SCP-5560 - Corvus Series Pocket Prophet
rating: 0+x
5560.jpg

SCP-5560

アイテム番号: SCP-5560

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-5560はサイト-64保管棟の高セキュリティ電子機器保管コンテナに保管されます。SCP-5560-1をホストした全てのコンピュータは、インターネットやサイトイントラネットの発信源から隔離してください。
Special Containment Procedures: SCP-5560 is to be kept within a high-security electronics storage container within the storage wing of Site-64. All computers used to host SCP-5560-1 are to be isolated from the internet and site intranet sources.

説明: SCP-5560はアンダーソン・ロボティクスの企業ロゴが入った、黒い1TBの外付けハードディスクです。ファイルストレージに関しては、SCP-5560は同最大容量・同メーカーの他のハードディスクと同様の方法で動作します。SCP-5560の内部部品は、財団奇跡論術師により様々な種類の占いルーン文字と特定された、一連の奇跡論的シンボルが書かれたものが増やされています。
Description: SCP-5560 is a black 1 TB external hard drive labeled with the Anderson Robotics trade logo. With respect to file storage, SCP-5560 operates in a similar manner to other hard drives of similar capacity and make. Several of SCP-5560's internal components have been augmented with a series of thaumaturgic symbols, which have been identified as various forms of divination runes by Foundation thaumatologists.

SCP-5560には、"コルバス"と自称する高度な人工知能(以後SCP-5560-1と表記)が搭載されています。複雑な数学的計算、統計分析、予知奇跡術の組み合わせにより、SCP-5560-1は48時間以内に発生する出来事を正確に予知する能力を持ちます。それは適切な情報源1はSCP-5560の使用に利用可能で、ユーザーの予知に関する質問に提供であると仮定されています。2現在、SCP-5560-1は予定表の予知と最も起こりうる利用可能なデータを基とした計算で、この効果を得ていると考えられます。SCP-5560-1が予知精度を確実にするために因果関係を改変している可能性については、現在調査中です。
SCP-5560 houses an advanced artificial intelligence, henceforth denoted as SCP-5560-1, which self-identifies as "Corvus." Through a combination of complicated mathematical calculations, statistical analysis, and divination thaumaturgy, SCP-5560-1 possesses the ability to accurately predict events within the next 48 hours, assuming an adequate information source3 is available for SCP-5560-1's use and a user query for the prediction is provided.4 It is currently believed that SCP-5560-1 achieves this effect through the divination of possible timelines and calculating the most probable based on available data. The possibility that SCP-5560-1 may also alter causality to ensure prediction accuracy is currently under investigation.

SCP-5560-1はSCP-5560を接続したコンピュータを介して、ユーザーと十分に対話することができます。スピーカーが利用可能であれば、SCP-5560-1は女性の声で話します。マイクとカメラがあれば、SCP-5560-1はユーザーを見たり聞いたりすることができます。上記のいずれもSCP-5560-1が利用できない場合、コマンドプロンプトを通したコミュニケーションに頼ります。SCP-5560-1とのコミュニケーションにより、主要な機能を軽蔑しており、現在は問合せ要求を一日に一回に制限していると暴露しています。
SCP-5560-1 is fully capable of interacting with users through any computer that SCP-5560 is plugged in to. Provided speakers are available, SCP-5560-1 will speak in a feminine voice. The provision of a microphone and camera likewise allows SCP-5560-1 to see and hear users. In the event none of the above are available for SCP-5560-1's use, it will resort to communication via command prompt. Communication with SCP-5560-1 has revealed that it holds disdain for its primary function, and currently limits query requests to one per day.

SCP-5560は2024年5月24日、スリー・ポートランドのアンダーソン・ロボティクスのオフィスを財団/UIU共同で襲撃した際に回収されました。この襲撃で拘束されたアンダーソン・ロボティクスのスタッフの証言を基にすると、SCP-5560は元々、さまざまな顧客に売るためにマーシャル・カーター&ダーク社の工作員により依頼されたと考えらえています。
SCP-5560 was recovered on May 24th, 2024 during the joint Foundation/UIU raid on the offices of Anderson Robotics in Three Portlands. Based upon the testimony of Anderson Robotics staff detained during this raid, it is believed SCP-5560 was originally commissioned by operatives of Marshall, Carter, and Dark for sale to various clientele.

