Corrido of the Man with Eyes in the Back of his Head
rating: 0+x

アリゾナ砂漠の片隅で、午後の太陽が容赦なく照り付けていた。地平線上には低木が点在し、なだらかな丘陵地帯が広がっていた。熱や日光を和らげてくれる雲はどこにもなかった。何マイルも先まで見渡せる場所だった。何もないからこそ見渡せた。ここには小さな小屋があり、すぐそばには汚いレンタカーがあった。他には何もなかった。
The afternoon sun shone relentlessly on a remote corner of the Arizona desert, a flat plain dotted with little more than scrub, rolling hills on the horizon. No cloud served to mitigate the heat and light everywhere. It was the sort of place you could see for miles and miles. You could see because there was nothing to see. A little shack right here, a dusty rental car nearby. Nothing.

掃除人El Conserjeは、数マイル先の寂れたハイウェイを走るピックアップトラックから飛び降りて、ここまで歩いてきた。灼熱の大地を旅するための準備はしてきた。大量の水、夜用のエマージェンシーブランケット、集中力を高めるプロテインバー、ピストルの弾帯。何マイルも先から近づいてくるのを見ている獲物を完全に予想して、彼は緊張した。この道には死が待ち受けていることを知っていながら、彼は来た。なぜか近づいていることに気づいていなかった、小屋の入り口で最初に見かけた人をピストルで殴り、イエスとマリアに感謝をした。
El Conserje had walked here, having hopped off a pickup traversing a lonely stretch of highway a couple miles away. He came prepared for the trek across the scorching landscape: plenty of water, space blanket for the night, protein bars for focus, and a bandolier of magazines for his pistols. He tensed, fully expecting his quarry to see him approach from miles away. He came, knowing death would meet him on this path. He gave thanks to Jesus and Mary as he pistol-whipped the first person he saw at the shack entrance, unaccountably blind to his approach.

そして中の惨状を見て、彼は彼らに救いを求めた。小屋とその住民はすでに破壊されていた。ビーカーやガラス管、フラスコは納まる(広義的に言えば"納まる")場所に押し込まれ、粉砕されていた。ある男は内側から焼け焦げているように見えた。彼は人間の頭蓋骨から作られたパイプを一度だけ見たことがあったが、少なくともそれはすでに長時間経っていたものだ。
Then he asked them for deliverance upon viewing the carnage within. The shack and its occupants had already been vandalized. Beakers, glass tubes, flasks had been shoved wherever they would fit (for loose definitions of “fit”) and shattered. One man looked like he had burned from the inside out. He realized he only once before seen a pipe made from a human skull, but at least that one had been long dead beforehand.

答えが欲しかったため、彼は捕虜に手錠をし、気付け薬をいくつか割った。もう一人の男は吐き気を催し、ひどい頭痛がしながらも意識を取り戻した。
Needing answers, he handcuffed his captive and cracked open some smelling salts. The other man gagged and returned to consciousness with a start and a pounding headache.

「おい、兄ちゃんmuchacho、これはお前がやったのか?」と彼は問い詰めた。
“Hey, muchacho, did you do this?” he demanded.

男は頭を周囲を不安そうに回し、充血したねぼけ眼でゆっくりと現場を登録した。ぼんやりと答えた「ええと…違う。あなたがやったのか?」
The man rolled his head uneasily around and slowly registered the scene through a bloodshot haze. He blearily answered, “Uh… No. Did you?”

殺し屋は悪態をつき水のボトルを栓を抜き、それを開けて捕虜にちびちびと飲ませた。拳銃で光景を示唆しながら、彼は状況を説明した。「違う。ええと、俺は奴らを殺すためにここにいる。だが俺はあのクソ野郎じゃない」
The hitman cursed and pulled out a water bottle, opening it and letting his captive take a sip. Indicating the scene with his pistol, he explained the situation. “No. Yeah, I’m here to hit them. But I ain’t no sick fuck.”

濃い無精ひげ、汚れたボタンダウンシャツを見ながら、彼はターゲットの顎を持ち上げた。彼は持っていたピストルと無線機、見たこともない少し奇妙な3本の矢のシンボルが描かれた小さなケースに目を通した。「いいや」顔を押しながら続けた。「お前は彼らを殺していない。だがお前は俺を助けなくてはならない。俺はお前を殺すためにここにいるんじゃない、だが俺はお前が何者なのか知らなくてはならない、俺の気持ちが変わる前に。」

He grabbed his target by the chin, looked over his dark stubble, his stained button-down shirt. He looked over the pistol and radio he had carried, the small case emblazoned with some weird three-arrow symbol he’d never seen before. “Nah,” he continued, pushing his face away. “You didn’t kill them. But you gotta help me. I ain't here to kill you, but I gotta know who you are, before I change my mind.”

人質は一口の水で認識を取り戻し、すばやく判断を下した。キャプターははっきりとした知能があり、意識を保っている。よし。テーブルの上の機材は、キャプターの後ろだ。よし。覚醒剤製造所の住人は、すでに死んでいる。よし。身体は痛む、手には手錠がかかっている、頭はズキズキする、だがまだ無傷だ。よし。小屋の壁の薄板から太陽が覗いており、低い位置にある。
Cognizance reentered his hostage with the sip of water and he made a quick assessment. Captor clearly intelligent, keeping control. Good. Equipment on the table, behind his captor. Good. The meth lab’s inhabitants, still dead. Good. Body sore, hands cuffed, head pounding, but still intact. Good. The sun peeking through the slats in the shack wall, low in the sky.

