シンプルなスケッチ
rating: 0+x

コンウェル研究員は拘束台を見下ろす。SCP-1360は見つめ返す。コンウェルの一挙一動を追っているその白いプラスチックの目には、感情が見受けられない。近くには4人の警備員が立っており、それぞれが無力化されたオートマトンが逃げ出そうとするのを待ち構えている。コンウェルは軽くうなずいた。脇の手術台の上に置いてある小さなテープレコーダーの録音を押した。
Researcher Conwell stood over the restraint table. SCP-1360 stared back. Its white plastic eyes seemed emotionless as it followed Conwell’s every move. Four security officers stood nearby, each awaiting for the incapacitated automaton to attempt to escape. Conwell gave a quick nod. He pressed record on a small tape recorder on the surgical table at his side.

「ジェイコブ・コンウェル、2013年7月8日。SCP-1360-1の定期切除。サンプルはSCP-1360の胴体下部、左前腕部、右大腿部から採取される。対象は1360-1の切除に完全に協力的である。推奨されるセキュリティチームが参加し、待機している。」
“Jacob Conwell, July 8th, 2013. Regular scheduled removal of SCP-1360-1. Samples are to be removed from SCP-1360’s lower torso, left forearm and right thigh. Subject is fully cooperative prior to 1360-1 removal. Recommended security team is present and on standby.”

そしてコンウェルは小さなメスを手に取り、ドロイドに近づいた。刃が手の中でわずかに揺れた。彼は目をそらしたがっていた。これは彼が最も嫌っている役割だった。コンウェルは鋭い息を吐いた。しかし、警備員の一人が彼の肩に手を置いたので、彼は立ち止まった。
Conwell then grabbed a small scalpel and approached the droid. The blade shook slightly in his hand. He wished he could look away. This was the part that he hated the most. Conwell let out a sharp breath. He began to cut, but stopped when one of the security officers placed a hand on his shoulder.

「左の中指から何かが出ていますよ」と耳元で囁いた。
“There’s something poking out of its left middle finger,” he whispered into Conwell’s ear.

コンウェルは頭を横に動かした。案の定、1360の指先のキャップの下から、小さな紙が出てきた。コンウェルは警備員に小さくうなずいた。メスをそっとテーブルの上に戻した。
Conwell’s head snapped to the side. Sure enough, a small slip of paper was visible poking out from underneath the cap that served as 1360’s fingertip. Conwell gave a small nod to the officer. He gently placed the scalpel back on the table.

「拘束する準備を、」コンウェルは囁いた。そして、ゆっくりとドロイドの手に近づき、中指を掴んだ。SCP-1360はすぐに拘束に逆らい始めた。マクスウェル、フォレスト、ハリソン、リーはすぐさまドロイドの押さえつけに取り掛かった。こうしてますます必死になって拘束に逆らうようになった。
“Be ready to restrain it,” Conwell whispered. He then slowly made his way to the droid’s hand, and grabbed its middle finger. SCP-1360 immediately started to struggle against its restraints. Maxwell, Forrest, Harrison and Lee quickly got to work holding the droid down. This only made its struggle for freedom increasingly more desperate.

「取った!」コンウェルが叫んだ。オートマトンの指から折り畳まれた数枚のノート紙片を取り出した。ドロイドは逃れようと今も力を振り絞っている。その動きは暴力的に激しくなる。すぐにテープレコーダーを掴み、ドアに向かって逃げ出す彼を、1360の目は捉えていた。「落ち着くまで拘束しろ。帰す前にノートとペンを没収しておけ!」
“Got it!” Conwell shouted. He pulled several folded pieces of notebook paper from the automaton’s finger. The droid was now putting all its strength into trying to break free. Its motions escalated to violent thrashing. 1360’s eyes remained locked on him as he quickly grabbed the tape recorder and fled towards the door. “Keep it restrained until it calms down! Make sure to confiscate its notebook and pens before you leave!”

