SCP-XXX-JP 今日はAmazon Prime Day

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid→Safe

特別収容プロトコル: 職員は常にAmazon Prime Videoの配信一覧の監視を行ってください。SCP-XXX-JP-1の存在が確認された場合、早急なSCP-XXX-JP-1の削除を行ってください。██博士の予測に基づいたSCP-XXX-JP-1の直近100回分の発生予測日は演算部隊("エラトステネスの篩")によって常に把握されています。発生予測日にはカバーストーリー「メンテナンス作業」を流布してください。

説明: SCP-XXX-JPはAmazon Prime Video1上に異常性を持った映像(以降、SCP-XXX-JP-1と呼称)が公開される現象です。SCP-XXX-JP-1は『今日はAmazon Prime Day』というタイトルの映像で、その内容は黒い背景に素数が小さい順に2秒ずつ表示されるというものになっています。SCP-XXX-JP-1の再生時間はSCP-XXX-JPの発生ごとに長くなっており、最後に確認された2017年5月19日発生時点で29時間のSCP-XXX-JP-1の存在が確認されています。SCP-XXX-JP-1の存在を人間(以降、対象と呼称)が知覚したとき、対象はSCP-XXX-JP-1を最後まで視聴しなければならないという強迫観念に囚われます。この精神状態は視聴中も続きますが、外部からの干渉によって解消できることが分かっています。SCP-XXX-JP-1視聴時間に応じて被曝者への肉体的影響が発現します。

第1段階: 血圧、体温の上昇。

第2段階: 軽度の頭痛、疲労感。

第3段階: 激しい頭痛とそれに伴う強い倦怠感。

第4段階: 脳出血により死亡。

この肉体的影響の発現には個人差があることが分かっています。

2016年1月1日時点で、SCP-XXX-JPは5回確認されていますが、全て2011年内の発生であるため、SCP-XXX-JPの発生周期は判明していません。2017年2月23日、██博士によって、SCP-XXX-JPは西暦、月、日が全て素数かつそれらを8桁で表した際の数字2も素数であるような場合に発生すると予測が立てられました。現在までその予測に反する日付にSCP-XXX-JPの発生は確認されていません。このことから、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスがEuclidからSafeへ格下げされました。

SCP-XXX-JPの発生が初めて確認されたのは2011年2月17日で、世界各地で発生した大量怪死事件の原因となっています。その際、SCPの存在の隠匿のため、地球全域にクラスA記憶処理が行われました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The IREMIA's portal does not exist.


エラー: IREMIAのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5323004 ( 05 Nov 2020 07:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License