SCP-XXX-JP どうか、安らかに

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
Regret

SCP-XXX-JP-1

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81NNの低危険度物品収容室に保管されます。月に1回、荒魂表象投影機1を装着したDクラス職員を手順通りに寝かせ、異常性の再発の有無を確認してください。異常性が再発した場合はサイト-81NN管理官に連絡してください。

説明: SCP-XXX-JPは███社製の医療用ベッドです。他の同型製品に異常性は見られません。

SCP-XXX-JPの異常性は、SCP-XXX-JPの上に人間が一人のみ横になっており2、かつ第三者がその人間(以下、対象)に対して「おやすみなさい」と発声した時に発現します3。異常性が発現した場合、対象は不自然な心臓の拍動および呼吸の停止によって死亡します。その後、対象からは一切の生体反応が見られないにも関わらず、夢遊病の特徴に似た動作を行います。その後40分前後が経過すると対象は動作を停止し、以後対象は異常性を見せません。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPで寝た対象の意識体が辿り着く空間です。今までに観測されたSCP-XXX-JP-1は共通して海岸の様な見た目をしています。SCP-XXX-JP-1内にはスクリーンが数十個存在します。各スクリーンは対象の人生を映しており、対象の記憶から当時を再現していると考えられています。4対象の意識体はスクリーンを生誕の映像から順に見ようと試み、映像を閲覧するに連れて後悔の感情を徐々に示していきます。最後の映像を見て数十秒後、対象の意識体はSCP-XXX-JP-1内に存在する海に引き込まれます。

SCP-XXX-JP-2は収容以前にSCP-XXX-JPを使用していた本崎玄三氏と酷似した姿でSCP-XXX-JP-1に出現する人型実体です。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JPで寝た対象の意識体がSCP-XXX-JP-1内の海に引き込まれた約数十秒後に出現します。1回の観測につき数十秒しか顕現せず、何も行動を起こさないことからSCP-XXX-JP-2の詳細については不明です。

SCP-XXX-JPは神奈川県川崎市に存在する、████病院にてSCP-XXX-JPを使用していた患者が不自然に急死するという事件が発生し、それが財団の注目の対象となり、収容に至りました。当時の調査の結果、SCP-XXX-JPは収容以前、本崎玄三氏5により使用されており、家族の同意の元で塚ノ原竜馬医師によって延命治療の停止による安楽死が行われていた事が判明しています。これはSCP-XXX-JPとの関連性が疑われており、現在本崎氏の家族および塚ノ原医師に関してのインタビューが予定されています。補遺1を参照してください。

以下の探索記録は収容後に始めてDクラス職員を使って荒魂表象投影機を用いて観測した結果映し出されたものです。

補遺1: 20██/06/24に本崎氏の妻の慶子氏、同年06/27に塚ノ原医師、同年07/01に本崎氏の息子の辰也氏へのインタビューが行われました。詳細については以下のインタビュー記録XXX-JP-A、-B、-Cをご参照ください。



補遺2: 20██/07/07に本崎慶子氏の善意によって7玄三氏の遺品の提供がなされました。その内、玄三氏の日記がSCP-XXX-JPの起源に関して重要度の高い情報を有している可能性が高いとしていくつかのページがデータベースにアーカイブされました。


「父さん、それは自殺行為だって!」「俺はそんな柔じゃない。凪也、明日また帰ってくるから明日のフレンチ予約しとけ。」
補遺3: 20██/09/14に真晴教授(SCP-████による被害で下半身不随。高齢でアルツハイマー病を患っている。)がSCP-XXX-JP-2へのインタビュワーとして自ら立候補し、許可されて被験者となりました。真晴教授はSCP-XXX-JPの異常性の発動条件を満たして死亡した状態になっていたにも関わらず、70分以上にわたって夢遊病に似た動きを見せ、再び生体反応を表して7時間後に起床しました。加えて、Dクラス職員を用いた調査により、SCP-XXX-JPは異常性を失ったことが判明したため、オブジェクトクラスはNeutralizedへと再分類されました。

以下は当時真晴教授に荒魂表象投影機を装着させていたことで観測された記録です。

真晴教授はオブジェクトに対して過度な感情移入をしたため、厳重注意がされました。

予定タグ: scp-jp safe neutralized 医療 人工 人間型 are-we-cool-yet


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Karathh's portal does not exist.


エラー: Karathhのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5018858 ( 05 Jun 2019 10:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License