オネイロクリティック

現在このページの批評は中断しています。


このtaleは機動部隊オミクロン-ローの構成員であるシェリーとウルージの物語です。途中で登場する「サイファイ」と「デスベル」はそれぞれシェリーとウルージのシャドウ(人が潜在意識下で活動する際の姿/アバターのような存在)時の名前です。

rating: 0+x

その展覧会はテキサス州西部の小さな町にあった。展示品には一生を過ごしているのではないかと推定される男性がいた。彼の名はジェレミーであり、人混みの中にいた。
The exhibit was located in a small town in west Texas. On display there was a man, who supposedly had been asleep for his entire life. His name was Jeremy, and he was inside a lot of people.

「これは興味深い対象ね。これの意味するところは何だと思う、ウルージ?」
“This is an interesting subject, what do you suppose it means Urooj?”

「分からないね、シェリー。もしかしたら、俺達が実際には目を覚ましてなどいないみたいな何かとか?」
“I don’t know, Sherry, maybe it’s something about how we’re never really awake?”

「諺か何かがあるんだけどそれを思い出せないのよ。」シェリーの言葉が途切れるのと、前にいる裸の痩せこけた男を目を見開いて見詰めるのは同時だった。彼女はトレンディ女子のカメラのフラッシュに一瞬目が眩んだ。
“There is a proverb or something that eludes me.” Sherry’s words were detached as she stared, wide-eyed at the naked, gaunt man before her. She was momentarily blinded by the flash of a hep girl’s camera.

ジェレミーはそっと一連の理解不能な言葉を呻いた。
Jeremy softly moaned a string of unintelligible words.

「彼は夢見だと思う?」
“Do you think he’s a dreamer?”

「もしかしたらな。だけどこの流れ全体が馬鹿げていると思うね。クローラーが単に『気味悪い』と『芸術』をキーワードとしたのか?」ウルージは首を回して凝りをとった。自覚症状のある痙攣が彼を一日中悩ましていたのだ。あるいは、彼はそうだと考えた。しかしもしかしたら違うのかもしれない。彼はいつ患いが気のせいでなくなったのか確信が持てなかった。彼は眠り男の青白い体に注目した。非常に痩せているという事実を別にすると、彼は健康そうに見えた。彼のこめかみは禿げており、両耳には中身の無い計器がついていた。彼の顔は鼠のようであった。マーカーと絵筆によって書き散らされた跡が彼を覆っていた。雑な落書きが全身になされていた。ウルージは、ジェレミーの数少ない洒落たプリズンタトゥーが同様の出来映えで施されなかったとしたらどうなるのか興味を持った。
“Maybe, but I think this whole lead was stupid. Do our crawlers just keyword ‘creepy’ and “art”?” Urooj swiveled his neck around to work a kink out. A perceived cramp had been bothering him all day, or so he thought. But maybe it wasn’t. He could never be sure when an ail wasn’t imagined. He eyed the sleeping man’s pasty body over. He seemed healthy aside from that fact that he was so thin. He was balding at his temples, and had empty gauges in his ears. His face was rat-like. Around him were scattered markers and paintbrushes. There was crude writing all over his body. Urooj was curious if the few prison chic tattoos this Jeremy had weren’t applied during a similar performance.

「これはひどい。」笑うウルージ。「全くお話にならないな。」
“This is disgusting,” laughed Urooj. “Crazy-ass kids.”

小さな公民館の中にいる大きな群衆のざわめきに混じり、ジェレミーはそっと囁き続けていた。シェリーは彼を調べるために近付き、医療用の懐中電灯を引っ張り出した。彼女は空いている手で恐る恐る男性の両瞼をこじ開けた。
Jeremy continued to whisper softly among the murmur of the large crowd in the small community center. Sherry moved in closer to examine him, pulling out a medical flashlight. She gingerly pried open the man’s eyelids with her free hand.

「彼は恐らく薬漬けにされているけれど、私達が芸術作品を額面通り受け止めるかどうかは重要でなくて、ただ彼を検査する必要があると思うの。そしたら私達はここを出られるわ。」
“He’s probably drugged, but I think whether or not we take the art at face value is unimportant, we just have to check him. Then we can be out of here.”

「レディファーストでどうかな?」
“Ladies first?