クソ。「早くしろ、今何時だ?」
Shit. “Quick, what time is it?”

ヘクターは彼を平手打ちした。「名を名乗れ。お前はどこから来た?」
Hector backhanded him. “Nuh uh. Name first. Who are you with?”

エージェント・ラショーン・ワシントン。国防総省。お前は連邦国にいる、私は今夜核実験が行われる前に皆を避難させなければならない。」
"Agent Rashaun Washington. DOD. You're on federal land, and I have to evacuate everyone before a nuclear test tonight."

逮捕者は目を動かし笑った。「ハッ、核攻撃がある?どっちみち俺は核を撃とうとしている何匹かの砂漠ネズミを終わらせるためにここに派遣されたと?そりゃあいい。称賛されるべきだ。」彼はラショーンの頭に拳銃を向けると同時に笑いはなくなった。「俺は馬鹿じゃない、そしておまえは面白くない。さあ、殺す前に何をしようとしていたのか言え。」

His captor rolled his eyes and chuckled. "Gonna be nuked, huh? I'm sent out here just to end some desert rat who's gonna just get nuked anyway? That's good. I should be honored." His grin fell off instantly as he pointed his pistol at Rashaun's head. "I ain't no fool, and you ain't no fed. Now, tell me what's going on before I gotta kill you."

エージェント・ワシントンは顔に向けられたピストルを無視し、後ろにある持ち物に目を向けた。ケースはまだ開封されていない。よし。記憶処理薬はまだ無事だ。「オーケー、わかった、俺はSCP財団という団体に所属しているものだ。フレンド。法律やドラッグのためにここに来たんじゃない。欲しいものを持っていくといいが、俺たちは今すぐにここから立ち去らなければならない。」早急にだ。
Agent Washington looked past the gun in his face to his belongings. The seal on the case remained intact. Good. Amnestics still available. “Okay, yes, I'm with a group called the SCP Foundation. Friend. Not here for the law or the drugs. Take what you want, but we need to get out of here now.” Urgent.

ダメなのはこの男が状況を導こうとすることだった。彼はエージェント・ワシントンのシャツを掴んだ。「俺はSCP財団なんて聞いたことがないぞ。なぜおまえはここにいる?」
No way was this guy going to steer the situation. He grabbed Agent Washington by the shirt. “I ain’t never heard of the SCP Foundation. Why are you here?”

「この小屋を使っていた人々を避難させるためにここにいる。ここはクラス4収容区域であり、夜が来る前に全員を安全な場所まで連れ出す必要がある。今は何時だ?」
“I was here to evacuate the people using this shack. This is a Class 4 containment zone, and we need everyone out for their safety before nightfall. What time is it?”

エル・コンシェルジュは、最初にこの奇妙な"エージェント"を、次にねじれた死体の山を見ながら目を細めた。突然、彼はこの男が彼らを事前に殺さなければ…"マードレ・デ・ディオス…"と考えた。彼はエージェント・ワシントンの方を向き、手錠をほどいた。
El Conserje squinted, looking first at this strange “agent,” then at the twisted body pile. Suddenly, he recognized that if this guy before him hadn't killed them… “Madre de Dios…” He twisted Agent Washington around and undid his cuffs.

そして、ラショーンは前方に飛び掛かり、手に取った無線機のスイッチを入れた。「司令、こちらミスター・プレジデント。ミスター・プレジデントです。」
In turn, Rashaun jumped forward and grabbed the radio and switched it on. “Control, this is Mr. President. Mr. President calling in.”

無線機からノイズが放たれ、女性の声がした。「プレズ、どこにいますか?ウィンドウでのチェックインを忘れていますよ。状況は?」
The radio emitted a static burst and a woman spoke. “Prez, where have you been? You missed the check in window. Status?”

「生きている、もう一人と。救護ヘリを要請する。」
“Alive, with one other. Requesting evac.”

「駄目です、プレズ。到着するのは日没後になるでしょう。いまの場所を保持し朝に帰ってきてください。運転はしないように。繰り返しますが、運転はしないように。車体や道路からは離れてください。」
“Negative, Prez. We’d get to you after sunset. Hold position and come back in the morning. Do not drive out. I repeat, do not drive out. Stay away from any vehicle or road.”

「了解。留まっている。」
“Acknowledged. Staying put.”

「…気を付けて。973は道路上にいるということだけが明らかです。おそらく、おそらく大丈夫なはずです」無線機は静かになった。
“…Stay safe. 973 only manifests on the road. Y-You should be fine.” The radio went silent.

ラショーンの連れは困惑してやり取りを見た。「973ってなんだ?」
Rashaun's companion watched the exchange in confusion. “What’s 973?”

エージェントは息を飲み込みおんぼろ車を指さした。「あれをしたものだ。」
The agent swallowed and gestured towards the festering heap. "The thing that did that."

