玩具作りの娘

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-001

オブジェクトクラス: Thaumiel1

特別収容プロトコル: 彼女の手に負えず、完全に制御不能な性質のため、SCP-001は未収容かつ潜在的に収容不能です。全財団職員は向こう見ずな冒険に参加するか、彼女に余計な手出しをせずにすっこんでいるよう勧告されます。

説明: SCP-001は「イザベル・ヘルガ・アナスタシア・パールヴァティ・ワンダーテインメント博士5世」として知られている女性の人型実体です。彼女はあなたの大それた想像の産物ならほとんど何でも思い付くことが可能なメチャイケてるクラス-IV現実改変者であり、その能力を主に全年齢の子供を対象としたいくらかのおどけた代物の創造に費やしています!彼女はこれらの物品を超ぶっ飛びウルトラ異常な手段で、その時たまたまいたどんな場所からでも流通させています。2

宇宙の至る所から見つかるたくさんの下らないSCPオブジェクトは彼女の功績であり、これとかそれとかひょっとしてこれもかな?もちろん、そう来なくっちゃ!だけどそのニセテンドーはダメだ。ビデオゲームはあなた達の脳みそを腐らせるからね、子供達。3

補遺001/1 - 歴史: 実体の大それて奇抜な性質のため、SCP-001の過去については現時点でほとんど知られていません。彼女は理論上、「初代」ワンダーテインメント博士の娘ですが、正確なワンダーテインメントの襲名法は全くの未知の領域であるからして、誰が本当に知り得るのでしょう?4

彼女の父親(彼女の父親ではないかもしれません)が大量殺人者、謎に包まれた国際的な準軍事的外郭団体の指導者、少なくとも1柱の神性、そして4つの曲がった紙留め、これら全ては同一人物かもしれないし違うかもしれない、を巻き込んだ不可解な状況下で死亡した後に彼女は家業を相続しました。彼女は前述の家業を、忠実な助手であるエマ・アイルソープ-あるいは-君達が思う-彼女の-名前の-いかなる-綴り-ブラウンとさらに一層忠実なコーギー犬であるジェレミー、ジェレミー、ジェレミー、ジェレミー、ジェレミー、そしてジェレミー5の助けを借りて運営しています。

果てしなく怠け者であるSCP-001のお気に入りの活動の一例としては、アイスクリームを食べること、そんなには要らない物を持ってこさせるためにジェレミーを送り出すこと、息を止めてから気を失うまでにどの位かかるかを試すこと、それから……それから……それから……あぁ、まったくもう!

オーケイ、まぁこれは楽しいさ、下らない絶叫マシーンに下らない冗談、そして人々を力づけるような二人一組の女性主人公達、これはいい、気に入った。しかし繰り返すが、これをSCP-001に属させたいのだ!それには壮大さ、威厳、そして力強さが必要だ!それには……

それには何か真実が必要だ。

よろしい、私達は辿り着いたわけだ、そうだろう?君達は知りたいのだろう?君達はワンダーテインメント博士について知ることのできるその全てを知りたいのだろう?私が真に何者であるかについて?君達は真実を欲しているのだね?!なら教えてやろう、少年少女よ!

これが真実だ


ERROR

The zigzagzog_sleeper's portal does not exist.


エラー: zigzagzog_sleeperのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5015527 ( 01 Jun 2019 07:39 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License