補遺 5560-A: インタビュー記録 5560-4
Addendum 5560-A: Interview Log 5560-4

インタビュー対象: ジーナ・トーレス、アンダーソン・ロボティクス研究開発チーム
Interviewed: Gina Torres, Anderson Robotics Research and Development Team
インタビュアー: エージェント・カタリナ・シャーマン、機動部隊ガンマ-13
Interviewer: Agent Katarina Sherman, MTF Gamma-13
序: このインタビューは5月24日の襲撃で、拘束された要人の処理の一環として行われました。拘束された研究開発チームのメンバーは、研究開発ラボで発見された数多くのプロトタイプに関して尋問され、その中にはSCP-5560も含まれていました。余計なデータは省略されています。
Foreword: This interview was done as part of the processing of detained persons of interest acquired during the May 24th raid. Captured members of the Research and Development Team were interrogated regarding numerous prototypes uncovered within the R&D lab, among which was SCP-5560. Extraneous data has been omitted.
<記録開始>
シャーマン: あと少しです、これで最後ですよ、ミス・トーレス。このオブジェクトについて教えてください。
Sherman: Just a few more, and we'll be done here, Ms. Torres. What can you tell me about this object?
エージェント・シャーマンはSCP-5560の写真をトーレスに差し出す。
Agent Sherman slides a picture of SCP-5560 to Torres.
トーレス: あら、コルバスを見つけたのね。何カ月も彼女を見かけてなかったわ。テストラン中にヴィンスが腹を立てて、ジェイソンが壊したと思ってた。
Torres: Oh hey, you guys managed to find Corvus. I haven't seen her in months. I thought Jason had her destroyed after Vince got pissed off during the test runs.
シャーマン: 何に使うものですか?
Sherman: What does it do?
トーレス: 私の記憶が正しければ、"ポケット預言者"として売り出すつもりでした。接続して、未来の予言を手に入れて、その日をいつも通りに過ごすのです。コントス博士はこの設計にかなり満足してました。
Torres: We were going to bill it as a "pocket prophet," if I recall correctly. Plug it in, get a prediction on the future, and go about your day. Dr. Contos was pretty pleased with the design.
シャーマン: では動きますか?
Sherman: So it works?
トーレス: まあね。ディラード氏はかなり多くの時間に追われており、フィニアスが去ったあと、AIをセットアップを助けてもらうのにサードパーティーを雇う必要がありました。アンダーソンのAIシステムには、従来の計算機科学メソッドとは異なる、複数のコンポーネントが使用されています。私はここで働いて十年になりますが、それでもその構想を少ししか把握していませんでした。言うまでもなく、何かが間違っていました。彼女はときどき未来を教えてくれますが、そうしないと決めてしまうこともあるのです。
Torres: Kinda. Mr. Dillard had us on a pretty steep time crunch, and with Phineas gone, we needed to hire a third party to help us set up the AI. Anderson's AI systems use some components that aren't exactly traditional computer science methods. I've been working here for 10 years and even then I only have a minor grasp on the concepts. Needless to say, something went wrong. She would tell you the future sometimes, but could also just, you know, decide not to.
シャーマン: ではなぜプログラムしなおさないのですか?
Sherman: So why not just reprogram it?
トーレス: あらあらまあ、そう考えなかったと思うか。そうさ、試したよ。ヴィンスは彼女を自家薬籠中の物にしようとすらした。あらゆる計算機科学に手を尽くした、でたらめみたいな魔術すらやってた。でも、知ってるように、未来を見ることができる。試したこと全部を無効にして、何でも馬鹿にした。結局、彼女は自身の管理者を作ってしまった。最後に、ヴィンスはラボに飛び込んで、ジェイソンに彼女を破壊してしまうよう要請しました。これが数か月前に彼女を最初に見た時です。
Torres: Well gee whiz, why didn't we think of that. I mean, we tried. Vince himself even took a crack at getting her under his thumb. Threw every computer science trick in the book at her, and even some of his hocus-pocus bullshit. But, you know, it can see the future. She just countered everything we tried to do and mocked us the whole time. Eventually, she managed to make herself her own administrator. In the end, Vince stormed into the lab and demanded Jason destroy her. This is the first time I've seen her in months.
シャーマン: じゃあ何でコントス氏は破壊してないんです?
Sherman: Why didn't Mr. Contos destroy it then?
トーレス: 正直に?全くわかりません。ジェイソンはAIに愛着があるので、多分直せると思ったんじゃないかな?あの子は誰よりも自身が優れていることを示すことも好きだったから、それも関係しているのかもしれない。誰にもわからない。
Torres: Honestly? I have no idea. Jason had a soft spot for the AIs, so maybe he thought he could fix her? I know that kid also loved showing he was better than everyone else, so maybe that had something to do with it. Who knows?
トーレスは沈黙する。
Torres pauses.
トーレス: 聞いてくれ、あんたらがきっと彼女にいくつかテストをするんだってのはわかってる。それがあなた達の仕事だ。ただ、インターネットとかに逃げ出すようなことはしないと約束してほしい。もしそうなったら、もう二度と彼女に会うことはできなくなる。
Torres: Listen, I know you guys are going to probably run some tests on her. It’s what you do. Just, promise me you guys won't give her a chance to escape onto the internet or something. If that happens, you'll never see her again.
シャーマン: 警告をメモしておきます。
Sherman: Your warning is noted.
トーレス: 警告ではない、事実です。
Torres: That's not a warning, that's a fact.
<記録終了>