「それはわかっている、だが何をした?」
"I know that, but what did that?"

ラショーンはため息をついた。「ここに住んでいた汚職警官の伝説がある。40年以上前に死んだ。憎しみでいっぱいだった。夜間、彼がこの地域の道路を巡回してる、スピードを出す者、飲酒運転をする者なんかをただ待っている。へまをする者を待っている。それから、ここに出現し、追いかけて、そして、」以前の居住者を指さして、「ああするんだ。」
Rashaun sighed. "There's a legend of a crooked cop that lives out here. Died forty-plus years ago. Full of hatred. And during the night, he patrols this section of highway, just waiting for someone to speed, drive drunk, something. Waiting for someone to screw up. Then, he comes out of nowhere, chases them down, and," he points towards the former occupants, "does that."

殺し屋は顔をしかめた。「幽霊?全部幽霊のしわざだと?こんな暴力的な幽霊なんて聞いたことないぞ。これはまるで、純粋な殺意だ。俺はな、大量に殺してきた。誰もファックしないことを、権力者が確かめるためにしようとしていた外道行為を見てきた。だがこれは?そう…無益だ。」
The hitman grimaced. "A ghost? A ghost did all that? I ain't never heard of a ghost that violent. That's, like, pure hate. I mean, I've killed plenty. I've seen the sick shit the lords will do to make sure no one fucks with them. But this? That's so… useless."

「ああ。」
"Yeah."

殺し屋は手を差し出した。「ヘクター。ヘクター・オチョアだ。共に夜を乗り切ろう。」
The hitman extended his hand. "Hector. Hector Ochoa. Let's get through the night."

太陽は沈み、急速に夜が訪れた。空は透き通り、満月が塵や岩から地平線までの景色を照らした。全てがまだ、時々起こるコヨーテの遠吠えによって強調された。鮮明な闇の中で、遠く離れた道路に一組のヘッドライトが現れた。ヘクターはラショーンの肩をつつき、それを指さした。エージェントはその乗り物を見ると無線機に手を伸ばした。
The sun had set, and darkness fell rapidly. The sky was clear, and the full moon lit the landscape across the dust and rocks to the horizon. All still, punctuated occasionally by a coyote's howl. In the clarity of the dark, a pair of headlights appeared on the distant road. Hector tapped Rashaun's shoulder and pointed it out. The agent looked out at the vehicle and reached for his radio.

「司令、こちらミスター・プレジデント。道路上の車を発見。一般人の違反の可能性を報告する。」
"Control, this is Mr. President. I see a car on the highway. Reporting possible civilian breach."

「いいえ、プレズ。今夜収容エリアにアクセスしようとした一般人はいません。」
"Negative, Prez. No civilians have attempted to access the containment area tonight."

「車両が我々の位置に近づいている。救護は送ったか?」
"Vehicle is approaching our location. Has an evac been sent?"

「ええと…いいえ、我々の車の所在はすべて確認されています。道路から>ノイズ<離れていますよね?」
"Uh… Negative, all our cars are accounted for. Aren't you a >static< ways from the road, though?"

「ええ。車がどれほど離れているか伝えるのは難しいが、こちらの方向に真っすぐ向かっている。」
"Affirmative. Hard to tell how far away the car is, but it's heading in this direction."

「ああなんと…プレジデント、それは我々ではありません。>ノイズ<おそらく>ノイズ<及びます。繰り返す、今すぐ>ノイズ<逃げろクソ野郎
"Oh god… Prez, that's none of us. >static< Probable >static< cover. Repeat, you have to >static< RUN FUCKER"

ラショーンは無線機を落とし、深呼吸をしながら事態を鎮めようとし始めた。放送し続けている、男の声で、生意気にクラッキングに、話す重い雑音をカットして、何度も何度も、走れクソ野郎と。
Rashaun dropped the radio and stared at it as he tried to get his breathing under control. It kept broadcasting, as a man's voice, cocky and cracking, cut through heavy static to say, again and again, RUN FUCKER.

ヘクターは落とされた無線機を慌てて指さした。「幽霊か?」ラショーンが頷くと表情は硬くなった。暗殺者は祈りを飲み込み、答えた「聞いてくれ、これが俺の死刑宣告として設計されたことは知っていたんだ。まず、この劣悪な小屋まで歩いている何人かのヤク中に撃たれるつもりだった。すると、お前がここ全体が核汚染されると教えてきた。それは良かった。核で攻撃されたかもしれなかったからな。しかし今、俺がまだ生きているただ一つの理由は、最初に俺のターゲットをゲットした死んだ汚職警官によって俺たちが狙われたから?違う。それは何もつじつまが合っていない。そうはならない。
Hector pointed urgently at the dropped radio. "That's the ghost?" His face hardened as Rashaun nodded. The hitman swallowed a prayer and replied, "Listen, I knew going into this that it was designed as a death sentence for me. First, I was going to get all shot up by some meth heads just walking to this lousy shack. Then, you tell me this whole place is gonna get nuked. That was good. I coulda taken being nuked. But now, the only reason I'm still alive is because we're being hunted by a dead crooked cop who got to my target first? No. That makes no sense. Not gonna happen."

