Sitagaki

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

パート1:
まえがき そしてアイデアについて
パート2:
物語と独創性について
パート3:
下書きと批評について

あなたの最初の下書き: 優先順位

最も大切なことは、最も大切なことを、最も大切にすることである

— スティーブン・コヴィー

あなたの記事の主な目的は、読み手にストーリーを提供することです。アノマリーは説明文で定義されており、ストーリーは(通常はですが、常にではありません)補遺を介して表されます。つまり、特別収容プロトコル、アイテム番号、オブジェクトクラスは、財団世界内の雰囲気付けとしてしか存在しないということです。これを念頭に置いて、最初にSCPの下書きを書く際の私の「やるべきこと」と「やるべきではないこと」を紹介します。

やるべきこと

  • 説明セクションを書く。補遺を書くためにアノマリーに肉付けをしましょう。
  • 補遺を書く。 ストーリーを詳細化する時は、正確に書くことが大事です。
  • 休憩を取る。 メインサイトに下書きを公開することを急ぐ必要はありません。すべての段階で、あなたがそれに完全に満足していることを確認してください。
  • 早めに批評を受ける。 未完成の下書きに批評をするのを嫌がる人もいるので、事前に聞いてみましょう。

やるべきではないこと

  • 特別収容プロトコルについて悩む。これらは、文書の中では最初に出てきますが、財団世界の外から見た時、あなたの記事の中で最も重要ではない要素のいくつかです。
  • オブジェクト・クラスの心配。上記と同じです。「EuclidかKeterか」と悩む必要はありません。
  • 下書きを削除する。アイデアに書く価値があると思ったら、たぶんそれは正しいです。いくつかの障害物があるからといって、その道を捨ててはいけません。休憩を取り、問題について考えて見てください。
  • コールドポスト1これは言うまでもありません。批評は重要です。あなたの下書きは可能性としては最高だと思うかもしれませんが、批評をもらうことで不必要な詳細、誤字脱字やロジックの誤りについて指摘してもらえますし、下書きの他の書き方を教えてもらうことができます。

批評を受ける:過ちから学ぶ

困ったことに大抵の人は、批判によって救われるよりも、褒められることによってダメになってしまう。

— ノルマン・ヴィンセント・ピール

2014年に最初にSCPWikiに自分の作品を投稿しようとしたとき、私のアイデアは最低だという、いくつかの公正なフィードバックを受けました。それまで創作をするということに挑戦したことがなかったので、そのフィードバックは本当に辛かったです。それが原因で約4年間サイトを離れました。これは、私が下書きを良くするために批評を受けていたのではなく、人々が私の下書きがどれだけ優れているかを教えてくれるように批評を受けていたからです。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、批評を受ける第一の動機は、自分の下書きには欠陥があることを受け入れ、そこから学ぶことです。褒められることを期待して批評を受けに行けば行くほど、失望する可能性が高くなります。褒められることは批評の中では稀なことなので、もしあなたが褒められたなら、それはとても完備な経験になるでしょう。

経験豊富な批評者からの批評は非常に貴重です。彼らがあなたに書くすべての文章は、目的を持って書かれたものです。心は反復して言われたことと重要性を関連付けますが、批評の金のナゲットは一般的に細かなところにあるものです。批評を再読して、スペルの訂正だけでなく、言葉の一つ一つに耳を傾ける必要があることを理解してください。

もし批評者があなたに質問をしてきたら、なぜ彼らはそれを質問したのかを理解しようとしてください。下書きの意図を明確にする必要があったのかもしれない。そうですね。しかし、経験豊富な批評者があなたの下書きの何かを理解していない場合、あなたはその下書きがあなたの意図に沿っていないことを認め、それに応じて編集しなければなりません。

総合的なヒント

  • 現実の友人や家族からの批評に頼らないでください。彼らはおそらくサイトの基準を知らないだろうし、彼らのフィードバックではあまりにも軽いかもしれません。
  • 複数の人からの批評を得てください。(そして、誰からの批評かを覚えておいてください!)最低でも3人を目安に、それぞれ異なるタイミングで批評してもらいましょう。
  • リアルタイムでしてもらう批評とフォーラムでしてもらう批評は異なります。リアルタイムの批評は、お互いにアイデアを出し合って下書きの最初と最後を作るのに適しています。一方、フォーラムでの批評は、批評ポリシーのため、より深く、より質の高いものになる傾向があります。

--

投稿する前にSCP記事作成のガイドを読むことを忘れないでください。幸運を祈ります。

ERROR

The Lobster-JP's portal does not exist.


エラー: Lobster-JPのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4913206 ( 29 Nov 2018 11:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License