4人の警備員は、それに従いながら唸っていた。彼らはドロイドを逃がさないことに全集中していた。コンウェルは廊下に出てから振り返った。扉が閉まると、ドロイドの視線は消えた。
The four guards grunted in compliance. Every ounce of their concentration was devoted to keeping the droid from breaking free. Conwell looked back as he stepped into the hallway. The droid’s constant gaze only subsided once the containment door slid shut.


コンウェルは重いため息をつきながら、机の上に置かれたたくさんのノート紙を見つめていた。それぞれの紙はしわくちゃで、何度も折ったり広げたりしたようで、酷使されていた。SCP-1360はコンウェルに奪われまいと必死に抵抗していたが、この騒ぎを目の当たりにして、がっかりした。それぞれの紙には小さなスケッチが描かれている。
Conwell let out a heavy sigh as he stared at the numerous pieces of notebook paper lying on the desk in front of him. Each one was crinkled and heavily worn, appearing to have been folded and unfolded several times. SCP-1360 had put up an immense struggle to try and keep Conwell from taking them, but now that he was able to see what all the fuss was about, he could not help but feel underwhelmed. On each of the pieces of paper was a small sketch.

1枚目は、1360が走っている様子を非常に細かく描いている。ドロイドの布地の皮膚のメッシュパターンまで見えている。1360の肩には、花柄の夏服を着た少女が乗っている。花柄のサマードレスを着て、長い髪をなびかせながら、両手を空に向かって伸ばしている。しかし、彼女の顔には何も描かれていない。鼻も、目も、口もない。ただの白紙だ。
The first depicted an incredibly detailed representation of 1360 running. Even the mesh pattern of the droid’s fabric skin was visible. On 1360’s shoulder was a young girl in a summer dress with a flower design. Her long hair was drawn fluttering behind her as 1360 ran, her arms stretched upwards toward the sky. However, her face was left completely blank. No nose, no eyes or mouth. Just blank paper.

2枚目の絵では、1360はスーツを着た男性と握手をしている。その男性は短髪で、1360の身長よりも半フィートほど高いように見えた。スーツのしわやひだの描き方が絶妙だったが、男の顔はまたしても空白だった。
A second drawing showed 1360 shaking hands with a man in a suit. The man had short hair and appeared to stand half a foot taller than 1360 itself. The detail that was placed into drawing the creases and pleats of the suit was exquisite, but once again, the man’s face was blank.

3枚目の絵は、1360が少女と一緒に公園のようなところを歩いている。コンウェルは、この絵のディテールに改めて驚かされた。背景の木がほとんど実物のように見えるのだ。少女は1360の手を握ってスキップしているようだ。二人ともパーティー用の帽子をかぶっている。しかし、少女の顔はまたしても描かれていない。
The third drawing had 1360 walking with the little girl through what appeared to be a park of sorts. Conwell was once again amazed with the detail that had been placed in the drawing, as the trees in the background appeared almost lifelike. The little girl seemed to skip along as it held 1360’s hand. Both were adorned in party hats. However, yet again the girl’s face was left blank.

最後に描かれていたのは、1360がピストルを持っていて、着飾ったドレスシャツとネクタイに、防弾チョッキを上から着た二人の男が並び、一人はショットガンを振りかざし、もう一人はマシンガンを持っていた。服装や銃の構造、体勢などが細かく描写されているため、2人の顔が真っ白なのが余計に気になった。
The final drawing was of 1360 wielding a pistol, side by side with what appeared to be two other men adorned dress shirts and ties covered by bullet proof vests, one brandishing a shotgun while the other carried a machine gun. The detail that was put into the their clothes, the components of the guns they carried, and their stances made the fact that their two faces were left completely blank all the more jarring.

コンウェルは頭を抱えてため息をつき、回転椅子を回して机から離れた。しばらく黙って座っていたが、オフィスのドアをノックする音が聞こえてきた。
Conwell placed his head in his hands as he sighed, sliding away from his desk to spin in his swivel chair. He continued to sit in silence for a few more moments, stopping only when he heard a knock at his office door.

