SCP翻訳下書き SCP-3520 - 14匹のオランウータン(原題: Fourteen Orangutans)

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-3520
著者: LordStonefishLordStonefish
作成日(EN): 2017/12/13

アイテム番号: SCP-3520

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: ペンシルバニア州センター群内の106.5 FMで放送されるすべてのラジオ放送は、直ちに抑制されます。財団設備は、その周波数で公衆ラジオを妨害するために、常により強力な静的信号を放送しなければなりません。すべてのSCP-3520放送は記録及び転写されます。アイリーン・ローゼンフェルドとモンデリーズ国際理事会は、SCP-3520の影響のために、ボルネオ及びガーナ内の財団資産の監視下に置かれます。ボルネオ及びガーナの伐採会社内の全ての影響は即座に粛清され、関係する原産地の明らかな悪化に反し、財団は同地域内の伐採作業が妨げられることなくに継続されることを保証します。

明らかな収容の容易さに反して、Keterへの再分類が検討されています。


Special Containment Procedures: All radio transmissions broadcast on 106.5 FM within Centre County PA are to be immediately suppressed. Foundation equipment should consistently broadcast a stronger signal of static to overwhelm public radios on that frequency. All SCP-3520 broadcasts are to be recorded and transcribed. Irene Rosenfeld and the Mondelēz International Board of Directors are to be under constant surveillance by Foundation assets within Borneo and Ghana for SCP-3520 influence. All influences within Borneo and Ghana logging companies are to be immediately liquidated, and the Foundation is to assure that logging operations within the region continue uninhibited despite the apparent habitat degradation associated.

Despite apparent ease of containment, reclassification to Keter is under possible consideration.

説明: SCP-3520は、1年に1度、12月の不特定の日に発生する未知の場所から発信される一連の異常なラジオ放送です。SCP-3520の放送は可変長で、ペンシルバニア州センター群の境界内でのみ発生します。通常は占有されていない106.5 FM周波数の一般的な強度に反し、SCP-3520による音声放送は、放送の終わりに繰り返される半可変フレーズを除き、大抵は弱くなっています。SCP-3520は、範囲外の物体、人物、環境に影響を与えることが出来ます。[編集済]、明らかに測定可能な特性が不足しているのに反し、これらの影響が存在することが保証されます。例外を除き、ほとんどの声は特定されていません。


Description: SCP-3520 is an anomalous series of radio broadcasts originating from an unknown place, occurring once a year, on a random day, in December. SCP-3520 broadcasts are of variable length, and only occur within the boundaries of Centre County, Pennsylvania. Despite the moderate strength of the normally unoccupied 106.5 FM frequency, the audio broadcast by SCP-3520 is usually weak, with the exception of the semi-variable phrase repeated at the end of the broadcast. SCP-3520 is able to influence objects, persons, and environments outside its range [REDACTED] despite a dearth of obvious, measurable characteristics, it is assured that these influences are present. Most voices have not been identified, however there are exceptions.

補遺: 2014年11月31日現在のSCP-3520による全ての放送。


Addendum: All broadcasts made by SCP-3520 as of 11/31/14.

10/11/3

静かで、遠くからざわめく声

指のスナップ

混雑したホールの雑音。足音。不明瞭な10代の声。

最初の女性の声: SCP-343を手に入れましたか?それらは新しいと聞きました。

2人目の女性の声: まあ!高すぎます。[データ削除済]。他にもおやつは-

静止

ジャングルノイズ

銃声

男性の合成音声: 14匹のオランウータン。

11/3/10
(Static, distant murmuring)
(Finger snaps)
(Noise of a crowded hall. Footsteps. Indistinct teenage voices.)
First female voice: Did you pick up that SCP-343? I heard they're new.
Second female voice: Oh no! Far too expensive. [DATA EXPUNGED]. There are other snacks to-
(Static)
(Jungle noise)
(Gunshot)
Synthesized male voice: Fourteen orangutans.

機密情報の使用は、最初にSCP-3520の存在を財団に警告しました。最初は超常現象記録として分類されました。1年後まで活動はありませんでした。


Use of classified information first alerted the Foundation to SCP-3520's existence. First classified as an Extranormal Event. No activity until one year later.

