みんな虚無の飼い主

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の常に施錠された倉庫に保管します。倉庫の鍵はサイトの指揮官の管理下に置かれます。どんな状況であっても、倉庫の扉を開けることは禁止されています。SCP-XXX-JPの異常性に侵された人物は精神病院で隔離されます。

説明: SCP-XXX-JPは縦40cm、横60cmのペット用のケースです。SCP-XXX-JP内には毛布一枚のみが敷いてあり、それ以外は何も存在しません。

SCP-XXX-JPは半径約1m以下で視認すると、対象はSCP-XXX-JP内に自分のペットが存在すると強く認識します。
対象は、いるはずのないSCP-XXX-JP内のペットに対して愛情を注いだり、エサをあげるなどの行為を定期的に行います。対象が見たペットに関しての特徴や外見などは判明しておらず、ただ対象はSCP-XXX-JP内に「自分のペットがいる」とだけ発言します。

補遺-回収
2005年7月6日、 岡山県、██市で一人の男性が毎日何もいないペット用のケースに向かって可愛がったり、エサをあげたりしていると通報がありました。男性は警察官に対してケース内にペットが存在していると強く主張しており、警察官がSCP-XXX-JP内を見たところ、全員がSCP-XXX-JP内にペットが存在していると発言しました。現場に財団職員を派遣し、一人がSCP-XXX-JP内にペットが存在していると認識し、もう一人が視認できていない状態で、SCP-XXX-JPを回収することに成功しました。

補遺: SCP-XXX-JPを一度範囲内で視認してしまうと、記憶処理を施しても何も効果もないことが判明しました。未だにミーム汚染に侵された人物は精神病院で無表情でただひたすら、「可愛いね…」と壁越しで囁いています。

ERROR

The gopin's portal does not exist.


エラー: gopinのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5263653 ( 13 Nov 2019 15:00 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License