最後の一滴一滴まで / Every Last Drop

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

何年もずっと雨が降り続いているような気がした。

窓ガラスに雨がひっきりなしにパタパタと打ち付けていたから、僕の初夏はほとんど台無しになっていた。時間になったら確かに眠れたとは言っているが、1日中寝られたことはなかった。だから、起きている間ずっと、雨に悩まされただけだった。

少し前にジェイクとつるむ計画を立てた。自転車に乗ったり、映画を見に行ったり、女の子を見に行ったり、といったようなことだ。だが、それもまた、”少し前の”土砂降りじゃない頃だ。代わりに僕たちが出来ることは、家の中に座ってXbox Liveをして、質の悪いヘッドセットでお互いに話すことだけだった。

It felt like it'd been raining for ages.

The beginning of my summer had practically been completely ruined because of the constant pitter-patter on the window panes. I will say that it has indeed helped me sleep when the time came, but I never slept for an entire day. And so, for the entirety of when I was awake, the rain only annoyed me.

I made plans to hang with Jake not too long ago. Y'know, just regular things: bike rides, going to the movies, checkin' out chicks, that kind of thing. But, then again, it wasn't pouring "not too long ago." Instead, all we've been able to do was sit inside and play Xbox Live and talk to one another with our garbage-tier headsets.

僕は雨が好きじゃなかった。ママとパパが喧嘩した時から雨が降った。父の葬儀では映画の中のよくあるお約束がそのまま出てきたかのように雨が降った。憧れの女の子が僕の心を傷つけた時に雨が降った。雨はまるで僕の楽しい時間の定義を台無しにするためだけの存在のように思える。それは僕が神の嘆きを嫌う確かな理由なのだ。更にその上、僕らのもの全てを濡らす。もちろん、雨は落ち着くから好きな人間もいるだろう、だが直接やることは寒くさせたり風邪をひかせたりすることだ。

僕らは今まで聞いたこともないゲームをやって、何日か徹夜してしまった。僕もジェイクもビデオゲームは好きじゃなかったけど、自転車に乗ってうるさい隣人をからかったりできないなら、僕らにできることはそれだけだった。

Xboxの電源を切った時、「雨を気にせずに出かけられたらな。」と大きな声で言った。

I never liked the rain. It rained when my mom and dad fought. It rained on my father's funeral as if it was straight out of a movie where the ceremony of death is super cliche. It rained on me when the girl of my dreams broke my heart. It almost seems like the rain only exists to ruin my definition of a good time. I'd say all of that is a valid reason to despise when God cries. Plus, on top of that, all of our shit gets wet. Yeah, some people like the rain because it's calming, but all it does is make you cold and sick.

We pulled a few all-nighters playing games we've never even heard before. Neither I nor Jake was a fan of video games, but it's all we could do if we couldn't go bike-riding and fuckin' with annoying neighbors.

When I got off of Xbox, I said out loud that "I wish I could just go outside without having to worry about the rain."

僕は「願い事には気を付けろ」という言葉が誰にでも当てはまるということを身をもって学んだよ。

窓のパタパタという音が徐々に弱くなって、完全に止まった。1週間も前から聞こえていた音が急に止まったから、すぐに目が覚めたさ。窓の所まで走っていったが、まだ霧のかかったつるつるのガラスを雨粒が滑り落ちていた。僕の最初の反応はジェイクが起きていることを願って電話することだった。

僕は彼の電話番号にダイヤルして、受話器を耳に当てた。静かな受話器は、屋根に降り注ぐ雨の音よりも、耳を癒してゆっくりと笑顔にさせてくれる。彼が電話に出たカチッという音を聞いて、僕は興奮して叫んだ。

I learned the hard way that the phrase 'be careful what you wish for' applies to everyone.

The pitter-patter on the window very slowly decreased in intensity until it stopped completely. The fact that the sound I had been hearing for the past week had suddenly stopped woke me up almost immediately. I ran to the window and there were still raindrops sliding down the smooth, fogged glass. My first instinct was to call Jake, hoping that he was awake.

