SCP-001 - ペダンティークの提言

このページの批評は終了しました。


  • この記事は本来、内容の約99%がhtmlファイルで構成されているのですが、査読して頂くにあたり、通常フォーマット上に無理矢理移植しました。また、その過程で一部重要性の低いギミックを簡略、もしくは省略していますが、査読に支障は出ないので安心して頂ければなと思います。
    (htmlファイルの実際の挙動を確認したい方はこちらをどうぞ。→[JP版]、[EN版])
  • 所々にある緑太字は補足説明であり、実際の記事には存在しません。
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-001
Item #: SCP-001

オブジェクトクラス: [データ削除済]
Object Class: [DATA EXPUNGED]

特別収容プロトコル: [データ削除済]
Special Containment Procedures: [DATA EXPUNGED]

説明: [データ削除済(1へのリンク。)]
Description: [DATA EXPUNGED]

(以下htmlセクションの書き起こし。)

1

あなたは画面を見詰める。何も無いのか?そう、何も無い。薄くなりつつある髪を掻きむしり、文章の異なる断片やいくつかのソースコードをクリックして回る。目を細め、なんとか単語を配列し直す。結果は全ての試行で同じだ。あなたに帯びた自信が砕かれる。向こう見ずという名の大聖堂が崩れ去る。
You stare at the screen. Nothing? There's nothing. You scratch your thinning hair and click on different fragments of text and bits of source code. You squint your eyes and will the words to rearrange themselves. The results are the same with every attempt. The confidence you girded yourself with is broken. Your daring edifice crumbles.

何も無い。ここには何も無いのだ。
Nothing. There's nothing here.

あなたは深呼吸をする。そんなつもりは無かったが、落ち着いていられる程の自制心を働かせられないのだ。死が忍び寄っているかのような感覚だ。キャリアの死。肉体的な死。あらゆるものの死があなたに訪れる。職場の噂を調査するのもこれまで。あなたの生命が崩れ終えるまでの最後の耽溺もこれまでだ。
You take deep breaths. Not intentionally; you aren't self-aware enough to calm down. It feels like death is creeping up on you. Career death. Physical death. Death of everything left to you. So much for investigating workplace rumors. So much for one final indulgence before your life finishes its collapse.

何かがあなたの脳裏を過る。それは数瞬前に通り過ぎた奇妙な画像の残影。それは虚無の周りに構築された壁の残影。
Something twinges in the back of your brain. A remnant of the strange image you passed over moments ago. A remnant of the wall built around nothing at all.

深呼吸。(2へのリンク。)
Deep breaths.

2

「エメット・ペトロスキーか?」
"Emmet Petroskey?"

あなたは振り返り、事務用椅子がそれに併せて軋む。二人の人間があなたの小個室の入口で待っている。二人とも灰色の戦闘服を着込み、武装している。一人は聳え立つように背の高い禿げ頭の男で、微かな笑みを浮かべている。それは明らかにあなたに対して向けられたものだ。もう一人は背が低めで、泥のような色の髪に水を湛えたような眼をした女だ。
You turn, office chair groaning as you do. Two people wait at the entrance of your cubicle. Both in gray fatigues. Both armed. One, a towering bald man with a slight smile. It's surely at your expense. The other, a shorter woman with mud-colored hair and watery eyes.

「エメットだ。」
"I'm Emmet."

「グラウアー軍曹、サイト保安職員だ。」と、男。彼は制服に留められたIDカードを指し示す。
"Sergeant Grauer, site security," says the man. He gestures to the badge pinned to his uniform.

「特務エージェント・モルガン、内部セキュリティ部門よ。」と、女。彼女にIDカードは無い。「どうぞ我々に着いて来てください。」彼女の口調にあなたの心臓は飛び跳ね、固唾を呑む。
"Special Agent Morgan, internal security," says the woman. She has no badge. "Come with us, please." Your heart thunders at her tone, and mucus drips down your throat.

大きめの深呼吸。(3へのリンク。)
Deeper breaths.

3

あなたには考えがあった。財団に勤めて来た長い年月で遭遇したことのある、あらゆる状況に対して効いた魔法の言葉だ。「あなた方は、あー、まず私の上司に掛け合う必-」
You had a plan for this. The magic words for every situation you've ever encountered in your long years at the Foundation. "You, uh, you've gotta talk to my supervis–"

「一悶着には及びません。」と、エージェント・モルガン。彼女の口振りは、いつでもあなたの足を掴んで廊下を引き摺っていけるかのように思われた。「我々に着いて来てください、ペトロスキーさん。」
"This doesn't need to be a scene," says Agent Morgan. She sounds ready to drag you down the hall by your feet. "Please come with us, Mr. Petroskey."

深呼吸。深呼吸。あなたは同僚らのいる小さな洞穴を通り過ぎる間、彼らの視線を避ける。自分で状況を悪くするなよ。あなたは二人組の担当官に追従してサイト-02の廊下を進む。ここでも人の視線を浴びる。あなたがエスコートに足る程の重要人物ではないことなど、誰もが自信を持って言える。そうなるもっともらしい理由に関してはからっきしだが。
Deep breaths. Deep breaths. Avoid the stares of your coworkers as you pass by their tiny caves. Don't make things worse for yourself. You follow the pair of officers down the hallways of Site-02. People stare out here too. Everyone can tell you're not important enough to deserve an escort. Not for any good reason.

サイトの中央廊下は広い動脈状の構造で、一つ一つが狭い毛細管へと分かれ、更に進むとそれぞれの隙間へとつながる。あなたは軽量コンクリートの壁に据え付けられた鉄製の扉へと連れられる。グラウアーが一度の力強いジャブさながらにコードを入れる。彼を見るにつれ、あなたの喉が痛む。肺が痛む。あなたの体が自らを窒息させているかのように感じられる。
The site's main hallways form wide arteries, each splitting into narrow capillaries that wind deep into every crevice. You're led to a steel door set in a cinderblock wall. Grauer punches a code into it, one firm jab at a time. Your throat hurts as you watch him. Your lungs hurt. You feel like your body is strangling itself.

「一悶着には及びません。」と、モルガンは繰り返す。
"This doesn't need to be a scene," repeats Morgan.

あなたは信心深くないが、一悶着へと発展しないよう祈る。
You're not religious, but you pray it doesn't become one.

最大級の呼吸。(4へのリンク。)
Deepest breaths.

4

部屋は小さく、ほとんど何も無い。タイル張りの天井には明滅する灯り。タイル張りの床にはステンレス製の排水溝。狭い椅子がボルトで床に留められている。あなたは座り、服越しに冷たさが沁み込んで来るのを感じ取る。あなたのキャリアは、少なくとも彼らのより十年は上だが、それでも彼らを見上げる際に、居残り罰を受けている子供かのような感覚を受ける。
The room is tiny and sparse. A flickering light in the tiled ceiling. A stainless drain in the tiled floor. A narrow chair bolted down. You sit, and can feel the chill seeping through your suit. Your career must outstrip theirs by at least a decade, but you still feel like a child in detention when you look up.

