Prelude to Crisis: The Decline and fall of the Foundation

このページの批評は終了しました。


〚Prelude to Crisis: The Decline and fall of the Foundation〛
危機の前触れ。財団の衰退と崩壊

History is written by the survivors.
過去のことは生存者によって紡がれる。

My name is Jacob Conwell,and I did not experience most of the events which I am attempting to describe. I was present for some of it, and knew a few of the principal players, but my only real role is to have collected as much material about the Crisis as possible.
私の名前はジェイコブ・コンウェルだ。それから、説明しようとしている出来事の殆どを私は経験していない。私はその一部に居合わせ、幾人かの主要な人を知っているが、唯一あった本当の役割は危機に関する資料を可能な限り収集したことだった。

I've compiled it into dozens of volumes, covering what I believe are the distinct movements in the period.The Stagnation, Crack-Up, Directory, Year of the Four Administrators, Anarchy and Reclamation.
私はそれを多くの量にまとめ、その期間で注目すべき動きを取り上げた。🚩停滞、ひび割れ、指令書、4名の管理者の時代、混乱、そして再生を。🚩

I've not put them in any particular order , beyond omitting sections which may tell of what comes later.It's important for us to experience the events in the same order as those who lived and died through it.
🚩あとから説明しない箇所以外は、順番はバラバラだ。🚩我々にとって重要なことは、それを生き延び、そして死んだ人々と同じ順序でイベントを体験することだ。

We would never have experienced the betrayals of Hourdoon, the horrors of the Crater, or the desertification of North America. The endless uncertainty and despair. Hope. I'm getting into listification again.
我々は、アワードーンの裏切り、クレーターの恐怖、または北米の砂漠化を経験したことはなかっただろう。🚩無限の不確実性と絶望。望み。私は再びリストにし始めている。🚩

Every death here is a tragedy. So were all of the others. While I have included mostly notables here, we can never forget how much we lost. I know I never will.
🚩ここでの全ての死は悲劇だ。他の者達もそうだった。沢山の著名な人物がかつてはここにいた。どれだけ失ったのだろうか、我々には忘れることなどできない。絶対に忘れないだろう。🚩

Jacob Conwell
Archivist
April 12th, 2021
ジェイコブ・コンウェル
アーキビスト
2021年4月12日


The Overseer Council was an institution predating the Foundation. From our earliest days, it operated under a shroud of secrecy. Membership is a closely guarded secret, afforded to those in the room and their Red Right Hand.
O5評議会は財団に先駆けて設立された機関であり、財団の初期から秘密裏で運営されていた。会員の地位は厳重に守られた秘密で、部屋と彼らの赤い右手に与えられている。

Seen variably as chess-masters from on high commanding the anomalous by the sheer force of their will; Old and dodderingbureaucrats from the right families who sit in their immortal chamber; Whispering the secrets of the universe to each other; Perhaps the best people chased from the pages of history and into a smoke-filled room where the fate of every person, past and future, can be decided again?
意のままに命令する、特異なほどの権力を持つチェスマスターはさまざまに見られる。不死の評議会に座っている有名な家系からの老いてよぼよぼな官僚。宇宙の秘密を互いに囁いている。おそらく最高の人々が歴史のページから、過去と未来のすべての人の運命が交渉用の部屋へ追われた。再び決めることができるのか?

The Overseer Council was never going to save us. Only the people could.
O5評議会は決して我々を救うつもりはなかった。🚩彼らだけができた。🚩

The scientists who orchestrate this refined madness. Fighting and give their lives for a veil they have never seen. Creators of the greatest innovations in scientific history, such as the Scranton Reality Anchor, Enigmagraphs, or the discovery of Humes. Without their innovation, the Foundation would have already been relegated to the dustbin of history.
この微細な狂気の調整をする科学者たち。彼らは見たことのないベールのために戦い、命を捧げる。スクラントン現実錨、エニグマグラフ、ヒュームの発見など、科学史上最大の革新の創造者。それらの革新がなければ財団は歴史のゴミ箱に追いやられていただろうな。

Agents who delve into the places eyes cannot follow, a meat grinder that can leave the slaughtered still living. Sacrificing not only their lives but their souls and their dignity in order to take the fight to hell itself, they have earned this right more than anybody, paid in blood.
🚩目の届かない場所に潜入するエージェント達は、対象を生かしたまま虐殺することかできる肉挽き器のようなものだ。🚩彼らの命だけでなく、魂と尊厳を犠牲にして地獄への戦いを勝ち取るために、彼らは血を代償にし、誰も持ち得ない権利を獲得した。

Is the Foundation an idea, protecting the innocents from the tainted knowledge of immortality pills and extraterrestrial life?
財団は、不死の薬と地球外生命体の汚染された知識から無実の人々を保護するアイデアなのか?

Was the Foundation not omnipotent or immortal?
財団は全能でも不死身でもなかったのか?

No group is a magical gathering of the best and brightest to keep a mission going in perpetuity. It is an institution and, like all others, its success is not guaranteed.
どのグループも、任務を永続的に維持するための最良の、最も優秀な人材の魔法の集まりではない。それは組織であり、他のすべてと同様にその成功は保証されていない。

Change comes from within. No eyes can see the increments of progress, or the hollowing-out of rot.
変化は内側から生じる。発達の増加や腐敗による空洞化は目に見えることはない。

Not until the walls start caving in. But by then it's already too late.
壁が崩れ落ち始めるまでは。だが、その時にはもう手遅れだ。

« —— | THE CRISIS | Hills Like White Elephants »

🚩と🚩で囲んであるところが特に訳す上でわからなかったところです。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The carbo19's portal does not exist.


エラー: carbo19のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5248731 ( 28 Aug 2019 13:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License