SCP-2960-JP 不苦労

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP‐2960‐JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

%E6%A2%9F

エリア-8125にて収容中のSCP-2960-JP個体

特別収容プロトコル: 現在SCP-2960-JPはサイト-8125に存在する中脅威度鳥類収容ケージにて飼育されています。収容ユニット内には万が一の活性化によるサイト-8125の損害を防ぐためSCP-2960-JPの15m以内に予備の餌を配置し、Dクラス職員を経過観察の名目で飼育係として常にサイト-8125に1名常駐させ最低でも6ヶ月に1回ドローンによって標準的なフクロウ種が食する血抜きを行なっていないハツカネズミや鶏の雛にて決められた量の給餌を行いSCP-2960-JPが空腹状態に陥り活性状態にならない様にしてください。万が一SCP-2960-JPが活性状態になり発光現象の兆候を見せた場合は早急にサイト-8125鳥類収容ケージから退避し扉をロックしたのちドローンにて継続的に██kgの給餌を行ってください。
日本全国に飼育されているとみられる当SCP回収のため日本国厚生労働省協力のもとカバーストーリー「鳥インフルエンザ」を流布し、保健所職員に扮した財団エージェントがSCP-2960-JPの回収を行ってください。

説明: SCP-2960-JPは一般的にアフリカオオコノハズク(Ptilopsis leucotis)と呼ばれている種であり、2015/03/██から2015/06/██にかけて██県にて発生した連続一家失踪事件の現場にて同種が大量の損壊した肉塊と共に発見されたという報告を警察内部にて作戦行動中のエージェント乾から情報がもたらされた事により財団の注意を惹きました。1

事件現場の追跡捜査の結果SCP-2960-JPの取扱説明書と思われる紙面が発見されました。


警告: 下記のファイルはレベル2/2960-JPの機密事項に指定されています。不正アクセスは禁じられています。


クリアランスレベルを示せ:要クリアランスレベル2

補遺1: 日本生類創研の構成員の行方は現在でも追跡中です。

補遺2: 現在財団では日本生類創研がSCP-2960-JPに異常性を付与する際に何らかの要因で誤った異常性を付与したものと考えて調査をしています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The KOUYOU_2's portal does not exist.


エラー: KOUYOU_2のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5230440 ( 29 Apr 2020 11:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License