SCP-4160 - Those Who Don't Learn From History/歴史から学ばない者達

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-4160

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル: 2025年11月16日現在、SCP-4160はインシデント4160-23により無力化されたと判断されました。これ以上の収容の取り組みは現時点で必要ないと考えられます。保管された収容プロトコルは以下の通りです。
Special Containment Procedures: As of 16/11/2025, SCP-4160 has been determined to have been neutralized following Incident 4160-23. No further containment efforts are deemed necessary at this time. Archived containment procedures have been included below.

説明: SCP-4160は毎年11月15日に行われる歴史の授業の中からどこかで1つだけ発生するイベントです。イベント中、生徒は講師が紹介した論点に激しく怒り、必ず次第に口論が激化することとなり、授業の終了を阻止しようと生徒側の肉体的暴力が発生します。SCP-4160イベントを引き起こす論点は、歴史的影響力が考えられるため講師によく特別に取り上げられる些細な歴史の雑学から、重大な歴史上の出来事まで多岐に渡ります。暴言や暴行を受けているにも関わらず講師が授業をやり遂げようとするため、もし放置した場合、この暴力行為は最終的に生徒か講師が他者の手によって死亡することで終了します。現在に至るまで、授業の完了に至ったイベントは確認されていません。
Description: SCP-4160 is an event occurring annually on November 15th within a single arbitrary history lesson being taught on that date. During the event, a pupil will become highly agitated with a point of discussion introduced by the instructor, invariably resulting in an increasingly heated verbal exchange followed by physical violence on the part of the pupil as they attempt to prevent completion of the lesson. These points of discussion triggering SCP-4160 events range from insignificant historical trivia, which are often given special consideration by the instructor for their potential historical influence, to major historical events. If left unhindered, this act of violence will eventually culminate in the death of either the pupil or instructor at the hands of the other, as instructors are determined to finish their lesson despite the verbal and physical assault. To date, no observed event has ended in the completion of the lesson.

これらのイベントの後、影響を受けた生き残った生徒はSCP-4160イベントを引き起こした論点を他人に危害を加える程ではないものの否定し続けます。この行動は翌年の11月15日まで続きます。きっかけとなったイベントの記憶が記憶処理で取り除かれた場合、この行動は終わります。
Following these events, a surviving affected pupil will continue to deny the point of discussion that triggered the SCP-4160 event, though not to the extent of causing harm to others. This behavior will continue until November 15th of the following year. If the memory of the initial event is removed with amnestic treatment, this behavior ceases.

さらに、SCP-4160の影響を受けて生き残った生徒と講師はSCP-4160イベントが完了3した際に、2人の女性が口論をする声が一時的に聞こえたと満場一致で報告されています。古代ギリシア語の知識を持つ影響を受けた関係者は、財団の言語学者の支援により、古アテナイ方言を話していたと特定しました。これらのやり取りの翻訳は以下の通りです。
Additionally, surviving pupils and instructors affected by SCP-4160 have unanimously reported to briefly hear two feminine voices arguing upon completion of an SCP-4160 event.4 Affected individuals with a knowledge of Ancient Greek have, through assistance by Foundation linguists, identified the entity as speaking a form of the Attic Greek dialect. Translations of these exchanges have included:

「私はあなたの芸術に手を出していない!どうして私の芸術には手を出すの?」
「これが私の芸術なの、お姉さま」
"I don't mess with your art! Why do you have to mess with mine?"
"This is my art, dear sister."

「私があなたを記録から消すことができるのはわかっているでしょ?」
「それはぜひ見てみたいわ」
"You know I can erase you from the record, right?"
"I'd like to see you try."

「毎回毎回!このことは父に報告させてもらう!」
「あらあら、父が何してくれるっていうの?彼はヤる相手を探すのにすごく忙しいじゃない。」
"Every damn time! I'll tell father about this!"
"Oh, come now. What's he going to do? He's too busy looking for someone or something to screw."

「タレイア5、助けて!」
「彼女に助けを求めるとはあまりにも喜劇的な展開だわ。あなたでは何もできないのね。」
"Thalia6, help me!"
"This is far too comedic a development for her to help. You're stuck, dear."