エージェントは無線機を拾い上げるのを止めた。「多くのことは意味をなさない。私の仕事はすべて意味をなさないことがほとんどだ。」彼は近づいてくる車を見た。まだ1マイル以上離れている、砂漠の平野をライトは赤と青に点滅し道路をそれ、平らで岩の多いの地形を横切り始めた。
The agent stooped to pick the radio back up. "A lot of things don't make sense. My whole job is all about things that don't make sense." He looked out at the approaching car. Still over a mile away, its lights flashed red and blue across the desert plain as it veered off the road and started across the flat, rocky terrain.

無線機がパチパチと音が鳴った、「見逃すと思うなよ。」
The radio crackled, "DON'T THINK I DON'T SEE YOU."

ヘクターはラショーンの襟を掴んだ。「何をしている?どうにかしなければ。お前はこの男を知っていると言うのか?どうすれば幽霊と戦えるんだ?」
Hector grabbed Rashaun by the collar. "What are you doing? We gotta do something. You say you know this guy? How we supposed to fight a ghost?"

エージェント・ワシントンは自分の殻に閉じこもっているようだった。「SCP-973と出会って生き延びた人がいるという報告がいくつかある。973は道路から離れずターゲットが見つけたすべての罪を処罰する。」
Agent Washington seemed to withdraw into himself. "There are few accounts of someone surviving an encounter with SCP-973. 973 keeps to the road and punishes all offenses found by the target."

「道路から離れないだと、うそつけ!あいつは真っすぐこっちに向かってきているぞ!」身体を指さして、彼はさらに言った、「彼は昨日もここにいた!」
"Keeps to the road, my ass! That fucker's coming right here!" Pointing to the bodies, he added, "He was here yesterday!"

「我々は法を犯さずになるべく長い間安全でいなくてはならない…」ラショーンは自分自身を納得していることに自身がなかった。
"We should be safe as long as we don't break any laws…" Rashaun wasn't sure he was convincing himself.

ヘクターはパトカーが近づくにつれ鼻をならした。「法を犯すなだと?イカれてんのか、ミスタープレジデント、だが俺は生活のために人を殺している。この拳銃のために許可はされていない。俺は不法者だ。俺はまさにくそくらえな割れたガラスに1メートルあろうとしている歩く罪だ。」
Hector snorted as the cop car approached. "Don't break any fucking laws? You might be some fucking angel, Mr. President, but I kill people for a living. I ain't licensed for this gun. I'm an illegal. I'm a fucking walking crime who's about to have a meter of broken glass shoved up his ass. No."

ラショーンはアドレナリンに侵された空想から現実に引き戻した。「お前をここから出してやる。早く、車に乗れ。」
Rashaun snapped out of his adrenaline-addled reverie. "I gotta get you out of here. Quick, in the car."

ヘクターは小屋の外に出て急いで彼についていき、反論した、「だがお前はスピードは助けにならないと言った!」
Hector rushed into following him out of the shack, arguing, "But you said speeding won't help!"

老朽化したパトカーが二人に向かって最後の距離を加速するとサイレンが空気を貫いた。ラショーンはキーフォブを取り出し、突然地面に伏せている間に握っていた手から滑り落ちて前方に飛ぶのを混乱しながら見て、ヘクターは彼に組みついた。2つ遅れて、パトカーは他の車に追突するためにフルスピードでわずかにハンドルを切った。夜は金属の踏みつぶされる音とガラスが砕かれる音で爆発した。レンタルカーは今は停止し部分的にだけへこんだパトカーからのエネルギーで転がり跳ねた。
Sirens pierced the air as the aged police car sped the last distance towards the two men. Rashaun pulled out his key fob, and watched confusedly as it slipped from his grasp and flew forward while he suddenly sprawled out on the dirt, Hector tackling him. A second later, the police car, swerved slightly to ram the other car at full speed. The night exploded with the sounds of crunching metal and shattering glass. The rental rolled and bounced with the energy from the now stopped and only partly dented police car.

無線機から音が鳴る、「お前が行く場所など必要ないだろう、ボーイ。」
The radio crackled, "YOU WON'T BE NEEDING THAT WHERE YOU'RE GOING, BOY."

70年代後半の白いフォード・マスタングのドアが開くと同時に2人は土の中から這い上がった。艶やかな黒のブーツがしっかりと地面を踏んでいる。背の高い人物が立ち上がった。彼の服はカーキ色で、風景にわずかに溶け込んでいる。ベルトを調整し、首筋のキワを伸ばしている。彼の飛行士サングラスの後ろには、かすかに赤い光が光っているように見えた。彼はベルトから警棒を引っ張り出して前に出た。ハンドルバーのような口ひげを生やした彼の口元は、不敵な笑みを浮かべて丸くなり、中の真っ暗さを露わにしていた。
The pair scrambled up from their place in the dirt while the white late-70s Ford Mustang's door opened. A sleek black boot trod firmly on the ground. A tall figure stood up. His outfit was khaki, blending slightly with the landscape. He adjusted his belt and stretched out a crick in his neck. A faint red light appeared to glow behind his Aviators. He pulled a baton from his belt as he swaggered forward. His mouth, topped with a handlebar mustache, curled up in a sneer to reveal pitch blackness within.

