第三任務に対する例外: イカボッド作戦が21世紀に再現されうる4つの理由
rating: 0+x
blank.png

20██年█月█日: 財団監督評議会は世界オカルト連合最高司令部に対し、日本国████の財団サイト敷地内で発生した事故により、全世界規模のプラン-デルタ”正常性再定義”が必要とされることを通達する。

20██年█月██日: 世界オカルト連合最高司令部ならびに108評議会は財団に対する最後通告を発するとともに、極東部門の関連排撃資産を起動し、超脅威に対する排除を試みる。

ひどい雨が降っていた。数日の断続的な降雨は土砂崩れを引き起こし、峠道を寸断し、人口875人の山あいの小さな町を完全に閉鎖状態にしていた。

連日の蒸し暑さと多すぎる蚊が、デクスターの街での滞在を極限まで不快なものにしていた。ごく一般的な旅人はこの気候に耐えられないだろうことを、アルフォンソは悟っていた。シアトルから遥々南下してきた若造には、なおのこと堪えたに違いない。

8名の精鋭が3箇所に別々に宿をとっていた。タラハシーへ繋がる街道沿いのモーテルは監視カメラすらなく、評価班は偶然低気圧に邪魔をされたトレッカーのふりをして、自由に街を行き来した。都会風の気取った言葉遣いを隠さない細身の男がガソリンスタンドの売店でナプキンを探していた話を、雨の中でバーに屯している住民全員が知っていた。班長は暗号化された携帯電話でボストンに連絡し、専門家の派遣を要請して、スナイパーと3人の工作員がそれに応えた。

刻限だった。熱帯夜は対象から睡眠の自由を奪い取り、完全にノックアウトしていた。男は賢く慎重だったが、今日はボトルを買ってくるのを忘れていて、渋々モーテルの水道から水を飲んだ。もちろん別の客の部屋で。彼は十分に注意していて、しかしその日の晩はモーテルの利用者全員が眠らされる運命にあり、まもなく彼は部屋の中で倒れ伏した。

スナイパーが1500フィート先の屋根の上から狙っていた。3人のエージェントはゆっくりと忍び寄った。雨の音に混じってテレビアニメのオープニングが聞こえる。マイリトルポニーの再放送? 清掃業者の制服に身を包む男たちは微かに笑い、拳銃をチェックした。誰も彼もが眠っていた。通りには誰もいない。雨がすべてを隠していた。オールクリア — 障害はなにもなし。

突入。

5歩目で目論見は崩れ去った。4万5千ヘルツの指向性を持った音波がエージェントたちの鼓膜を速やかに破壊し、最も近くにいたポイントマンのマーティンを即死させた。彼の鼻腔が破裂し、明らかに人体内には存在できない量の黒紫の濁流が噴出するのをアルフォンソは見た。死体は反動で吹き飛び、バスルームのドアを破壊して中に突っ込んでいった。彼は耳を押さえながらベッドルームに走り込んだ。

赤ん坊はリュックサックの中から這い出して泣き叫んでいた。部屋中が震えていた。現実性が刻一刻と歪められているのをアルフォンソは察知した — スクラントンのクソ野郎! 父親は両耳から血を吹き出してベッドの上で痙攣していた。一瞬だけ躊躇し、それからアルフォンソはトリガーを引いた。父親の頭、喉、心臓、それから赤ん坊にも同じように。

赤ん坊は泣き叫んだ。

瞠目するよりも先に、音速を遥かに超えるスピードの弾丸が窓ガラスを刳り貫き、赤ん坊を跳ね飛ばした。ちぎれ飛んだリュックサックからはじき出され、放物線を描いて飛んでいく14ポンドの丸々とした身体を視界に収めて、彼はあれを追いかけろと叫んだ — そして振り返った。

ライフルマンのジャスティンの下半身はアヒルのボートに置き換えられていた。汁を吹き出すオレンジの形の車輪は配置がめちゃくちゃで、両腕はねじれてポニーのたてがみのようになっていた。彼はもごもごなにかを言い、おそらく遺言だったが、彼らの鼓膜は既にものを聞き取れる状態ではなかった。涙を流し、それから彼はバランスを崩し、ゆっくりと横たわった。プラスチックの車輪がカラカラ回った。

アルフォンソは狂奔しながらも、訓練どおりに行動することができた。鮮やかな身のこなしで彼は崩壊した窓枠をくぐり抜けた。部屋の入口は紫の沼地に変わり、窓枠に残ったガラスの断面は虹色に輝いていて奥行きが20マイルはあった。部屋全体がシーツに残った汗の染み色に歪み、退路はなかった。赤ん坊の死体がクローゼットにあるはずだった。それが彼の希望で、生存の望みはそこにしかなく、彼は呻きながらドアを開けた。

耳の後ろの骨伝導イヤホンが声にならない悲鳴を拾い上げた。チャン・リーのおそらくは喉が押し潰され、彼の全身の骨が主人に耐え難い苦痛を与えながら擦れ合い成長していく音だった。自分の頭蓋骨を通じて部下の懺悔を聞きながら、彼はクローゼットの先になにもないことに気付かされた。そこにはエンパイア・ステートビルよりも巨大なテレビ画面があり、赤ん坊の泣き顔は6次元方向に歪んで彼の脳髄を突き抜け、成層圏でポニーのダンスを踊っていた。赤ん坊の母親がゆっくりと微笑みかけ、紫色の天使のモビールが揺れるさまをアルフォンソは赤ん坊の中から見ていた。彼はスナイパーライフルが部下の眉間を撃ち抜く音を聞き、”私のかわいこちゃん、お返事して”を聞き、雨音とべたべたした果物ゼリーの食感と硬い指先と溢れる湯船の温度とタクシーのクラクション。作戦中止を叫ぶ班長の金切り声はもう聞こえなかった。

彼はマガジンの中身がなくなるまで撃ち尽くした。

なくなってもまだトリガーを引いていた。やがてトリガーと指だけが残った。

それがデクスターの街に最後に残ったものだった。

20██年█月██日: 世界オカルト連合最高司令部ならびに108評議会は財団との暫定停戦合意を締結し、プラン-デルタの修正適用ならびに財団資産を中心とした当該超脅威の限定管理体制の設置を承認する。

2033年12月20日: PLLP1抽出技術の拡散に伴う排撃資産の相対的弱体化は、第三および第四任務に従事する物理部門所属排撃班員の任務中死亡率を10年間で約587ポイント上昇させる。

  • 司令部パート。フィーネさんと側近の会話。

  • エージェントパート。生き残りの評価班と事件の後始末。タナトーマ拡散後のGOC任務の困難さについて触れる

  • 財団との交渉パート。ゼーバッハのデータをGOCにわたしつつ、近況についての確認とか。

  • イカボッド復活。タイプグリーンを発見して物心がつく前に殺す

ERROR

The islandsmaster's portal does not exist.


エラー: islandsmasterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5060201 ( 15 Jan 2019 17:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License