シェリーが体を調べている間、群衆は展示物を困惑して見守っていた。「あなたのその言い方か何かが、どうしてかその言い回しをより気味悪くしたわ。」シェリーはウルージが本当に気味悪いかどうか確信を持てなかったが、彼についてそのように考える方が彼女にとってよっぽど楽だった。
The crowd watched in content confusion as Sherry examined the body. “Something about the way you say that somehow makes that phrase more creepy.” Sherry wasn’t sure if Urooj was actually creepy, but it was much easier for her to think of him that way.

自分達の時間とリスクが値千金であることをいいことに、彼女はジェレミーに書かれている文言を一つ一つ読んだ。彼女は暗号解読の専門家ではなく、特定の文様をとりわけ識別できるわけではないが、彼女はオミクロン-ローで最も冷静な人物であった。彼女は何事に関しても真剣に考え過ぎることはなく、それで管轄区域を与えられ、結果的に全て上手くいった。
She read each line written on Jeremy for some reassurance that their time and risk was of any value. She was not a cryptographer, not especially capable of recognizing certain patterns, but she was the most level-headed body in Omicron-Rho. She would never think too hard about anything, and given the territory, that was for the best.

青白い皮膚の襞の至る所に様々な筆跡で書かれており、以下の通りであった。
Across pale folds of skin, in many hands, were written the following:

ジェシカはここにいた!
Jessica was here!

quer
quer

A&M 2014!
A&M 2014!

for a good time call Jenny1
for a good time call Jenny

ここに差し込め
insert here

私には深すぎる。
Too deep for me.

風変りなマーファ2を守れ
keep marfa wierd

真のシャドウ、ジェマル・エイブリィ 2016
the real shadow, Jemal Avery 2016

「オーケイ、何かあったわ。『真のシャドウ』。試した価値はあったと思うわ。」シェリーは肩を竦め、鼻に皺を寄せてウルージの方を向いた。
“Okay here’s something. ‘The real shadow”. I think that’s worth a shot.” Sherry shrugged, scrunching her nose at Urooj.

「上出来だな。」ウルージは自分のこめかみを揉み始めた。「待て、抗精神病薬を持って来たか?敢えて推測したとしても、こいつの頭の中で可愛らしい出来事が起きるとは思えないと言わざるを得ないな。」
“Outstanding.” Urooj began to massage his temples. “Wait, did you bring the antipsychotics? If I had to guess I'd say there aren’t pretty things going on inside this one’s head.”

「勿論持って来たわ。あなたのためにね。」
“Of course I did. For you.”

「あぁ、オーケイ。」彼は群衆に向いてバッジを取り出し、そしてシェリーの方に振り向いた。「本気かい?いいんだな?」
“Eh. Okay.” He turned to the crowd and pulled out a badge, then turned back around to Sherry. “Are you sure? Really?”

「ええ、やるわよ。」
“Yeah. Do the thing.”

「時々、君がこれを楽しんでいるのではないかと思うよ。」ウルージは顔を顰め、群衆に対処すべく向き直った。
“Sometimes I think you enjoy this.” Urooj winced and turned to address the crowd.

「彼らに死骸を渡せば、骨を寄越してくるものよ。」
“We bring them a carcass, they give us a bone.”

ウルージは頭を振った。「オーケイ、ガキ共。ショーは終わり、家に帰る時間だ。ここからは警察が取り扱う事柄とかそういったものだからな。」
Urooj shook his head. “Okay kids, show’s over, time to go home. Police business or whatever.”

僅かに不満げながらも、人々は徐々に建物から汚れて荒れ果てた街へと出て行った。
With little complaint, people began to trickle out of the building and onto the dusty desert street.


シェリーがジェレミーの体を地階の収納個室へと引きずり込んでいる間、ウルージは灯りを消した。彼女は暗闇の中、これからのことに憂鬱としながら男性を見下ろした。彼女は自分のペンライトで彼の顔を照らし、彼女の視線は彼の無表情に釘付けとなった。それはまるで彼の両目が今すぐにも開き、彼女を凝視するかのように見えた。
Urooj turned off the lights while Sherry dragged Jeremy’s body into a storage closet in the basement. She looked down in the dark at the man with grim expectation. She pointed her pen-light at his face, her gaze fixed on his apathetically. It seemed as if his eyes would open at any moment and make a start at her.