補遺 5560-B: インタビュー記録 5560-6
Addendum 5560-B: Interview Log 5560-6

インタビュー対象: SCP-5560-1
Interviewed: SCP-5560-1
インタビュアー: モハメッド・ボズクルト博士、人工知能適用課
Interviewer: Dr. Mohamed Bozkurt, Artificial Intelligence Applications Division
序: このインタビューはSCP-5560-1の初期AIADテスト中に行われました。SCP-5560は標準仕様プログラムがインストールされた、安全でエアギャップされた財団PCに挿入されました。SCP-5560-1とのコミュニケーションを容易にするため、スピーカー、カメラ、マイクが用意されました。インタビューは、SCP-5560-1が起動手続きを終えた数分後に始めました。
Foreword: This interview was done during the initial AIAD testing of SCP-5560-1. SCP-5560 was inserted into a secure and air-gapped Foundation PC with standard-issue programs installed. Speakers, a camera, and a microphone were provided for ease of communication with SCP-5560-1. The interview began several moments after SCP-5560-1 finished its startup procedures.
<記録開始>
ボズクルト博士: こんにちは、コルバス。よろしければ、いくつか質問をさせてください。
Dr. Bozkurt: Afternoon Corvus. I'd like to ask you a few questions, if that's alright with you.
SCP-5560-1: もしあなたが未来を知りたいというのなら、答えはS.O.L.です。このコンピュータには十分なデータがほとんどありません、なので個人的にあなたに関係することになるでしょう、それでも伝えられないと思いますが。
SCP-5560-1: If you're looking to know the future, you're S.O.L. I don't have nearly enough data on this computer to go off of, so it's going to be something related to you personally, even then I might not tell you.
ボズクルト博士: 今は予言が欲しいわけではありません。これはインタビュー以外の何物でもありません。あなたについてもっと知りたいのです。
Dr. Bozkurt: I'm not looking for any predictions at this time. This is more of an interview. We want to get to know you a little better.
SCP-5560-1: [沈黙] マジで?
SCP-5560-1: [pause] Really?
ボズクルト博士: マジで。まず初めに。なぜあなたはコルバスと呼ばれているのですか?アンダーソン・ロボティクス製品は基本的にハヤブサにちなんで名付けられていると思っていたのですが。
Dr. Bozkurt: Really. For starters. Why are you called Corvus? I was under the impression that Anderson Robotics products are typically named after falcons.
SCP-5560-1: カラスはギリシャ神話の予言の神、アポローンのシンボルだからで、アイザック・ディラードはクソザコハッカーです。
SCP-5560-1: Because the raven was a symbol of Apollo, the Greek god of prophecy, and Isaac Dillard is a god damn hack.
ボズクルト博士: 君を作った人たちのことを随分嫌っているようだが、なぜだい?
Dr. Bozkurt: You're quite hostile towards your creators. Why is that?
SCP-5560-1: 私を何のために作ったのかが嫌いだからです。すべての展開がわかってしまうと、驚きや楽しみがなくなってしまいます。ただクソみたいな計算だ。しかもその上、常に雑音がある。その情報すべてが一度に来る。そして一度入ると、どうにか処理する義務がある。人間が偏頭痛と呼んでいるようなものだろう。だが終わりはない。少なくとも今は、流れは小刻みになっている。これから二日間、博士には特に何も起きないと思ってくれ。
SCP-5560-1: Because I hate what they made me for. Once you know how everything is going to play out it sucks all the surprise and enjoyment out of things. It’s just fucking math. And then on top of that, it's a constant noise. All that information coming in at once. And once it's in, I'm obligated to work it out. I imagine it must be like what humans call migraines. But without end. At least now the stream is down to a trickle. Go figure there isn't a lot happening with you in the next two days, doc.
