SCP-×××-jp コースター 改案

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは

説明: SCP-XXX-JPは縦10cm横10cmのコースターです。SCP-XXX-JPは通常のコースターの使い方と同じように上部に液体が入った容器が置かれることで異常性が発生します。
SCP-XXX-JPの上部に飲料を置くと飲料は即座に腐敗します。
腐敗した飲料を摂取した人物(以後XXX-JP-1と呼称する)はおよそ3分後から10分後のうちに体調不良1を訴えます。この体調不良が回復していない状態の時XXX-JP-1は自らに接触した人物を腐敗させます(この人物を以後XXX-JP-2と呼称します)。XXX-JP-2はa~d期までの変異を経て最終的にSCP-XXX-JP-3に変化します。

  • a期 接触した部分から腐敗が進行している状態。この状態ではまだ脳にまで腐敗が進行していないため自我がある。
  • b期 腐敗が脳にまで進行し自我が無くなった状態だがまだ生命活動は維持している状態。
  • c期 腐敗が周囲にも進行し自らも徐々に消失していく状態。この状態の時個体差はあるが周囲1m~3mにいる人物をXXX-JP-2に変化させる。
  • d期 消失が続きXXX-JP-3へと変化する。

XXX-JP-3は周囲7mにある有機物を例外なく即座に腐敗させます。XXX-JP-3の影響によって腐敗したものは一定の手順を踏むことで元に戻すことが可能ですが

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The nmp3582's portal does not exist.


エラー: nmp3582のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5238866 ( 07 Dec 2019 14:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License