考察: SCP-055の異常性から推測される正常性

現在このページの批評は中断しています。

「」
・反ミームと正常性の結びつけ
・SCP-055への行動も影響を受ける理由
・反ミームという概念

SCP-055は「丸くない」等の特徴を否定する形で記憶が可能である。私はこの異常性を元にSCP-055の正体は「正常性」であると考えた。理由を以下に記述する。

異常というのは正常と比較する事で生まれる概念である。同じように、特徴というのも一般的とされる物事と比較する事で生まれる。特徴が過ぎれば異常となるが、一般的と正常は判断の原点である為にほぼ同義である。つまり、特徴的ではないほどに一般的であり、正常に近いという事である。

SCP-055は特徴を否定する事でのみ記憶が可能であるという反ミーム性を持つ。反ミーム性は分かりやすく例えると、難解な数式ほど覚えにくいという事の究極系である。つまり、覚えにくさである。だが、複雑な情報と同じくらいに覚えにくいのは、覚えるべき特徴が少ない存在である。

以上より、SCP-055の反ミーム性は、特徴と言う情報が存在しないゼロである事が原因なのではないだろうか。勘違いしてはならないのが、何らかの物体がそこにあるという事であり、非実在が実在している訳ではない事だ。SCP-055は単純明快な非実在ではなく、職員の頭を悩ませる反ミームなのである。

SCP-055に一切の特徴がないという事は、正常との差異がないという事であり、SCP-055は正常に最も近い存在だという事である。そう、完全に正常、ではないのだ。SCP-055は異常が一切ないという時点で反ミーム性を持ってしまい、それが結果として唯一無二の異常にして特徴となってしまっている。

私が思うにSCP-055は、財団が何らかの手段で「正常」を作ろうとした結果なのではないか。リンクが繋がっていない記事を参考にするのもアレだが、それならSCP-5000の時に世界を元に戻せたのも納得できる。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The polodexus's portal does not exist.


エラー: polodexusのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5177227 (03 Aug 2019 12:40)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License