「姓名、生年月日、財団でのID番号は何です?」と、モルガンが尋ねる。一方グラウアーは小さな端末を操作する。
"Full name, date of birth, and Foundation ID number?" asks Morgan while Grauer taps on a small tablet.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、あー、542313、確か。IDカードは私の机の上に。」
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. And, uh, 542313. I think. My badge is up on my desk."

「現在のポジションは?」
"Current position?"

「情報分析官だ。」
"Intel analyst."

「なら、お前は機密情報にアクセスしようとしていた自覚があるわけだな?」
"Then you're aware that you were attempting to access classified information?"

(ResetStartを一度通過した場合に表示。)
「その嫌疑に対して抗議したい。」(AppealEndへのリンク。)
"I want to appeal this charge."

5

あなたの体は冷たさに慣れたが、震えはそのままだ。椅子は不快感を催すような設計になっている。前屈みになると、背もたれが肩甲骨に突き刺さる。真っ直ぐに座ると、ごく僅かに前へと傾斜する。一方にもたれかかると、狭い座席の支えを失う。あなたは姿勢を変え、向きを変え、また姿勢を変える。
Your body adjusts to the cold, but you shiver all the same. The chair was designed for discomfort. While slouching, its low back drives into your shoulder blades. Sitting straight, it slopes forward ever so slightly. Leaning to one side, its narrow seat offers no support. You fidget, turn, and fidget more.

時が滲み出る。部屋に壁掛け時計は無く、あなたは時計を着けなくなって数年間経ち、携帯電話は電力切れだ。時の進みが遅い。頭上のどこかのパイプから液体が滴り落ちる速度に匹敵する程だ。遠方からサイレンの唸り声が這い寄って来る速度に匹敵する程だ。あなたは何度も何度も唾を飲み込むが、唾の塊は喉を離れない。
Time oozes by. There's no clock in the room, you haven't worn a watch in years, and your phone is out of power. Time drips as slowly as the pipe somewhere above you. It crawls as slowly the distant droning siren. You swallow again and again, but the lump doesn't leave your throat.

強く飲み込む。(6へのリンク。)
Swallow hard.

6

数分間が過ぎ、数時間が過ぎる。間違いなく数時間は経っている。あなたは椅子を諦め、冷たい壁に寄りかかる。既に頭上の滴りは不規則になり、サイレンは止まっている。廊下から重い足音が聞こえる。始めは右へと行き、次に左へと行く。あなたは一週間中腕に広がり続けている発疹を擦る。
Minutes pass. Hours pass. Surely, it's been hours. You give up on the chair and lean against a cold wall. The dripping above you has become irregular, and the sirens have stopped. Heavy footsteps sound out in the hall, first going to the right, then the left. You rub the rash that's been spreading down your arm all week.

時が過ぎる。どれくらいかは分からない。パイプから滴る。サイレンが唸る。足音が行ったり来たり。滴る。唸る。踏みしめる。あなたは強く飲み込み、荒めに呼吸する。壁へと沈み込み、床に座る。より一層冷たい。
Time passes. You can't say how much. The pipe drips. The sirens drone. Footsteps thud back and forth. Drip. Drone. Thud. You swallow hard and breathe harder. You sink down the wall to sit on the floor. It's even colder still.

ちょっとした永遠の後、ドアが開く。
After a small eternity, the door opens.

強めに飲み込む。(7へのリンク。)
Swallow harder.

7

モルガンとグラウアーが歩み入る。制服を変えたように見えるが、確かなことは言えない。もう丸々一日も経っているわけがない、違うか?まさか眠ったわけではあるまいな?
Morgan and Grauer walk in. It looks like they might have changed uniforms, but it's hard to say. It couldn't have been a full day already, could it? Did you sleep?

「姓名、生年月日、財団でのID番号は何です?」と、モルガンが尋ねる。同時にグラウアーは小さな端末を操作する。
"Full name, date of birth, and Foundation ID number?" asks Morgan as Grauer taps on a small tablet.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、542313だ。」
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. 542313."

「現在のポジションは?」
"Current position?"

「情報分析官。」
"Intelligence analyst."

「なら、お前は機密情報にアクセスしようとしていた自覚があるわけだな?」
"Then you're aware that you were attempting to access classified information?"

「言っただろう、ただ調査していただけだ。」(8.2へのリンク。)
「前にも言ったが、RAISAに知らせようとしていたさ。」(8.3へのリンク。)
「それはもう聞かれたぞ。」(8.4へのリンク。)
"I told you, I was just investigating."
"I was about to call RAISA, like I said."
"You already asked me that."

8.2

「問題のプロジェクトとは何です?」と、モルガンが尋ねる。
"What was the project in question?" asks Morgan.

「私は、あー、2025年度の内部ファイルシステム保全に関する報告書の追跡調査を行っていた。」汗があなたの腕を止め処なく伝う。「あなた方はそれがどのくらい重要なのかを知っているはずだ、そうだろう?深刻なんだ。」
"I was, uh, doing follow up for our 2025 report on securing internal file systems." Sweat beads under your arms. "You should know how important that it, right? It's critical."

「それで機密情報を深く詮索することにしたわけですか?あなたこそSCP-001の重要性を知っているはずなのですがね。」
"And you decided to pry into deeply classified information? You should know the importance of SCP-001."

保全されていると他にどうやって確かめるんだ?」(8.1へのリンク。)と、あなた。
"How else can we be sure it's secure?" you say.

8.3

「それは的を外しているな。」と、グラウアー。
"That's besides the point," says Grauer.

「この段階に至るまで、彼らに知らせるべきタイミングなど数え切れない程あったはずです。そして今、我々の相手をせざるを得ない状況になっているのです。」モルガンはその可能性に全くもって納得していないように見える。
"I can't count how many times you should have called them before you reached this point. Now you get to deal with us." Morgan doesn't look at all pleased about the prospect.

「では、あなたがどのようにしてセキュリティ対策を回避したのかを聞きましょうか。」
"Now, let's go over how you bypassed security measures."

「それは非常に専門性が高い。あなた方二人は理解できないだろうね。」(8.1へのリンク。)と、あなた。
"It's very technical. You two wouldn't understand," you say.

8.4

「つまり、お前が腑に落ちるような回答をしなかったということだ。」と、グラウアー。
"You must have not given a very good answer then," says Grauer.

「ペトロスキーさん、これ以上の面倒事を起こさないでください。」と、モルガン。彼女はこめかみを擦り、少しの間目を閉じる。「これは非常に重大な侵害です。我々は事実を解明するためだけにここにいるのです。」
"Mr. Petroskey, please don't cause any more trouble," says Morgan. She rubs her temples and briefly closes her eyes. "This is a very serious offense. We're only here to find out the facts."