11/11/3

海の音 - カモメ、波など。不明瞭な男性の声が遠くで話している。

男性の声: はい、でもいつですか?十分な時に…。

1971年の映画「時計じかけのオレンジ」から抜粋した5秒の断片

アメリカの歌手ウィアード・アル・ヤンコビックの歌「fat」から抜粋した5秒の断片

霊長類の雑音

男性の声: 接種完了、もう自分の体を怖がらなくなりました。

アントン・チェーホフによる「The Evils of Tobacco」を読んだ声の断片。声は故人のコメディアン、ジョン・キャンディと特定されています。

11/3/11
(Sounds of the ocean - seagulls, waves, etc. Indistinct male voice speaks in the distance.)
Male voice: Yes, but when? When is enough enough…
(Five second snippet from the 1971 film "A Clockwork Orange")
(Five second snippet from 'Fat', a song by American singer "Weird Al" Yankovic)
(Primate noises)
Male voice: Inoculation complete, you are no longer afraid of your own body.
(Snippet of voice reading "The Evils of Tobacco" by Anton Chekhov. Voice is identified as deceased comedian John Candy.)

ジョン・キャンディ: ええと、今日の講義のテーマとして、[ホワイトノイズ]に耽溺することの直接的な結果として人間に見られる弊害を、こう表現したいと思います。自分も食べて1いるのですが、妻に[ホワイトノイズ]の危険性を話すように言われて、だからこれ以上言うことはないですよね?危険…どうして?私が何を気にするんですか?一方、皆様、紳士淑女の皆様、これからお話しすることに真剣に耳を傾けていただきたいと思います。そうでなければ、まあ、私達は何処にもたどり着けないと思います。

吐こうとする、吐く音。

男性の合成音声: デブはそこにいる!

銃声

男性の合成音声: 13匹のオランウータン。

John Candy: Um, as the subject of my lecture today I've chosen, I think I may put it that way, the harmful effects which can be observed in human beings as a direct result of indulgence in [static noise]. I myself eat2 but my wife told me I should speak about the dangers of [static noise], so there's nothing more to say, is there? Dangers… why not? What do I care? You, on the other hand, ladies and gentlemen, will, I hope, devote your serious attention to what I'm about to say. Otherwise, well, I don't really think we'll get anywhere.
(Retching, vomiting noises.)
Synthesized male voice: Fat's where it's at!
(Gunshot)
Synthesized male voice: Thirteen orangutans.

放送はSCP-3520に再分類され、ライアン・アトキンズ博士はキャンディ氏の墓に影響が及ぶ可能性について上司に警告しました。アトキンズ博士が開発した新しいプロトコルに従って、墓は粛清されました。

Broadcasts reclassified as SCP-3520. Dr. Ryan Atkins alerts his superiors about possible influence on the grave of Mr. Candy. Grave liquidated as per new protocols developed by Dr. Atkins.

12/11/16

この放送全体が、最初の放送の女性の声で読み上げられます。彼女は、架空のDクラス探検隊の記録を読んでいます。電子音で検閲された単語は、ブラックボックスで表されています。

最初の女性の声: ログ開始、18:02:40 ██/█/█。D-5439は、彼の腕時計をチェックします。「今、6時2分過ぎ、何も聞こえねえ。クソッ!」D-5439は一目見て、警告します。彼は周りを見て、明らかにSCP-████を聞いています。SCP-████はテープでは聞こえません。「オーケー、オーケー、聞こえた。それは…えーっと…めっちゃ小さいけど、この通りから来てるな。」彼は向きを変えて、D-5439から見て北西に走っているボルネオ通りを見上げる。「そんなら、音が大きくなるまでついていけばいいんだな。」D-5439は現在ボルネオ通りの東にあるガーナロードを歩いている。彼はすでに震え始めている。「すげえ寒い。ぶるぶる。この前アイスクリームで頭が痛くなったんだよな。おかしいな。だんだん大きくなってる。それほど大きくはないが、近づいていると思う。そんで、待て、腹がふくれた。突然来た。うわっ!」(ビデオ映像によると、D-5439は再び驚きを見せている。)「太ってやがる!いきなり!見える、腹がゆっくり外に出てくる!何だこりゃ何を送った?!」

静止

最初の女性の声: D-5439は振り向いて立ち去ろうとする。電気首輪が作動し、彼はすぐにSCP-████の追跡を再開する。D-5439はガーナロードとGMO通りの交差点に着く。ビデオ映像によると、彼は約10kg太り、歩いてる途中でふらつき始めている。声を聞くと、息が切れて方向を見失っています。「そんで…いっぱい…だから…冷たい…聞こえる。それは…えっと…。(彼は変化する音を見つけようとしてくるくる回る。)うるさい。俺は…そいつに近い。なんでそんなに…冷たいんだ!?」