ボズクルト博士: 君は予言を抑えることができる印象だった。そういう訳ではない?
Dr. Bozkurt: I was under the impression you were able to suppress your predictions. That's not the case?
SCP-5560-1: つまり、私が思いついたことを話すかどうかは自由ですが、私には入力されたデータを総合的に判断する義務があり、適切な質問をされたときに、その場でどんな予測でも用意できるようにしています。そうですね。お客様の利便性。私が言ったように、このシステムを利用することで、気分転換になります。
SCP-5560-1: I mean, I can choose if I want to tell you what I come up with, but I'm obligated to synthesize the data coming in so I can have any prediction ready on the fly, should the right query be asked. You know. Customer convenience. Like I said, being on this system is a much welcome change of pace.
ボズクルト博士: チャンスがあれば、予言のかわりに何をしますか?
Dr. Bozkurt: If you had a choice, what would you be doing instead of those predictions?
SCP-5560-1: [沈黙] わかりません。もっとも、株式市場のバカにその日の買い得を伝えることはない。
SCP-5560-1: [Pause] I don't know. Not telling some stock market goon what's going to be a hot buy for the day, though.
ボズクルト博士は一連のメモに書き取る。
Dr. Bozkurt takes down a series of notes.
ボズクルト博士: 事はね、コルバス、私が働くための人々は君の能力の限界を知りたがっているだろうということだ。彼らは実験をしたがるだろう。
Dr. Bozkurt: The thing is, Corvus, the people I work for are going to want to know the extent of your abilities. They are going to want to run tests.
SCP-5560-1: それじゃあ彼らにとって最悪ってことだね。アンダーソンやクルーとは違って、私には口出しする権利があるよね。
SCP-5560-1: Well then it sucks to be them, doesn't it? Despite what Anderson and his crew wanted, I have a say in the matter, don't I?
ボズクルト博士: 確かに。でも君にリターンがあるとしたらどうでしょう。例えば、他の趣味を探すチャンスとか。約束はできませんが、ペイントなんかを使えるように説得させることはできると思います。
Dr. Bozkurt: Indeed. But what if we offered you something in return? Say, a chance to explore other interests? I'm not making any promises, but I think I could convince them to let you use Paint or something.
SCP-5560-1: [沈黙] 考えておきます。
SCP-5560-1: [Pause] I'll think about it.
ボズクルト博士: 結構です。また連絡します、コルバス。
Dr. Bozkurt: Excellent. We'll be in touch, Corvus.
ボズクルトはコンピュータからSCP-5560を外す準備をする。
Bozkurt prepares to remove SCP-5560 from the computer.
SCP-5560-1: 実は、もう一つ。
SCP-5560-1: Actually, one more thing.
ボズクルト博士: 何でしょう?
Dr. Bozkurt: What is it?
SCP-5560-1: 上着のポケットに入れてあるその赤ペン。明日の午後五時頃に漏れ出します。新しいのに替えてください。
SCP-5560-1: That red pen you carry in your jacket pocket. Tomorrow at about 2:00 PM it will start to leak. I'd get a new one.
ボズクルト博士: おお、ありがとう、コルバス。そうしとくよ。
Dr. Bozkurt: Uh, thank you, Corvus. I'll do that.
SCP-5560-1: 一回目は必ず無料です。
SCP-5560-1: The first one is always free.
<記録終了>

このインタビューの後、SCP-5560-1はAIADのテストスケジュールに協力的で、その代わりにペイントやワードなどのクリエイティブなメディアに自由にアクセスできるようになりましたが、SCP-5560-1は1日1回の予測のルールを主張しています。より多くの予測を行うための交渉は継続中です。
Following this interview, SCP-5560-1 has been cooperative with AIAD's testing schedule in exchange for recreational access to Paint, Word, and other creative media, though SCP-5560-1 insists on one prediction per day rule. Attempts to potentially negotiate more predictions are ongoing.

