翻訳案-シンセイカツ計画,1986

このページの批評は終了しました。

原語版 / 投稿先


ライセンス
原著者: Azmoeth Jikandia
ソース: http://scp-wiki.net/project-shin-seikatsu-1986
ライセンス: CC BY-SA 3.0

画像なし

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: islandsmaster
文字数: 19638
リビジョン数: 13
批評コメント: 3

最終更新: 09 May 2020 10:05
最終コメント: 27 Apr 2020 17:57 by islandsmaster

—]

※訳の不安な部分は赤文字で表記しています


rating: 0+x

目的: 昨今の奇跡的な経済成長は、IJAMEA下部組織の徴募状況に悩ましい影響を与えている。我が国の実業家が世界にその名を知らしめたことは称賛に値するが、同時に雇用増加と我々の活動への関心低下は相関関係にあることが確認された。我々は超常現象の領域で日本人の威信を高め、国益を防衛するために努力している。我々は将来における予防的手段を保持するために、この不穏な傾向に歯止めをかけ、逆行させたいと考えている。

Purpose: The recent economic miracle has had a troubling impact on the state of recruitment in the lower divisions of the IJAMEA. Though we praise Japanese businessmen for making their names known throughout the world, we have seen the impacts of increased job growth correlate with a lessening interest in our work. We strive to increase the prestige of the Japanese people in the paranormal domain and protect the interests of our nation. We intend to halt and reverse this disturbing trend to ensure we have a preventative measure for the future.

記録によれば、1970年代を通じて、構成員増加率は年率約16%で直線的増加を見せてきた。しかし、1981年以降、新規加入者数の減少により、構成員増加率はマイナスに突入した。信じがたいことに、1983年には1,456人の構成員を失い、増加率は顕著に低い割合となった。

Our records show that throughout the 1970’s, the membership growth percentage has been growing linearly at about 16% per year. However, starting in 1981, a decrease in new membership has seen this growth percentage delve into the negatives. Most startlingly in 1983, our growth rate reached a high negative percentile as we lost 1,456 members that year.

支持者たちによる多額の資金提供を失ったのみならず、事態の影響は我々の行動目標や理念にも及んでいる。異常物品の確保や、日本の主権侵害を目論む機関(例: SCP財団)との交戦は、各部隊長がより少ない隊員数での活動を余儀なくされているため、ますます困難になりつつある。

We have seen this impact not just through the loss of significant funding from our proponents, but also in the goals and tenets of our mission. Handling anomalous items and combating agencies that wish to harm the sovereignty of Japan (ie. The SCP Foundation) are becoming increasingly difficult as division leaders are forced work with fewer members.

標準以下の訓練水準での入隊を余儀なくされたため、新入隊員にも犠牲が頻繁に生じている。忌むべきことに、昨年は231名もの戦死者が出た。彼らは今や高間ヶ原を旅しているかもしれないが、我々はまだここ、芦原中津国で戦っている。

Even among our new members, casualties have become more frequent and common as recruiters are forced to enlist individuals with substandard training. The previous year witnessed an astonishing 231 known deaths in battle. Though they may be traveling in Takama-ga-hara now, we still battle here in Ashihara no Nakatsukuni.

我々は日本の守護者として選ばれた存在であり、したがって生存し戦い続ける限り、計画に失敗はない。計画の目標は以下の通り。

We have been chosen as divinely anointed protectors of Japan, thus this project will not fail so long as we live and fight. The goals of our project are as followed:

  • あらゆる利用可能な資源を活用した新規構成員の獲得。
  • 異常技術や黒魔法を利用した構成員獲得手法の探求。
  • 対立組織との戦闘におけるIJAMEAの各種取り組みの活性化。
  • Utilize all available resources in the acquisition of new members.
  • Inquire into possible methods of acquiring members through the use of anomalous technology or kuromahou.
  • Revitalize the efforts of the IJAMEA in regards to combatting rival organizations.

資産: 中立派の多くの連絡員との議論を経て、現時点でのIJAMEAにとっての最良の選択肢は、黒魔法ではなく異常技術であることが判明した。具体的には、大多数の将官が異次元機械に興味を示した。

Assets: Through discussion with numerous liaisons of neutral groups, we have found that the best option for the IJAMEA, at the current moment, is to use anomalous technology instead of kuromahou. Specifically, a large majority of our generals have shown interest in cross-dimensional machinery.

