SCP-XXX-JP 疑心の花畑

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在、SCP-XXX-JP内部とその周囲5mはレッドゾーンXXX-JPに指定されています。レッドゾーンXXX-JP内へ入る場合にはレベル3以上の職員2名から許可を得てください。また、SCP-XXX-JPの範囲拡大抑制のためレッドゾーンXXX-JPを囲うようにスピーカーを2m間隔で配置し、常に笑い声の音源を60dB以上の音量で流してください。また、SCP-XXX-JPの範囲拡大応じたスピーカーの位置調整を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは██県の██村跡に存在する面積約███m2のSCP-XXX-JP-1の群生地です。SCP-XXX-JP-1は一般的なスパイクラベンダー(Lavandula latifolia)と酷似しており、異常性を持った花粉(以降、SCP-XXX-JP-2と呼称)を放出する以外は異常性を持たないスパイクラベンダーと同様のものであることがわかっています。SCP-XXX-JP-1から放出されたSCP-XXX-JP-2が皮膚及び粘液に直接付着した人間は他の人間に対して強い不信感を抱くようになり、それに伴って攻撃的な行動をとるようになります。この状態はBクラス記憶処理によって完全に治癒できることがわかっています。SCP-XXX-JP-1は異常性を持たないスパイクラベンダーと同様の方法で繁殖します。SCP-XXX-JP-1に対して60dBを超える音量の笑い声の音声を流すことによってSCP-XXX-JP-2の発生を完全に無く抑制し、被爆確率の減少及びSCP-XXX-JP-1の繁殖を妨ぐことが可能であることがわかっています。現時点でSCP-XXX-JPの範囲は年に█m2ずつ広がっています。
SCP-XXX-JPは██県の██村跡と共に発見されました。発見時、██村跡内で██人分の遺体で見つかっており、全て他殺であることがわかっています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The IREMIA's portal does not exist.


エラー: IREMIAのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5323004 ( 05 Nov 2020 07:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License