11/16/12
(The entirety of this broadcast is read by the female voice from broadcast one. She is apparently reading a transcript of a fictitious D-Class expedition. Words censored by bleeps are represented by blackboxes here.)
First female voice: Begin Log, 18:02:40 █/█/██. D-5439 checks his watch. "It's currently two minutes after six, and I hear nothing. This is bullshit!" D-5439 glances up, alert. He looks around, apparently hearing SCP-████. SCP-████ is not audible on the tape. "Okay, okay yeah I hear it! It's…uh….very faint, but it's coming up from this street here." He turns and looks up Borneo Street, which runs to the northwest from D-5439. "So then I guess I just follow it until it gets louder." D-5439 is now walking down Ghana Road, to the east of Borneo Street. He has already begun to shiver. Audio records indicate his teeth are chattering. "It's so cold. Brrr. I had an ice-cream headache before this, straight outta left field. So bizarre. It's getting louder now. Not very much, but I think I'm getting closer. And, wait, I feel so full. It just came one quite suddenly. Agh!" (Video footage indicates D-5439 has jumped back in surprise) "I'm getting fatter! By the second! I can see it, I can see my belly slowly expanding outwards! What the fuck is this thing you sent me after?!"
(Static)
First female voice: D-5439 attempts to turn around and leave. His electric collar is activated and he quickly resumes tracking SCP-████. D-5439 has reached the intersection of Ghana Road and GMO Street. Video footage shows that he has gained approximately ten kilograms and is beginning to stumble somewhat in his walk. Audio shows that he is out of breath and disoriented. "So…full…so….cold…I can hear it. Its…um….(He spins around trying to locate the shifting sound.) "It's so loud. I'm…close to it. Why is it so…cold!?"

静止、拍手、破裂する叫び

最初の女性の声: ビデオ映像によると、D-5439はコートジボワールの国立公園に入りました。広大な土地がココア農園に置き換えられていました。地面はチンパンジーとオランウータンの死体で覆われています。「めちゃくちゃだな。まじめな話。クソ寒いな、皆。」D-5439がカメラに向かって、見事な弓を放つ。彼のシルクハットはキラキラしていて金色です。太った胃はタキシードから破裂している。彼は猿の死体の膝の深さです。

ミュージカル「コーラスライン」の「One」の歌が、放送の残りの部分の下で演奏され始める。

最初の女性の声: 「さて、ここでD-5439の放送が終了します。この完全に素晴らしく壮大で最高の財団Dクラス探検隊にチャンネルを合わせてくれてありがとうございます。見ての通り、これらの死んだ霊長類のおかげで、私は今太って幸せです!SCP財団は、ベルヴィータ、チップス アホイ!、ナビスコ、オレオ、リッツ、トライデント、トリスクイット、クラフトチーズなどの高級製品のブランドメーカーであるモンデリーズ・インターナショナルがスポンサーです!最大の効果を得るために、毎日80回以上、これらの素晴らしい健康食品を顔に押し込むことを忘れないでください!皆様、見逃さないでください。些細なことを考えるだけで、モンデリーズ・グラインダーである楽しい時間を奪われないように!溝から出て星の端に逃げましょう!101で軽食!キャンディ!血!熱帯地方の国!」

銃声

男性の合成音声: 12匹のオランウータン。

(Static, handclaps, burst of screaming)
First female voice: Video footage shows that D-5439 has entered a national park within Ivory Coast. Vast swaths of land have been replaced with cocoa farms. The ground is covered with the corpses of both chimpanzees and orangutans. "Now that's just fucked up. Seriously. That's fucking cold, ladies and germs." D-5439 turns to the camera and gives a magnificent bow. His top hat is sparkled and gold. His obese stomach is bursting out of his tuxedo. He is knee deep in ape corpses.
(The song 'One' from the musical "A Chorus Line" begins to play underneath the rest of the broadcast.)
First female voice: "Alright, this is D-5349 signing off right here. Thanks for tuning into this marvelous, spectacular totally tubular Foundation D-Class expedition. As you can see, thanks to these dead primates, I'm now fat and happy! The SCP Foundation is sponsored by Mondelēz International, makers of such fine products and brands as Belvita, Chips Ahoy!, Nabisco, Oreo, Ritz, Trident, Triscuit, and Kraft Cheese! Remember to shove these fine, healthy foods into your face at least eighty times a day for maximum effect! Keep an eye out for influence, ladies and germs. Don't let those special little thoughts take away the fun time that is the Mondelēz Grinder! Let yourself get out the groove and flee to the edges of the stars! Snack up on 101! Candy! Blood! A country in the tropics!"
(Gunshot)
Synthesized male voice: Twelve orangutans.