無線機は報告した、「さあ、俺たちはこれを簡単な道にするか、難しい道にするか?」
The radio reported, "NOW, ARE WE GOING TO DO THIS THE EASY WAY, OR THE HARD WAY?"

「難しい道だ、クソポリ!」
"The hard way, pinche poli!"

警官は2発撃たれた。1発は肩に、もう1発は顎に。ヘクターは両手に煙の出る拳銃を持ちながら、巻き付いたバネのように緊張してうずくまった。ラショーンは少し振り返り、片方の目を小屋のドアに、もう片方の目をかつての相棒に向けた。
Two shots struck the cop. One in the shoulder, one in the jaw. Hector squatted tensely, coiled like a spring, a smoking pistol in each hand. A step past him, Rashaun turned slightly, one eye on the door to the shack, one on his erstwhile partner.

警官は明滅するとひるみさえしなかった。炎のねじれのように、フィルムのフレームの上の静的な線のように、彼の傷は赤く光って焦点が合わなくった。彼の悪魔のような顔には不確かな点が二ヵ所あった。彼は大きく笑みを浮かべ、手に持った警棒をゆっくりと振り回しながら近づいてきた。
The cop did not so much flinch as flicker. Like a flame's twist, like a line of static on a frame of film, his wounds glowed red and adjusted out of focus, two spots of patchy uncertainty on his otherwise crisp, diabolic countenance. He grinned broadly and continued his approach, baton slowly twirling in his hand.

ラショーンはヘクターの肩をつかんで小屋に引き戻した。彼はテーブルをひっくり返し、ドアをバリケードで塞いだ。「何をしたと思っているんだ?」と彼は言った。「クラス3の幻影の実体だ!」その身体性は攻撃による完全性の低下を示しているだけだ!"
Rashaun grabbed Hector by the shoulder and pulled him back into the shack. He upended a table and barricaded the door. "What do you think you're doing?" he chided. "It's a Class 3 apparitional entity! Its physicality only shows minor degradation to integrity from attack!"

ヘクターはエージェントを見つめた。「なんだって?」
Hector stared lost at the agent. "It what?"

「それは、それは幽霊だ。幽霊を撃つことはできない。」
"It - It's a ghost. You can't shoot a ghost."

「でも当たったぞ。」
"I kinda just did."

「ああ、だが足止めにはならない。」
"Yeah, but it didn't slow it down or anything."

「俺はした。お前はどうだ?」
"I did something. What about you?"

トタン壁が内側にへこむと、小屋がベルのように鳴り響く。赤い光をもらすボロボロの警棒の先端が、壁が曲がって開いた穴を突き抜くまで、何度も何度も殴ってくる。
The shack rang out like a bell, as the corrugated metal wall dented inward. The blows struck again and again, until the tip of the baton, looking raw and fraying bits of red glow, poked through a hole where the wall buckled.

ラジオから音が鳴る「逃げたほうがいいぞ、クソ共」
The radio crackled, "YOU SHOULD'VE RUN, FUCKER."

ヘクターはわめく「何を?どうやって?こいつは絶対に諦めない!」
Hector squeaked, "What? How? This guy don't give up!"

「最初の収容計画では9人の職員が死亡する結果となったが、SCPは不死身ではなくダメージを受けるということが判明している。出現するまでに9日間のラグタイムで、あの夜は実体消失に成功した。実体は犯罪歴のある職員を好んで攻撃していた…特に暴力的重罪や交通違反を起こした者を…」
Rashaun replied, panic and the autopilot of urgency encroaching on his voice, "Initial containment attempt resulted in the death of nine personnel but determined that the SCP was not invulnerable and could be damaged. Night ended in successful dissipation of entity with a nine day lag time between apparitions. Entity preferably attacked personnel with a criminal record… especially those with violent felonies and moving violations…"

ヘクターは死体の下から2つの未開封ペンキ缶を取り出した。「じゃあお前がいい子ぶってるんなら、後は俺だけってわけだ。当然の報いだな。正しい行いをしたくても、時にはルールに従うためにルールを破る必要がある、そして、ルールがお前を捕まえる」
Hector pulled up a pair of closed paint buckets from under the bodies. "So if you're the goody two-shoes you act like, it's only after me, got it. Serves me right. I know, you try to do the right thing, but time comes, you gotta break the rules to follow them, and bam, they got you."

SCP-973がゆっくりと壁を引き裂くと、壁がミシミシと音をたてる。彼の手が板金を硬い厚紙のように握り曲げる。
The wall groaned and shrieked as SCP-973 slowly tore it away. His hands grasped and bent the sheet metal like stiff cardboard.

ラショーンはヘクターの動きを見た「何だこれは?」
Rashaun looked at Hector's activities. "What's this?"

「撃ち殺すことができないってんなら、爆破するってのはどうだ?」
"Maybe we can't shoot him, so how about we blow him up?"