「俺達に地獄があることを願うよ。」ドアの内側から施錠しながらウルージは上の空で言った。「分かるだろうがこんなのは正しくない。これで誰も苦しめたくないんだ。」
“I hope there is a hell for us,” Urooj said absently as he dead bolted the door from the inside. “You know this kind of thing isn’t right. I wouldn’t wish this on anyone.”

シェリーはウルージに目線をやり、頭を振った。彼女は箱から注射針を取り出し、男性の腕にある太い静脈を探した。容器内に吹き上がった液体は少しの間鮮血色となり、血流に鎮静剤が導入された。
Sherry gave Urooj a look, shaking her head. She produced a needle from her pack, then found a fat vein on the man’s arm. The fountain in the canister was a flushed pink for a moment, and the sedative was deployed into his bloodstream.

シェリーは部屋の隅に座り、ジェレミーに向かって頷いた。
Sherry sat in the corner of the room and nodded toward Jeremy.

ウルージは自分の首を回した。
Urooj swiveled his neck.


デスベルはジェレミーの潜在意識に進入するなり、甲高く、満ち足りた笑い声を聞いた。デスベルは吠え返し、毒性のある種子が彼の複合肺から飛び出した。ジェレミーに降下した時の感覚は破局的であった。
Deathbell heard a shrill, satisfied laugh upon entering Jeremy’s subconscious. Deathbell roared back, poisonous seeds escaping from his hybrid lungs. The feeling when descending into Jeremy was catastrophic.

「バカめ!私の罠にまんまとかかったな!」謎の声が歓声を上げた。「今お前を私のコレクションに加えてやろう!」
“You fools! You’ve fallen right into my trap!” The mysterious voice squealed with delight. “I shall now add you to my collection!”

「ジェレミー?君なのか?」デスベルが尋ねた。彼は自分の周りを見回し、肉厚な球体である部屋の様相が現れ始めた。壁は多数の湾曲したキャンパスに覆われており、植物、動物、未確認生命体、色の付いた何かの形、雑音としか描写できない物といった、多岐にわたる姿の集合が描かれていた。彼らは皆苦痛、苦悩に身を捩っているように思われ、それは解釈困難な記号でさえ例外でなかった。
“Jeremy? That you?” Deathbell asked. He looked around him, and the fleshy globe of the room began to materialize. The walls were covered in many curved canvases depicting an eclectic array of figures: plants, animals, cryptids, colored shapes, and some things that could only be described as noise. They all appeared to be twisted in pain, distress - even the nonsense.

「我がシャドウの画廊にようこそ!」姿無きモノがクスクス笑った。「お前にここで過ごす時間が有ると言いな!」
“Welcome to my gallery of Shadows!” The disembodied thing cackled. “I do hope you have time to spend!”

「うーむ、オーケイ、なぁ、君がジェレミー?実は前にこの手の物を見たことがあってだね、つまり、ただお話をだな……?」不可視の姿をもしかしたら見つけられるのでは、という希望の下、デスベルは自分の蔓を部屋の四方に素早く動かした。
“Umm, okay, guy, are you Jeremy? I’ve actually seen this kind of thing before, so, can we just…?” Deathbell whipped his vines all around the room, hoping maybe to find an invisible figure.

「何だって?そんなはずはないぞ。この手の作品は……。」それは言い淀み、声が次第に消えていくように感じられた。
“What? Surely you haven’t. A work of this kind…” It faltered, seeming to trail away.

デスベルは自分のこめかみを揉み始め、そして鱗茎上の緑に覆われた絞り口が輝き始め、紫の煙を放出した。それは部屋の床に広がり、ゆっくりと壁を這い上がっていった。
Deathbell began to massage his temples, and the leafy tips of his bulbs began to glisten, exuding a purple mist. It carpeted the room, and slowly crept up the walls.

「この手の作品は唯一無二だ……人間の意識の中にあるという正にこの事実において唯一無二なのだ!」それは叫んだ。
“A work of this kind is unique… It is unique by the very fact that it exists inside of a human mind!” It screamed.

