【ステゴロコン下書き】SCP-XXXX-JP-トんで埼玉

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2424-JP

オブジェクトクラス: Declassified1

特別収容プロトコル(2015年6月5日更新版): 現在、完全な収容体制が確立されたため、埼玉県はSCP-2424-JP再発による被害拡大の懸念により基底次元から隔離されたポケットディメンションに海上サイト-8143から移送及び収容されています。アクセスが必要な場合、財団製特殊環境適応スーツを着用した後に調査を開始して下さい。また、ポケットディメンション内でSCP-2424-JP現象が確認された場合、速やかに埼玉県が存在する座標を特定してください。

説明: SCP-2424-JPは埼玉県の異常な飛翔現象の一連のプロセスです。SCP-2424-JPの発生原因や発生条件は2015年5月29日現在不明のままです。SCP-2424-JP現象は主に以下の段階に分けられます。

ステージ1: 埼玉県全域が急速に地下10000メートル付近に沈降する。このプロセスは約24時間で終了する。また、このプロセスの時点で埼玉県に存在する市民、建造物は全て消失する。

ステージ2: 埼玉県が地下10000メートル付近から地上1500メートル付近にまで飛翔する。このプロセスはステージ1の終了の後3時間で終了する。

ステージ3: 埼玉県が地球上を巡回し、元々埼玉県が存在していた場所に戻る。この時の埼玉県の巡回ルートは無作為であるが、おおよそ地球を1周する形である。このプロセスはステージ2終了後80時間程で終了する。

SCP-2424-JPは2014年5月21日に財団によって初めて記録、観測されました。最初に財団によってSCP-2424-JPが観測された当時、SCP-2424-JPステージ1発生により埼玉県は壊滅的な被害を受けました。財団は大規模記憶処理及びカバーストーリー「天災」の流布や認識阻害性ミームエージェントを世界中に拡散させることによりSCP-2424-JPの完全な隠蔽に成功しました。

補遺01: 財団歴史学部門がSCP-2424-JPに関すると推測される情報を発見しました。2財団歴史学部門の発見した情報が正しい場合、SCP-2424-JPの発生周期はおよそ1000年であることが推測されます。

補遺02: 2015年5月1日に埼玉県内にて実施された定期観測に置いて以下の異常な点が報告されています。後述する補遺03にて発生したSCP-2424-JP現象との直接的な関与は2015年5月29日現在、証明されていません。

  • 地表の一部が光源不明の虹色に輝いており、その地域の地質から微量の麻薬成分が検出された点。更に一部の場所からは多量の超常麻薬由来の興奮/覚醒成分が検出された。
  • 埼玉県全域の地下から「少し甘い」と表現される匂いが地表まで漂っていた点。後の財団の調査によって若干の中毒作用3が検出された。
  • M0.2未満の地震の頻発。震源は全て埼玉県の地下からであり、およそ1時間に90回のペースで発生していた。

また、この定期観測で捕縛した超常麻薬組織の構成員から「地下に隠した麻薬が全て目の前で消えた。地面に麻薬が吸われているようだった。」との証言を得ており、財団はこれについても調査を続けています。

補遺03: SCP-2424-JPが財団により推定されていた発生日時より早い2015年5月24日、再び観測されました。前回のSCP-2424-JPとの相違点としてSCP-2424-JPの影響で飛翔中の埼玉県に以下の点の異常な現象が付随しました。

  • 虹色の明滅する光を飛翔中絶えず放っている点。
  • 時折高速で自転している点。
  • 飛翔の際、異常な方角へと歪曲している点。
  • 飛翔中、1分間に1個のペースで山崎製パンのあんぱんを落下させていた点。成分分析の結果、いくつかの超常麻薬由来の成分が多量に検出され、不明な原理で虹色に輝いていた。4
  • 上記のものと同様のペースで彩果の宝石5を落下させていた点。こちらも同様に超常麻薬由来の成分が多量に検出された。また、果実由来の成分は一切検出されなかった。

補遺04: 2015年5月29日、補遺02で観測された埼玉県はアメリカ合衆国のニューヨーク州ミッドタウンに墜落しました。以下が現在財団によって観測された被害の一例です。

  • 観光客を含む推定800万人前後の死亡/行方不明。怪我人を含めると1500万人前後が被害を受けたと推定。
  • 諸建造物の倒壊。被害総額は現在計上不可能。
  • インフラの一部地域での停止。
  • 現地サイトに収容中の一部のSCiPの収容違反並びに無力化。収容違反に関しては既に鎮圧済み。
  • 局所的な現実改変。収容違反したSCiPやその他異常存在によって引き起こされていた。現在は鎮圧済み。
  • 世界的な経済破綻。一連の事象から終末論的なフェイクニュースが流され、売り注文が殺到。株価の世界的な下落が起きた。

この現象による被害や目撃者の数は財団のカバーできる範囲を超えており、かつ初期対応も間に合わなかったことから財団はLV-Zero"捲られたベール"シナリオの発生を宣言しました。

補遺05: 補遺03にて引き起こされたSCP-2424-JP事象が一度目のSCP-2424-JPとは異なり、新たな異常性を獲得した原因の調査のため財団は埼玉県を海上サイト-8143付近に移送し、更なる調査を開始しました。以下が調査にて発見された異常点です。

  • 超常麻薬由来の成分を含む、濃い麻薬成分が検出された点。これは埼玉県全体の土壌から検出された。
  • 地表面が明るい光源不明の虹色に輝いていた点。補遺02や補遺03で観測されたものよりも明るく、これは現在地下200メートルにまで続いている。
  • 「強烈な甘い匂い」と表現される匂いが埼玉県全域に渡って漂っていた点。24時間以上特別な装備無しに埼玉県内で活動した場合の中毒症状の発症率が極めて高いと推定される。
  • 幻覚/幻聴作用。これは埼玉県全域で確認される。内容は「風が麻薬入り十万石饅頭6の美味しさについて語りかける」というもの。
  • 土壌のアルコールや麻薬成分の吸収率が極めて高くなっている点。何らかの異常性によるものと見られているが詳細は不明である。

原因には補遺02での超常麻薬組織の行動7や、当時の麻薬倉庫からの麻薬の消失現象が挙げられていますが、どれも証明されていません。また、現在の土壌の麻薬濃度になるまでに必要な麻薬量には補遺02当時の超常麻薬組織の倉庫の麻薬量は及ばず、何らかの形で埼玉県が自発的に麻薬成分を生成していると推定されています。

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: TOLPO
文字数: 3556
リビジョン数: 27
批評コメント: 10

最終更新: 25 Apr 2021 03:45
最終コメント: 23 Apr 2021 08:53 by TOLPO

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The TOLPO's portal does not exist.


エラー: TOLPOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5230464 ( 11 Feb 2020 11:14 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License