「私は何も間違ったことをしていない。」(8.1へのリンク。)と、あなたは主張する。
"I didn't do anything wrong," you insist.

8.1

「なるほど。」と、モルガン。彼女とグラウアーは意味ありげに互いを見る。「後で戻ります。」
"I see," says Morgan. She and Grauer look at each other meaningfully. "We'll be back."

扉が彼らの後ろで閉まる。時が滴る。時が滲む。
The door closes behind them. Time drips. Time oozes.

(このページに到達した回数が0回の場合に表示。1)
それはあなたが家の排水路で片付ける汚泥へと変化する。
It turns to the sludge that you clean out of your gutters.

あなたは唾を飲み込む。深く呼吸をする。発疹を擦る。パイプから滴る。サイレンが唸る。足音が止む。椅子に座る。壁に寄りかかる。床に横たわる。[くだらない2/不吉な3]あれこれを追い続けるという[愚かな4/馬鹿げた5/忌まわしい6]決断を後悔する。
You swallow mucus. You breathe deeply. You rub at your rash. The pipe drips. Sirens drone. Footsteps fall. You sit on the chair. You lean against the wall. You lay on the floor. You regret the [foolish/idiotic/terrible] decision to ever follow up on something so [silly/ominous].

(このページに到達した回数が0回の場合に表示。7)
正しく、昇進するための秘密なわけだ。
Secret to getting promoted indeed.

(このページに到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
時が過ぎる。何にせよ。(9へのリンク。)
Time passes, somehow.

9

(このページに到達した回数が0回の場合に表示。8)
モルガンとグラウアーが歩み入る。彼女の髪は今回だんごで、彼の無精髭は前より濃く見える。もう丸々一日も経っているわけがない。違うか?まさか一睡したわけではあるまいな?
Morgan and Grauer walk in. Her hair is in a bun now, and his stubble looks thicker. It couldn't have been a full day already, could it? Did you even sleep?

「姓名、生年月日、財団でのID番号は何です?」と、モルガンが尋ねる。同時にグラウアーは小さな端末を操作する。タッピングの一つ一つが一定のドラムビートを刻む。
"Full name, date of birth, and Foundation ID number?" asks Morgan as Grauer taps on a small tablet. Each impact is a steady drumbeat.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、542313だ。」
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. 542313."

「現在のポジションは?」
"Current position?"

(このページに到達した回数が1回の場合に表示。)
「情報分析官。」
"Intelligence analyst."

「なら、お前は機密情報にアクセスしようとしていた自覚があるわけだな?」
"Then you're aware that you were attempting to access classified information?"

「言っただろう、ただ調査していただけだ。」(8.2へのリンク。)
「前にも言ったが、RAISAに知らせようとしていたさ。」(8.3へのリンク。)
「それはもう聞かれたぞ。」(8.4へのリンク。)
"I told you, I was just investigating."
"I was about to call RAISA, like I said."
"You already asked me that."

9.2

(このページに到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
モルガンとグラウアーが歩み入る。彼女の髪は長くなっている。違うか?彼の無精髭は灰色がかって見える。違うか?彼らがあなたをここに放り込んでから一か月も経ったのか?それどころか数か月か?知る術はあるのか?
Morgan and Grauer walk in. Her hair is longer, isn't it? His stubble looks grayer, doesn't it? Has it been a month since they threw you in here? Months, even? Could you hope to tell?

「姓名、生年月日、財団でのID番号は何です?」と、モルガンが尋ねる。同時にグラウアーは小さな端末を操作する。タッピングの一つ一つが、肉を打つ拳のように鈍い。銃撃のように鋭い。彼の指はあなたにとっての銃殺隊だ。
"Full name, date of birth, and Foundation ID number?" asks Morgan as Grauer taps on a small tablet. Each impact is dull as a fist against flesh. Each is sharp as a gunshot. His fingers are your firing squad.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、542313だ。」
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. 542313."

「現在のポジションは?」
"Current position?"

まさか嵌まったのか?もしかして孤立したか?
Trapped, maybe? Alone, perhaps?

(このページに到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
「これ以上何も知らない。」
"I don't know anymore."

「それで、お前は機密情報にアクセスしようとしていた自覚があるわけだな?」
"And you're aware that you were attempting to access classified information?"

「私はそれを売ろうとしていた。」(9.6へのリンク。)
「私はそれを共有しようとしていた。」(9.7へのリンク。)
「私はそれを使おうとしていた。」(9.8へのリンク。)
"I was going to sell it."
"I was going to share it."
"I was going to use it."

9.6

「なるほど。」と、モルガン。彼女とグラウアーは互いを見るが、そこに意味は無い。今や単なる儀礼に過ぎない。とは言え、あなたは彼らが再びその扉から出て行くことに耐えられない。耐え難いのだ。何か起こってくれ。何でも良いから。
"I see," says Morgan. She and Grauer look at each other, but there's no meaning. It's just a ritual now. You can't bear to let them walk out that door again though. You just can't. Anything would be better. Anything at all.

(9.2に到達した回数が1回の場合に表示。)
「売ったのはこれまでに一度だけだ。」と、あなた。「誓うよ。」
"I only did it once before," you say. "I swear."

「何の情報を、誰に?いつ、そしていくらでですか?」
"What information, to who? When, and for how much?"

「マクドにだ。マーシャル・カーター・ダーク、分かるだろう?記録を差し出せる。記録の全てを持っている。とにかく私のコンピューターに戻させてくれ。全て見せるからさ。」彼らはあなたを見詰める。一対の眼はくたびれて、もう一対は涙ぐんでおり、双方共に非情だ。「私は、あー、カーターその人と取引をしていた!彼女を捕らえる助けになれるか?頼むよ。」
"Micky D's. You know, Marshall, Carter, Dark? I can give you records. I have all the records. Just let me go back to my computer. I'll show you everything." They stare at you. One set of eyes tired, one weepy, both implacable. "I was, uh, dealing with Carter herself! I can help you catch her? Please."

呼吸が苦痛に満ちる。喉が痛む。二人組は見詰める。しかしあなたは、彼らがあなたのことを見ることができるとは思わない。彼らは不気味に迫る。時が滴る。彼らは背を向ける。時の滲みが止まりかける。
Your breaths are pained. Your throat hurts. The pair stares, but you don't think they can see you. They loom. Time drips. They turn around. Time oozes to a near stop.

(9.2に到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
そして彼らは再びいなくなる。(9.4へのリンク。)
And they leave again.

