SCP-XXXX 「バター」フライVS「チーズ」フライ
rating: 0+x

SCP-XXXX-A-113

SCP-XXXX-A-113

アイテム番号: SCP-XXXX

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全SCP-XXXX個体はサイト-66のプラスチックのビニールハウス型の収容室に収容されます。収容室内は花で満たされます。各SCP-XXXX群ごとに異常性を持たないチョウが毎月10匹提供されます。 SCP-XXXXに関する交渉はSCP-XXXX-A-1及び-B-1と行われます。

説明: SCP-XXXXは知性を持ったチョウ目類の集団です1 (Lepidoptera)。全てのSCP-XXXX個体は通常以下の性質を保持しています。

  • 英語の流暢な発音
  • 寿命の劇的な増加 (現在詳細について研究中)
  • 成人並みの知能

SCP-XXXX個体はSCP-XXXX-Aと-Bに分類されます。

SCP-XXXX-A個体はバターを生産することが可能です。各個体は花蜜を吸い上げて体内に3ヶ月貯蔵することでバターを口吻から吐き出します。SCP-XXXX-A個体1例につき、1種類のバターが生産されます。

SCP-XXXX-B個体はSCP-XXXX-Aと同様の過程を経てチーズを生産することが可能です。SCP-XXXX-B個体1例につき、1種類のチーズが生産されます。現在、全SCP-XXXX-B個体から188種類のチーズが確認されています。

この時、各-A、-B個体の生産物は種や摂取した花蜜と完全に無関係です。

SCP-XXXXの全個体は人類に対して友好的ですが、SCP-XXXX-A、-B個体は互いに対して敵対的です。異なる群に属する個体同士が遭遇した場合、両群の個体は自身の生産物から武器を作成することで他群への攻撃を試みます。これらの武器は未知の仕組みで機能します。

SCP-XXXX-A、-B群は2019/09/02にオハイオ州の養蜂場付近にて交戦している様子を見た養蜂家が通報したことで発見されました。これを受けて機動部隊イプシロン-6 ("村のアホ")が出動しましたが、機動部隊の介入直後に両群は交戦を停止、それぞれ協力的な態度で収容されました。以下は各群の個体へのインタビュー記録です。

補遺1: サイト-66の監視カメラが複数のSCP-XXXX個体の収容違反を記録しました。以下は当映像記録です。

また、映像記録に映っていたSCP-XXXX-A-113に対するインタビューが行われました。以下は当インタビュー記録です。

現在も不明な手段によってSCP-XXXX-A-195とSCP-XXXX-B-140の収容違反が毎晩行われています。当件に関しては両者とも黙秘を続けています。補遺2参照。


ERROR

The Karathh's portal does not exist.


エラー: Karathhのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5018858 ( 05 Jun 2019 10:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License