SCP下書き 「楢川記・売加奈鑑」
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの全ての開口部は埋没した物を含め公共から閉鎖され、不法侵入を防止するために標準カバーストーリー419(私有財産)が用いられます。

SCP-XXXX-JPの閉鎖境界を突破しようとする人物は勾留・尋問します。GOI-007(“サーキック・カルト”)との繋がりを有することが判明した全人物は無期限に勾留し、もし彼らがGOI-007に関連した伝染性のSCPに曝露していた場合は終了します。

SCP-XXXX-JP-2はサイト-81██の拡張人型収容セルに収容されます。食事は週1回、人工的水分・栄養補給法1を用いて行ってください。月に一度、呼吸器系・消化器系の検査を行い、生命活動に関わる異常組織があった場合、SCP-XXXX-JP-2の了承を得た上で切除してください。収容セル内への立ち入りはサイト管理官の了承を得たうえで、防護服を着用して行い、退出後は防護服を洗浄し、排水は検査したのち処理してください。

SCP-XXXX-JP-2へのインタビューはサイト管理官の了承を得た上で前期中世日本語との双方向翻訳機能を持ったスピーカー及びマイクを用いて行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは主に岩手県奥州市、一関市、平泉町の地下に存在する遺跡です。SCP-XXXX-JPはその入口と通気口と見られる開口部の殆どが土で埋まっており、奥州市██町にある入口からのみ侵入出来ます。埋没した開口部は現在までに岩手県奥州市、一関市、平泉町、陸前高田市、遠野市、金ヶ崎町、宮城県気仙沼市で発見されています。

SCP-XXXX-JPは平成20年岩手・宮城内陸地震による土砂崩れによって、地面に埋まっていた入口が露出したため、2008年6月20日に地元の住民によって発見されました。災害派遣された陸上自衛隊内に参加していた財団職員によってサイト-81██に報告され、財団エージェントによって発見者及び近隣の住民に記憶処理を施し、カバーストーリーを流布しました。

SCP-XXXX-JPは全体が生物学的素材で構築されており、かつては生きた生物だったと想定されています。SCP-XXXX-JPから取ったサンプルには骨・キチン質・筋肉・脂肪・内臓が含まれていました。放射性炭素年代測定は、対象の死亡時期を西暦1200-1400年(1σ)と位置付けており、軟組織には防腐処理された形跡があります。

遺跡の各房は、構造的かつ細胞質的にヒトの腸管内壁に類似したトンネルで接続されています。ドアを務めていたと思われる大きな括約筋は恒久的に緩んだ状態にあり、生前は必要に応じて開閉が可能であったと想定されています。

SCP-XXXX-JP内部では計6巻の巻物が発見されました。これらは年代、文字共に一貫性を持たず、西暦800年頃の靺鞨語による物を最古とし、最も新しいものは西暦1200年頃の未解読のウラル祖語系文字による物です。発見された巻物は全てがSCP-XXXX-JP内に過去居住していた存在に宛てた手紙とみられていますが、欠損が多く、解読は難航しています。

SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JP内部で発見された全長231cmの人型実体です。SCP-XXXX-JP-1は全身に瘤状組織が有り、いくつかは直径30cmに及びます。この瘤状組織はいくつかの既知のSK-BIOを構成する細胞に酷似していますが感染性を持ちません。体表面の瘤状組織は時折本体から分離し、分離後の組織は軽度の感染性を持ちます。

SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JP最下層の15m×15mほどの部屋で、壁と一部融合した状態で発見されました。発見時は休眠状態と思われ、外部刺激に反応を示しませんでしたが、収容後12日目に覚醒しました。SCP-XXXX-JP-1が覚醒した事を受けて機動部隊が臨戦態勢に入りましたが、SCP-XXXX-JP-1は破壊的な行動を示さず、収容室内を歩き回り、不明瞭な発声をいくつかしたにとどまりました。

SCP-XXXX-JP-1と意思疎通が出来る可能性があったため、平安時代末期の日本語をスピーカーを用いて話したところ、有意義な結果が得られました。しかし、SCP-XXXX-JP-1は声帯で瘤状組織が成長しており、発声能力に難があったため、まず首肯を持って意思疎通を図り、SCP-XXXX-JP-1の同意を得て一部の瘤状組織を除去しました。その結果、SCP-XXXX-JP-1との円滑なコミュニケーションが成立するようになりました。

インタビュー記録:
インタビュー記録3、5、7、8は重要度が低いため割愛。
全文は音声データベースSCP-XXXX-JP-1を参照

ERROR

The No72's portal does not exist.


エラー: No72のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4891515 ( 23 Aug 2019 05:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License