「…できるかもしれない」ラショーンは瓦礫や死体を見まわし、ベニヤ板をいくつかどかして、ガス発電機を見つけた。彼は燃料計を確認し、ペンキ缶を運んだ。「これは最悪のメスラボだな。起こるべくして起こった事故だ。こんなことしたら、化学の先生に怒られるぜ。」
"…Maybe we can." Rashaun looked around the debris and bodies, moved some plywood boards and found a gas generator. He checked the fuel gauge, and hauled it up by the buckets. "This has got to be the worst meth lab ever. An accident waiting to happen. My chem teacher would have my hide if I tried anything like this."

「芯とか導火線とか、火を早くつけるものが必要だ。」とヘクターはコメントした。彼はたじろぎながらも十字架を切り、死体の奥深くにある必要なものに手を伸ばした。腐敗した体脂肪でぬるぬるのべとべとになった、長い木綿のタオルが出てきた。その片方を発電機のガソリンタンクに突っ込み、もう片方をペンキ缶の一つに突き刺し、ラショーンは燃やし始めるためにエンジンを稼働させた。
"I need a wick or a fuse or something, something to get the fire out fast," Hector commented. He winced, made the sign of the cross, and reached for what he needed, pulled deep into one of the corpses. A long cotton towel was extracted, slick and sticky with putrefying body fat. Stuffing one end of it into the generator's gas tank, he stuck the other end in one of the buckets and Rashaun revved the engine to start burning.

小屋の壁は崩れ去り、SCP-973が裂け目から入ってきた。発電機は火花が散り、煙を出し、ゴロゴロと音を立てた。彼を追い越して突進しようと、2人は大きなベニヤ板を拾い上げ、警官に突撃した。幽霊はベニヤ板の断片を突き破り、通り過ぎたヘクターの足首を掴んだ。ラショーンはパートナーの体重を肩に乗せ、ヘクターは足を引きずりながらも足早に小屋から出た。
The shack's wall gave way and SCP-973 stepped through the breach. The generator sputtered and smoked and rumbled. The two men picked up a large piece of plywood and bull rushed the cop, barreling him over as they scrambled back out past him. The apparition punched through a section of the plywood and grasped Hector's ankle as he passed. The hitman cried out as he kicked against the vice grip, pulling his body free not so much through his own strength but as his foot slid out of a section of a layer of his skin, suddenly burnt and decaying from the policeman's touch. Rashaun hefted his partner's weight on his shoulder as Hector hobbled as fast as he could from the shack.

安全を待たずに、ヘクターは壁の穴を通してペンキ缶に発砲した。ペンキ缶が貫通し、中身が飛び散り、タオルが引火し、小屋全体が換気されていない汚れで覆われ、爆発する中、SCP-973は2人を立って見つめていた。
Not waiting for safety, Hector fired at the bucket through the hole in the wall. SCP-973 stood to stare at the two men as the bucket punctured, its contents splattered, the towel caught fire, and the entire shack, coated in unvented grime, exploded.

ヘクターとラショーンは小屋を燃やす炎が辺りを照らしながら、地面にへばりついていた。爆発の破片が背中に刺さり、背中には焼け付くスライス跡が残っていた。二人は休憩し、ゆっくり立ち上がりながら、残骸を背中にした。
Hector and Rashaun flattened against the ground as the flames from the shack lit the landscape. Bits of shrapnel cut into their backs, leaving a collection of searing slices in their wake. They rested, pulling themselves up slowly, looking back at the wreckage.

「やったみたいだな」ヘクターの足を助けながらラショーンが言った。「やったぜ!」ラショーンとヘクターは背中の痛みを無視しながら、ハグし合った。
"That looks like it did it," Rashaun said, helping Hector up on his feet. "We did it!" Rashaun and Hector hugged, ignoring the shards of agony in their backs.

ラジオから返事があった「警察官への暴行は重罪だぞ、クソ共」
The radio replied, "ASSAULTING A POLICE OFFICER GETS YOU BIG TIME, FUCKERS."

その残骸の中から、琥珀のように光り、静電気のように解離した、歪んだ炎のような形をしたものが現れた。それはゆっくりとした動きで、うごめくように歩いていた。赤く光って揺れる警棒を手に持ち、近づいてきたのだ。
From the wreckage shambled a distorted, flaming form, glowing like an ember and dissociating like static. It moved slow, walking, swaggering. It swung a baton, glowing red and wavering, in whatever its hand was now, as it approached.

「逃げ切れない!」と痛々しく足を引きずりながらヘクターは叫んだ。「いいから行け!狙われてるのは俺なんだよ!今夜俺は死ぬつもりだったんだ、わかったか?」
"I can't outrun him!" Hector called, limping painedly. "Just go! It's me he wants anyway! I'm supposed to die tonight? Okay."

ラショーンは怒鳴った。「断る。俺の仕事はそういうことから人々を守ることだ。ここからお前を連れ出してやる!」
Rashaun snarled. "Hell no. My job is protecting people from things like that. I'm getting you out of here!"

「どうやって?俺は走れない。あいつに追われながら一晩中背負っているのは無理だ。」
"How? I can't run. You can't carry me all the rest of the night with that on our tail."

「あいつの車を盗む。」
"I'm stealing his car."