9.7

「なるほど。」と、モルガン。彼女とグラウアーは互いを見るが、そこに意味は無い。今や単なる儀礼に過ぎない。とは言え、あなたは彼らが再びその扉から出て行くことに耐えられない。耐え難いのだ。何か起こってくれ。何でも良いから。
"I see," says Morgan. She and Grauer look at each other, but there's no meaning. It's just a ritual now. You can't bear to let them walk out that door again though. You just can't. Anything would be better. Anything at all.

(9.2に到達した回数が1回の場合に表示。)
「友人と共有するだけだ。」と、あなた。「彼は非常に興味を持っていて、嫌とは言えなかったまでだ。」
"Just to share with a friend," you say. "He was so curious, and I just couldn't say no."

「何を目的に?何故こうしたものを共有することが重要なのです?」
"And to what end? Why share something this important?"

「彼はチャーミングなんだ。」と、あなたはそれで全て説明がつくかのように言う。実際、この場合は説明がつく。違った理由を、例えばより邪悪な理由を挙げられる程にあなたが狡賢いならばどんなに良いか。モルガンとグラウアーはあなたを見詰める。財団が雇用した中でも最大級の馬鹿者を見る目さながらに。もしかすると彼らは正しい。
"He's cute," you say, as if that explains everything. It does, in this case. If only you were devious enough to have a different reason. A more sinister one. Morgan and Grauer stare at you like you're the biggest idiot the Foundation's every employed. Maybe they're right.

呼吸が苦痛に満ちる。喉が痛む。二人組は見詰める。しかしあなたは、彼らがあなたのことを見ることができるとは思わない。彼らは不気味に迫る。時が滴る。彼らは背を向ける。時の滲みが止まりかける。
Your breaths are pained. Your throat hurts. The pair stares, but you don't think they can see you. They loom. Time drips. They turn around. Time oozes to a near stop.

(9.2に到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
そして彼らは再びいなくなる。(9.4へのリンク。)
And they leave again.

9.8

「なるほど。」と、モルガン。彼女とグラウアーは互いを見るが、そこに意味は無い。今や単なる儀礼に過ぎない。とは言え、あなたは彼らが再びその扉から出て行くことに耐えられない。耐え難いのだ。何か起こってくれ。何でも良いから。
"I see," says Morgan. She and Grauer look at each other, but there's no meaning. It's just a ritual now. You can't bear to let them walk out that door again though. You just can't. Anything would be better. Anything at all.

(9.2に到達した回数が1回の場合に表示。)
「そのなんだ、001ということは、何か特別なもののはずだ、そうだろう?金、健康、別の何かか?その何かが必要なんだ。」
"I mean, it's 001, it has to be something special, right? Money, health, something? I need something."

「その力で何をするつもりだったのですか、ペトロスキーさん?」
"What did you plan to do with that power, Mr. Petroskey?"

「財団を手助けするのさ!それ以外に一体何をするって言うんだ?そうでないのなら、我々はそれを一切使うべきではないと思っていたさ。それは我々の務めではないからね。だがもしアノマリーでそれらを収容しないといけないのなら?もしそれが必須なら?これまで誰か考えたことは?我々にできたはずのあらゆる善行を考えてみろ!」あなたの熱意溢れる弁解は、財団自身の公正な等閑視によって迎えられる。
"Help the Foundation! What else would I ever do with it? I thought we would never use it otherwise. That's not our mission. But what if we have to use anomalies to contain them? What if that's necessary? Did anyone ever think of that? Think of all the good we could be doing!" Your impassioned plea is met with the dispassionate disregard of the Foundation itself.

呼吸が苦痛に満ちる。喉が痛む。二人組は見詰める。しかしあなたは、彼らがあなたのことを見ることができるとは思わない。彼らは不気味に迫る。時が滴る。彼らは背を向ける。時の滲みが止まりかける。
Your breaths are pained. Your throat hurts. The pair stares, but you don't think they can see you. They loom. Time drips. They turn around. Time oozes to a near stop.

(9.2に到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
そして彼らは再びいなくなる。(9.4へのリンク。)
And they leave again.

9.4

鼻水が垂れる。胸が波打つ。喉が疼く。
Your nose runs. Your chest heaves. Your throat aches.

上の灯りから液体が漏れ、下の排水溝が光る。
The light above leaks. The drain below glows.

遠方では、足音が唸り、サイレンが独房の外で近寄ったり遠のいたりする。
In the distance, footsteps drone. Sirens rumble back and forth outside your cell.

ドアが再び開く。(9.2へと戻るリンク。)
The door opens again.

10.1

あなたは狭い椅子からよろよろと立ち上がる。我慢できないのだ。これ以上待ったとしても永遠に嵌まったままだ。時はやがて止まる。時はやがて死ぬ。時はやがて死に、あなたはそこに取り残される。時はやがて死ぬが、あなたはそうならない。
You lumber out of the narrow chair. There's no withstanding it. You'll be trapped forever if you wait any longer. Time will stop. Time will die. Time will die, and you'll be left there. Time will die and you never will.

モルガンとグラウアーは一つの重い枷で拘束されている。彼女の銃が先に上がり、彼のはそれに続く。彼らがあなたに狙いをつけるまでに何時間もかかるように感じられる。
Morgan and Grauer are bound by the same heavy shackles. Her gun rises first, his a second behind. It feels like hours before they level with you.

何週間も。
Weeks.

何年間も。
Years.

彼らの指が引き金を引いている間、あなたは永遠に苦しむ。弾丸が銃身から這い出てふらふらと向かって来る間、あなたは空虚な永劫を耐える。あなたを目指す祝福されし遥かなる旅が終わるその時。
You suffer an eternity as their fingers pull triggers. You bear empty eons as the bullets crawl from the barrel and lurch toward you. As they finish a long, blessed journey to reach you.

痛みは素早く、即効性で、決定的なものとなる。(The pain is swift, immediate, and final.へのリンク。)
The pain is swift, immediate, and final.

The pain is swift, immediate, and final.

そんな心地良い抱擁にも拘わらず、パイプから滴り続ける。滴り、滴り、滴る。以前よりも安定して。より速く。更に間髪入れずに。
Despite that pleasant embrace, the pipe keeps dripping. It drips, and drips, and drips. It's steadier than before. Faster. More immediate.

そして痛む。(And it hurts.へのリンク。)
And it hurts.

And it hurts.

あなたはうつ伏せの状態で、口の奥側に強烈な血の味を感じながら目を醒ます。口の前方でもそうであるし、半分凝固したその泥沼が喉中を移動している感覚もある。あなたはティッシュペーパーを鼻に当て、机から特に酷い部分を拭き取ろうとする。そこら中に飛び散っている。一体どれくらい体内に残っているのだろうか?
You wake face down with the rich taste of blood at the back of your mouth. It's at the front of your mouth too, and the feeling of its half-coagulated morass runs the length of your throat. You put a tissue to your nose and try to clean the worst of it off your desk. It's gotten everywhere. How much is even left in your body?

