『道具屋リョエルのお宝紹介』From: ダン監督

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

曇天の昼下がり。閑静な住宅街にポツンと建てられた、悪趣味な成金ハウスを見上げる。インターホンを鳴らすと、2回、3回と低い電子音が流れ、4回目で家主もといリョエルが門を勢いよくドアから飛び出した。

「ようブラザー! わざわざお礼を伝えるために来るなんて律儀な奴だな」

流れるように握手を交わし、軽いハグ。前作の試写会で飲んだ以来だったが、褐色の日焼けと手術の度に入れ直している首元の中指タトゥー、そしてこの軽いノリは相も変わらずだ。それにしてもリョエルの奴め、ハッパのキメすぎで呼び出したのが自分だってことを忘れているようだ。面倒なので話を合わせようとするが、俺の引き摺るトランクケースに気づいたリョエルは談笑を中断して自宅に招き入れた。


強烈なアルコール臭の充満する広いリビングルームに案内され、落ち着いた色のモダン風ソファに深く腰かける。アンティークな木製テーブル、豪華な装飾品の目立つシャンデリア、肌色の目立つ絨毯、ごわごわとした黒いテディベア……随分と賑やかだ。

「趣味の人間加工は相変わらずか。臭いは誤魔化せるとして、近所に感づかれたりしないのか?」

「ノープロブレム。小うるさいお口ちゃんたちにはダンのケツを守るよう言いつけておいた」

リョエルは俺の座るソファを指差した。なるほど、座り心地の悪さも納得な回答。間を置いて、良いのが手に入ったんだ、というセンテンスを添えてウイスキーが差し出される。琥珀色の誘惑に乗せられたリョエルは、作品の感想やファン視点でのアドバイスを的確かつ詳細に語り、俺はメモを忙しく取りながらそれに聞き入る。



「──と、こんなところだな。あー身体が熱い熱い。良い感じに酒が回ってきたじゃねぇか」

「火照りがひどいぞ、リョエル。日が暮れるし、そろそろ失礼するよ」

「ヘイ寂しいこと言うなよ。ガールフレンドちゃんがブラザーに会いたがってんだぜ」

リョエルが腕を掴み、揺れる視線で俺を捉える。その灰暗い瞳は、友人の前に依頼者と道具屋の関係だということを暗に伝えている。これも最高を制作するための我慢、今夜は彼の我が儘に付き合うとしよう。


最初に案内されたのは、爽やかなミント臭の充満する寝室。鼻腔を通り抜ける爽やかな香りの裏には、違法ドラッグ特有の甘い匂いと安い売女どもの悲鳴が巧妙に隠されている。リョエルに促され、彼のお気に入りのベッドに近付く。カシミア製の枕に置かれていたのは、安らかな表情を浮かべた少女の頭部と、その首から下に繋がれた酸素ボトルと血液パックのセットだった。虚ろな目線は蝿を追うように忙しく働き、緩慢な動きを見せる口元には白いカスがびっしりこびりついてる。リョエルは彼女を拾い上げ、汚れた口元をタオルで丁寧に拭う。

「レディがはしたないぜ、まったく。紹介するよダン、彼女は目覚まし時計のミライア。彼女の声はそこらの整形ボイスよりもキュートなんだぜ」

リョエルの口に人差し指を当てるジェスチャーをヒントに、耳を澄ませる。すると人工的な呼吸音に紛れて、正確かつ献身的なカウントダウンが彼女から聞こえてきた。爛れた左耳と腫れた両頬から察するに、時刻調整に相当時間をかけたようだ。どう反応しようか考え込んでいると、彼女の本領はここからさ、と言わんばかりの表情でリョエルはウインクをする。18:59:57、18:59:58、18:59:59……19:00:00。

♪~……♪♪~…….♬~……♪♫♪~……

彼女の瞳孔は開き、その美声を室内に響き渡らせた。これは化石級の名曲、"We Are The World"じゃないか。聞いたこともない曲をここまで美しく再現するとはな、彼女の懸命な努力が伺える。小さな歌姫に、心からの称賛を贈る。リョエルは酸素ボトルのつまみを捻り、彼女のアラームを止めた。空気を求めてもがく彼女を横目に、リョエルは続ける

