SCP-3660 - The Zoo Zipper / ズー・ジッパー

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
アイテム番号: 3660
レベル3
収容クラス:
safe
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
vlam
リスククラス:
caution

サイト-64施設および収容管理局より通達

NOTICE FROM SITE-64 FACILITIES AND CONTAINMENT ADMINISTRATIONS

このアイテムの実験は追って通知があるまで保留されています。SCP-3660またはCoMARP-G2AUの認可に関してご不明な点がありましたら、上級研究員アルドリッチ・ハンセン博士までご連絡ください。
Experimentation with this item has been placed on hold until further notice. Please direct any concerns regarding either SCP-3660 or its CoMARP-G2AU Authorization to Senior Researcher Dr. Aldrich Hanssen.

— 施設副管理官 ミレナ・ロペス博士
— 収容副管理官 ソフィア・チューナー
— Dr. Milena Lopez, Asst. Dir. of Facilities
— Sophia Turner, Asst. Dir. of Containment

Zipper

SCP-3660

特別収容プロトコル: SCP-3660はサイト-64の標準セキュリティーロッカーに保管されます。SCP-3660を扱う職員は手袋を着用する必要があります。SCP-3660を扱う職員は全身を覆う化学防護服を着用する必要があります。事故による植込みが起きた場合、組織の周りへ局所麻酔を適用することができますが、SCP-3660は可能な限り早く表皮から摘出されなくてはなりません。
Special Containment Procedures: SCP-3660 is kept in a standard, secure locker at Site-64. Personnel handling SCP-3660 are required to wear gloves. Personnel handling SCP-3660 are required to wear full-body, hazardous material suits. In the event of accidental implantation, local anesthesia may be applied to the surrounding tissue but SCP-3660 must be surgically removed from the epidermis as soon as possible.

説明: SCP-3660はセーターやリュックサックに見られるものと同様の黒い金属製のジッパーです。アイテムの状態は劣悪です。塗装の大部分は剥げており、金属は歪み、スライダーの半分は欠けています(ねじ切られたように見えます)。SCP-3660は人間の皮膚1に押し付けられるまでは異常性がなく不活性です。植込み事例からすると、押し当てる力は無視されている可能性があります。磁気吸引力と同様に、SCP-3660は皮膚に軽く押し当てるだけで対象に引き寄せられます。
Description: SCP-3660 is a black metal zipper, similar to those found on sweaters and backpacks. The item is in poor condition. A significant amount of its paint has been ground off, the metal is warped and half of its slider is missing(appearing wrenched off). SCP-3660 is non-anomalous and inert until it is pressed against the skin of a human being2. The amount of force applied can be disregarded when considering an implantation event. In a manner not dissimilar to magnetic attraction, SCP-3660 will gravitate into the subject if held lightly against their skin.

植込まれると、SCP-3660は引き手のみが見えるようになるまで肉に沈みます。被験者はこの位置からかゆみを感じると報告しますが、大きな痛みはほとんど報告されていません。大きな苦痛はSCP-3660の効果をすでに知っている被験者のみに見られます。
In the event of implantation, SCP-3660 will sink into the flesh until only the pull-tab is visible. While subjects have reported feeling an itch at this location, significant pain is rarely reported. Major distress has only been observed in subjects already aware of SCP-3660’s effects.

Rat

D-33313。故人。
D-33313. Deceased.

SCP-3660は10分以内に活性化し、皮膚から取り外す前に表皮を引っ張ることで宿主の皮膚を開きます。結果として生じる開口部は被験者によって大きさが異なり、内部の新しい生物の大きさに依存していると推定されていますが、一貫して金属製ジッパーの務歯が引かれています。この過程は被験者を"空洞にする"だけでなく、皮膚にシリコンゴムの硬さと組成を与えます。質量の急激な変化が生じていました。SCP-3660が被験者の内臓に何をしているのかは、現在不明です。
Within 10 minutes, SCP-3660 will activate and unzip the host’s skin by dragging itself across the epidermis before detaching from the skin. While the resultant opening varies in size between subjects, and is presumed dependent on the size of the new organism within, it is consistently lined with metallic zipper teeth. This process not only "hollows" the subject, but also gives their skin the consistency and composition of silicone rubber. Extreme shifts in mass have occurred. What SCP-3660 exactly does with the subject's viscera is currently unknown.

SCP-3660が活性化すると、動物が皮膚の内側で合成されます。この変貌は瞬間的であり、理論上膨大なエネルギーを必要とします。この速度で細胞の破壊/創造をする際に発生する摩擦は、血液を沸騰させ細胞にダメージを与えるに十分な高熱を生むはずです。SCP-3660はこの過程を完全に無視しています。皮膚の開口部から放出される少量の蒸気どころか、エネルギー変動が発生する兆候が全くありませんでした。███の実験の時点では、SCP-3660によって生成されたのは、有羊膜類、頭足類、軟骨魚類のみです。他の生物学的分類由来の種を利用することは不可能であると推定されています。SCP-3660が無作為に種を生成するのか、あるいは未発見の法則に従っているのかについての実験は継続中です承認待ちです。
As SCP-3660 activates, an animal will be synthesized inside the skin. This transfiguration is instantaneous and, theoretically, would require massive investments of energy. The friction involved in the destruction/creation of cells at this speed should generate heat high enough to boil blood and damage cells. SCP-3660 bypasses this process entirely. Beyond a small amount of steam expelled from the skin's opening, there are no indications that energy dynamics have occurred at all. As of ███ experiments, only amniotes, cephalopods, and chondrichthyans have been created by SCP-3660. Utilizing species from other biological groupings is presumed non-viable. Testing as to whether SCP-3660 creates species at random, or in accordance to an undiscovered pattern is ongoing is pending approval.