コンピューターはあなたが意識を失っている間にスリープ状態に移行したが、あなたはその前に何をしていたのかを覚えている。小個室は寒くないが、震えはそのままだ。発疹を擦る。けたたましく鼻をすする。繰り返さないでくれ。絶対に繰り返さないでくれ。
The computer went to sleep some time during your stupor, but you remember what you were doing before that. It's not cold in your cubicle, but you shiver all the same. You rub your rash. You sniff loudly. Not again. Absolutely not again.

あなたは壁に留められているラミネート加工された内線一覧の上で指を滑らせる。それはサイトのRAISA担当者で止まる。x9191。
You run a finger down the laminated list of extensions pinned to the wall. It settles on the site's RAISA representative. x9191.

二回の呼び出し音後に何者かが電話に出る。「やぁ、あー、もしもし、どうも。」あなたは早口で捲し立てる。「収容違反を通報したいのだが。」
Someone picks up the phone after two rings. "Hi, uh, hello, hey," you sputter. "I'd like to report a security breach."

END
END

12.1

モルガンとグラウアーはそこにいる。彼らは最早人間ではない。あなたを相手にしていない。彼らは彼ら自身の表象だ。彼らは表象の表象だ。彼らは双方共モルガンだ。彼らは双方共グラウアーだ。彼らは双方共にモルガングラウアーだ。彼らは存在が不明瞭な実体になり果てた。
Morgan and Grauer are there. They aren't people anymore. Not to you. They're symbols of themselves. They're symbols of symbols. They're both Morgan. They're both Grauer. They're both Morgan and Grauer. They have become untenable entities.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、542313だ。」と、モルガン。
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. 542313," says Morgan.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、542313だ。」あなたは首肯する。
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. 542313," you agree.

「情報解析官。」と、グラウアー。
"Information analyst," says Grauer.

「情報解析官。」あなたは復唱する。
"Information analyst," you repeat.

「機密情報。」彼らは共に言う。
"Classified information," they say together.

「機密情報。」("Classified information."へのリンク。)
"Classified information"

"Classified information."

あなたは独房内にいる。二人組に対面している。彼らはあなたに弁明を求める。答えを望む。あなたの下には冷たい椅子がある。周りには冷たい壁がある。灯りは点灯している。床は硬い。プラスチック製のバインダーがあなたの膝の上に置かれてある。(A plastic binder rests on your lap.へのリンク。)あなたはそれを読むことができる。とは言え、眼前の表象は答えを望む。第一に答え。答えの全て。答えを絞り切る。新しい答えのために深くまで掘り返す。答え。答えを。
You're in the cell. You're facing the pair. They ask you to justify yourself. They demand answers. There's a cold chair under you. There are cold walls around you. The light is lit. The floor is solid. A plastic binder rests on your lap. You could read it. The symbols in front of you demand answers though. Answers first. Every answer. Wring the answers dry. Delve deep for new ones. Answers. Answers.

説明を試みる。(Try to explain.へのリンク。)
他の方法を試みる。(Try another way.へのリンク。)
どうにか説明する方法があるはずだ。(There must be some way to explain.へのリンク。)
Try to explain.
Try another way.
There must be some way to explain.

A plastic binder rests on your lap.

ラミネート加工された紙束の入ったバインダーが古い記憶を強く呼び起こした。兵器化されたマインドフルネスを通じて精神的概念に対抗するための標準実践手順は当時苦行だったが、全体を再び読む必要は無い。備忘録は間に合っている。あなたはページをパラパラとめくり、確かな明瞭さが思考内に戻って来ることを感じる。あなたの意思が再出現する。財団という後ろ盾を味方につける。思考に充満する靄に対して武装する。
The binder of laminated sheets tugs at an old memory. Standard Operating Procedures for Combating Mental Constructs Through Weaponized Mindfulness was a slog then, but you don't need to read it in full again. A reminder is enough. You flip through the pages and feel a certain clarity returning to your mind. Your intentionality resurfaces. You bring to bear the might of the Foundation's protections. You arm yourself against the haze filling your mind.

幻影を押し退ける。(Fishfook Endへのリンク。)
Push away the illusions.

Fishfook End

光の柱が暗い部屋の中央で輝く。あなたは歩いて近付き、ドレスシューズがかつて独房だった場所のタイル張りの床をコツコツと叩く。椅子が消える。壁が消える。肌寒さが消える。あなたはそれら全てに打ち克った。
A column of light shines at the center of the dark room. You walk closer, dress shoes clicking against the tiled floor of your former cell. The chair is gone. The walls are gone. The chill is gone. You outlived them all.

力無く倒れたモルガンとグラウアーの死体が光の端に横たわっている。力無く倒れたモルガンとグラウアーの死体がそれらの向こう側に横たわっている。力無く倒れたモルガンとグラウアーの死体が遥か彼方まで広がっている。タイル張りの床の小さな四角が、モルガンとグラウアーの墓場の上に形作られている。それはモルガンとグラウアーの海の上を航行する。それはモルガンとグラウアーと名付けられた特異点にまであり続ける。
The crumpled bodies of Morgan and Grauer lie at the edge of the light. The crumpled bodies of Morgan and Grauer lie beyond those. The crumpled bodies of Morgan and Grauer stretch into the distance. The tiny square of tiled floor rests on a graveyard of Morgan and Grauer. It sails on a sea of Morgan and Grauer. It persists atop the singularity named Morgan and Grauer.

光の中で一本の釣針が吊るされている。それは蜘蛛の巣の一本の長い糸から垂れ下がっている。それはあなたを招き寄せていない。そのことは自信を持って言える。それは触れられることを望んでいない。崇拝を無理強いしていない。単純に存在しているだけだ。
In the light hangs a single fishhook. It dangles from a long strand of spider's web. It doesn't beckon you. You can tell that much. It does not demand touch. It does not compel worship. It simply exists.

あなたはこれ以上高尚なものを見たことが無い。
You've never seen anything more sublime.

手に取る。(Take it.へのリンク。)
拒む。(EndInter2へのリンク。)

Take it.

あなたは釣針を手に取り、その鋭利さを慈愛の目で注視する。この衝動は、それが示す性質によるものだ。そのような頂点に達することができるならばどんなに良いか。あなたはそれを親指に突き刺す。釣針同様、血の滴も完全である。釣針は騙して捕らえるために存在する。血は流れるために存在する。あなたにそのような目的があるならばどんなに良いか。
You take the fishhook and fondly regard its sharpness. The drive with which it expresses its nature. If only you could achieve such a pinnacle. You prick your thumb against it. The drop of blood is perfect in the same way the fishhook is. The hook exists to snare. The blood exists to bleed. If only you had such purpose.

