空棺に手向けの花を
rating: 0+x
blank.png

ミラーズ・ヒッチマンは安いキャンディをいくつか手に取って口に放り込む。彼は、キャンディを口に含んでいる間だけは甘い忘却に浸れた。彼がさらに2つのキャンディに手を伸ばすと、

コンコンコン

鋭いノック音がミラーズを現実に引き戻した。彼は口惜しそうにキャンディを噛み砕き、不機嫌な調子でノックの主に返事をする。

「すみません、ミラーズ博士。タイミングが悪かったようですね」

心にもない謝罪の言葉を述べつつ、書類の束を抱えたレヴィン・クリアフォードは入室した。

「レヴィン君か。で、私が苦手そうなその物体は一体?」

「大正解、ほんの20分前に届いた社会人口調査プログラムからの定例報告です。メールの方にも先ほど送らせていただきました」

「まだ前回の分も処理できていないのに。以前も言ったが3日に1回のペースで報告させるのは可哀想だと思わないか」

「ミラーズ博士がサボりだけでしょう。それに、正常性を判定するこの仕事は、異常存在を扱う我々にとって重大な役割を果たしています。いいですか、"ΩK-クラスシナリオの発生後、財団は人類の基線となる挙動を再評価する活動を発足しました。この人口調査を実施するため──」

「"不自然を構成するのは何か、異常な活動と見做され得るのは何かを示す最新の基準は、異常存在を検出し評価する財団の能力をより合理的なものとするでしょう"だろ。その序文はもう聞き飽きたよ」

ミラーズが言葉を遮るとレヴィンは表情を緩め、満足したように首を振った。彼に書類を渡し、頑張ってください、とコメントを残して彼女は退室した。

バタン

ドアの閉まる音を最後に、室内は静まり返った。妙な寂しさを抱いた自分に戸惑いを感じながら、ミラーズは受け取った書類を捲る。キャンディは既に溶けていた。

アンケート回答 #571,935

名前: ギネス・ホワイト

年齢: 117歳

性別: 男性

住所: アメリカ合衆国、オレゴン州、パイン通り9041番地

存命の近親者:

  • グリシス・ホワイト: 108歳、配偶者
  • フレシンス・ホワイト: 83歳、娘

[記録開始]

質問者: おはようございます、ギネス・ホワイトさん。

ホワイト: おはようジュディ。畏まらなくともギネスで構いませんよ。

質問者: では失礼して、ギネス。直近の数十年間、不死になって以来ライフスタイルに変化はありましたか? 事前の調査によると、職業が、あー、その……。

ホワイト: はい、しがない葬儀屋でした。

質問者: それです。ごめんなさい、私としたことが。

ホワイト: いえ結構。最近の子にとっては聞き慣れない言葉でしょうから。話の続きですが、私を含めすべての葬儀屋が廃業に追いやられました。今はわずかな失業者手当だけが頼りです。

質問者: なるほど。踏み込んだ質問で申し訳ないのですが、経済的な活動はされていないのでしょうか?

ホワイト: 数年ほど前に、葬儀屋時代に築いた交流ネットワークを使ってかつての同業者たちを集めて非公式の団体を結成しました。それ目的ではないですが、活動の中で利益を得ることもあります。

質問者: 非公式ですか。ええと百年主義1と何か関係が?

ホワイト: 一切関係ありません。ほら、このとおりアンチエイジングを受け入れています。健康を保つために肉体をケアするのは旧世代からある文化ですし、特に拒絶する理由もありません。

質問者: なるほど。ではあなた方はどのような理念を?

ホワイト: 生を望む者にとって不死の病は幸福でしょうが、生を強制されている者にとってはその限りではありません。そういった方々に最大の配慮をもって死を提供する、それが我々の活動であり理念です。

質問者: やはり私にはよくわかりません。百年主義と同じで結局は相手を傷つけるのでしょう?

ホワイト: 否定はできません。ですが、あれを見れば分かるかと。こちらへどうぞ。

[しばしの移動]

質問者: ここは一体?

ホワイト: ここは我々が作った墓地です。あなたが手をかけている石、その下には4人ほど埋葬されてます。

質問者: なんてこと! 真実なら、あなたを警察に突き出さないといけません。ああギネス、嘘だと言ってください。

ホワイト: 嘘ではありません。しかし、あなたの思うような生き埋めではないと断言します。地面に耳を当ててください。嘆き声は聞こえないでしょう。

質問者: ……ええ、とても静かです。

ホワイト: 我々の多くは葬儀屋や墓石職人などの旧世代で人の死で飯を食べてきた人間ですが、中には変わった技術を持つ方もいます。そういった方々によって、このように限りなく死亡に近い状態を実現することができました。

質問者: その、死亡しているわけではないんですか。

ホワイト: ええ。彼らを今静かに眠っていますが、あくまでも寝ているだけなんです。

質問者: お時間を頂きありがとうございました。

[記録終了]

ERROR

The Morelike 's portal does not exist.


エラー: Morelike のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5252746 ( 26 Mar 2019 10:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License