彼は「開いてるよ」と叫んで、客を迎え入れるために机に戻った。すると、そこにはグレッグ・コリンズ博士がいて、彼は微笑んだ。
“It’s open,” he shouted, sliding back to his desk so as to better welcome his guest. He smiled to see that it was none other than Dr. Gregg Collins.

「どんな具合?」とコリンズは尋ねた。机の反対側にある椅子に座ったコリンズは、おどけて笑った。コンウェルは小さく笑い、首を振ってから、コリンズが家具の少ないオフィスを見回すのを見ていた。「くつろいでいただけたようですね。」
“How am I doing?” Collins asked. A goofy grin was on his face as he then sat down in a chair on the other side of the desk. Conwell gave a small chuckle, shaking his head before he watched Collins look around the sparsely furnished office. “I see you made yourself right at home.”

「ジョンソン博士のようなオフィスになるにはまだ数年かかるでしょうが、がんばっています」とコンウェルは答えた。「何しに来たんですか?」
“It will be a few more years before I have an office that is comparable to Dr. Johnson’s, but I’m doing my best,” Conwell replied. “What brings you here?”

「ザカリーと約束したんだ。時々立ち寄って、君がいい仕事をしていることを伝えるってね。」コリンズは冗談を言った。「今日はドロイドが君に興奮するものを与えたと聞いたよ。私の記憶が正しければ、これは数年ぶりに行動を起こしたことになります。」
“I promised Zachary that I’d stop by every now and then to tell you that you’re doing a good job,” Collins joked, “I also heard that the droid gave you a bit of excitement today. If I understand correctly, this is the first time it has acted up in several years.”

「そうです。」 コンウェルはスケッチを机の上に置いた。コリンズは慎重に目を通していった。「1360がこれを指の収納部の一つに隠していました。取り出そうとしたときに、私たちを止めようとしたのです。」
“It is.” Conwell slid the sketches across the desk. Collins proceeded to delicately look them over. “1360 was hiding these in one of its finger compartments. It tried to stop us when we were retrieving them. ”

コンウェルは椅子に座り込んだ。コリンズは口笛を吹いてから、図面から顔を上げて頭を掻いた。
Conwell sunk down in his chair. Collins whistled before looking up from the drawings and scratching his head.

「上手な絵ですね。以前の所有者ですか」と尋ねた。
“These are really nice. Former owners?” he asked.

「私もそう考えました。上層部は、この人たちの実際の身元を確認できるかもしれないから、1360を強要しろと言っています。でも、もし私が1360に聞いたとしても、これまで聞こうとした時と同じように、1360は口を閉ざしてしまうでしょうね」。コンウェルはため息をついて、さらに椅子に座り込んだ。「もし1360が人間だったら、クレイトンに彼のファイルキャビネットの1つに数日間、その名前を追加するように要求していたでしょう。しかし、オートマトンにはそれが通用しない。このままでは、いつもの1360-1の採集スケジュールに戻ってしまい、何の成果も得られないまま終わってしまう」
“That’s what I thought too. The higher ups want me to press 1360 to see if maybe we could get some actual identities for these people. Though, I’m sure if I did that 1360’s going to be as tight lipped as all the other times we’ve tried to interview it.” Conwell sighed, sinking further into his chair. “If 1360 was a human I’d have requested to have Clayton add its name to one of those filing cabinets of his for a few days, see where that would lead me, and be done with this. That won’t work on an automaton though. We’ll just end up going through the motions again and wind up returning to the usual 1360-1 harvesting schedule with nothing to show for it.”