デスベルは立て直そうと集中するのに一生懸命だった。直ぐに部屋全体が有毒な霧で充満し、壁は燃え、シューと音を立て始めた。絵の額縁は腐食し始め、デスベルは燃える絵の有毒な匂い圧倒された。煙が彼の肺を充満し始めており、内側から疼き始めた。彼はこれがやがて激しい火災と化し、彼がジェレミーからの切断に集中できなくなるだろうということを確信した。彼は離脱せねばならなかった。
Deathbell was too busy concentrating to correct him. Soon the entire room was filled with the toxic mist, and walls began to burn and hiss. The frames of the painting began to corrode, and Deathbell was overwhelmed with the toxic smell of burning paint. The smoke was beginning to fill his lungs, and he began to tingle from the inside. He knew that in time this would turn into a sharp burning, and he would not be able to concentrate on disconnecting from Jeremy. He had to leave.

「お前のそのアクセントは何だ、兄弟?」声は熱心に尋ねた。
“What is that accent of yours, fella?” The voice asked earnestly.

デスベルは目を閉じ、消えた。
Deathbell closed his eyes, and disappeared.


シェリーはウルージの顔を力強く叩き、外に素早く避難した。特にウルージが仕事を終えるのにかかった時間や、起きがけに筆記用具で研究員を突き刺す癖を考えると、これは必須の予防措置であった。
Sherry slapped Urooj hard in the face, and quickly retreated outside. It was a necessary precaution, especially given how long it took Urooj to finish, and his habit of stabbing researchers with writing implements upon waking.

「落ち着け。」ウルージは不満の声を上げた。「あそこで狂ったことは起きなかったよ。一悶着起こすつもりもないし。大丈夫だ。」彼は落ち着いて話し、そして突然「俺は大丈夫だ、畜生!」と、まくし立てた。
“Relax,” Urooj groaned. “It wasn’t crazy in there. I’m not gonna have an episode. It’s fine,” He said calmly, and then suddenly, “I’m fucking fine!”

ウルージは食いしばった歯からしわがれた雑音を漏らし、自分の頭をアルミニウムのロッカーに繰り返し叩きつけた。損傷を引き起こす程強くはなかったが、少なくとも集中するのに十分な痛みだった。
Urooj let a guttural noise loose through his clenched teeth, and repeatedly banged his head on an aluminum locker. Not hard enough to cause any damage, but just enough pain to focus on.

「で、どうする?錠剤が要る?」シェリーは動きを止め、目に疲れた面持ちを湛えながらドアの方を見やった。「今私に嘘をついた?そうなの?」
“So what’s up? Do you need pills?” Sherry paused and looked to the door with a tired look in her eye. “Are you lying to me right now? Yeah?”

「聞け……この野郎。」ウルージは自分の指関節を噛み、血が流れ出た。「芸術家だ。彼がそこに住んでいるのだと思う。」彼女に壁越しで示すために彼はジェレミーを指差した。「俺はジェレミーを見つけられなかった。彼がジェレミーに近付いた全員を殺したんだと思う。何故……何故これが重要だというんだ?」彼は喚いた。
“Listen… You shit.” Urooj bit his knuckle, drawing blood. “It’s the artist, I think he’s living in there.” He pointed at Jeremy, so as to show her through the wall. "I couldn’t find Jeremy. I think he killed everyone who got in range of Jeremy. Why… why is this even important?” He hissed.

「だけど彼が皆出て行っただけかもよ……?」いくらか苛立った声で彼女は言った。
“But they all walked out…?” she said, some annoyance in her voice.

「俺の言いたいことは分かるだろう。画廊の訪問者は今やゾンビなんだ。俺は彼らのシャドウを、絵を殺した。分かるだろう、俺達が読まなければならなかったあの馬鹿げた本に載っているあれみたいな。哲学的ゾンビだよ。」
“You know what I mean. The gallery visitors are zombies now. I killed their shadows. Paintings. You know, like in the stupid book we had to read. P-Zombies.”

「あぁ、なるほどね。で何をすべきかしら?」ドアをゆっくりと開けながら彼女は言った。
“Ah. Right. So what do you recommend?” Sherry said, slowly opening the door.

