寓目崇拝
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはセキュリティロックによって施錠された中型収容ロッカーに収容されます。実験を行う場合にはクリアランスレベル2以上の職員による許可を得る必要があります。実験は監視カメラの取り付けられた実験室で行われます。SCP-XXX-JPが非活性状態に戻るまでの間に被験者に指示を行う事は推奨されません。

説明: SCP-XXX-JPは異常性の無いA4コート紙に描かれたスプレーアート1です。使用されている塗料にも異常性は確認されませんでした。

SCP-XXX-JPの異常性は人間が接触する事で発生します。接触されたSCP-XXX-JPは、細かく振動し始め、接触されてから1分から5分経過後に、別の物体へと変化します。この実体はSCP-XXX-JP-1と呼称されます。SCP-XXX-JP-1は、接触した人物(以下被験者と表記)によって異なります。現在まで、「植物」 「食物」 「生物」 「[削除済]」 などが確認されています。SCP-XXX-JP-1に変化してから30分後、SCP-XXX-JPへと戻ります。尚、SCP-XXX-JP-1は写真や映像などを通して確認することが出来ず、肉眼で直接見る事でのみ確認出来ます。

SCP-XXX-JP-1を視認した被験者は、興奮した様子を見せ始め、SCP-XXX-JP-1に対して好意的な発言を繰り返します。被験者によっては舞踏する、崇拝するなどの振る舞いを見せる場合もあります。SCP-XXX-JPが非活性状態になるまで被験者は上記の行為を行い続けます。非活性状態になると被験者は、SCP-XXX-JPと接触した後の記憶を全て失います。1度SCP-XXX-JPと接触した経験がある人物は、2回目以降の実験ではSCP-XXX-JPに触れても異常性は発現しません。

実験データ: 以下は
被験者 SCP-XXX-JP-1 被験者の行動と発言
D-13203 ホオズキ2 非活性状態になるまで繰り返し「素晴らしい」と興奮した様子で発言
エージェント・███ テリーヌ3 繰り返し「美しい」と発言後、非活性状態になるまで頭を激しく上下に揺らし続けた
D-13473 アカミミガメ4 活性化した直後にSCP-XXX-JP-1に対して土下座をし、非活性状態になるまで姿勢を変えずに不明瞭な言葉を発現し続けた

ERROR

The Marginal settlement's portal does not exist.


エラー: Marginal settlementのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5037289 ( 29 Jul 2019 04:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License