何人かの部隊長は、多額の費用を必要とするにもかかわらず、"クローニング"に同様の興味を示した。当該技術の有用性はまだ不明だが、我々は勝利のために様々な異なる手法を試みている。以下に示す素材と供給業者は、我々が採用する手法の省略済リストである。

Some division leaders have also brought up the idea of “cloning” which sounds equally as interesting, despite the costs involved. The usefulness of this is yet to be seen, however, we are attempting various different modes to achieve victory. The following list of items and their vendors are an abbreviated list of methods we will be employing:

  • 試験用クローニング槽約15基 (シンジェリン・コーポレーションから取得予定)
  • 洗脳用呪術紋章、結界、精神異常 (アラガッダから取得予定)
  • 代替雇用手段発見用に使用される並行世界訪問ポータル (プロメテウス研究所から購入予定)
  • 死亡者に対して使用される蘇生呪文増幅器 (ハヤシ異常幻術工房から取得予定)

…取引の省略された部分は、文書 新生活-5A4-86で確認可能である。

  • Around 15 Cloning Vats to be used for testing (to be acquired from the Sinjelin Corporation)
  • Sigils, Wards, and Mental Aberrations for the use of forced persuasion (to be acquired from the City of Alagadda)
  • Parallel World Visitation Portals to be used for the discovery of alternate methods of recruitment (to be bought from Prometheus Labs)
  • Resurrection Spell Amplifiers to be used on our those who have passed this world (to be acquired from Hayashi’s Genjutsu Shop of Wonder)

…the rest of the exchanges can be found in Document 新生活-5A4-86

結果: この計画は日本にとって大きな勝利となった。当初、我々がとった手法の多くは失敗と看做されていた。クローニング槽は故障し、呪術紋章も損壊していたが、1988年10月15日、我々の天国への侵攻が開始された。

Results: This project has been a major victory for Japan. In the beginning, many of the methods we used were deemed failures. The cloning vats were defunct and the sigils broken, but on the 15th of October 1988, our foray into tengoku began.

プロメテウス研究所から購入した装置は意図通りに動作し、戦争省43課は世界の垣根を越えた。これらの悪鬼がごときペテンがどのような性質のものかは神仏のみが御存知であるが、IJAMEAの存続のため、我々はこの装置を使用しなければならない。

The devices, that were bought from Prometheus Lab, worked as intended and Sho-Senso Division 43 crossed world barriers. The Gods only know how such devilish trickery works, but we must use it for the survival of the IJAMEA is at stake.

この新天地で、我々の徴募担当者は可能な限り多くの日本国臣民に声明を広めた。部隊には厳しい目が向けられていたが、30人近くの新兵を連れ帰ることができた。僅かな数だが、これが始まりだった。

In this new land, our recruiters spread the message far and wide, informing as many Japanese citizens as possible. Though the division faced some scrutiny, they returned with nearly 30 new men. A meager amount, but this was the beginning.

我々は毎週新たな部隊をポータルに送り、これまで以上に多くの兵士を集めている。IJAMEAの将軍たちは当分の間、この世界での徴募を停止している。神仏が我々に与え給うたものを使えばいいのだから、日本国民の命を無駄にする必要はないというのが彼らの主張である。現在の組織の成長率は24%であり、1944年以来の最高水準を記録している。計画は大きな成功を収めており、IJAMEAは今後もこの方法を採用していく予定である。

Every week, we send a new division through the portals, gathering more men than ever. IJAMEA generals have halted recruiting in this world for the moment. They postulated that the need to waste our own Japanese life was not needed as we could use what the Gods have given us. The growth rate percentages now stand at 24%, the highest percentile since 1944. The project has seen great success and the IJAMEA plans to use this method for the coming future.


ハコグラシの戦いでアタタカイの肉のカルトと交戦して壊滅的な損失を被り、IJAMEAは新兵の徴募を大幅に拡大せざるを得なくなった。毎週何千人もの優秀な兵士が死んでいるが、日本国の安全のために他に何ができるというのだろう? 山口県の海岸線では怪生物が増え続けており、祖国への危険はますます高まっている。トシアキ将軍はさらに多くのポータルに指令を下した。臣民と日本国の安全は、その他すべての金銭的な懸念よりも優先される。

A devastating loss in the Battle of Hakogurashi against the flesh cults of Atatakai has forced the IJAMEA to drastically expand our recruitment of new members. Thousands of good men die every week, what else can be done for the safety of Japan? The monsters are continually growing on the beaches of the Yamaguchi Prefecture and the danger to our homeland is ever-increasing. General Toshiaki has sent orders for more portals. The safety of the nation and the Japanese nation overrides all other monetary concerns.