Peacock

誘発されて同一性を喪失させられたD-46296。
D-46296 following induced identity expungement.

変貌直後の被験者は、最初は精神的動揺や動物的行動を示すことがありますが、それとは反対にヒトとしての同一性は比較的無傷であることが証明されています。変貌した被験者は標準記憶テスト、ジェスチャーでの簡単なコミュニケーション、場合によっては書面による証言といった様々な方法で一貫して同一性を確認することができます。しかし、SCP-3660が被験者を根本的に変えていないと主張している点は不正確です。変貌した被験者は新しい姿で活動するための生まれついての能力を身に付けます。例として:
While a subject immediately post-transfiguration may initially display shock and/or animalistic behavior attesting to the contrary, the human identity is relatively intact. Transfigured subjects are consistently capable of confirming their identities through various methods such as standard memory tests, simple communication through gestures and, when applicable, written testimony. However, it is inaccurate to state that SCP-3660 does not fundamentally alter the subject. Transfigured subjects adopt a natural proficiency in operating their new forms. Examples include:

TheMeg

D-30812、2018年2月21日にサイト-45により取得された。
D-30812, acquired by Site-45 on 02/21/2018.

  • 水中でのヒレ推進移動。
  • 翼を使った飛行。
  • つかむのに適した尻尾動作。
  • 毒の注入。
  • 求愛儀式。
  • 体温調整。
  • Fin propelled locomotion in water.
  • Winged flight.
  • Prehensile tail manipulation.
  • Venom injection.
  • Courtship rituals.
  • Internal heat regulation.

さらに被験者は現在不適合であるとはいえ、種特有の特性に対応するために人間の特性の側面の置換を経験することがあります。これらの新しい本能と行動は、必ずしも強迫的であったり抵抗できないわけではありません。被験者の個々の体質にもよりますが、人間的同一性は無意識のうちであっても最小限のずれに抑えることで簡単に守ることができる一方、専門的な介入がない限り、他の同一性は着実に侵食される可能性があります。現在、累積被験者のうちそれぞれ94.7%は食生活の変化、59.2%は交尾衝動の変化が抵抗するのが最も難しいと報告されました。
Furthermore, subjects may experience the supplanting of specific, albeit now incompatible, aspects of their humanity in order to accommodate species-specific traits. These new instincts and behaviors are not necessarily compulsive nor overpowering. Depending on the individual constitutions of the subjects, human identities can be easily maintained with minimal deviation, even unconsciously so, while others may have their identities steadily eroded away without professional intervention. Currently the change in diet and mating urges are reported as being the most difficult to resist, according to 94.7% and 59.2% of the cumulative subject pool, respectively.

変貌は現在不可逆的です。この問題に対する実験は進行中です。
The transformation is, currently, irreversible. Testing into this matter is ongoing.

SCP-3660 CoMARP統合: 共同資材研究プロジェクト(CoMARP)はスカークリフ博士によって提出された提案書-048を受理しており、このアイテムは現在、CoMARP一般取得利用認可の対象になっています。そのため、SCP-3660により変貌させられた被験者は、他の研究チームにより取得または一時的に利用される可能性があります。SCP-3660の被験者の利用は、CoMARP-G2AU認可のある他の資産と同様に、下記の条件を満たす必要があります。
SCP-3660 CoMARP Integration: The Collaborative Materials and Research Project has accepted Proposal-048, submitted by Dr. Scarcliffe, and this item is now cleared for a CoMARP General Acquisition and Use Authorization. As such, subjects transfigured by SCP-3660 may be acquired or temporarily utilized by other research teams. Usage of SCP-3660's subjects, as with other resources with an attached CoMARP-G2AU Authorization, requires satisfaction of the following requirements.

  1. 利用/取得の申請書は、申請チームの上級研究員が提供し、提示された利用期間に応じて、要求した資材の長期または短期計画を記載する必要があります。
  2. Applications for use/acquisition must be provided by the applicant team’s senior research personnel and include either long or short term plans for requested material, depending on the proposed duration of use.
  3. 申請は提出する前に、申請者のサイトを担当する管理者に承認される必要があります。この条件を満たさない申請は自動的に拒否され、適切な管理局に通知されます。
  4. Applications must be approved by administrative personnel responsible for the applicant site before submission. Applications that fail this requirement will be automatically denied and the appropriate administration will be notified.
  5. 提供している研究チームは適切なCoMARPの連絡係を通じて申請を承認する必要があります。SCP-3660の場合、ステファニー・スカークリフ博士です。アルドリッチ・ハンセン博士です。
  6. The supplying research team must approve the application through the relevant CoMARP liason. For SCP-3660, this is Dr. Stephanie Scarcliffe. Dr. Aldrich Hanssen.

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The kai58's portal does not exist.


エラー: kai58のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="content"]]

  1. portal:5322592 ( 21 Oct 2019 17:26 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License