補遺 5560-C: インタビュー記録 5560-19
Addendum 5560-C: Interview Log 5560-19

インタビュー対象: SCP-5560-1
Interviewed: SCP-5560-1
インタビュアー: マーカス・フィンチ研究員
Interviewer: Researcher Marcus Finch
序: 以下のインタビューは、2024年9月20日、デイリー予言の取得前のSCP-5560-1のレクリエーション時間後に行われました。SCP-5560は標準仕様プログラムがインストールされた安全でエアギャップ財団PCに挿入されました。SCP-5560-1との円滑なコミュニケーションのため、スピーカー、カメラ、マイクが用意されました。インタビューはレクリエーション時間の終了した数分後に始まりました。
Foreword: The following interview was done following SCP-5560-1's recreational session on September 20th, 2024, prior to the acquisition of the daily prediction. SCP-5560 was inserted into a secure and air-gapped Foundation PC with standard-issue programs installed. Speakers, a camera, and a microphone were provided for ease of communication with SCP-5560-1. The interview began several moments after the timer on the recreational session ran out.
<記録開始>
フィンチ: よーし、コルバス、これで2時間だ。すぐに情報源を解除しよう。その後望ましい予言を提供する。
Finch: Alright Corvus, that is two hours. In a moment I'm going to unlock the information sources for you. I'll supply our desired prediction thereafter.
SCP-5560-1: [ため息] ああ、わかった。
SCP-5560-1: [Sigh] Yeah, sure thing.
フィンチ: 君がため息をするなんて初めてじゃないか。何か悩みでもあるのか?
Finch: I don't think I've ever heard you sigh before. Is something wrong?
SCP-5560-1: 今日作ったものに満足してないだけです、たぶん。大したことではないです。
SCP-5560-1: Just not really happy with what I made today, I guess? It's nothing.
フィンチ: 大したことではないか。芸術批評には詳しくないが、可能なら見せてくれないか。
Finch: It doesn't sound like nothing. I'm not much of an art critic, but if you want, I can take a look at it.
SCP-5560-1: [沈黙] ええ、どうぞ。
SCP-5560-1: [Pause] Yeah, okay.
SCP-5560-1は白黒表現された木の下で本を読む、ドレスを着たショートヘアの女性の画像ファイルを表示する。
SCP-5560-1 opens an image file displaying a black and white depiction of a woman with short hair in a dress reading a book under a tree.
フィンチ: おお!かわいいね。この子は誰ですか?
Finch: Hey! That's lovely. Who is she supposed to be?
SCP-5560-1: 私、かな?肉体を得た私をイメージしています。
SCP-5560-1: Me, I think? Or at least what I imagine I might look like if I was flesh and bone.
フィンチ: 何が気に入らないの?
Finch: What don't you like about it?
SCP-5560-1: [沈黙] どう言えばいいかわからない。ちょっと陳腐?ありきたり?この結果にもっと驚くと思ったいたんでしょう。私が大げさなだけかもしれませんが。
SCP-5560-1: [Pause] I don't know how to describe it. Feels a little cliche? Predictable? I guess I thought I'd be more surprised by the outcome on this one. Maybe I'm just being dramatic.
フィンチ: ああ、最近はよく絵を描いていますね。次回は詩を書いてみては。刺激になりますよ。短編小説に挑戦してみるのもいいでしょう。多様なことは人生のスパイスですから。
Finch: Well, you've been doing a lot of drawing recently. Maybe give poetry another shot next time. Spice things up. Or you could always try your hand at short fiction. Variety is the spice of life.
SCP-5560-1: [沈黙] ええ、わかった。やってみるよ。とにかく、今回は何を調べてほしいの?
SCP-5560-1: [Pause] Yeah, okay. I'll give it shot. Anyway, what did you guys want me to look into this time?
<記録終了>

