SCP翻訳下書き SCP-4766 私の美しい、美しい息子(原題: My Beautiful, Beautiful Son)

このページの批評は終了しました。

このページは非推奨です。この場所からページのincludeを行わないで下さい。代わりに、以下のコードを使用して下さい:

[[include :scp-jp:theme:black-highlighter-theme]]

実際のページはこちら

出典: SCP-4766
著者: MaliceAforethoughtMaliceAforethought
作成日(EN): 2019/07/05

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-4766

アノマリークラス: Euclid-nuntii Euclid-exsequi

Anomaly Class: Euclid-nuntii Euclid-exsequi

特別収容プロトコル: SCP-4766はサイト-90の大規模収容庫に収容されます。実験以外で職員がこの収容庫に入室してはならず、重要な文書をアノマリーから20m以内に持ち込んではいけません。SCP-4766は、レベル3/4766の許可が与えられない限り、またはオブジェクト自体が明白かつ差し迫った危険にない限り、部屋から移動させるべきではありません。収容違反のリスクのため、標準的な材料実験は無期限に延期されます。

SCP-4766が個人の息子であることおよび/または息子が中に入っていることを示唆する状況は、収容チームCT-4766Aに直ちに報告されるべきです。


Special Containment Procedures: SCP-4766 is contained in a large containment vault at Site-90. No personnel are to enter this vault outside of testing, and no documents of importance are to be brought within 20 metres of the anomaly. SCP-4766 should not be removed from the vault unless Level-3/4766 authorisation is given, or unless the object itself is in clear and imminent danger. Due to the risk of a containment breach, standard material testing is postponed indefinitely.

Circumstances that suggest SCP-4766 is and/or contains an individual's son should be immediately reported to containment team CT-4766A.

SCP-4766

SCP-4766

説明: SCP-4766は、象牙と未知の堅木で構成される装飾木箱です。大きさは約41cm×17cmで、未知の物質や物体が入っています — 傾けたり、軽く振ったりすると、内部で粘液が流動する音が振動音に伴って聞こえます。。SCP-4766の外観は、実験で確認できる限り物理的にはありふれたものです。内部と内容物の性質は不明です。

SCP-4766は、自身を含む物体や実体の瞬時の短距離転送及び操作が可能です。主にこの機能を利用して、自身が開かれるのを防ぎ、損傷が発生するのを防いでいます。転移の範囲は不規則ですが、対象物の安全と閉鎖を確保するために必要な最短距離のようです。現在までに、SCP-4766が1回のインシデントで移動したことが観測された最長距離は1.4kmです。これはSCP財団サイト-19での敵対勢力の侵入によるものです — オブジェクトは、その後すぐにより極秘の場所に移送されました。

SCP-4766は放置されると特定人物に固執し、その所有物及び身の回りの品を改変して、その人物が「SCP-4766が息子であり、同時に息子が中に入っている」と信じるよう印象付けます。これには以下が含まれます。


Description: SCP-4766 is a decorated wooden box composed of ivory and an unidentified hardwood. It measures approximately 41cm by 17cm, and contains an unknown substance and/or object(s) — when tilted or lightly shaken, a thick fluid can be heard moving within, accompanied by a persistent rattling. The exterior of SCP-4766 is physically mundane as far as tests can determine; the nature of its interior and contents is unclear.

SCP-4766 is capable of short-range instantaneous transportation and manipulation of objects and entities, including itself. It will primarily utilise this ability to prevent itself from being opened, and to prevent any damage from occurring to it — the range of teleportation is irregular, but appears to be the minimum distance necessary to ensure the object's safety and closure. To date, the furthest distance SCP-4766 has been observed travelling in a single incident is 1.4 kilometres, due to an incursion by hostile forces at SCPF Site-19 — the object was transferred to a more clandestine location shortly thereafter.