「それは脅威じゃない。」ウルージは回りながら部屋を出て、自分の拳を繰り返し壁に叩きつけた。「シケイダによれば俺達は何もする必要は無いが、ジェレミーを見つけられないのなら彼を安楽死させるべきだと思う。」
“It’s not a threat.” Urooj swiveled out of the room and banged his fist on the wall repeatedly. “According to Cicada we don’t have to do anything, but I think this Jeremy should be put out of his misery if we can’t find him.”

シェリーは頷いた。「今回は私も行くわ……。」彼女はウルージの肩を力強く殴った。「ウルージ。」
Sherry nodded. “I’ll go too this time…” She punched Urooj hard in the shoulder. “Urooj.”

ウルージは頭を振り、振り向いて彼女を見た。
Urooj shook his head and turned around to look at her.

「俺達が意識を戻した時に、殺し合わないようにしよう、な?」
“Let’s not kill each other when we come to, kay?”


サイファイは肉の襞の間から降下し、明らかに何も無い画廊へデスベルと共に進入した。張り詰めた弾性のある壁が彼らを一連の狭苦しい隘路へと押しやった。
Sci-Fi descended from between the folds of flesh, entering the gallery with Deathbell notably absent. The tight, rubbery walls forced them out through a series of claustrophobic channels.

「見ろ、俺は丁度部屋の中央に出現したんだが、こんな肉塊を押し分けて進むなんてしたなかったぞ。全くどうしちまったんだ、ご婦人さんよお?」
“See, I just manifest in the middle of the room, I didn’t do the whole squeezing through the meat thing. What the fuck is wrong with you lady?” Deathbell said from somewhere in the flesh.

「集中なさい……。」と、サイファイ。彼女は足のスラスターでゆっくりと静かに迷路へと降下していた。
“Focus…” said Sci-Fi, descending slowly and quietly through the maze with her foot thrusters.

彼らは何分間か何時間かかけて塊を這うように通り抜け、そして遂に、湿った音を立ててサイファイの頭が姿を表した。長い金髪のモヒカンで、背の高い骸骨の人物が肉の球体の中央で不貞腐れていた。彼の抗議の声が彼らの四方で反響した。絵は今や全て無くなり、壁のあらゆる所にある黒い縞へと溶け込んでいた。
They wormed through the mass for what might have been minutes or hours, and, finally, Sci-Fi’s head emerged with a wet pop. A tall, skeletal figure with a long blonde mohawk sulked in the middle of the flesh globe. His protests echoed all around them. The paintings were all gone now, dissolved in black streaks all over the walls.

「オーケイ、これにどれだけ時間がかかったのかお前らは分かっているのか?ここは私の住処なんだよ、畜生!」その人物は自分の薄い頭を掴みながら金切り声を上げた。それは突然踊り回り始め、その動きは漫画のようであった。
“Okay, do you guys even know how long this took to do? This was for my fucking residency!” The figure shrieked, grasping its thin head. It began to dance around in a fit, its movements were cartoonish.

「ジェレミーはまだ生きているの?彼は起きられるかしら?」と、サイファイ。彼女は掌を男性の方向へ向けた。
“Is Jeremy still alive? Can he wake up?” said Sci-FI. She aimed her palm in the man’s direction.

「オーケイ、夢の警察気取りか?」
“Okay, what are you the dream police?”

情けないゆらゆらした動きで舞い降りながら、デスベルが遂に天井から姿を現した。
Deathbell finally emerged from the ceiling, floating down in an undignified seesaw motion.

「多分な。君の体はどこだ、ジェマル?上側ではどこにも見当たらなかったが。」
“I guess so. Where’s your body, Jemal? You’re nowhere to be found topside.”

その背の高い男性は歯軋りすることで、貨物列車が駅に来たかのような雑音を立てた。彼は巨大化し始め、彼の骨張った掌と足の裏が丁度球体の四方に置ける程までになった。「私に体は無い!『ジェレミー』などいない!」
The tall man ground his teeth, producing a noise like a freight train coming to a stop. He began to grow in size until he could just place his boney palms and the bottoms of his feet all around the globe. “I have no body! There is no ‘Jeremy’!”

デスベルは面白くなさげに男性を見上げた。「オーケイ、今説明しな。」彼はサイファイの背中にあるデジタル時計を苛立たしげに見た。
Deathbell looked up at the man without amusement. “Okay, explain now.” He looked at the digital clock on Sci-Fi’s back impatiently.