コンウェルは身震いした。ドロイドの生地であるSCP-1360-1は、自己修復機能を持つアラミド繊維で、ケブラーよりも強くて軽いのが特徴です。これらの特性は財団にとって貴重なものでしたが、残念なことに、ドロイドから長く取り外すと生地が崩壊してしまいました。そのため、繊維の安定化や合成の実験を行うためには、定期的に採取する必要があったのだ。
Conwell shuddered. The droid’s fabric skin, SCP-1360-1, was a self-repairing aramid fiber that was stronger and lighter than Kevlar. These traits made it valuable to the Foundation, which was unfortunate as the fabric disintegrated when it was removed from the droid for too long. This made periodic harvesting a requirement if experimentation in how to stabilize and synthesize the fiber was to be even remotely possible.

「本当に困ったものだね」とコリンズが聞いた。
“It really gets to you, doesn’t it?” Collins asked.

「ええ」コンウェルが答えた。「1360-1の採集は嫌いです。ドロイドは痛みを感じると言っていますが、2週間に1度、生きたまま皮を剥ぐようなことをすれば、それがはっきりとわかります。もし、このドロイドがアンダーソンの居場所や、少なくとも過去の所有者を教えてくれれば、私たちは次に進むことができるでしょう。残念ながら、1360は少なくとも今は、口を割らない。」
“It does.” Conwell replied. “I hate 1360-1 collection. The droid claims it can feel pain, and never is that more readily apparent than when I practically skin it alive every two weeks. If the damn thing would just tell us where to find Anderson, or at least its past owners, maybe we could move on. Unfortunately 1360 is just not a talker, at least not anymore.”

「私もあなたのような状況に何度もなったことがあります」とコリンズはうなずいた。「楽しいことではありません。私たちにできることはない。しかし、あなたが1360-1の合成方法を見つけてくれれば、良いことがあると考えてください。それができれば、あのかわいそうなドロイドを切り刻むのをやめることができます。アンダーソンを見つけるのが早ければ、ドロイドを切り刻むのをやめることができます」
“I’ve been in your situation many times before,” Collins said with a nod. “It’s not pleasant. Nothing we do is. However, think of the good that will come of you finding out how to synthesize 1360-1. The sooner we do that the sooner we can stop carving the poor droid up. Hell, the sooner we find Anderson, the sooner we can stop carving the droid up.”

コリンズは椅子から立ち上がって、コンウェルの肩に手を置いた。
Collins had gotten out of his chair and now rested a hand on Conwell’s shoulder.

「仕事を楽しめとは誰も言っていないが、何のためにするのかを心に留めておいてほしい」彼は続けた。「そもそも、なぜ財団がこのような活動をしているのかを考えてみてください」
“No one is asking you to enjoy the work, but keep in mind why you do it,” he continued. “Keep in mind why the Foundation does what it does in the first place.”

コンウェルは自分の机に目を落とした。コンウェルは自分の机に目を落とし、重いため息をついて、「はい」とうなずいた。コリンズはそれに応えて微笑むと、ドアに向かって歩き始めた。
Conwell looked down at his desk. He gave a heavy sigh and nodded his acknowledgement. Collins smiled in return and began to make his way towards the door.

「どうなったか教えてくれよ」と言って、オフィスを出た。
“Let me know how it goes,” he said as he stepped out of the office.


「いいかい、1360。」コンウェルはドロイドとテーブルを挟んで向かい合うように座って言った。「上司と話し合った結果、このインタビューに協力してくれるなら、スケッチとノートとペンを返すように命じられた。協力といっても、私の質問にすべて答えてくれればいい。いかがでしょうか?」
“Alright 1360,” Conwell said as he sat down across from the table from the droid. “After talking with my superiors I’ve been ordered to return your sketches, notebook and pen to you if you cooperate with me during this interview. For all purposes, cooperation will require that you answer all of my questions. What do you say?”

SCP-1360はテーブルに目を落としました。コンウェルは彼の前に小さなメモ帳とペンを置いていました。近くには同じ4人の警備員が立っていて、ドロイドが動くのを待っていました。部屋はしばらく沈黙していたが、やがて1360はペンを手に取り、書き始めた。
SCP-1360 looked down at the table. Conwell had placed a small notepad and pen in front of him. The same four security officers stood nearby, all waiting for the droid to make a move. The room remained silent for a few moments, but eventually 1360 picked up the pen and began to write.