IJAMEAは"プロメテウス研究所"として知られる組織に兵士を送り込んだが、悪しき妖怪が彼らの心に憑依していたに違いない。1996年以来、彼らが命令を拒否したのはこれが初めてであり、今すぐにでも対策を講じなければならない。1944年以来ずっと、外国人たちは我々の偉大な国家を見下してきたが、我々は資源不足のために常に傍観者の立場にあった。今こそ、我々が戦う時だ。

The IJAMEA sent men to the group known as “Prometheus Labs,” however, evil yokai must have possessed their minds. This is the first order they denied since 1996, something must be done now. Ever since 1944, the foreigners have looked down on our great nation, but we always stood on the sidelines because of the lack of resources. Now is the time we fight.

IJAMEAの将軍たちは54,600人の兵士を送り込み、我々の命令に逆らう者たちを襲撃、略奪する。我々に背を向ける者は、日本そのものに背を向けているのだ。

IJAMEA generals have sent a force of 54,600 soldiers to ransack and pillage those who go against our order. For those who turn away us, turn away the entirety of Japan.

到着してすぐに、我々はこれまで前進を阻んできた弱々しいクズどもを銃殺した。我々は彼らの小さな研究所を略奪した。日本の城郭に比べればごく小規模なものだ。将軍たちは、周辺一帯に存在する敵から私たちを守るために、さらに徴募を増やすことを決定した。

As we arrived we gunned down the feeble scum who have halted our progress. We pillaged their small laboratory, minuscule in comparison to the palaces of Japan. The generals have decided to increase recruitment, even more so, to safeguard us from the enemies that exist all around us.


日本国内における最も強大な敵であったSCP財団は、およそ30年に及ぶ戦いの後に陥落した。異常に対する我々の義戦は2019年に財団の排除対象となり、我々は攻撃手段を有するすべての存在を全滅させた。カオス・インサージェンシー、世界オカルト連合、境界線イニシアチブ、これらの反日組織は神仏が我々に与え給うた圧倒的な力に対して何ができたというのだろうか?

The most formidable opponent of Japan, the SCP Foundation, has fallen after nearly three decades of fighting. Our crusade against the paranormal caught their attention in 2019 as we annihilated all those who had the munitions to attack us. The Chaos Insurgency, Global Occult Coalition, Horizon Initiative, what can these anti-Japanese organizations do against the overwhelming power that the Gods have given us?

世界各地に部隊を送り込んだ後、これらの邪悪な集団のほとんどは、アマテラスの強大な刃の下に叩き潰されることとなった。財団を打ち倒すことは難しく、最終的に75,900,000人の兵士が命を落とした。末期において臆病者たちは異常存在を利用して戦うことすらあった。これにより死者数は増えたものの、兵士たちの戦意もまた増した。

After sending divisions across the world, most of these heretical groups have been crushed under the mighty blade of Amaterasu. The Foundation was difficult to defeat and 75,900,000 soldiers ascended by the end. At the end, those cowards even used their anomalies to fight. This increased both the death toll and the will of our soldiers.

現在、IJAMEAは財団が残した異常存在を管理している。日本の威信と支配力を高める以外に、これらを何に利用すべきだろうか?

Now the IJAMEA controls the anomalies the Foundation left behind. What else should be done with them besides increasing the prestige and control of Japan?

カズマ将軍は前回の会合で印象的な見解を示した。他の世界に基地を設置してはどうだろう? 支配する世界が増えれば増えるほど、臣民と新世界の安全を確保することができる。

General Kazuma brought up an impressive idea during the last gathering. Why not set up bases at the other worlds? The more worlds we control, the more we can ensure the security of the nation and our new world.


全能にして神に導かれし大日本帝国普遍事物複合事業体は、1000番目のSCP財団の服従を祝福する。この集団は全宇宙において死-レベル脅威1と宣言されており、神仏より新たな宇宙が与えられるたびに即時に滅ぼされるよう定められている。

The Omnipresent and Divinely Guided Imperial Japanese Universal Matters Conglomerate congratulates itself on the subjugation of its 1000th SCP Foundation. This group has been declared a 死-level threat in all universes and is to be destroyed on the spot whenever a new universe is given to us from the Gods.