「失せてくれ、メル!」
「まあなんとも悲劇的じゃない?」
「もうやめて!」
"Fuck off, Mel!"
"Oh well isn't that just tragic?"
"Oh my gods STOP!"

SCP-4160イベントがどれほどの期間発生しているのかは不明です。定期的な発生の歴史的証拠は17世紀までさかのぼり、散発的な記録は少なくとも紀元前800年までさかのぼる可能性があります。今のところ、SCP-4160イベントが発生する前にどこで発生するかを予測する確実な手段はありません。
It is unknown how long SCP-4160 events have occurred. Regular historical evidence of their occurrence has dated back to the 17th century, with a sporadic record potentially dating back to at least 800 BCE. Currently, there are no reliable means of predicting where an SCP-4160 event will occur prior to its initiation.

1990年の時点で、財団の取り組みはSCP-4160イベントの約90%を検出し、阻止することに成功しています。財団の管理下にある環境でSCP-4160イベントを発生させる試みは現在も継続中です。
As of 1990, Foundation efforts have successfully located and contained approximately 90% of SCP-4160 events. Attempts to trigger an SCP-4160 event in a Foundation controlled environment are ongoing.

補遺 4160-A: 発見
Addendum 4160-A: Discovery

SCP-4160が財団工作員に初めて明らかになったのは、1970年11月15日、公共テレビの子供向け番組「Mister Rogers' Neighborhood」の第4シーズンの制作中でした。その回の中で、電気技師が司会者のフレッド・ロジャースに白熱電球の歴史を教え、その中でトーマス・エジソンが設計に使用したフィラメントの選択の重要性を強調しました。すると司会者はゲストに激しく怒り、数分間の議論の後に、暴力的になり椅子でゲストに危害を加えようとしました。
SCP-4160 first became apparent to Foundation operatives on 15/11/1970 during a season four production of the public television children's program of "Mister Rogers' Neighborhood." During the episode, an electrician taught the host, Fred Rogers, about the history of the incandescent lightbulb, during which they emphasized the importance of the filament choice Thomas Edison had used in his designs. The host then became highly agitated with his guest, arguing with them for several minutes before becoming violent and attempting to harm the guest with his chair.

財団工作員による調査でSCP-4160の歴史的傾向が明らかになり、事件はすぐにSCPに分類されました。機動部隊ガンマ-5による行動は、一般の人々に大きく暴露をすることなく、事件を隠蔽することができました。
An investigation conducted by Foundation operatives uncovered SCP-4160's historical trend, and the event was soon after categorized as an SCP. Action by MTF Gamma-5 was able to cover-up the incident without significant public exposure.

補遺 4160-B: 簡易イベントリスト
Addendum 4160-B: Abridged Event List

以下は特筆すべきSCP-4160イベントの簡易リストです。SCP-4160イベントの可能性がある観測された完全なリストは文書 4160-Bで見られます。
The following is an abridged list of notable SCP-4160 events. A full list of observed and potential SCP-4160 events can be found in Document 4160-B.

日付: 紀元前410年から420年まで
Date: Between 420 and 410 BCE
場所: ギリシャ、アテネ
Location: Athens, Greece
説明: ペロポネソス戦争に関する4つの講義が生徒の反乱を受けて早々に終了したことを示すトゥキディデスの回想録。いずれのケースにおいても、生徒の仲間が加害者を鎮圧することができ、3つのケースでは殺害されています。トゥキディデスはこれらの出来事のいずれにおいても、議論の引き金となったのが何であったかについては述べていません。オリジナルの回想録は財団によって保管され、公文書には変更が加えられました。
Description: Memoirs by Thucydides indicating four of his lectures on the Peloponnesian War ending prematurely following a pupil's revolt. In each case, fellow pupils were able to subdue the perpetrator, and in three cases killing them. Thucydides does not state what the triggering point of discussion was in any of these events. Original memoirs have been archived by the Foundation and changed in the public record.

