-███について

状態: 今日で3回目の分裂。また管理するための部屋を広くしないといけない。蛇肉が無限に採れるのはいいが、このままではヤツは無限に大きくなってしまう。どうにも出来なくなる前に採れるだけ採ってこの場所ごと捨てるのが懸命だな。

追記: この前話した「酒を飲ませれば分裂しにくくなる」って予想は合ってたみたいだ。この予想自体は俺が「ヤマタノオロチみたいだし、酒飲むのかな」と思って飲みかけの梅酒を適当にやったのが発端なんだから、俺の手柄って考えてもいいよな?

文書回収後、SCP-XXX-JPにエタノールを含んだ飲料を数種類与えた結果、分裂周期が█〜██倍の周期になることが分かりました。この分裂周期の変化は飲料の種類によって異なり、日本酒を与えることで最も長い周期に変化することがわかっています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The IREMIA's portal does not exist.


エラー: IREMIAのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5323004 ( 05 Nov 2020 07:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License