それらと比べて目的意識が無いとは言え、あなたは少なくとも釣針を完成させることができる。ゆっくりと、着実に上唇を貫き通す。それは急に強く引っ張り、しっかりとした蜘蛛の巣の糸があなたを引き上げる。上へ、上へと。独房から離れて。モルガンとグラウアーから離れて。あなたが今日乗り越えた全てから離れて。
Though aimless in comparison, at least you can complete the hook. Slowly, steadily, you push it through your upper lip. It tugs, and the soliday strand of spiderweb pulls you upward. Up and up. Away from the cell. Away from Morgan and Grauer. Away from everything the day put you through.

あなたは素晴らしき静止の中に吊るされ、釣針が唇を強く引っ張っている。あなたの周囲では他の者達が同じ姿勢でいる。彼らは全員血を流している。彼らは全員垂れ下がっている。彼らは全員歓喜に打ち震えている。
You hang in wonderful stillness, hook tugging away at your lip. All around you are others in the same position. They all bleed. They all dangle. They all look elated.

あなたは遂に何か重要なことを成し遂げた。
You've finally accomplished something important.

END
END

EndInter2

あなたはずっと昔に高尚さは覆面だということを学んだ。特にこの職種においては。ありのままの不可解さでは抵抗に遭う可能性がある。ありのままの悪意では反抗に遭う可能性がある。覆面は双方を真に恐ろしいものにするのだ。
You learned a long time ago that the sublime is a mask, especially in this line of work. The naked weirdness can be withstood. The naked evil can be resisted. The mask is what makes both truly terrible.

あなたは体の向きを変え、モルガンとグラウアーの大陸棚を歩いて渡り、端まで辿り着く。
You turn away and walk across the continental shelf of Morgan and Grauer until you reach the edge.

あなたは空中に足を踏み入れ、モルガンとグラウアーの無限に続く塔を過ぎつつ墜ちる。
You step into the air, and fall past the infinite tower of Morgan and Grauer.

最終的に、あなたは彼らのどちらでもない何かに叩きつけられる。
Eventually, you slap against something that is neither of them.

そして痛む。(HurtEnd2へのリンク。)
And it hurts.

HurtEnd2

あなたは汚れたカーペットに俯けに横たわっている。脚が痛む。背中が痛む。全てが痛む。顔の片側に粘り気を感じ、それが血であることに気が付く。鼻から血が漏れている。耳から血が漏れている。目から血が漏れている。あなたはけたたましく呻き、手と膝をついた状態まで自らを押し上げる。再び気を失う前に、是が非でもやらなければならないことがある。
You're lying prone on the dirty carpet. Your legs hurt. Your back hurts. Everything hurts. One side of your face feels sticky, and you realize it's blood. Blood leaking from your nose. Blood leaking from your ears. Blood leaking from your eyes. You moan loudly and push yourself up to hands and knees. There's something you desperately need to do before you pass out again.

あなたは壁に留められているラミネート加工された内線一覧の上で指を滑らせる。赤い染みが折れた指の通り道を追従する。指を滑らせるにつれてそれは斜めに折れ曲がり、不自然な角度に傾く。サイトのRAISA担当者で止める。x9191。
You run a finger down the laminated list of extensions pinned to the wall. A red smear follows your broken digit's path. It bends sideways as you go, trending toward an unnatural angle. You stop on the site's RAISA representative. x9191.

三回の呼び出し音後に何者かが電話に出る。「やぁ、あー、もしもし。」あなたは早口で捲し立てる。「……をしなければ……。」三つの何かが胸で割れ、苦痛に満ちた圧迫感が突如湧き上がる。
Someone picks up the phone after three rings. "Hi, uh, hello," you sputter. "I need to-" Three somethings crack in your chest, and a pained squishing sensation surges upward.

あなたはカーペットの柔らかい抱擁へと再度崩れ落ちる。
You collapse back into the carpet's soft embrace.

END
END

Try to explain.

とは言え、何を説明するんだ?あなたはあらゆる種類の厳粛な規則と重要な掟を故意に破った。何らかの制裁は不可避だ。
What is there to explain, though? You knowingly broke all sorts of serious rules and important regulations. Some kind of punishment was inevitable.

あなたは自らの能力を誇示したがために自分の防衛体制を破壊した。小個室の壁の周りに建てられた防衛設備を見て、それらを土台から壊すことに決めた。侵略者の殺到を招いた。
You flaunted your ability to destroy your own defences. You saw the fortifications erected around the walls of your cubicle and decided to undermine them. An outpouring of invaders was invited in.

あなたはそれを弁明する手段を何も考え付けない。自らの心臓を他者に握らせるという強い意志を胸に肋骨を大きく広げたなど、どう説明するというのか。
You can't think of anything that justifies that. How do you say that you spread your own ribs wide with every intention of allowing another to grasp your heart?

("Classified information."に到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
しかし他に話すことがあるのかもしれないか?("Classified information."へと戻るリンク。)
But maybe there's something else to say?

Try another way.

あなたは曰くつきの子供時代を過ごした。それだ。シカゴに星が墜ちるのを目撃し、それから何もかもが変わった。両親は速く逃げるためにあなたを見捨てたが、彼らを責められる者などいようか?何者であってもあなたを憐みの目で見るはずだ。それは自信を持って言える、違うか?
You had a troubled childhood, that's it. You saw the stars fall on Chicago and were never quite the same after that. Your parents abandoned you to run faster, and who can blame them? Pity is all anyone should see you with. You can say that much, can't you?

いや、違うな。彼らの追及内容にあるような歴史に名を遺す事柄を大胆にも為したにしては、あなたは普通に育ち過ぎた。001文書を調べたにしてはつまらな過ぎる。ファイアウォールとエアーギャップを回避したにしては控えめ過ぎる。あなたのはずがない。
No, not that. You grew up too average to ever dare do anything as monumental as their accusations. You're too boring to look at 001's documentation. You're too unassuming to bypass firewalls and airgaps. It couldn't have been you.

しかし仮にそうだったとして、あなたを裁くこの二人のエージェントは何者なんだ?あなたが何者なのか、彼らは知らないのでは?あなたの家族がどれほど影響力を持つのか知らないのでは?こんなのは不条理だ。あなたは返答さえしないつもりだ。追及に対しても、一切。
But even it could have, who are these two agents to judge you? Don't they know who you are? Don't they know how influential your family is. This is absurd. You won't so much as respond to it. Not these accusations. Not any.

("Classified information."に到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
しかし他に話すことがあるのかもしれないか?("Classified information."へと戻るリンク。)
But maybe there's something else to say?

There must be some way to explain.

あなたこそが過ちだった。何も弁明になってはいないが、間違いなく説明している。財団はあなたを決して雇用するべきではなかった。大学はあなたを決して入学させるべきではなかった。両親はあなたを決して産むべきではなかった。
You were a mistake. That doesn't justify anything, but it certainly explains it. The Foundation never should have hired you. The University should have never have accepted you. Your parents never should have had you.