日付: 西暦1068年
Date: 1068 CE
場所: ドイツ、ゴスラー
Location: Goslar, Germany
説明: 神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を教育中のケルン大司教アンノ2世の回想録。アンノの報告によると、皇帝の教育中にシャルルマーニュの宮廷内での「パラディン」という言葉の由来をめぐって、彼と家庭教師の一人との間で激しい論争が起こりました。ハインリヒ4世は怒りにかられて、その家庭教師を窓に放り投げましたが、家庭教師は外傷で倒れる前に着地した場所で授業を続けようとしたと伝えられています。オリジナルの回想録は、財団によって保管され、公文書には変更が加えられました。
Description: Memoirs of Anno II, Archbishop of Cologne during the education of Holy Roman Emperor Henry IV. Anno reports that during the emperor's education a heated debate occurred between him and one of his tutors over the origin of the term "paladin" within Charlemagne's court. In a fit of anger, Henry IV defenestrated the tutor, who reportedly attempted to continue the lesson where he landed before succumbing to trauma. Original memoirs have been archived by the Foundation and changed in the public record.

日付: 西暦1790年
Date: 1790 CE
場所: アメリカ合衆国、マサチューセッツ州、ボストン
Location: Boston, Massachusetts, US
説明: ボストン地区の学校教師、エリザベス・アブニー氏の日記からの記述。フレンチ・インディアン戦争中のイギリスの軍服の配色について議論の最中、ジョン・クックという名前の生徒が非常に激昂しました。この記述によると、アブニーはクックが肉体的暴力を振るう前にむち打ちで懲らしめたと主張しています。むち打ちに"時間"を取られたため、アブニーは学校が終わる前に講義を完了することができませんでした。アブニーの日記は財団によって回収され、公文書から抹消されました。
Description: Account from the diary of Ms. Elizabeth Abney, a Boston area school teacher. During a discussion of the coloration of the British uniforms during the French and Indian War, a pupil named John Cook became highly agitated. The account insists that Abney disciplined Cook with a switch before he could enact physical violence. Due to the beating taking 'hours' Abney was unable to complete the lecture before the school day ended. Abney's diary has been recovered by the Foundation and expunged from the public record.

日付: 西暦1878年
Date: 1878 CE
場所: イギリス、マンチェスター
Location: Manchester, UK
説明: マンチェスター・ビクトリア大学のコリン・テイラーの懲戒報告書。報告書によると、教授がナポレオン戦争に関する講義の中で、ロシア侵攻時のフランス軍の敗北におけるフランス軍のコートのスズ製ボタンの潜在的な役割について議論している間に、テイラーは講義の途中で退席しました。講義会場に戻ると、テイラーは 「お前の[罵言]スズのボタンならここにあるぞ!」と叫びながら、雪玉で教授を攻撃しました。報告書によると、テイラーはコートからボタンを引きちぎって、投げられた雪玉の中に1つずつ入れていました。テイラーはその後すぐに地元当局に逮捕されました。教授は講義を再開しようとしましたが、脳震盪を起こしたため、講義を終えることができなかったと報告されています。この記録は財団によって回収され、公文書から抹消されました。
Description: Disciplinary report from the Victoria University of Manchester for Colin Taylor. The report states that during a lecture on the Napoleonic Wars in which the professor discussed the potential role of the tin buttons on the French coats in their defeat during the invasion of Russia, Taylor left mid-lecture. Upon his return to the lecture hall, Taylor assaulted the professor with snowballs while shouting "Here are your [EXPLETIVE] tin buttons!" The report indicates that Taylor had torn the buttons from his coat and placed one in each snowball thrown. Taylor was apprehended by local authorities soon after. The professor reportedly attempted to resume his lecture but was unable to finish due to sustaining a concussion. The record has been recovered by the Foundation and expunged from the public record.

日付: 西暦1961年
Date: 1961 CE
場所: アメリカ合衆国、オレゴン州、ポートランド
Location: Portland, Oregon, US
説明: ポートランド州立大学の二人の歴史学教授であるコナー・ジャクソン博士がテレンス・クリード博士に暴行を受けた事件の警察報告書。報告書によると、二人は地元のバーにいた時、ジャクソンはクリードに1934年西海岸港湾ストライキが地元のアメリカ労働者連盟を弱体化させることの重要性について講義を始め、二人は喧嘩になり、講義を続けようとしたジャクソンの舌をクリードが切り裂きました。財団がSCP-4160を発見した後、クリードとジャクソンはまだ生きていたため、事件についてのインタビューが行われました。オリジナルの警察の記録は財団によって保管され、公文書には変更が加えられました。
Description: Police report for the assault of Dr. Connor Jackson by Dr. Terrance Creed, two history professors at Portland State University. According to the report, while both were at a local bar, Jackson began to lecture Creed on the importance of the 1934 West Coast waterfront strike in weakening the local American Federation of Labor when the two broke into a fight, during which time Creed tore out Jackson's tongue upon the latter's attempts to continue his lecture. Due to Creed and Jackson still being alive following the Foundation's discovery of SCP-4160, interviews about the incident were conducted. The original police record has been archived by the Foundation and changed in the public record.