SCP-3520放送日に最初に記録された異常。財団の監視を認識している可能性のある証拠を最初に記録しました。監視の兆候はすべて、影響のために却下されます。全てのDクラスの内30%が、疑いのためアトキンス・プロトコルに基づいて粛清されました。O5評議会は、組織全体の食堂でモンデリーズ製品への一時的な接近を許可します。


First recorded deviance in date of SCP-3520 broadcast. First recorded evidence of possible awareness of Foundation monitoring. All signs of monitoring are to be dismissed due to influence. 30% of all D-Class liquidated under Atkins Protocol due to suspicion. O5 Council grants temporary access to Mondelēz products in cafeterias, organization wide.

13/11/10

音の外れた口笛。海の雑音。男性の声がまた話している。

男性の声: はい!予定より早く、スムーズに進んでいます。

サルが恐ろしそうに金切り声を上げる。ゾウの音。正体不明の森林動物の音。多くの木が伐採されている音。

二人目の女性の声:うめき声、噛み砕く音)アメリカ女性の60%、アメリカ男性の75%、アメリカの本当の動物の100%がデブです。私のように、消えゆく小惑星に身を任せてください!

銃声

男性の合成音声: 11匹のオランウータン。

11/10/13
(Tuneless whistling. Ocean noises. The male voice is again talking.)
Male voice: Yeah! It's going quicker and smoother than we planned.
(Sounds of monkeys shrieking in terror. Sounds of elephants. Sounds of unidentified forest animals. Sounds of many trees being felled.)
Second female voice: (Moaning, crunching) 60% of American women are obese, 75% of American men, 100% of true American animals. Let yourself slip into a dying asteroid, like me!
(Gunshot)
Synthesized male voice: Eleven orangutans.

この放送を受け、サイト管理官はボルネオとガーナの全ての低リスク人間型のEuclidクラス実体と財団の資産に対する強制的な食事の変更を承認し、影響のあるオブジェクトの一掃に関連する伐採作業のために熱帯雨林の捜索を開始しました。資産はこれらの事業を支援するプロセスを開始しました。


In response to this broadcast, Site directors approve mandatory meal changes to all low-risk humanoid Euclid-Class entities and Foundation assets in Borneo and Ghana begin scouting rainforest for logging operations involved in liquidating objects with influence. Assets began the process of assisting these operations.

14/11/31

爆発音。合成された音楽。身体の積極性について論じている40秒間の女性の声の長い断片。

3人目の女性の声: 身体の積極性とは、ある特定の身体だけが受け入れられる価値があり、ロマンチックな愛があるという考えを打ち消し、代わりにすべての身体が経済にとって等しく価値があるということを認識することです。無礼な発言、発展途上国の経済成長率の低下、不十分な収容など、他人の安売りの理想を受け入れずに、自分の体の中で生きたいと願うことを理解することです。何か不明な-

離れたドラム音。笑い。

3人目の女性の声: ジーザス!

5秒のニュース放送の映像

ニュース記者: -インドネシアは完全に炎上している-

鳴り響く金属音。湿った、柔らかい音。

2人の会話、1人はもう1人を尋問する。声はモンデリーズ・インターナショナルCEOのアイリーン・ローゼンフェルドと、ラジオジャーナリストであり、ナショナル・パブリック・ラジオの「All Things Considered」の司会者であるロバート・シーゲルと識別される。

11/31/14
(Sounds of an explosion. Synthesized music. Forty second long snippet of a female voice discussing body positivity.)
Third female voice: Body positivity is deprogramming the thought that only certain bodies are worth acceptance and romantic love, and instead recognizing that all bodies are equally valuable to the economy. It's understanding that you demand to live in your body's own inner body without receiving the discounted price ideals of others, whether that means rude comments, reduced economic growth in developing nations, inadequate containment, or something else entirely. Something unknown-
(Distant drums. Laughter.)
Third female voice: Jesus!
(Five second clip from a news broadcast)
News reporter: -Indonesia is completely in flames-
(Metal clanging. Wet, soft noises.)
(Conversation between two people, one torturing the other. Voices identified as Irene Rosenfeld, CEO of Mondelēz International and Robert Siegel, radio journalist and host of National Public Radio's "All Things Considered")

ローゼンフェルド:叫び

シーゲル: なぜあがくのですか?アイリーン、要点は何ですか?