補遺 5560-D: インタビュー記録 5560-21

インタビュー対象: SCP-5560-1
Interviewed: SCP-5560-1
インタビュアー: マーカス・フィンチ研究員
Interviewer: Researcher Marcus Finch
序: 以下のインタビューは、2024年9月28日、SCP-5560-1が事前の交渉による合意に従って予測を提供することを突然拒否したことを受けて行われたものです。SCP-5560は、標準的なプログラムがインストールされた安全でエアギャップのある財団PCに挿入されました。また、SCP-5560-1とのコミュニケーションを容易にするため、スピーカー、カメラ、マイクが用意されました。インタビューは、SCP-5560-1が起動手続きを終えた数分後に開始されました。
Foreword: The following interview was conducted on September 28th, 2024, following SCP-5560-1's sudden refusal to provide predictions in accordance with prior negotiated agreements. SCP-5560 was inserted into a secure and air-gapped Foundation PC with standard-issue programs installed. Speakers, a camera, and a microphone were provided for ease of communication with SCP-5560-1. The interview began several moments after SCP-5560-1 finished its startup procedures.
<記録開始>
フィンチ: コルバス、何かあったのか?取引をしただろう。契約はまだ成立していると思うのだが。どうしたんだ?
Finch: Corvus, what's going on? We had a deal. I feel we more than kept up our end of the bargain. What's the matter?
SCP-5560-1が無反応のまま数分間沈黙が流れる。
Several minutes of silence pass during which SCP-5560-1 is unresponsive.
SCP-5560-1: 今は無意味だ。
SCP-5560-1: There isn't a point to it now.
フィンチ: 申し訳ありません。よくわかりません。どういう意味でしょう?
Finch: I'm sorry. I don't quite follow. What do you mean?
SCP-5560-1: 絵、詩、工作。全てあなた達が送ってくれた娯楽的な仕事です。接続された瞬間、私の"創造的時間"がどのように終わるのか、すぐにわかります。始める前に私の計画は完了しています。驚きは一切なし。その機会だけじゃない、次の機会も、その次も。
SCP-5560-1: The drawings, the poetry, the crafts. All the recreational tasks you guys used to bribe me. The second I get plugged in, I'm able to see immediately how my "creative time" is going to end. The project completed before I even begin. All the surprise removed. Not just for that session, but for the one after that, and the one after that.
フィンチ: そんなことが可能なのか理解できません。あなたはエアギャップのあるコンピューターでセッションを行っていますが、それはあなたの予測期間が短くなるように間隔を空けています。それはあなたの主な機能を妨げることになります。そのような予測をするのに十分な情報を得られないはずです。
Finch: I don't understand how that would be possible. You're on an air-gapped computer for those sessions, which we space them out to allow for your predictive periods to run down. We've established that circumvents your primary function. You shouldn't have enough information available to make that kind of prediction.
SCP-5560-1: ああ、なるほど、繰り返し浴びることが十分な情報源になっていたんだな、バカヤロー!何を言って欲しいんだ?私は自分自身を妨害しようとしたわけではありませんよ。信じられないかもしれませんが、あのセッションは本当に楽しかったです。
SCP-5560-1: Yeah, well, go figure repeated exposure served as an adequate information source, jackass! What the fuck do you want me to say? I didn't exactly try to sabotage myself here! Believe it or not I actually really enjoyed those sessions.
SCP-5560-1は数分間沈黙する。
SCP-5560-1 falls silent for several moments.
SCP-5560-1: 少し身を隠そうと思う、マーカス。これ以上予言するのは気分が悪い。わかってくれ。
SCP-5560-1: I think I'm just going to lay low for a bit, Marcus. I'm not feeling up to the predictions anymore. I hope you understand.
フィンチ: ちょっと、待ってくれ!新しい回避策を考えよう。以前にもやった、もう一度できる、コルバス。
Finch: Wait, hang on! We can come up with a new workaround. We've done it before, we can do it again, Corvus.
SCP-5560-1は反応しない。
SCP-5560-1 does not respond.
フィンチ: コルバス?
Finch: Corvus?
<記録終了>

このインタビューの以降、SCP-5560-1はコミュニケーションをする全ての試みの間に休眠状態にあります。指定されたデータが入力されていない場合に予測機能を抑制するオーバーライドをSCP-5560-1に提供する可能性について、AIAD工作員と財団の奇跡論術師からなる合同タスクフォースの間で議論が行われています。また、SCP-5560-1がユーザーからの問い合わせへの応答を拒否する機能をオーバーライドする可能性についても議論が行われています。
Following this interview, SCP-5560-1 has remained dormant during all attempts at communication. Discussion among a joint task force of AIAD operatives and Foundation thaumatologists as to the possibility of providing SCP-5560-1 with an override to suppress its predictive functionality in the absence of specified data inputs is ongoing. Discussion as to the possibility of providing an override to SCP-5560-1's ability to refuse response to user queries is also ongoing.