「私はオネイロイで、体は遠い昔に捨てた。ジェレミーは私の作品だ。彼に体は無い……彼は人間ではない。彼はオネイロイではない。彼は生体的芸術品なのだ。」
“I am Oneiroi, I left my body long ago. Jeremy is my creation. He has no body… He is not human. He is not Oneiroi. He is biofact!”

「オーケイ、君はホームレスの男を見つけて彼の精神を乗っ取ったわけだ。おめでとう、大変だったろうね。」
“Okay, you found a homeless guy and overpowered his psyche. Congratulations, really hard to do.”

ジェマルは足踏みをし始め、球体を巨大なハムスターボールかのように回した。腱が裂ける音と肉厚な風船が立てる音が膜壁の後ろで反響した。サイファイは足のスラスターでその場に浮くようにした一方、デスベルは気怠げに転げ回った。
Jemal began running in place, causing the globe to turn like a giant hamster ball. The sounds of tendons ripping and fleshy balloons popping echoed behind the membrane wall. Sci-Fi engaged her foot thrusters and floated in place while Deathbell tumbled around lazily.

「バカ共め!」彼は叫んだ。
“Fools!” He screamed.

巨大な金属質の殴打音が突然闘技場を揺らし、ジェマルに尻餅をつかせて回転する肉塊の球体に伴って側転を始めさせた。彼の尖った手が壁に突き刺さり、彼をその場で動けなくさせた。
A giant metallic banging suddenly shook the arena, causing Jemal to fall on his rear and begin cartwheeling along the spinning meat globe. His sharp hands impaled the walls, causing him to be stuck in place.

警察だ、開けろ。
Police, open up.

「おっと、まずいわ、ウルージ。私達、ここを出て行かなくっちゃならないわ。」サイファイが息を呑んだ。
“Oh shit, Urooj, we gotta get outta here.” Sci-Fi gasped.

「何をしやがったこのアホ共?サツを呼んだのか?ふざけやがって!」
“What have you idiots done? You called the cops? Dude!”

デスベルは口ごもった。「おい、ジェレミーは君が見つけたホームレスの男なのか?どうなんだ?君はただ彼の精神に移入して住み着いたのか?どうやってか彼の潜在意識を乗っ取ったのか?自分を助けると思って俺達を助けてくれ。俺達はこの状況から君を助け出すことができる。俺達はただ君がどうやったのかを知りたいんだ。」
Deathbell stammered. “Hey, is this Jeremy you found a homeless guy? Is that it? Did you just travel to his mind and inhabit it? Overpower his subconscious somehow? Help us help you. We can get you out of this situation. We just gotta know how you did it.”

これが最後の通告だ。こちらマーファ保安課。1時間以内に仕事を終わらせます。
This is the last time I’m gonna ask. This is Marfa Sherrif. I get off work in one hour.

「私はジェマルではない!私はスケレタル・バナナ・ハムで、ジェレミーは我が10本の骸骨の指で作られたのだ。」
“I am not Jemal! I am Skeletal Banana Ham, and Jeremy was created with my ten skeleton fingers!”

「彼は人工物なのね。」
“He is an artifact.”

「彼は生きているのか?」デスベルが尋ねた。
“He alive?” Deathbell asked.

いいだろう、ドアから離れろ。大人しくしていろよ。
Alright, clear away from the door. Tried to be polite.

部屋がガタガタと揺れ始め、彼らの周りの現実が溶け始めた。
The room began to rattle, the reality around them began to dissolve.

「クソ、もう遅い。ここを出ないと!彼が起きつつある!とっとと出よう。」
“Fuck, it’s too late. We gotta get out! He’s waking up! Get the fuck out!”


その保安官は重篤な状態で病院に到着した。彼は公民館の地階で2人のヤク中に手酷く殴られた。それが新聞の報じたことで、今回に限ってその偽情報はほとんど真実であった。彼らはジェレミーと、昏睡状態の間に精神病的激情を鎮めようとするシェリーのあれこれを後に残した。
The sheriff arrived at the hospital in critical condition. He had been severely beaten by two druggies in the basement of the community center. That’s what the newspaper said, and for once the disinformation was mostly true. They left out Jeremy, and the bits about Sherry attempting to restrain a 240 sack of psychotic rage while in a state of stupor.