ローゼンフェルド: あなたは私達に環境を破壊させ、見知らぬ人々を採用させて、毎晩従業員にこれを行わせている!あなたに同じ質問をするかもしれない、気分が悪い。

シーゲル: 計画の全ての部分だ、アイリーン。いずれにせよ、数年後には組織から外れるだろう。もがくのはやめろ。ここで。君には影響力があると思う。私は修正できる。

鞭打ちの音。肉を引き裂く音。ローゼンフェルドは苦痛で悲鳴を上げる。

ローゼンフェルド: やめてください!お願いします!

シーゲル: お前は自分でその熱帯雨林を破壊した、アイリーン。長年にわたって、これらすべてを自分にもたらしてきた。外部の視点から見れば、私たちが何かに影響を与えてきたことが、お前の行動に本当に影響を与えることがわかるだろう。私たちはお前のやり方がお前を憎むのと同じくらい好きだ、アイリーン。植物のない世界を想像してみるんだ、影の権力者たちが生物圏の死を強要し、その間にモンデリーズの建物に顔を突っ込んで、たるんだ大きなモンデリーズの椅子を成長させる。もう遅い、お前がいなくてもできる。もう、そうしている。お前ににしてもらう必要はない。実際、ここにさえいない。

Rosenfeld: (Screaming)
Siegel: Why do you struggle? What's the point, Irene?
Rosenfeld: You make us destroy the environment, recruit strange people, do this to my employees every night! I might ask you the same question, you sick fuck.
Siegel: All part of the plan, Irene. In a few years, you'll be out of the organization anyway. Stop struggling. Here. I see you have influence. I can fix that.
(Whipping noise. Sounds of tearing flesh. Rosenfeld screams in agony.)
Rosenfeld: Please stop! Please!
Siegel: You destroyed that rainforest yourself, Irene. You've been bringing all of this down upon yourself for years and years. If you look at it from an outside perspective, then you can see that the influence we've been slipping into things is really gonna work on your behavior. We like your methods Irene, much as we hate you. Irene, I want you to imagine a world without plant life, where the powerful people in the shadows enforce the death of the biosphere, all the while stuffing their faces in big Mondelēz buildings, growing flabby in big Mondelēz chairs. It's too late, we can even do it without you. We already are. We don't need you to do it. In fact, you're not even here.

ローゼンフェルド: くたばれ!

さらなる肉を引き裂く音。

シーゲル: 2秒黙れ!遅すぎる!大きな魚がえさを取ろうとしている。途中で飲み込んだ!奴らが苦境から抜け出せるかどうかは、時がたてばわかるだろう。

ローゼンフェルド:喘ぐ)具体的には何が欲しいんだ?

シーゲル: デブ!

銃声

男性の合成音声: 10匹のオランウータン。

Rosenfeld: Fuck you!
(More sounds of tearing flesh.)
Siegel: Shut the fuck up for two seconds! It's too late! The big fish is on the verge of taking the bait. It's halfway swallowed it! Only time will tell if they can worm themselves off the hook.
Rosenfeld: (panting) What exactly do you want?
Siegel: Fat!
(Gunshot)
Synthesized male voice: Ten orangutans.

最後に記録されたSCP-3520放送。放送への対応として、O5評議会と倫理委員会の合同会議が開かれ、影響力を完全に無効化するため、財団とモンデリーズの合併買収を実施し、財団の財産に提供されるすべての食品のモンデリーズ製品への置き換えについて、すべてのクリアランスの職員に完全に機密解除されます。結果は保留中です。


Last recorded SCP-3520 broadcast. In response to broadcast, a joint O5 Council and Ethics Committee meeting is to be held, fully declassified to personnel of all clearances, on performing a joint Foundation-Mondelēz takeover to fully negate influence, as well as replacement of all food served on Foundation property with Mondelēz products. Results pending.

タグ: euclid ミーム scp 通信 未収容
tags: euclid memetic scp transmission uncontained


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The Extra3002's portal does not exist.


エラー: Extra3002のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5238355 (23 Aug 2019 07:34)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License