SCP下書き「剪定」

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██内の低危険度物品保管ロッカーに収容されています。週に一度、新たなSCP-XXX-JP-1の発生の有無を確認し、新たな発生が確認された場合、直ちに対象をアーカイブとして記録し、専用のデータバンクに保存します。

説明: SCP-XXX-JPは枚数不明のページを有する縦20cm、横15cmの書籍です。表紙にタイトル等は一切記載されておらず、製作年、出版社、作者などの情報は一切不明です。

SCP-XXX-JPのページには不定期に作者不明の短編小説(以下SCP-XXX-JP-Aと記載)が出現します。SCP-XXX-JP-Aはその全てが財団職員、要注意団体構成員、SCPオブジェクトを主人公として書かれていることが確認されています。各SCP-XXX-JP-Aはそれぞれ描写方法が大きく異なっており、同一の人物について書かれたものでもあっても、口調や性格が異なっている事例が確認されています。また一部SCP-XXX-JP-A内には、時折存在しない造語と推測される言葉が使用されている事例が確認されています。

以下は、SCP-XXX-JP-A実例の抜粋です。

番号 内容 補足
SCP-XXX-JP-A-1 氏名不明の財団職員が、同僚の死を忘れるために記憶処理を自身に行う。 特になし
SCP-XXX-JP-A-8 奈良研究員の財団での通常業務の様子。 収容違反等の特筆すべきイベントは発生していない。
SCP-XXX-JP-A-11 ███博士が今年行われたお見合いイベントにて複数の女性職員と交流している。 特になし。
SCP-XXX-JP-A-27 GoI-233"ハーマン・フラーの不気味サーカス"のメンバーと思われる男性とPoI-233-021と推測される男性のレストランでの会話。 特になし
SCP-XXX-JP-A-42 SCP-███-JPの収容以前の生活。 特になし

SCP-XXX-JP-A中にて氏名が判明している登場人物はすべて実在の人物であることが判明しています。しかし、これまでに主人公となっている人物に行われたインタビューでは、インタビュー対象全員がSCP-XXX-JP-Aに記載されている出来事は記憶にないと証言しており、同様にそのような記録も存在しません。

その他の特筆すべき点として、財団職員がSCP-XXX-JP-Aを読んだ場合、悲愴や歓喜などの感情の変化が一切見られないことが確認されています。財団フロント企業主催で開催した民間人対象の読書会では、参加者がSCP-XXX-JP-Aに対して通常の書籍と同様の感想を述べることが確認されています。イベント終了後、参加者全員に記憶処理が行われました。

以下は、収容初期にDクラス職員を用いて行われた実験の記録です。

実験記録/XXX-JP

対象: D-71549
実験担当:███研究員
実験内容: D-71549にSCP-XXX-JP-Aを複数作品読むよう指示する。
実地日時: 2018年6月14日


<記録開始>

[D-71549が実験室に入室する。部屋の中央のテーブルにはSCP-XXX-JPが置かれている]

D-71549: えっと、真ん中に置いてあるあの本を読めばいいのか?

███研究員: はい。中には短編小説が書かれていますので、その中から好きなものを5つほど選んで読んでください。

D-71549: なぁんか妙にあっさりしてんなぁ。どうせまた人を簡単にぶっ殺すようなもんなんだろ?

███研究員: それはご自分で確かめてください。

D-71549: はいはい、わかりましたよっと。えーとじゃあ手始めに…短そうだし、こいつにするかな。

[この後D-71549はSCP-XXX-JP-A6作品を1時間37分で読了した]

D-71549: あーっと、とりあえず6つ読んだが、これでいいのか?

███研究員: はい。本日の実験は以上になります。

D-71549: そうか。うーん……。

███研究員: どうかしましたか?
 
D-71549: いやな?その、無事終わったのは嬉しいんだが…。その、こんな事言うのもどうかと思うんだが…正直、つまらなかった。

███研究員: それは、今回の実験がということでしょうか。

D-71549: いや、実験自体はと言うよりは、この本の内容がな。いや、読み物としては良いものだと思うんだ。ほのぼのとしてて、あまり長くないものが多いから、さらっと読めていいと思う。ただな、普通過ぎるんだ。普通過ぎて何も感じるものがないんだ。言うなればそう…刺激が無いな。

███研究員: 刺激、ですか。

D-71549: ほら、ここっていろんな化け物とかおかしな職員がわんさかいるだろ?そんじょそこらのファンタジー小説やSF映画なんかよりもイカれた事件が起こることも珍しくない。それを踏まえた上でこれを読んでもな…こう、盛り上がりと言うか、意外性と言うか、とにかくそういったものが欲しいんだよ。俺に言わせりゃ、こういう読みもんは…無くても良いって感じだな。

<記録終了>

ERROR

The momiji_CoC's portal does not exist.


エラー: momiji_CoCのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5268615 ( 20 Jul 2019 13:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License