nmp3582-3--47c2

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは小型の収容ロッカーに保存しSCP-XXX-JPの水タンクには水が常時入っているようにして下さい。
SCP-XXX-JPの使用は
説明: SCP-XXX-JPは一般的な家庭用のコーヒーメーカーの外見をしています。しかし SCP-XXX-JPと同じ型の商品は確認できませんでした。
SCP-XXX-JPが排出したコーヒーを飲んだ場合飲んだ人物は一定時間 SCP-XXX-JPのものと見られる意志を持ちます。これにより SCP-XXX-JPと会話をすることが可能です。
SCP-XXX-JPはある団体の事務所に置かれておりその事務所を財団が押収した時に収容されました。当初は通常のコーヒーメーカーだと考えられており████博士が使用していましたが

補遺1: インタビューログ

対象: SCP-XXX-JPから出されたコーヒーを飲んだ██研究員

インタビュアー: ██博士

付記: まだ SCP-XXX-JPの異常性が判明して居ない時のインタビューです

<録音開始, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

インタビュアー: [会話]

誰かさん: [会話]

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

ERROR

The nmp3582's portal does not exist.


エラー: nmp3582のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5238866 ( 07 Dec 2019 14:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License