SCP-XXXX-JP お気に入りの店

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Keter

特別収容プロトコル: 200█年現在SCP-XXXX-JPは収容されておりません。SCP-XXXX-JPの罹患者の主な判別方法はレム睡眠からノンレム睡眠に移行する際のデルタ波の異常な値、及びパターン変化と特定の飲食店に来店数の顕著な増加率の有無によって判別されます。現時点ではSCP-XXXX-JP主に都市部に集中して発生しており、都市部における軽度睡眠障害の発生数、並びに該当区域における飲食業の需要増加に注目して下さい。

都市部の睡眠外来の存在する医療施設に配属されたエージェントは後述の該当症状が確認された場合、罹患者(SCP-XXXX-JP‐B‐α・βに指定)を確保、カバーストーリー(強迫性障害由来の睡眠障害)を適用、クラスC記憶処理剤を投与してください。またSCP-XXXX-JP‐B‐α・βの検出は急激な収益の増加が確認される飲食店が密集して確認される場合、機動部隊み-24(“口うるさい常連客”)が実施し、来店客(SCP-XXXX-JP‐B‐α)と該当店舗の従業員(SCP-XXXX-JP‐B‐β)の双方で症状が確認された時点でSCP-XXXX-JP‐Bの確保と調査のため財団所有のフロント企業が該当する店舗群(SCP-XXXX-JP‐C群に指定)を買収して下さい。

20██/██/██追記 20██年現在SCP-XXXX-JPは収容されておりません。SCP-XXXX-JPの罹患者の主な判別方法はレム睡眠からノンレム睡眠に移行する際のデルタ波の異常な値とパターン変化の有無によって行われます。現時点ではSCP-XXXX-JPは主に人口密集地に集中して発生しており、都市部における重度の睡眠障害、強迫性障害の発生数、該当区域における極めて特異な飲食業の需要増加と閉鎖率、栄養失調症、並びに餓死者の増加率に注目してください。

SCP-XXXX-JP‐B‐α・βが確認された場合、クラスB記憶処理を施して下さい サイト-8103に隔離、ナカムラ・フィッツジェラルド式冷凍冬眠装置によって昏睡状態にさせ脳波の観察を行って下さい。さらに

説明: SCP-XXXX-JPは特定の条件下の下に発生する夢が影響して発生する認識災害の通称です。個人差があるものの、平均して

SCP-XXXX-JPは当初200█年に超常現象記録として記録されましたが

ERROR

The hallwayman's portal does not exist.


エラー: hallwaymanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5212270 ( 04 Mar 2019 14:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License