日付: 西暦2015年
Date: 2015 CE
場所: サイト-64
Location: Site-64
説明: インシデント4160-23を参照してください。
Description: See Incident 4160-23.

補遺 4160-C: インシデント4160-23
Addendum 4160-C: Incident 4160-23

2015年11月15日にサイト-64で開催された財団セミナー「鉄のカーテンと波紋のベール:冷戦時の合意正常化への変化」において、セミナーを実施していたジャニス・ハマダ博士と、同席していた機動部隊タウ-51 ("アーバン・ブロウル")の専属奇跡論術師であるエージェント・ベアトリス・ロスとの間でSCP-4160イベントが発生しました。
During a Foundation Seminar hosted at Site-64 on 15/11/2015 entitled "An Iron Curtain and a Rippling Veil: Changes to Consensus Normalcy During the Cold War" an SCP-4160 event occurred between Dr. Janice Hamada, who was conducting the seminar, and Agent Beatrice Ross, resident thaumatologist of MTF Tau-51 ("Urban Brawl"), who was in attendance.

その結果、エージェント・ロスと出席した職員との小競り合いの中で、機動部隊ガンマ-5のエージェント・アナヤ・サーカーは、彼女を無力化することができました。エージェント・サーカーはエージェント・ロスの面前で、ハマダ博士にセミナーを終了するよう指示しました。セミナー終了後、エージェント・ロスの興奮行動はなくなりました。その後まもなくエージェント・ロスとの面談が行われました。
During the resulting skirmish between Agent Ross and other personnel in attendance, Agent Anaya Sarkar of MTF Gamma-5 was able to incapacitate her. Agent Sarkar instructed Dr. Hamada to finish her seminar in Agent Ross's presence. Following completion of the seminar, Agent Ross's agitated behavior ceased. An interview with Agent Ross was conducted shortly afterward.

補遺 4160-D: オブジェクトクラス再分類
Addendum 4160-D: Object Class Reassignment

SCP-4160イベントは、インシデント4160-23のイベントより後に発生しなくなりました。2015年11月16日の時点で、SCP-4160は無力化されたと考えられます。必要に応じてSCP-4160の文書に変更が加えられました。
SCP-4160 events have failed to occur following the events of Incident 4160-23. As of 11/16/2025, SCP-4160 is considered neutralized. Changes to SCP-4160's documentation have been made where appropriate.

補遺 4160-E: インタビュー 4160-84
Addendum 4160-E: Interview 4160-84

インタビュー対象: エージェント・ベアトリス・ロス
Interviewed: Agent Beatrice Ross

インタビュアー: 研究員ローランド・フェロー
Interviewer: Researcher Roland Ferro

初めに: SCP-4160イベントでエージェント・ロスが関与を受け、以下のインタビューは2015年11月15日に行われました。
Foreword: The following interview was conducted on 15/11/2015, following Agent Ross's participation in an SCP-4160 event.

<記録開始>

フェロー: えーっと、こりゃあ気まずいな。調子はどうだい、ベアトリス?
Ferro: Well, this is awkward. How are you holding up, Beatrice?

ロス: あんたたち"ニシン"のせいでテーブルに体をぶつけたんだけど。ここんところは良くないわ、ローランド。タイレノールか何かをくれない?
Ross: I got body slammed into a table by a 'Herring.' I've had better days, Roland. Do you think I can get some Tylenol or something?

フェロー: わかりました、しばらく時間をください。ここでは時間が少し重要ですから。理解してくれると思いますけど。
Ferro: In a few moments, sure. Time is a bit crucial here. I'm sure you understand.