あなたが犯したあらゆる過ちはああいった不始末によるものだ。あなたの行動に見られる落ち度は彼らが責を背負っている。あなたは既に全ての責任を赦されているのだ。
Any mistakes you've made are due to those blunders. Any fault in your actions is on their shoulders. You have already absolved yourself of every responsibility.

彼らのしくじりをあなたはどう悔いるというのか?
How are you to repent for their errors?

("Classified information."に到達した回数が1 or 2回の場合に表示。)
しかし他に話すことがあるのかもしれないか?("Classified information."へと戻るリンク。)
But maybe there's something else to say?

EndPath4

正しく、他に話すことは無い。あなたの弁明は失敗した。彼らを納得させられず、自らを納得させられず、そしてあなたはこれ以上の戯言を弄する立場にいない。
Indeed, there's nothing else to say. Your justifications have failed. You haven't convinced them, you haven't convinced yourself, and you aren't in a place to say more regardless.

あなたは無限に連なるエメット・ペトロスキー達に混じって並んでいる。一人一人が橙色のつなぎを着ている。一人一人が重い鎖で拘束されている。あなたの手首は次に並んでいるエメットの足首に繋がれている。足首はすぐ後ろのエメットの手首に繋がれている。
You stand in an infinite line of Emmet Petroskeys. Each wears an orange jumpsuit. Each is bound by heavy chains. Your wrists are linked to the ankles of the next in line. Your ankles are linked to the wrists of the one behind.

あなた達は全員足を引き摺り、一定の歩調で前に進む。一歩一歩。一マイル一マイル。遠方では二人の巨大な人物が二つの巨大な椅子に座っている。モルガンとグラウアーはあなた達の行進を俯瞰する。彼の微かな笑みは最早不気味な笑いだ。彼女の水を湛えたような眼は最早涙の海だ。彼らは彼らの極致に至った。
You all shuffle forward at a steady pace. Step by step. Mile by mile. In the distance, two enormous chairs seat two enormous figures. Morgan and Grauer look down on the procession of yourself. His slight smile might as well be a ghastly grin. Her watery eyes might as well be oceans of tears. They have reached the apex of themselves.

足を引き摺り、前に進む。(100.1へのリンク。)
Shuffle forward.

100.1

あなたは巨人が裁く場所からエメット・ペトロスキー千人分の位置にいる。グラウアーが無数にいるあなた達の内の一人に対して肉屋の大包丁を振り下ろす。それらは血みどろの霧へと弾ける。あなたはエメット・ペトロスキー五百人分の位置にいる。モルガンが兵士の槍を刺し下ろし、あなた達の内の一人が真っ二つに分かれる。あなたは再び前進する。
You're one-thousand Emmet Petroskeys away from where the giants will judge you. Grauer swings a butcher's cleaver down at one of your countless selves. They splatter into a gorey mist. You're five-hundred Emmet Petroskeys away. Morgan thrusts a soldier's spear down, and one of your selves is split in two. You advance again.

あなたはエメット百人分の位置にいる。ペトロスキー五十人分離れている。十人。五人。一人。あなたは足を引き摺り、彼らの裁きの舞台へと近寄る。
You're one-hundred Emmets away. You're fifty Petroskeys distant. Ten. Five. One. You shuffle up to the focus of their judgement.

「姓名、生年月日、財団でのID番号は何です?」と、モルガンが尋ねる。彼女の声はダムが決壊するかのように轟く。
"Full name, date of birth, and Foundation ID number?" asks Morgan. Her voice thunders like a breaking dam.

「現在のポジションは?」と、グラウアーが尋ねる。彼の声は裂けた腱や割れた骨のように疼かせる。
"Current position?" asks Grauer. His voice aches like torn tendons and cracked bones.

「エメット・ペトロスキー、1981年2月9日、542313、情報分析官。」(100.2へのリンク。)
"Emmet Petroskey. February 9, 1981. 542313. Intelligence Analyst."

100.2

「なら、お前は機密情報にアクセスしようとしていた自覚があるわけだな?」グラウアーが尋ねる。彼の言葉は胸へのスレッジハンマーの一撃かのようにあなたを打ちのめす。彼はその長い大包丁を持ち、あなたの首に突き付ける。
"Then you're aware that you were attempting to access classified information?" asks Grauer. His words strike you like a sledgehammer to the chest. He brings his long cleaver to rest at your neck.

「一悶着の必要はありません。」と、モルガン。彼女の言葉は航空機が雲を突き抜けるかのように反響する。彼女はその長槍を下に向け、あなたの心臓に突き付ける。
"This doesn't have to be a scene," says Morgan. Her words howl like a plane careening out of the clouds. She lowers her long spear to rest at your heart.

あなたは汗をかき、息を切らし、苦しく喘ぐ。この状況はもうたくさんだ。言葉の端々から尊大さが感じられる。あなたはそのいずれも欲したことがない。これっぽっちもだ。それはお構いなしに降りかかった。やるべきことはただ一つ。
You sweat, gasp, and wheeze. The situation is too much. It's overbearing in every meaning of the word. You never wanted any of this, not one bit. It fell to you regardless. There's only one thing left to do.

懺悔する。(100.3へのリンク。)
一悶着を起こす。(ResetStartへのリンク。)
Confess.
Make it a scene.

100.3

「私は過ちを犯した。」と、あなた。ここではあなたの言葉はただの言葉に過ぎない。それらは轟かない。それらはどよめかない。あなた自身が巨人ではないのだ。「愚かしい過ちを犯した。掟を破った。同僚や他全員を危険に晒した。他に何が言えるんだ?財団が私を信じたのは誤りだった。申し訳ない。」
"I made a mistake," you say. Your words are just words here. They do not thunder. They do not rumble. You are not yourself a colossus. "I made a stupid mistake. I broke the regulations. I endangered my colleagues and everyone else. What else can I say? The Foundation's trust in me was misplaced. I'm sorry."

「それで?」と、聳え立つエージェント。あなたは言葉の重みを感じる。背骨が軋む。眼が潤む。槍が引き下がる。大包丁が引き下がる。どちらも真に収めたわけではない。
"And?" the towering agents say. You feel the weight of the word. Your spine shutters. Your eyes water. The spear pulls back. The cleaver pulls back. Neither is a true retreat.

「辞表願を届け出たい。」
"I would like to submit my resignation."

双方共あなたを打ちのめす。(End4へのリンク。)
They both strike.

End4

あなたの息絶えた体は数分以内に机で発見される。現場は隔離される。警告テープが小個室に張り巡らされる。あなたのファイルは詳細に調査される。コンピューターは分解され、解析される。遺体も運び去られる。
Your lifeless body is found at your desk within minutes. The scene is quarantined. Warning tape is strung across the cubicle. Your files are pored over. Your computer is dissected and analyzed. Your corpse is carted away too.

