天国はすぐそこに
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Explained/Keter Explained

特別収容プロトコル: 手順SCP-XXX-JPの一般社会への暴露を防ぐ為に、可能な限り多くの情報メディアは検閲されます。手順SCP-XXX-JPに類似した情報が確認された場合、情報を完全に削除し、その情報の伝達経路を特定した上で関係者全員に記憶処理を施してください。

現在ミーム部門にてクラスμ-思考災害型ミーム1の開発が進行中です。当ミームの開発完了及び全世界への散布が完了次第、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスはExplainedに再指定されます。再指定されました。

説明: SCP-XXX-JPはヘロインに極めて類似した構造を持つ化学物質です。SCP-XXX-JPの化学構造自体には一切の異常性は確認されておらず、またSCP-XXX-JPは非異常である手順SCP-XXX-JPに従って極めて容易に精製可能です。

特筆すべき点として、SCP-XXX-JPには通常のヘロインに見られるような副作用が一切見られません。また、SCP-XXX-JPの複数回に及ぶ服用によって服用者に発生する耐性は、ヘロインのそれと比較して約百分の一であることが確認されています。ただし、ヘロインに存在する身体的・精神的依存性はSCP-XXX-JPにも存在します。

手順SCP-XXX-JPに利用されるグルタミン酸結晶、塩化ナトリウム、█████、███████の根絶は人類文化への影響が著しい為、現在は保留されています。

補遺2: SCP-XXX-JPは当初医療・尋問などの用途に利用される予定でしたが、手順SCP-XXX-JPの一般社会への暴露はAK-クラス:世界終焉シナリオを招くため、特例的にSCP-XXX-JPのスロットが割り当てられました。

追記(1985/3/14): コードネーム「門番」の開発、及び財団施設を除く全世界への配布が完了しました。これにより、手順SCP-XXX-JPの漏洩のリスクはほぼ無くなったと看做され、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスはExplainedに再指定されました。SCP-XXX-JPの利用の際は、倫理委員会に申請をした上でレベル4クリアランス職員2名の許可が必要です。

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: Lobster-JP
文字数: 1243
リビジョン数: 14
批評コメント: 0

最終更新: 20 Jun 2020 10:04
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Lobster-JP's portal does not exist.


エラー: Lobster-JPのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4913206 ( 29 Nov 2018 11:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License