ラショーンはヘクターを回転灯とエンジンがついたままのパトカーの助手席に乗せ、ヘクターが席につくとドライバーの席にとび乗った。車内には鼻孔を突き刺す恐怖に似た、死臭や麻薬、精液の臭いがした。バックミラーでは、恐怖の存在が駆け抜けており、2人間の距離を縮めてきた。ドアが閉まるのを待たずに、ラショーンはアクセルを踏み込んだ。車は腐食性の排気ガスの硫黄のような雲を吐き出し、前方へ走り出した。急激な加速でドアが閉まり、乗員はしっかりつかまりながら、小屋から道路へ向かって飛び出した。
Rashaun dragged Hector to the passenger side of the police car, its flashers and engine still running, and jumped into the driver's seat as Hector got himself seated. The car smelled of death and cigar smoke and semen, like dread stabbing their nostrils. In the rearview mirror, the eldritch being broke into a run, closing the gap between them. Without waiting to shut the doors, Rashaun stomped the gas pedal. The car belched a sulfurous cloud of caustic exhaust, and dashed forward. The doors pulled themselves shut with the sudden acceleration, and its occupants held on tight as they pulled it out away from the shack, toward the road.

バックミラーの中で赤く光る存在が小さくなっていった。車の警察無線は生きている。「走れクソ共。走れクソ共。走れクソ共。」
The crimson broken glow shrank in the rear view mirror. The car's police radio came alive. "RUN FUCKER. RUN FUCKER. RUN FUCKER."

ヘクターはラジオを指差し、痛みを我慢しながら笑った。「今やあいつにできることはこれだけだ。俺たちは勝ったんだ。どのくらいの距離をあいつから逃げる?」
Hector pointed at the radio and laughed through the pain. "That's all he can say, now. I think we beat him. How long we gotta outrun him?"

ラショーンは運転に集中しながら返事をした、「あいつは日中には消える。多分日の出頃には安全だろう。または効果範囲から出ることだ。今はただここから離れよう。」
Rashaun, focused on the drive, replied, "He's gone during the day. Probably sunrise and we'll be fine. Or if we get out of the range of the effect. We should just drive out of here, now."

車はひどくボロボロで、今にも壊れたり爆発しそうな雰囲気であった。パトランプは点滅し続けており、夜の砂漠を赤や青に染めていた。ラショーンは小屋から十分な距離を置くことと、973の効果範囲内から出ることを心掛けた。
The car felt horribly dilapidated, as if it should break down or explode at any moment. The police lights continued to flash, painting the night desert in reds and blues. Rashaun kept to the task of getting as much distance between him and the shack, and out of the range of 973's effect.

「あそこで大切なものを失ってなければいいんだが。」とヘクターは考えて言った。
"Hope you didn't lose anything important back there," Hector mused.

「どういうことだ?」
"What do you mean?"

「鍵のかかったケースを持ってただろ。小屋を爆発するときに置きっぱなしだったんだ。」
"You had that locked case. Left it back there when we blew up the shack."

エージェント・ワシントンは反射的に反応し、急に胆汁がこみ上げてきたが、それを無視して飲み込んだ。記憶処理薬は失われた。ヘクターは夜明けに知ることになるだろう。「いや、大切じゃない」と。彼はそうは思わなかった。この場合の方針は単純だ。全ての目撃者を排除する。ヘクターは弱っているし、痛みもある。圧倒するのは簡単だろう。彼は今夜死ぬこととなる。彼もそう言っていた。
Agent Washington felt an automatic response, a sudden rise of bile that he just ignored and swallowed back down. The amnestics were lost. Hector would know after tonight. "No. Not important." He wasn't so sure. Policy in this case was simple. Remove all witnesses. Hector was weak, in pain. It would be easy to overpower him. He's supposed to die tonight. He said so.

ラショーンは効果の境界線で車がどうなるかは知らなかった。これまでの痕跡では、車は日中には非物質化していた。もしかしたら崩壊したのかもしれない。燃えたのかもしれない。単に消えてしまったのかもしれないし、元居た別次元や地獄の円なんかに帰ったのかもしれない。彼はアクセルを踏み込み、メーターが70MPH、80MPH、90MPHと上がるのを見ている。
Rashaun wasn't sure what the car would do at the boundary of the effect. Evidence to date indicated that the vehicle dematerialized during the day. Maybe the car crashed. Maybe it burned. Maybe it simply disappeared or returned to whatever dimension or circle of hell or whatever it came from. He pressed down on the accelerator, watching the gauge read 70 MPH, 80, 90.

拳銃の音が聞こえた。「わかってる」ヘクターは提案した「もし今夜死ぬとしたら、他の何よりも、君の手を望むよ」
He heard a pistol cock. "You know," Hector suggested, "if I'm going to die tonight, I'd rather know it was from you, than some thing out there."

「な、何だって?」
"W - what?"

相棒、おまえが何を考えているかはわかる。俺は人を殺すことに人生を費やしてきた。人を殺す必要があるときはわかる。以前のお前の顔にはそれがなかった。だから小屋ではお前を生かしておいたんだ。だが今は、俺がしなければならないことをすれば、お前は死ぬんだろう。そして俺が思うに、お前がしなければならないことをすれば、俺は死ぬんだろう。」
"I can see what you're thinking, compadre. I spent my whole life killing people. I know when a guy needs to kill. You never had it on your face before. That's why I let you live back at the shack. But now, if I do what I'm supposed to, you're dead. And let me guess, if you do what you're supposed to, I'm dead."

