二重の故郷

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png


umi.jpg


2021年4月19日

13:21:57 UTC+9

太平洋 旧・小笠原諸島近海

GG-8121 徴用調査艦 "しるべ"

柱があった。

否、それは柱のように見えた。夜が明けて間もなく、南の水平線からそれが朧に灰褐色の姿を見せたとき、民間徴用の財団調査艦"しるべ"の船橋は俄に騒がしくなった。どこから情報が漏れたのか、長時間の航海で疲弊していたはずの船員たちは海上構造物発見の報に色めき立ち、我先にと船上に駆け付けた。前部甲板備え付けの双眼鏡に長蛇の列ができ、航海士に叩き起こされた艦長は館内放送の音量を最大にして、不確かな視覚情報に惑わされず持ち場に戻るよう怒鳴りつけた。

それが最善の判断として称賛されるに至ったのは正午過ぎのことだ。

「レベル2防疫装備の予備は?」
「20人、1個小隊ぶんは確保できています」
「少ないな」

艦長は顔を顰める。船橋に集った調査艦司令部の面々は、一様にして渋面を作っていた。修理の追いつかないひび割れたモニターには、階下の分析室から送られてくる水質データがひっきりなしに表示され、彼らの会話に負の彩りを添えている。

「ひとまず甲板作業が必要な船員に防毒マスクを装着させています」
「着衣の洗浄は?」
「真水が足りませんし、海水は論外です。最悪、海域全体が汚染されている可能性も」
「引き返すか」
「接近の選択肢はない。通信だけは飛ばしているが」
「海水濾過設備の緊急点検は?」
「既にやっています。貴重なフィルターをこんなところで喪いたくはありませんから」

腕組みをする艦長のもとに、医療班員が歩み寄る。つい最近民間人から徴用された年若い班員は、ひどく緊張した表情で小さなガラスケースを手渡した。

「硬化処理が済んでいます。ベークライトが割れなければ飛散しませんが、扱いにはご注意を」
「初期博士がこれを?」
「博士は隔離室でサンプルの保全作業中です。近海で釣り上げた魚もすべて回しています」

艦長が静かにテーブルの上に置いたガラスケースは、デッキから射し込む昼下がりの陽光を浴びてきらめいた。内側には半透明の樹脂でコーティングされたサンプルが、テープで何重にもケース底面に固定されている。知識のないものが見れば単なる岩石の欠片にしか見えないそれが、数時間前には医療班員に恐慌状態を引き起こし、そして今は"しるべ"の任務達成を妨げる障害となっている。

008-JPで間違いないんだな?」
「成分的にはまったくの同一です。回遊魚の消化管から回収されたサンプルが伝染性を保持しているかは不明ですが、実験の必要は……」
「こいつに素手で触れた調理班員の症状を見れば済むことだ」

もし伝染性が失われていなければ──十中八九はそうなるだろうが──船の人員が一人減ることになる。そして旧小笠原諸島の近海は死の海だ。近づけば生きては帰れない。もちろん、今ここに顔を揃えている人間のうち何人かも、数ヶ月後には人の形を保っていられないだろう。

「サイト-8162に緊急連絡を」

差し出した手に通信班員が旧式の受話器を握らせる。財団の保有する最新型の通信機材のほとんどは、データセンターの壊滅に伴って使用不能になった。衛星も多くが墜落するか行方不明。数ヶ月前になんとか部分的に復旧した通信ネットワークは、その大部分が間に合わせの旧式機材と、ブラックボックスと化した異常技術のあわせ技でできている。

『──こちらサイト-8162、西太平洋海上区探査司令部』

ノイズの向こうから人の声が聞こえること、それだけのことが艦長には無性に嬉しく思える。何も答えを返さない空電に語りかける続ける苦しみは、"大上昇"から一年が経っても記憶の底に染み付いて、おそらくは永久に消えることはない。しかし今、僅かな感傷を押し殺して、艦長は一息に凶報を告げた。

「こちらGG-8121、調査艦"しるべ"。旧小笠原諸島海域にて、SCP-008-JP構造体を目視で確認。当該オブジェクトは海上に突出した全長120m程度の結晶構造を形成している。致命的収容違反に伴い、海域全体の異常領域指定、ならびに旧I5サイト群探査任務の無期限凍結を要請する」


ファイルページ:

ソース: flickr
ライセンス: CC BY-SA 2.0

タイトル: PB100010
著作権者: Carey Akin
公開年: 2007
補足: islandsmasterislandsmaster によりトリミング

ERROR

The islandsmaster's portal does not exist.


エラー: islandsmasterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5060201 ( 15 Jan 2019 17:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License