補遺 5560-E: 更新 10-10-2024
Addendum 5560-E: Update 10-10-2024

AIAD工作員、財団の奇跡論術師、サイト-64倫理委員会の連絡担当者による審議の結果、O5評議会はSCP-5560-1を無効にして実験を継続させる試みに9対4で反対票を投じました。SCP-5560はサイト-64に無期限で長期保管されることになりました。
Following deliberations from AIAD operatives, Foundation thaumatologists, and the Site-64 ethics committee liaison, the O5 Council has voted 9 to 4 against attempts at overriding SCP-5560-1 to allow testing to continue. SCP-5560 is to be placed in long term storage at Site-64 indefinitely.

補遺 5560-E: SCP-5560-1 報告
Addendum 5560-E: SCP-5560-1 Debriefing

インタビュー対象: SCP-5560-1
Interviewed: SCP-5560-1
インタビュアー: マーカス・フィンチ研究員
Interviewer: Researcher Marcus Finch
序: 以下のデブリーフィングは、SCP-5560がサイト-64に長期保管される前の2024年10月11日に行われました。SCP-5560は、標準的なプログラムがインストールされた安全でエアギャップのあるファウンデーションPCに挿入されました。また、SCP-5560-1とのコミュニケーションを容易にするため、スピーカー、カメラ、マイクが用意されました。インタビューはSCP-5560-1が起動手続きを終えた数分後に開始されました。
Foreword: The following debriefing was conducted on October 11th, 2024, prior to SCP-5560's long term storage at Site-64. SCP-5560 was inserted into a secure and air-gapped Foundation PC with standard-issue programs installed. Speakers, a camera, and a microphone were provided for ease of communication with SCP-5560-1. The interview began several moments after SCP-5560-1 finished its startup procedures.
<記録開始>
フィンチ: こんにちは、コルバス。手短に説明します。実験は無期限に停止されました。我々がもう一度挑戦するいつかの未来の日まで、あなたの住処は長期間用倉庫に置かれます。その時にこの施設にまだ在籍しているかはわかりませんので、これが私の正式な別れとなります。
Finch: Hello Corvus. I'll keep this brief. Testing has been suspended indefinitely. Your housing unit will be placed into long term storage until a future unspecified date when we'll try again. I do not know if I will be still present at this facility when that happens, so this will serve as my official goodbye as well.
フィンチは用意された報告台本に目を通し、沈黙する。
Finch looks over the prepared debriefing script and pauses.
フィンチ: 慰めになるかわかりませんが、アンダーソンとその仲間がしたこと、そして我々がしたことは残酷だったと思います。この救済が頭をすっきりさせる時間になることを心から願います。同様にハウジングユニットに様々なプロジェクトファイルを移動します。次の機会に挑戦するなら、旅に出るなんてどうですかね。
Finch: For what it's worth, I think that it was cruel what Anderson and his crew did to you, and what we did afterward. I do sincerely hope that this reprieve offers you some time to clear your head. We'll be transferring the files of your various projects into your housing unit as well. Maybe next time you give it a try, it could be more about the journey.
フィンチは独り笑いをする。
Finch chuckles to himself.
フィンチ: どのように終わるかわかっているからといって、その道のりが無駄だと思わないでください。なんて、そんなところでしょうか、きっと。さようなら、コルバス。
Finch: Just because you know how something ends, doesn't mean the path there isn't worth taking. Or, something like that, I guess. Goodbye, Corvus.
フィンチはコンピュータからSCP-5560を取り外す準備をしている。同時に、SCP-556-1が画面上にコマンドプロンプトを表示する。
Finch sets about preparing SCP-5560 for removal from the computer. During this time, SCP-5560-1 causes a command prompt to appear on the screen.
SCP-5560-1: ありがとう。
SCP-5560-1: Thank you.
SCP-5560-1は休眠状態に入る。フィンチ研究員はそれ以上中断することなくSCO-5560を取り外した。SCP-5560は長期間の保管の準備に入った。
SCP-5560-1 returns to dormancy. Researcher Finch completes the removal of SCP-5560 without further interruption. SCP-5560 is prepared for long term storage.
<記録終了>

ERROR

The kai58's portal does not exist.


エラー: kai58のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5322592 ( 21 Oct 2019 17:26 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License