When left unattended, SCP-4766 will fixate on specific individuals, altering their possessions and personal effects in order to create the impression that said individual believes that SCP-4766 simultaneously is and contains their son. This can involve:

  • SCP-4766の上および周辺における子供服やおもちゃの配置(必ず男児を対象としたタイプのもの)、ならびにこれらの物品の購入または盗難を裏付ける記録の偽造。
  • オブジェクトに対する親の愛着を明記するための個人文書の書き換えおよび偽造 — 日記、記録及び作業ログの変更はすべて観測されている。
  • 追加の子を入れるための様々な個人記録の改変。注目すべきことに、これらの変化は必ず、その人物自身が合法的にもしくは別の方法で改変をしていたことを示唆するように構成されている。
  • ベッド上またはベビーベッド内へのSCP-4766の配置。後者の場合、しばしばベッドの元の占有者を移動させる。

加えてSCP-4766は、対象の人物による「SCP-4766が息子であり、息子が中に入っている」という事実に反する意見の表明を妨げることができます。電話線の切断、文字の破損、停電、歯の損傷はすべて観測されていますが、疑問に思わないようにする十分な頻度と多様性はありません。少数のケースでは、SCP-4766は、影響を受けた人と連絡を取り合っている人々が繰り返し注意散漫になったり、気を取られたりするようにイベントを調整し、コミュニケーションを大幅に妨げます。

  • The placement of children's clothes or toys — always of a type primarily intended for a male child — on and around SCP-4766, as well as the fabrication of records supporting the purchase or theft of these items.
  • The rewriting and fabrication of personal documents to explicitly describe a parental attachment to the object — changes to diaries, journals, and work logs have all been observed.
  • Alterations to various records of the individual to include an extra child. Notably, these changes will always be constructed in such a way as to suggest that the individual themselves was making the alterations, legitimately or otherwise.
  • The placement of SCP-4766 on beds or within cots, in the latter case often displacing the cot's original occupant(s).

Additionally, SCP-4766 can and will prevent targeted individuals from expressing opinions contrary to the fact that it is and contains their son. Cut phone lines, damaged letters, power failures, and dental injury have all been observed, but infrequently and diversely enough to avoid arousing suspicions. In a minority of cases, SCP-4766 will orchestrate events such that those communicating with the affected persons will be repeatedly distracted or preoccupied, drastically hindering communications.

回収: SCP-4766は、1964年にイギリスのマッチ・ウェンロック町の教会のスタッフの異常な活動が報告された後、教会から回収されました。オブジェクトの活動は特異な自己隠蔽性により、当初は意識的または潜在意識的否定の追加要素を持つ親孝行災害として分類されました。1994年にQNTMタイプミーム解析エンジンの開発によって精神改変効果が無いことが示されるまで、そのように分類されたままでした。長期間の観測と実験の繰り返しによって結果が確認され、さらなる調査によってオブジェクトの真の特性が発見されました。

1994年以前にSCP-4766に曝露されたことにより記憶処理を施される、隔離される、またはリハビリが行われた生存職員は全員、金銭的補償とともに正式な謝罪を受けています。ミーム汚染の疑いで早期に終了されたDクラス職員は、死後に本国の市民権を回復しました。


Recovery: SCP-4766 was recovered in 1964 from a church in the town of Much Wenlock, England, following reports of unusual activity amongst the church's staff. Due to the peculiarly self-concealing nature of the object's activities, it was originally catalogued as a filial compulsion hazard with an additional element of conscious or subconscious denial. It remained classed as such until 1994, when the development of the QNTM-type memetic analysis engine showed a lack of any mind-altering effects; prolonged observation and repeated testing confirmed the results, and additional investigation led to the discovery of the object's true properties.

All surviving personnel amnesticised, quarantined, or placed into rehabilitation due to SCP-4766-exposure pre-1994 have been issued with a formal apology, as well as monetary compensation. D-Class personnel terminated prematurely due to alleged memetic contamination have had citizenship of their home state posthumously reinstated.

タグ: 容器 euclid scp 念力 瞬間移動 木製

tags: container ectoentropic euclid scp telekinetic teleportation wooden


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Extra3002's portal does not exist.


エラー: Extra3002のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5238355 (23 Aug 2019 07:34)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License