無題

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

何処からか、新聞紙が潔癖そうな男の右足にまとわりついた。男は足元で靡く新聞紙を拾い上げ、とある見出しを小さく読み上げた後にくつくつと笑った。隣に控える部下は額の汗ばみを拭うのに必死だったので、彼には男が突然笑い出したかのように錯覚した。男は軽く咳払いし、見せつけるように紙面を拡げた。

一面の多くを占めるそれはナンセンスなフォントで飾られていた。「失礼、張君。"ゼーバッハ中央製薬、『死』の抽出実験に成功か"という見出しがあまりにも懐かしかったもので。彼らはたまにはペーパーボーイを呼ぶべきだね」と男は説明した。部下の反応を伺うように目を細めるが、彼にはどこが笑いどころなのか理解できなかった。それどころか、彼にとってその日は特別な日だったので上司の世間話など上の空であった。灼熱の太陽と部下の先の汗ばみが全くの無関係であることを察した男は、再び咳払いした後に歩きはじめた。

みすぼらしいストリートの地平線に陽炎が踊っているのが見えた。男は太陽と時計と部下の間抜けな表情を交互に見やり、ちょうど建物に隠れて日陰となる場所でピタリと足を止めた。少々遅れて部下も足を止めた。忙しく視線を動かす部下とは対照的に、男は落ち着いていた。呑気にすら映った男は、社用のタブレット端末を取り出して小話をはじめた。それが彼なりの配慮だと部下が気付いたのは少々遅れてのことだった。男が得意気にタブレット端末を操作する度に、裏面の大悲咒のロゴが妖しく揺れていた。


ERROR

The Morelike 's portal does not exist.


エラー: Morelike のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5252746 ( 26 Mar 2019 10:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License