I dialed in his number and held the output end up to my ear. That calming ring soothed my ear as compared to the rain slamming down on my roof and slowly put a smile on my face. After a click signifying that he had picked up, I shouted excitedly.

「おい!雨が止んだぞ!」と僕は言った。

「わかってるさ!神様に感謝しなきゃな。」彼は返した。

「本当だよ。やっぱり自転車に乗れるかどうか君の母さんに聞いてみるかい、それとも…」

「ああ、そうするつもりだ。」

「うん、こっちもおな—」僕は立ち止まって、近所にいる一人一人が外に出て空を見上げたり、明らかに異常な何かを撮ったりしているのに気付いた。「すぐに戻ってくる。」

"Dude, it stopped raining!" I said.

"I know! Thank God, right?" he responded.

"For real. Do you wanna go talk to your mom to make sure we can still go on a bike ride, or…"

"Yeah, I'll go do that."

"Yeah, same he—" I stopped as I realized that every single person of the neighborhood was stepping outside while looking up and recording something clearly abnormal in the sky. "I'll be right back."

「分かった。」

電話を下ろして、階段を駆け下りた。一歩踏み外したからお尻が叩きつけられそうになった。キッチンは階段の下にあって、ママはそこでほとんどの時間を過ごしていた。料理をするのが大好きだったから。僕はキッチンに駆け込んだけど、ママはそこにいなかった。居間も確認してみたが、誰もいなかった。その時、僕はドアが開いていて、他の人と同じようにママが縁側に立って見上げているのに気付いた。

僕はゆっくりと歩いて近づいた。「ママ、どうしたの?」ママは僕を見て、言葉では言い表せないほどの恐怖を目に浮かべて、一緒に外に出るように合図していた。それで、僕はそうした。

"Alright."

I put the phone down and rushed downstairs, almost busting my ass because I missed a step. The kitchen was right at the bottom of the stairs, and that's where Mom spent most of her time. She loved to cook. I ran into the kitchen, but my mom wasn't there. I decided I'd go check the living room; no one there, either. And that's when I noticed that my door was open and Mom was standing on the porch looking up, just like everyone else.

I slowly walked over to her. "Mom, what's going on?" She looked at me with an indescribable fear in her eyes, motioning me to step outside with her. And so I did.

僕らの上には優雅に浮かぶ巨大な雨の層があった。その層の上にさらに雨が降り、どんどん雨が降ってくるのが見えた。日が当たらなくなって寒くなってきたから、近所の人の多くは毛布を取りに戻っていった。

全ては一滴から始まったのだろう。ただ…止まった、ぶつかろうとしていたところから50メートルは離れて。そして、次から次へと水滴が続いて、空中で突然止まった。

僕の最初の反応は、雨がまだ降っているのがうれしいということで、次に起こりそうなことの恐怖を感じ始めた。雨はどこかへ行かなければならないからね。

There was this giant layer of rain floating gracefully above us. I could see more rain land on top of that layer, forming more and more. It started to get really cold because the Sun couldn't reach us, and so the majority of people in the neighborhood went back inside to get a blanket.

I suppose it all started with one drop; just.. stopping, fifty meters from where it was about to crash. And, one after another, other droplets followed, halting suddenly in midair.

My immediate reaction was that of glee due to the fact that it had started raining, followed by a sense of dread as towards what might happen next. The rain has to go somewhere, right?

そして、ふと理解した。

水の層が重なっていって、雨そのものはすぐには止まないことに気付いた。そして、その水域がどんどん拡大していくと、一つの疑問が残った…

…この上にある海がまた重力の法則に従うようになったらどうなるんだ?

And that's when it hit me.

As the layers of water piled atop one another, I realized that the rain itself wasn't going to stop anytime soon. And for as long as that body of water kept getting bigger, and bigger, one question remained…

…what happens when this ocean above us begins to obey the laws of gravity again?

出典: Every Last Drop
著者: DrCarollDrCaroll
作成日(EN): 2018/06/10


ERROR

The Extra3002's portal does not exist.


エラー: Extra3002のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5238355 ( 23 Aug 2019 07:34 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License