「さ、彼女の自慢は終わり。次はお楽しみのバーベキューパーティーだ! "肉屋"から仕入れた特別なお肉をご馳走するぜ」

ご機嫌なリョエルは高笑いを上げながら退室する。やれやれ、何だか嫌な予感しかしない。


青々しい芝生の生い茂る、どこか幻想的なガーデンに案内される。リョエルは、鼻歌混じりにワゴンを運んでくる。月明かりに照らされて露となったそれは、彼の主張する"特別な肉"でもあり、合理的な"バーベキューコンロ"であった。リョエルは満面の笑みで熱弁する。

「俺様の最新作、お肉兼バーベキューコンロのフランちゃんだ。ほらご覧、背中にはチタン製の鉄板が埋め込まれている。焦げ付きにくいし、耐久性高いからいくらでも使い回しできる優れもの。弄くりまくったお腹の中には加熱装置があって、常に適温調整してくれるスマートさが実に快適。極めつけはこの上等なお肉! "肉屋"曰く、アルプス地方の農村で優雅に暮らしていた純粋無垢な少女だそうだ。彼女はきっと、小鳥の囀りが聞こえる美しい森、何万年経とうとも威厳を損なわない荘厳なアルプス山脈、年中降り注ぐ栄養満点な日光、頼りになる穏やかな老人、いつだって側に居てくれた優しい青年、などなど沢山の尊いものに囲まれて生きていたのだろう。全部クソ溜めに落とせると思うとワクワクしねぇか?」

顔を真っ赤にしたリョエルは、手に持っていたスキットルを一気に飲み干して呼吸を整える。興奮すると早口になる癖も昔と同じ、とはいえ飛沫の嵐は勘弁いただきたい。

「悪い悪い。じゃ、レッツパーティーといこうか」

リョエルが彼女の脇腹から飛び出たレバーを押し込むと、機械的な起動音とともに彼女は短い悲鳴を上げる。鉄板付近の透き通るような白い肌は徐々にその魅力を失い、白い泡がふつふつと沸き立つ。手足に釘を打ち込まれた彼女は、あついごめんなさい、と繰り返し訴えながら悶える。リョエルはナイフで脂の泡を削ぎ取り、香ばしいバケットに薄く拡げるように塗る。まずは前菜、と彼はバケットを一口齧り、噛み締めるように咀嚼して顔を綻ばせた。次に彼は、小ぶりな可愛らしいお尻にナイフを当て、ゆっくりと刃を引く。スライスした肉片を鉄板に置くと、豊富な脂が弾けてじゅわじゅわと心地のよい音を響かせた。彼女の苦悶の表情と裏腹に、リョエルのテンションは最高潮だ。焼き肉はソースが命、と語ったリョエルは、桶に溜まった滴る鮮血と涙をバーベキューソースと混ぜ合わせ、鉄板にぶっかける。すぐさま蒸発した血液は白煙に姿を変え、辺りに撒かれる。クソを煮たような臭いは別として、カニバリズムが趣味じゃなくともこの絶景を見れば誰もが腹を鳴らすだろう。リョエルは鉄板の上で踊る肉片をフォークで突き刺し、慎重に口へ運ぶ。

「さすがフランちゃん。柔らかいお肉が舌に絡んで、ディープキスみたく刺激的で甘美な味が口いっぱいに拡がる。蝿の集るロボットビーフなんざ比にならないくらい、上等で素晴らしいジューシーさだ! やっぱりお肉は天然じゃないとな、なあダン!」

リョエルに乗せられて一口。歯要らずの柔らかさは認めるが、口内で暴れまわるこの臭みは一体何だ? 彼のようにアルコールと薬物大好き人間でもなければ到底食えたもんじゃない。だが同時に、異常な不味さは霞がかった思考をクリアにしてくれた。リビングのソファに置き忘れたトランクケースを持ち出し、リョエルに開封するよう促す。

「これってもしかして……最新作の女優じゃないか?」

「大正解。ヴィンテージものを欲しがってたろ? だからさ」

「ダン、お前は最高の親友だぜ。ちょうど革ジャンが恋しくなっていた頃だ! この火傷は1の22分頃に煙草の火を押し付けられてできたもので……ああ! これだけじゃ足りないだろうから、ダリンとジョイアナをリサイクルして、それから……」

ぶつぶつとリョエルは楽しげに語る。プレゼントの反応としては上出来、良き制作には良き人脈をだ。あとはクソッたれバーベキューを穏便に済ませればいい。朝日を拝むまで、せめてこの背徳感を楽しむとしよう。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Morelike 's portal does not exist.


エラー: Morelike のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5252746 ( 26 Mar 2019 10:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License