ジェレミーは真の意味で別人となった。スケレタル・バナナ・ハム、略してハムが彼のお気に入りの名前だった。彼は後に死体で満たされた非常に広い部屋へ移送されることになっていた。彼は寝ている間にテレキル防護壁に遮蔽されることになっていたが、人生の大半を目覚めているつもりで彼はいた。
Jeremy was a new man, in the truest sense. Skeletal Banana Ham was his preferred name, Ham for short. He would later be transferred to a very large room full of bodies. While he was sleeping he would be coated in a telekill shield, but for the majority of his life he would be wide awake.

シェリーはジェレミーの体を操るハムと無菌部屋に同席した。ウルージは無菌室の安定化のために引っ込んでおり、その後に人生の中で最も手酷いクソッタレを十中八九経験した。幸運にも、翌日には全てを忘れるだろう。
Sherry sat in a sterile room with Ham as Ham piloted Jeremy’s body. Urooj was off in the White Room stabilizing, and afterward he was likely to get the most severe ass-kicking of his life. Luckily, he’d forget the whole thing by tomorrow.

ガラスの向こう側から男性が彼らにインタビューしている間、シェリーは自分の指をこめかみに当てた。
Sherry put her finger to her temple while the man behind the glass interviewed them.

「私は何も言わないぞ!私の目的や邪悪な計画についてもだ!」と、ハム。彼の興奮は終わる気配が無かった。
“I will say nothing! Nothing of my purpose or my sinister plans!” said Ham. His excitement never seemed to end.

「私はその体が実際に存在していた構造物だと思っていて、どうやってかこのオネイロイは人間の体を具現化できたようです。今までこういうのを見たことがありません。ただ、私の勘でしかありませんが。間違っている可能性もあります。あなた方は既にDNA検査を実行しているかもしれませんが、一人のホームレスの男でしかないでしょう。あなた方が何も教えてくれないので、分かりませんが。他には何か、グラスさん?」
“I believe the body is a reality construct, somehow this Oneiroi was capable of materializing a human body. I’ve never seen this before. That’s just a hunch though. I could be wrong. You guys could have already run a DNA test on it and it might just be a homeless guy. You don’t tell me anything, so I don’t know. Anything else Mr. Glass?”

「いいえ、」と、温かく博士。「私は君達がこの件で沢山の厄介事を潜り抜けてきたことを知っているよ。君達は表彰されるだろう。」
“No,” said the doctor warmly. “I know you went through a lot of trouble with this one. You’ll be commended.”

「わぁ、ありがとうございます。」シェリーは小声で喋った。
“Wow thanks.” Sherry spoke under her breath.

「あぁ!謎多きSCP財団!それが私の連れて来られた場所か!」拘束具と格闘しながらハムは唸った。「私はこの情報を我が兄弟達と共有するし、お前達が私を止める手立ては無いぞ!」
“Ah! The enigmatic SCP Foundation! So that is where I have been taken!” roared Ham, struggling against his restraints. “I will share this information with my brothers and there is no way you can stop me!”

「実を言うと、」と、眼鏡を調節しながら博士。「私はこれらのオネイロイに興味を持っていてね。彼らは皆こういう感じ、つまり、個性的なのかね?」
“Actually,” said the doctor, adjusting his glasses. “I’m interested in these Oneiroi. Are they all like this? Characters?”

「見たことがあるわけではありませんが、思うに、彼らは人みたいです。彼らはただ種々の極端な手段に傾倒しがちなのです。この男の場合は漫画です。それが正に彼の何たるか、あるいは……もしかしたらそれが彼のなりたい姿なんでしょう。もしかしたらただ彼がそれを止められないだけかもしれません。分かりますよね?」
“Not that I’ve seen. They’re like people, I guess. They just tend to lean in different extremes. This guy is a cartoon. That’s just what he is, or… Maybe that’s how he wants to be. Maybe he just can’t help it, you know?”

ハムは少し混乱しつつシェリーを見た。グラスはガラスの向こう側から彼に微笑みかけた。
Ham looked at Sherry with some confusion. Glass smiled at him from behind the mirror.


ERROR

The zigzagzog_sleeper's portal does not exist.


エラー: zigzagzog_sleeperのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5015527 ( 01 Jun 2019 07:39 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License