了解
Okay

「素晴らしい」コンウェルは微笑んだ。そして、1360の絵をテーブルの前に置いた。ドロイドが破壊しようと思っても、つかめない程度の手の届かないところに置いたのだ。「まず最初に、あなたの絵について私が持っているいくつかの説を確認していただきたいと思います。前の所有者であるジェームズとその娘と一緒に描かれていますよね?」
“Excellent,” Conwell smiled. He then proceeded to place 1360’s drawings on the table in front of it, just far enough out of reach that they couldn’t be grabbed should the droid be so inclined as to destroy them. “First things first, I’ll need you to confirm a few theories I have about your drawings. They are depictions of you with your previous owners, James and his daughter, are they not?”

そうです
They are.

「そうだと思いました。次の質問に移ります。私たちが発見した時、なぜあなたは必死になって絵を取り戻そうとしたのですか?なぜあんなに抵抗したのか?」
“I thought so. This brings me to my next question, why were you so desperate to get them back when we discovered them? Why put up such a fight?”

返してくれるとは思わなかった。
I didn’t think you’d return them.

「返してもらえなかったとしても、ペンと紙を返してもらうまで待って、もう一度描くことはできなかったのでしょうか?」
“Even if we didn’t, couldn’t you have just waited until we gave you your pen and paper back and drawn them again?”

そんな時間があるとは思えなかった。
I didn’t know if I would have that kind of time.

「どういうことですか?」
“What do you mean?”

SCP-1360はしばらくの間、立ち止まっていました。メモ帳に目を落とし、描いた絵を何度も見返した後、再び書き始めました。
SCP-1360 paused for several moments. It looked down at the notepad, and then over at its drawings several times before it once again began to write.

アンダーソンは私のクライアントの記憶を遠隔操作で消すことができます。なぜ、まだ消されていないのかはわからない。あの絵が欲しかったのは、振り返って思い出せるようなものが欲しかったからだ。また描けるようになるまで待つ時間があるかどうかはわかりませんでした。
Anderson can remotely erase my client memory. I don’t know why it has not been erased yet. I wanted those drawings so that I might have something to maybe look back on and remember them by. I didn’t know if I would have the time to wait until I could draw them again.

「なるほど。」コンウェルは、少し時間をおいて、再びスケッチに目を通した。「それならば、なぜ顔を描かないのか。こんなに細かく描いているのに、人間の表情の中で最も重要な部分を省略しているのですか?」
“I see.” Conwell took a few moments to look over the sketches again. “If that’s the case, why leave the faces blank? Your drawings are so detailed, yet you leave out one of the most important parts of human expression?”

アンダーソン氏のプログラミングにより、これ以上細かい部分は描けないようになっている。これで精一杯なんです。これでもまだ、マシかもしれない
Anderson’s programming prevents me from using any more detail. That is the best I can do. It might still be too much.

コンウェルはため息をついた。ジェームズの正体を知り、アンダーソンを見つけるための新たな手がかりを得ることは、どうやらできそうになかった。またしてもアンダーソンの先見の明が勝利してしまったのだ。コンウェルは椅子から立ち上がると、図面を1360に向けて残りの部分をスライドさせた。ドロイドは、まるで罠を待っているかのように、動かずに彼を見ていた。
Conwell sighed. It appeared as if obtaining James’s identity, and a new lead for finding Anderson, was not going to happen. Anderson’s foresight was victorious again. Conwell then got up from his chair and slid the drawings the rest of the way towards 1360. The droid looked at him, unmoving as if awaiting a trap.