結局、あれほど標準的な職員を死線へと駆り立てたものが何なのか究明できなかった。ある派閥は異常性の影響だと言う。別の派閥は金銭的利益だと言う。第三の派閥は出来心だと提唱する。最終的に当該ファイルは、SCP-001へのアクセスを試みる他の者達のそれと共に封じられる。
In the end, none can determine what pushed such a normal employee over that dangerous line. One party says anomalous influence. Another says monetary gain. A third claims it was mere impulse. Eventually the file is sealed away along with the others who tried to access SCP-001.

あなたの死体は後に廃棄されるが、ベリーマンとラングフォードの遺産の効力の更なる研究のために脳は保存される。つまるところ、学びに終わりは無いということだ。
Your body is later discarded, but your brain is preserved to further study the effects of Berryman and Langford's legacy. After all, there's always more to be learned.

END
END

ResetStart

あなたはまだ強力な秘密の言葉を隠し持っている。既に失敗したどんな問題をも解決するものだ。それ自体は真実であるが、それ以外の面もある。魔法は唱えることで他全員に迷惑をかける。呪うことで官僚制度の荊を育む。
You still have secret words of power tucked away. The ones to solve any problem had failed, that much is true, but there are others. Magics spells to create problems for everyone else. Curses to grow the brambles of bureaucracy.

「抗議を申し立てたい。」
"I want to file an appeal."

巨人達は屈んで見詰める。彼らの眼は溶鉱炉だ。呼吸はつむじ風。どちらも剃刀のような歯を顕わにする。法的措置や規約の盾以外にあなたを守れるものは無い。
The colossi lean down to stare. Their eyes are furnaces. Their breaths, whirlwinds. Each bares razor teeth at you. Without the armor of processes and bylaws, nothing could protect you.

「何?」
"What?"

「抗議を申し立てたい、と言ったのだ!まさかそれについても告訴したいのか!?」
"I said I want to file an appeal! Or did you want to make it a complaint too!?"

モルガンとグラウアーは歯擦音を立てて後退り、頭部は暗く靄がかった遥か高所に消えていく。彼らの武器は遠く離れて引っ込み、あなたに対して意味をなさない。順守すべき長い儀式が今あり、聖なる挑戦が行われようとしている。あなたは他の奴と同じようには刎ねられない。そう簡単には死なない。
Morgan and Grauer hiss and draw back, heads disappearing into the dark hazy high above. Their weapons withdraw so far away as to be useless against you. There are long rites to be observed now, and sacred challenges to be made. You will not be chopped down like the others. You will not die so easily.

「なら抗議してみろ。」
"Make your appeal then.

弱っている蛍光灯からの黄色い光があなたを包み込む。(2へと戻るリンク。)
Yellow light from failing fluorescents washes over you.

AppealEnd

モルガンとグラウアーは互いを見る。今やその意味は、かつてに無い程はっきりしている。あなたが新たに手にした落ち着きへの懸念。あなたによる権利の発動への憂慮。結局、どちらも一介の門衛に過ぎない。他人の権力の執行者だ。彼らを恐れる必要は無い。
Morgan and Grauer look at each other. The meaning is clearer now than it ever was before. Concern at your newfound calm. Worry at your invocation of authority. In the end, each is a mere gatekeeper. A dispenser of others' power. You don't need to fear them.

「あなたがそのつもりなら……。」と、モルガン。彼女の眼は乾いている。
"If you're sure…" says Morgan. Her eyes are dry.

「そのつもりだ。」
"I am."

「我々はお前を止めはしない……。」と、グラウアー。彼の笑みは消えている。
"We wouldn't stop you…" says Grauer. His smile is gone.

「なら止めるな!あんたらの上官に話をさせろ。」
"Then don't! Let me talk to your superior."

モルガンとグラウアーは再び互いを見る。彼女はこめかみを擦る。彼はゆっくりと肩を竦める。彼ら双方共力強く頷き、扉へと歩く。開く。いなくなる。閉まる。
Morgan and Grauer look at each other again. She rubs her temples. He shrugs slowly. They both nod firmly and walk to the door. It opens. They leave. It closes.

あなたは自分の選択に自信を持ってそこに座っている。過ちは犯したが、それによって吊られはしない。悲劇的な前例にはならない。官僚制度の庇護はあなたの側にあるのだ。
You sit there, confident in your choices. You made a mistake, but you won't be hung for it. You won't be made a tragic example. The protections of bureaucracy are upon you.

扉が再び開く。(AppealEnd2へのリンク。)
The door opens again.

AppealEnd2

黒い汚泥が扉の縁から押し寄せる。それは無数の腕をくねらせながら無理矢理進む。その一つ一つが極小の間隙や亀裂を掴む。それは床を這い、壁を駆け上り、天井まで覆い尽くす。それは自らの上を這い、中心に向かって周回し、あなたの四方が危うく触れそうになるまで続いた。あなたの眼前で二つの碧眼が開き、歯の無い口腔も同様に開く。
Black sludge surges around the door's edges. It drags itself along with countless squirming arms, each grasping at the tiniest gaps and cracks. It crawls along the floor, sweeps along the walls, and wraps up onto the ceiling. It crawls on itself, circling inward until it nearly touches you on all sides. Two blue eyes open in front of yours, as does a toothless maw.

「抗議は形式3526-Fに則って申し立てなければならない。」と、汚泥。そしてあなたを覆い尽くし終える。あなたは悲鳴を上げ、それは口を充満させる。あなたは足掻き、それは締め付ける。抱擁は冷たく、湿っている。
"Appeals must be filed accompanied with form 3526-F," the sludge says. Then it finishes wrapping around you. You scream, and it fills your mouth. You struggle, and it tightens. The embrace is cold and damp.

力強い抱きつきの中、時が遅くなり、止まり、そして死ぬ。それは追悼される。それは火葬される。あなたは時の墳墓に立ち尽くして嘆く。その霊廟の中に立ち尽くして吼える。
In that firm grasp, time slows, stops, and dies. It's mourned. It's cremated. You stand at the grave of time and wail. You stand in its mausoleum and howl.

もしくはそうしただろう。できるのであればの話だが。
Or you would, if only you could.

END
END

Untitled Passage

(通常、このページには到達することができず、htmlファイルのソースでのみ確認できる隠しページです。)
秘密を探りし者へ:乱雑で申し訳ない。
To anyone searching for secrets: I'm sorry for the mess.

是非「天を疵付け、陽を討つ。」(未訳ハブなので、タイトルは仮称です。)を読んでみてくれ。
Go read "Maim the Sky, Slay the Sun."


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The zigzagzog_sleeper's portal does not exist.


エラー: zigzagzog_sleeperのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5015527 ( 01 Jun 2019 07:39 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License