ロスはため息をつく。
Ross sighs.

ロス: わかった、何でもいいから。
Ross: Yeah, whatever.

フェロー: なぜハマダ博士を攻撃しようとしたんですか?
Ferro: Why did you attempt to assault Dr. Hamada?

ロス: あなたに伝えられたらいいんだけど、できるかわからない。まあ正直、こういった歴史セミナーの中では実際とても面白かったわ。
Ross: I wish I could tell you, but I don't know. I mean, as far as these historical seminars go, this one was actually pretty interesting.

ロスはクスクスと笑う。
Ross chuckles.

ロス: 冷戦が始まった頃、財団が中立を保つための手段として、エジプト、ユーゴスラビア、インドネシアへのアノマリーの大移動が話題にされたとき、心の奥底で何かが気に障ったんでしょうね。「何か間違っているような…」とひそかに思っていたわ。
Ross: I guess when they brought up the big move of anomalies into Egypt, Yugoslavia, and Indonesia during the start of the Cold War as a means for the Foundation to remain neutral, well, something clicked in the back of my mind. I kept thinking to myself "That doesn't sound right…"

フェロー: それはセミナーではかなり最初のほうですね。
Ferro: That was pretty early on in the seminar.

ロス: そう、最初は「どうでもいいや」って考え直したの。でもハマダ博士が話しているうちに、血が滾るのを感じ始めたわ。発言のたびに侮辱された気がしたの。「何かが間違っている」が「確実に間違っている」になり、「何でそんなことが言えるのか」になり、「自分を何様だと思っているのか」となり、最終的に「これを止めなくては」となった。それから感情が爆発したわ。
Ross: I know, at first, I pushed it back thinking, "eh, whatever." But as Dr. Hamada went on I felt my blood begin to heat up. Each new statement was like another insult. "That doesn't sound right" became "That's just wrong" which became "What makes you think you can say that" and then "Who the fuck do you think you are" and finally "I need to stop this." Then I felt myself explode.

フェロー: それからは記憶はなかったんですか?
Ferro: You didn't black out then?

ロス: そんなことはなかったわ。自分が何をしているのかは十分にわかっていた。残念なことに。止められなかったら、彼女を大いに傷つけていたでしょう。
Ross: Nope. I was fully aware of what I was doing. Regrettably. If I hadn't been stopped I probably would have shot a rod of lightning up her ass.

フェロー: でもハマダ博士の講義が終わった後は随分と落ち着いていましたね。何かあったんですか?
Ferro: You noticeably calmed down after Dr. Hamada finished her lecture though. What was going on there?

ロス: 次に彼女はこう言った「セミナーに参加してくれてありがとう、何か質問は?」と。するとピンときて思った、「そうだ、彼女は正しい」と。その後は怒りがまったく残っていなかったの。
Ross: The second she said: "Thank you for attending my seminar, any questions?" I felt another click, and thought, "Well shit, she's right." There just wasn't any anger left after that.

フェロー: そんな簡単に?消えたんですか?
Ferro: Just like that? Gone?

ロス: 消えたわ。
Ross: Gone.

フェローはメモを書き終わった。
Ferro finishes writing some notes.

ロス: ねえ、ローランド?このイベントで被害を受けた人々は最後にギリシャ語で話す声を聞くことになってるのよね?通訳は私が聞いたことについて報告していた?
Ross: Hey, Roland? The people affected during these events are supposed to hear a voice speaking Greek at the end yeah? Did my translator report to you about what I heard?

フェローが沈黙する。
Ferro pauses.

フェロー: いいえ、まだです。何だったんですか?
Ferro: No, not yet. What was it?

ロスはクスクスと笑った。
Ross chuckles.

ロス: ああ、彼女らかなりなまりが強かったわ、それと片方はかなりムカついてた。翻訳すると多分。
Ross: Well, they had really thick accents, and one sounded rather pissed. I guess the translation was:

ロス: 「私の勝ちね、メルポメネー7
Ross: "I win, Melpomene.8"

ロス: 「面白かったわ、クレイオー。9
Ross: "Well played, Clio.10"

<記録終了>

ERROR

The kai58's portal does not exist.


エラー: kai58のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5322592 ( 21 Oct 2019 17:26 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License