scp-4863

Included page "component:ad-astra-theme" does not exist (create it now)

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-4863

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: Foundation assets are to operate within global space agencies to prevent the development of manned missions into heliocentric orbits lower than that of Mercury.

説明: SCP-4863は太陽から0.31 AU1で人間の被験者に経験される知覚現象です。どのような通常のあるいはパラテックの形式の記録装置でも、その異常が観測されたことはありません。Subjects describe it to be "a second Sun," following a heliocentric trajectory at an unclear distance from the solar system, completing an orbit once every 24 hours. The anomaly occupies an amount of space in the sky comparable to that of the Sun when viewed from the Earth's surface.

Despite the aforementioned observational issues, subjects still perceive equipment in their vicinity as recording data on the anomaly. According to it, SCP-4863 possesses the spectra of an A-type white star, with a luminosity comparable to that of normal solar radiation. Details on distance are only described as "farther than us." No other information can be discerned; subjects state that the data is "too bright to see."

0.31AUの範囲から離脱すると、全ての知覚現象は終了します。

補遺 I:

2012年6月12日、財団の太陽系外活動部門はラング歪曲ドライブを最近装備した船を用いて実験を行いました。2 The ship, the Semiautonomous Exploration Vessel Messier-002, was positioned within the radii required to view SCP-4863 and was aimed at an angle towards the anomaly's direction. The ship then accelerated to superluminal velocities and exited the solar system.

ドライブは、2時間の超光速 The crew of Messier-002 reported themselves to be in orbit around a massive stellar object, hereafter designated as SCP-4863-A.

SCP-4863-Aは超巨大A型白色星で、半径は1,436R3です。 物体を周回する軌道から見て、太陽系は星を周回する固有の軌道にあり、14.5 ly4の距離に位置し、24時間ごとに自転しているように見えます。軌道周回を完了するのにかかる時間はおよそ100万年と見積もられています。 物体に影響を与える知覚現象は知られていません。

どのようにしてSCP-4863-Aが存在しているかは不明です。その星は知られている最大の星に含まれており、これまでに発見されているどのようなA型星よりもはるかに大きいです。そのような生存に適さない構造であるにも関わらず、それがどのようにして安定性を保っているかは恒星進化論のどのような発展型モデルによっても説明されず、星は自然または半自然の過程により発達したと推定されています。それを太陽系に接続している時空間の構造の性質もまた不確かです。

SCP-4863-A周辺の空間の徹底的な天文学的研究を通して、このアノマリーは観測可能な宇宙の範囲の外側にあると考えられています。5 星、銀河、そして宇宙の大規模構造の密度は十分に広く、さらに拡散しており、超銀河団やボイドはほどんどまたは全く形成されていません。異常性のある粒子の放出(タキオンやΨ波など。)の数値もまた規模が小さくなります。 更なる研究が行われるまで、 SCP-4863-Aは宇宙のこの領域で最大の物体であると推測されます。

太陽系を別として、いかなる物体もその星の周回軌道にありません。

補遺 II:

SCP-4863-Aの表面挙動を研究している研究者は、6光年の距離で、異常現象の急激な出現を報告する警告をディビジョン前哨基地に送りました。
The phenomena was reported as visual in nature, witnessed when facing away from the star, and as holding an extremely high luminosity. Measurements identified it to be a Type-B blue white star.

On further elaboration, the phenomenon was said to be "a third Sun."

ERROR

The ToE's portal does not exist.


エラー: ToEのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5226530 ( 03 Jul 2019 14:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License