SCP JP 方舟
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP—JP

オブジェクトクラス: Thaumiel Neutralized

特別収容プロトコル: SCP- -JPは現在、事象SCP—JP-045を受け無力化されていると考えられています。旧SCP- -JP-2は財団施設内にて標準の職員と同様の生活を行わせ、██博士の下SCP- -JPの研究を行っています。

説明: SCP- -JPはかつて██県██島にて突如出現した一人乗船可能なスペースロケット(SCP- -JP-1)と島にて生活していた当時中学1年生の双子の姉弟の女性(SCP- -JP-2)と男性(SCP- -JP-3)のペアの3要素から構成されます。SCP- -JP-1は外見上スペースロケットを模した外見、未知の材質で構成されており内部には一人用の座席が設置されていることが確認されています。
SCP- -JPは19██年に██県██島において突如出現したSCP- -JP-1が島民に発見され島内の駐在によって本土の警察に通報されその電話を受けた警察内潜入行動中の財団エージェントによって情報がもたらされたことにより財団の注意を引いたことにより発見されました。
SCP- -JP-1は普段不活性状態にありSCP- -JP-2が乗り込んだことにより活性化状態になります。なおSCP- -JP-1内部に入ることができるのはSCP- -JP-2のみで内部に入ろうとする試みはその全てが失敗しています。活性化状態になったSCP- -JP-1は発射シーケンスに入り地球上から未知の推進力を使い1時間かけて引力から離脱します。その後は急激に加速が行われ現時点での最高速度は第██宇宙速度(秒速██████km/s)である事が確認されています。地球の引力を離れたSCP—JP-2は一種の無敵状態となり、搭乗中に限り摂食などの生命維持活動に関する行動が必要なくなります。実験を行うごとに推進力と速度が増加することがわかり、これはSCP- -JP-1とSCP- -JP-3の相互作用に起因することがわかっています。

20██/██/██追記: これ以上の情報のアクセスにはSCP財団日本支部よりアクセスが認可されたNASA主幹担当官もしくはJAXA研究主幹、財団職員レベル3/-JPクリアランスの者のみ許可されます。

ERROR

The KOUYOU_2's portal does not exist.


エラー: KOUYOU_2のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5230440 ( 29 Apr 2020 11:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License