最近、この千年の間に、新たな集団が我々の偉大な体制を攻撃してきた。彼らは、組織化した財団の集合体に他ならない。彼らは"多元宇宙の守護者"を自称しているが、我々は彼らの虚偽を知悉している。新日本秩序の指令に背く者は、誰であれ滅ぼさねばならない。これこそが我々が長きにわたる戦いで学んだことだ。

Recently, in the past one thousand years, a new group has been attacking our great regime. They are a nothing more than a group of Foundations who have grouped together. They call themselves “Defenders of the Multiverse” but we know their lies. Anyone who goes away from the call of the New Japanese Order must be destroyed. This is what we have learned through our years of fighting.

彼らとの戦いは困難を極めており、より抜本的な対抗手段が必要かもしれない。我々は新世界が開かれるとすぐに破壊行動を開始した。

They are difficult to fight against and we may need to switch to more drastic measures. We have begun destroying new worlds as soon as they are opened.

何兆もの兵士と何十億もの宇宙船も、彼らの防衛を突破できるだけの効果的な打撃を与えられていないようだ。彼らは我々の進軍を妨げるように複数の宇宙で構築された壁を並べてきた。我々の科学者たちは世界全体を壁の中で崩壊させようとしたが、効果はなかった。

Trillions of soldiers and billions of starships seem to have not made a great impact in cracking through their defenses. They have lined up walls of the universe lined up such a way that halts our progress. Our scientists have tried to collapse entire worlds into the wall but to no avail.

彼らは何と愚か者なのだろうか……これが我々を止められると思っているのなら、我々は自身と普遍国家を守るために手段を選ばないだろう。我々は、我々の安全を保証できるまで、すべての現実を踏破するだろう。

What fools they are…To think that this would stop the us, we will stop at nothing to protect ourselves and our universal nation. We will trudge through all realities, till we can guarantee our safety.

この遠き地まで我々を導いた原初宇宙の大神将軍カズマに祈りを捧げよう。彼と神仏の助けを借りて、我々は仏限大2の境界線さえも超えていくのだ。

We pray to the Grand Deity General Kazuma of Universe Prime who has helped us get this far. With his and the Gods help we will surpass even the bounds of bugendai.


多元宇宙財団指令

_

以下の情報はクオドラント43の小擾乱に関連しています

当該文書は多元宇宙財団との連絡を保持するSCP財団のみ閲覧が許可されています

ODGIJUMCの概略的分析 (IJAMEA派生組織)

By Order From the Multiversal SCP Foundation

_

The following information is related to the minor disturbance in Quadrant 43

This document may only be seen by SCP Foundations who are in contact with the Multiversal Foundation

Abbreviated Analysis of the ODGIJUMC (IJAMEA derivative)

普遍的擾乱名称: "全能にして神に導かれし大日本帝国普遍事物複合事業体 (The Omnipresent and Divinely Guided Imperial Japanese Universal Matters Conglomerate — ODGIJUMC)"

Name of Universal Disturbance: “The Omnipresent and Divinely Guided Imperial Japanese Universal Matters Conglomerate (ODGIJUMC)”

領域名称: クオドラント43、セクター152-AW (Q43S152-AW)

Area Name: Quadrant 43, Sector 152-AW (Q43S152-AW)

領域指導者: SCP財団 (宇宙呼称: 45z-AQE-2431)

Lead for this Area: SCP Foundation (Universal Designation: 45z-AQE-2431)

説明: ODGIJUMCとは、以前はIJAMEAまたは"大日本帝国異常事例調査局"として知られていた組織であり、宇宙横断的に異常技術を開発・取得してきたグループである。ODGIJUMCが所属する元の宇宙は宇宙呼称: Qw-235-JU-09である。彼らの支配領域はまだごくわずかだが、最終的には対処することが推奨されている。

Description: The ODGIJUMC is a group that was previously known as the IJAMEA or “The Imperial Japanese Anomalous Matters Examination Agency,” which has developed or obtained cross-universal anomalous technology. The original universe that the ODGIJUMC hails from is Universal Designation: Qw-235-JU-09. Their territory is still negligible but it is recommended that they be dealt with eventually.

推奨される行動: 宇宙障壁の展開によって彼らの支配領域を封鎖し、位相変調歪曲装置を腐敗宇宙に送り込んだのち、一掃すること。このような小規模な事象は外宇宙評議会に報告されないようにすることも推奨される。

Recommended Actions: A universal blockade to be set up around their territory and phase-shift distorters to be sent into corrupted universes to purge them. It is also recommended that minor incidents like these be not brought to the Exoversal-Council’s attention.



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The islandsmaster's portal does not exist.


エラー: islandsmasterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5060201 ( 15 Jan 2019 17:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License