「そんなところだ。」
"Something like that."

「じゃあなぜ止める?」
"So what's stopping you?"

「正しくないからだ。人類を守ることが俺の役割なのに、お前を殺さなくてはならないなんて」
"It ain't right. My role is protecting humanity and now I have to kill you."

「正しく、正しくないからか…パトカーを盗んだ男の言うことはおかしいな。」
"Right, ain't right… Funny talk coming from a guy who just stole a cop car."

「財団の秘密と使命を守ることは、正常を守ることにおいて最優先事項だ。」エージェント・ワシントンは暗唱した。「収容違反を防ぐために曝露することは、すぐさまに記憶処理を施せば容認される。財団の目的を知ることは、職員のみに許される…」眉間に玉のような汗がしたたってきた。
"Maintaining secrecy of the Foundation and its mission is paramount to the protection of normalcy," Agent Washington recited. "Revealing oneself is acceptable in order to prevent containment breach, as long as amnestic treatment is delivered immediately afterward. Knowledge of the Foundation's purpose must remain solely for personnel…" Sweat started beading and trickling down his brow.

「なんと、財団で学ぶことはそれだけなのか?」
"What, is all this what you learn in the Foundation?"

「職員。」
"Personnel."

何だって?どういう意味だ?」
"¿Que? You wanna make sense?"

「お前を警察に引き渡す。」
"I gotta turn you in."

「ああ、FBIに監獄に送られて、そこで殺されるのか?どちらにしても同じだよ、小僧。男としてなすべきことをなすだけだ。」
"Yeah, to get sent to prison by the feds and get killed there? Same thing, muchacho. Just be a man and do what you gotta."

ラショーンはいつの間にかこんなに車内が暑くなっていることに疑問を覚え始めた。「いや、待て。Dクラスに志願したと警察に言えばいいんだよ。俺が手を回して、掃除係になってもらうんだ。公式には囚人のままだが、財団のために働くこととなり、今夜は誰も死なずに済む。」
Rashaun started wondering when the inside of the car got so hot. "No, wait. What you do is tell the officer you volunteer for D-class. I'll pull some strings, get you janitorial duty. You'd still be officially a prisoner, but you'll be working for the Foundation and no one has to die tonight."

ヘクターはシャツで涙をぬぐい、拳銃を下げた。「本気か?何か、俺にこんな後始末をさせるつもりか?」
Hector wiped his eyes with his shirt and lowered his pistol. "You serious? What, you gonna have me cleaning up after things like this?"

ラショーンはうなずき答える、「時には―」
Rashaun nodded and replied, "Sometimes you gotta -"

ヘクターは最後にこう言った「―ルールを守るためにルールを破らなければならない!」
Hector finished with him: "- break the rules to follow them!"

ラショーンはギアを変えた。「この車暑くなってきてないか?」
Rashaun shifted. "Is this car getting hot?"

目の前でダッシュボードがひび割れ、裂け始めた。かすかに燃えカスのような赤い光が隙間から漏れていた。ハンドルがラショーンの指の下で崩れ、フロントガラスがひび割れ、裂けていた。
The dashboard started to crack and splinter before them. Faint ember-red light started leaking through. The steering wheel was crumbling beneath Rashaun's fingers, and the windshield cracked and split.

ラジオから呼び声がした、「俺と一緒に女どもが来る時間だ。」
The radio called out, "TIME FOR YOU GIRLS TO COME WITH ME."

ラショーンが顔を上げると、前方にオレンジと白色の道路バリケードが見えた。彼はブレーキを踏んだ。「今すぐにここから出るぞ!」二人はドアを開け、車から飛び出した。地面に激突し、転がり、さらに体を擦りむき、まだ痛みが残っていたことを思い出した。
Rashaun looked up, and saw the orange and white boards of the road barricade ahead. He slammed on the brakes. "We gotta get out of the car now!" The two men opened the doors and dove from the car. They struck the ground hard, and rolled, scraping themselves up further and reminding themselves that there was still more pain that could be felt.

車はバリケードに突っ込んでいった。ゆがみ、破裂し、緋色の静電気の塊となって、消えた。
The car careened toward the barricade. It buckled, imploded, and crushed itself into a scarlet smear of static before disappearing.

ヘクターは苦しみ、擦りむき、皮がめくれ、火傷しながら横たわっていた。彼は新しい友人のものと同じ記章をつけた、他の人々が近づいてくるのをぼんやりと見ていた。彼は日の出前に意識を失ったが、やはりまだ自分にも夜明けは来るのだなと思いながら、イエスとマリアに祈りを捧げた。
Hector lay in agony, scraped, flensed, and burned. He hazily watched other people approach, also bearing the same insignia his new friend had. He lost consciousness before sunrise, but offered a prayer to Jesus and Mary, knowing that dawn would still come for him, after all.

ERROR

The kai58's portal does not exist.


エラー: kai58のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5322592 ( 21 Oct 2019 17:26 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License