"hypnosis?"

このページの批評は終了しました。

「……さて、新人の皆さん。これで一連の講義は粗方終了したと思います。それでは、今から名前を呼ばれた者は応答しなさい。……よろしい、全員の生存が確認されました。では、今呼ばれた者以外は退出し、外の職員の誘導に従いなさい。君たちにしてもらうことがあります」

そぞろに、部屋に残る人数は少なくなった。呼ばれた名前がそもそも少数なのだから当然なのだが、先の人の群れに比べればなんとも寂しくなった。

「さて、君たち。私に名前を呼ばれた時、どう思いました?居眠りをしていたことがバレたのか?それとも怪訝な目と耳とで私の講義を聞いていたことが見られたとか?まるで先生に叱られる前の中学生のような感情ですか?いいえ、いいえ。別に君たちの態度がどうあろうが、私の知るところではありません。そんな者は勝手に淘汰されればいいのです。それ以上で、財団に不利益を齎すようならその限りではありませんが」

静寂の広がる部屋に起こる、引き攣った笑い。

「ええ失礼、話が逸れました。つまり私は君たちを無駄に叱り、矯正し、正しく箸を持たせるために集めたのではないということです。むしろ、その逆と言って差し支えないでしょうね。君たちには"必要なかった"ということなのですから」

「財団は不必要なことを行いませんし行わせません。君たちと彼らの間にどのような違いがあろうと些事に過ぎないのですから、君たちが気にする必要はありません。これを言い換えると、いいから気にするな、ということです」

「私はあちらの人間でした。当時の私の心境を一言、いや二言程度で話しましょう。"彼らはなにをしでかして、何を言われるのだろうなぁ"です。その分君たちは運がいいのでしょう。それともこれまでの人生に何かしらの原因が存在するのか、と言うことは分かりかねますが」

今は私のことは関係ないのでね、と話を切る。

「財団は稀によく色々と言い換えられます。"暗闇を照らすためのランプ"とか、そう言った。講義を受けてきた、そして選ばれた君たちなのですから、そのランプの燃料が何かはよく分かっていることだと思います」

「そう、技術やそれらも勿論のことながら、最も大きなものは職員の、文字通りに献身的な活動です。オブジェクトには、具体的には知らずとも危険極まりないものが多数存在することは予想か、知っているでしょう。それらに対してどう確保し、収容、保護するのか?ノウハウも持ち合わせているとはいえ、ほぼ全ては手探りです。暗闇を探る、そのためにはランプを点けなければならない」

「そして、そのランプは"消えてはならない"、ということも想像できるでしょう。暗闇で知らぬ間に首をへし折られても困りますからね」

「しかし、消えないだけではランプ足り得ない。それを持ち運ぶ手があってこそ、ランプはランプとしての意味合いを持つでしょう。広場の真ん中に置かれて動かせないランプに何の意味がありますか?パントマイムに使えるとか、そういうものではありません。無駄な場所に置かれていても、何の効果もない。つまり君たちは広場です。酷いところなら、雨も降っているような。しかしながら、それでもやはり礎となるべき土壌であることに変わりないのです」

「勿論、私もその大地のうちの1区に過ぎませんね。ただ私と君たちの違いは、どれだけ酸性の雨に打たれたか、渇きに渇いてひび割れたか」

そう、ただそれだけなのだ。私との違いでさえ。

「さて、最後に。君たちが最も今知りたがっているであろうこと、彼らは何をしているかについて、今度こそ一言で教えてあげましょう。私が受けたものと内容が変わっていなければ、彼らは」

「灯の点いたランプの写真を見ているだけ」

「もう一度。君たちも彼らも、大差ないのです」


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The turezure's portal does not exist.


エラー: turezureのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5253895 (15 Nov 2019 13:19)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License