「これで全部だ、1360。スケッチは君のお好きなように。少ししたらノートとペンはお返しします。」とコンウェルは言って、書類を集め始めた。ドロイドがスケッチをそっと折りたたんで、左手の中指の収納部に戻したのを、コンウェルは小さな笑顔で見ていた。コンウェルはドロイドが部屋を出て行くのを静かに見送った。インタビューは行き詰まりを見せていたが、少なくともSCP-1360は再び話し始めた。
“That’s all we needed, 1360. Feel free to take your sketches back. I’ll have your notebook and pens returned to you in a little bit,” Conwell said as he began to collect his paperwork. He watched with a small smile as the droid then gingerly folded the sketches and returned them to the storage compartment in its left middle finger. Conwell silently watched as the droid was escorted out of the room. The interview had proven to be a dead end, but at least now SCP-1360 was talking again.


インタビューの数週間後、コンウェル研究員は再びSCP-1360-1を収穫することになった。いつもの手順で、彼と4人の警備員は拘束台を1360の格納セルに転がした。セルの隅に置かれていた通常の拘束具からテーブルに移す準備をしていた保安員は、ドロイドがノートを掲げていることに気付いた。そこには1つのメッセージがきれいに書かれていた。
Several weeks after the interview, Researcher Conwell was once again scheduled to harvest SCP-1360-1. Following the usual procedure, he and four security officers rolled a restraint table into 1360’s containment cell. The security officer immediately got to work preparing to transfer the droid from his normal restraints in the cell corner to the table when they noticed the droid was holding up its notebook. A single message was neatly written across the page.

質問してもいいですか?
May I ask you a question?

コンウェルは手を挙げて警備員に止めさせた。
Conwell held up his hand for the security officers to cease.

「どうぞ」と彼は返事した。1360は、すぐに別のメッセージを書き、書き終わるとコンウェルにノートを渡した。
“You may,” he replied. 1360 then quickly wrote another message, handing the notebook off to Conwell when it had finished.

私が描いた人たちについて、何か教えてくれませんか?
Can you tell me anything about these people I drew?

コンウェルはドロイドの方を見た。ドロイドはそのスケッチを掲げていた。
Conwell looked over at the droid. It was holding up its sketches.

「1360… 私は…」とコンウェルは言い始めた。彼は言葉に詰まった。「彼らについて何も知らないのですか?」
“1360… I…” Conwell began. He was at a loss for words. “You don’t know anything about them?”

ドロイドは首を振って答えた。そして、メモが書かれた3枚目の紙を掲げた。
The droid shook its head in response. It then held up a third sheet of paper, this one with a note written on it.

クライアントのメモリは削除されました。
申し訳ありませんが#31、ご存じのようにお客様のプライバシーを最優先に考えております。ちょっとしたことがきっかけで、このような事態になってしまいました。
アンダーソン
Client Memory Deleted.
We’re sorry #31, but as you know, our client’s privacy is our highest priority. Things were getting just a little too close for comfort.
Anderson

コンウェルはそのメモを長い間見ていたが、ドロイドの目を見返した。もしドロイドが感情を表現できるとしたら、今はどの感情を使っているのだろうと思った。
Conwell looked at the note for a long time and then back at the droid's eyes. If the droid could express emotion he wondered which one it would use right now.

「とても残念だよ、1360。彼らが誰なのか、教えてあげられればよかったのに。私も彼らのことを知りたかった」。
“I’m so sorry, 1360. I wish I could tell you who they were. I wish I knew about them too.”

ドロイドは頭を垂れて動かなくなった。コンウェルも同じようにした。しばらくして、警備員の一人が彼の肩を叩いた。コンウェルはゆっくりと警備員にうなずいた。そして4人は、SCP-1360-1を回収するためにドロイドの準備に取り掛かりました。
The droid hung its head and remained motionless. Conwell did the same. After a few moments, one of the security officers tapped him on his shoulder. Conwell slowly nodded to the security personnel. The four men then set to work preparing the droid for collection of SCP-1360-1.



ERROR

The kai58's portal does not exist.


エラー: kai58のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5322592 ( 21 Oct 2019 17:26 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License